大学生向けWebマーケティングスクールおすすめ比較13選|選び方・メリット・注意点

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2023年11月30日

目次

Webマーケティングスクールの受講が大学生におすすめの3つの理由

現在大学生として通学しているが「Webマーケティングスクールの選び方が分からない・どんな手法があるのか知りたい」といった方もいるのではないでしょうか。

筆者も大学生時代にWebデザインスクールと大学授業のダブルスクールをやっていましたが、今の仕事に非常に大きく影響を与えています。

今回は大学生がWebマーケティングを学習するメリットやおすすめの理由・注意点について解説しながら、おすすめWebマーケティングスクールについて紹介していきます。

就職活動で専門知識を持っていると有利になる

大学生のうちからWebマーケティングスクールに通うのがおすすめな理由は、マーケティング自体が市場価値の高いスキルであるからです。

求人ボックスのデジタルマーケターの年収を見てみると、594万円と平均年収よりも200万円ほど高い金額になっています。

出典:求人ボックス – デジタルマーケティングの仕事の年収・時給・給料

また下記のグラフは経済産業省の「 IT人材需給に関する調査 -調査報告書」ですが、2018年時点でのIT人材の需要に対するギャップは22万人となっており2023年時点では最大79万人の需要ギャップが予想されています。

出典:経済産業省 – IT人材需給に関する調査 -調査報告書

現在ではテレビ広告よりもネット広告の方が予算規模も多くなっているため、今後もWebマーケティングに関する市場は拡大が予測されています。

そんな中でもIT人材は需要に対して供給が追いついていないため、スキルを身につければ市場価値の高い人材になることができるでしょう。

Webマーケティングを体系的に学習できる

Webマーケティングでは幅広い知識とスキルが求められますが、Webマーケティングスクールでは体系的にカリキュラムが組まれており、幅広い知識やスキルを網羅的に学習ができます。

例えばSEOやリスティング広告・Facebook・Instagram・X(旧Twitter)広告などのSNS広告・戦略立案から広告運用の改善まで、広い範囲を実践的に学習することができます。

大学での講義の場合はマーケティングに関する概論など知識面が多いですが、Webマーケティングスクールでは分析・効果検証・広告の出稿など実践的なスキルも学べます。

大学生のうちに副業から実務経験が積める

また大学生のうちにWebマーケティングを学習しておくメリットとしては、スキルの習得後に副業でも稼げるようになる点です。

一般的なアルバイトをしなくてもブログ運営や広告運用・SNS運用代行・SEOライティングなどで、副収入を作ることができるでしょう。

飲食店などでアルバイトをする場合はシフト制のため、働ける時間に限りがあるため収入の上限がでてきます。しかしWebマーケティングを活用した仕事の場合は、スキルがあれば仕事には上限はなく少ない時間で大きな金額を稼ぐことも可能です。

加えて副業などでも実務経験があることは就職活動でも非常に有利に働くでしょう。新卒採用であってもスキルを重視するジョブ型雇用も珍しくないです。またスキルを身につけて新卒から即戦力人材に育てるために、インターンシップ採用を行っているベンチャー企業も多いです。

大学生のうちから実務経験を積んでおけば、就職活動でもアピールポイントになるでしょう。

大学生向けWebマーケティングスクールの選び方・6つのポイント

実践的な学習カリキュラムであるか

転職や就職・副業やフリーランスとして活躍するために重要なことは「必要な実践スキルが身に付くか」という点です。実践的なスキルを有しているWebマーケターを企業は求めています。

そのため座学中心のカリキュラムではなく、実際に手を動かして「広告運用を行う・データ分析で改善を行う」といった学習ができる実践型のカリキュラムが多いWebマーケティングスクールを選ぶのがおすすめです。

現場で実際に利用するツールや管理画面を操作できなければ、いくら基礎知識が高くても企業から戦力として扱ってもうまでに時間がかかってしまいます。

フリーランス向け費用が安いWebマーケティングスクールはそれぞれの記事で解説しています。

学割などを活用し費用面をクリアすことができるか

会社員ではない大学生にとって費用面は難点となります。Webマーケティングスクールの料金相場は30〜70万円前後のため、大学に通いながらアルバイトをするとしても、大きな金額を用意する必要があります。

しかし大学生向けのために学割サービスを用意しているWebマーケティングスクールもあるため、割引適用があるスクールを探すのが良いでしょう。

また月額制・サブスク型のWebマーケティングスクールであれば月額1万円程度から学習することもでき、分割支払いが可能な場合は月1〜2万円で受講も可能です。

料金体系や割引サービスについてはしっかり確認しておきましょう。

現役のプロマーケターが講師を担当しているか・実績は豊富か

IT業界やWebマーケティングのトレンドの移り変わりは非常に早いため、現役のプロマーケターが講師を担当しているか・実績は豊富なのかという点も選ぶ際のポイントです。

活躍していた期間が5年や10年も前だと実績はあるもの、最新のWebマーケティングに関しては学ぶことは難しいでしょう。例えばTikTokなどはこの2〜3年普及し、BtoB企業でも広告出稿をするようになっています。

またキャリアアドバイザーもWebマーケティングの経験があるかどうかも重要です。キャリア形成については現役のプロマーケターに相談する方が、実践的な回答が得られます。

この理由は非常にシンプルですが経営のやり方をキャリアコンサルタントに聞くのと、経営者に聞くのはどちらが有益かという話です。そのためキャリア支援は現役のWebマーケターが支援しているスクールを選ぶ方が良いでしょう。

就職や案件紹介サポートは充実しているか

Webマーケティングを学習したとしても卒業後に就職や転職・副業・フリーランスとして活躍できなければ、費用が無駄になてしまいます。

そのため面接対策や職務経歴書の添削といった手厚いサポートがあるスクールがおすすめです。また副業やフリーランスとして活動したい場合は、案件紹介を行なっているかもチェックしておきましょう。

ネット上の評判やSNSの口コミはどうか

また公式HPをみてこのスクールが良いと思ってもその情報だけで判断すると後悔する可能性もあります。

公式サイトでは受講生や卒業生の感想や事例などが掲載されていますが、SNSやネット上での評判や口コミも検索して情報収集するのが良いでしょう。

またほとんどのWebマーケティングスクールでは個別相談・無料体験セミナーを開催していることが多いです。ネット情報だけでは分からないこともあるため、実際にセミナーなどに参加して自分にあったスクールなのか・どんなカリキュラムなのかも確認しましょう。

受講形態・学習期間はどのような体系か

Webマーケティングスクールといっても受講するコースによって、受講形態・学習期間は変わってきます。

仕事や学業が忙しい状況なのに通学型の授業にしか対応していない場合は、学習する過程で負担に感じてしまう可能性もあります。

また早期にWebマーケターになりたいと考えていても、受講するコースが長期間の場合は実際に仕事をするのはかなり後になってしまいます。

そのためしっかりと目標を自分の中でも決めて、自分にあった学習形態・期間を提供しているスクールを選ぶようにしましょう。

大学生がWebマーケティングスクールを受講する際に注意点・デメリット

学習時間の確保が重要になる

Webマーケティングスクールでは予習動画を学習したうえで、土日に授業や質問を受けるというカリキュラム多いです。そのため大学生は日中に授業を受けながら、スクール用の学習時間を確保する必要があります。

一方で夜や土日にはアルバイトがあって時間がないという方も多いかもしれません。しかしWebマーケティングスクールは4週間ほど実践的なスキルを身につけるコースもあるため、春休みや夏休みを活用して受講するのも1つの手段です。

筆者の場合は1年目の間にスクール用の学費を貯めて、土日と夏休みの時間を活用してダブルスクールを行なっていました。無理に時間を詰め込む必要はありませんが、計画的にお金を貯めてスクールに通うのも1つの考え方でしょう。

スクールを受講するだけではWebマーケターになれない

また頭に入れておきたいポイントとしては、Webマーケティングスクールに通っただけではマーケターにはなれないと言う点です。

上述でも触れたようにWeb・IT業界はトレンドの移り変わりが早い業界でもあります。また学習しただけで満足せず、積極的にアウトプットをすることも重要です。

先ほど触れたように副業であれば、CrowdWorks(クラウドワークス)などクラウドソーシングサイトを活用すれば多くの案件がでてくるため、実践経験をいかに積むが大切なポイントです。

加えて「何とくなくWebマーケターを目指したい・楽して稼げそう」といった漠然としてモチベーションでは、途中で学習についていけず挫折してしまうことも考えられます。費用も決して安くはないので、軽い気持ちでWebマーケティングスクールを受講するのはおすすめしません。

大学生にとっては費用は高いため慎重に判断する必要がある

上述で触れたようにWebマーケティングスクールの費用相場としては30〜70万円程度です。この金額は大学生にとっては高い金額といえます。

独学でWebマーケティングを学習することもできますが、モチベーションの維持が大変・全体像が掴めず時間がかかるというデメリットもあります。

Webマーケティングスクールの中には大学生向けの割引キャンペーンを実施しているケースもあるため、うまく学割も活用しながら自分にあったスクールを見つけるようにしましょう。

無料で学種できるWebマーケティングスクール・サイトはこちらの記事で解説しています。

大学生おすすめWebマーケティングスクール料金比較13選

サービス名料金受講期間授業形式独立・副業サポート
マケキャンbyDMM.com165,000円
月額:14,850円
4週間〜オンライン
デジプロ385,000円
※分割支払い可能
3.5ヶ月〜オンライン/教室
TechAcademy185,900円
月額:7,746円
4週間〜オンライン
MERC Education327,800円
月額:12,417円
3ヶ月〜オンライン
WEBMARKS350,000円~
月額:16,042円〜
5ヶ月〜オンライン
Wannabe Academy363,000円
月額:27,000円
3ヶ月〜オンライン
マーケプラス33,000円
月額:11,000円
3ヶ月〜オンライン

マケキャンbyDMM.com 現役Webマーケター/運用&戦略をマンツーマン

マケキャンbyDMM.comはWebサービス大手のDMMグループが運営しているWebマーケティングスクールで、目的に応じて3つのコースがあります。

  • 転職コース:最短2週間でWebマーケターを目指す
  • 転職プレミアム:未経験から最短3ヶ月でWebマーケターを目指す
  • 学習コース:最短4週間でWebマーケティングの実務習得を目指す

企業に一度入社してからフリーランス・独立を目指す方は転職・プレミアムコースがおすすめで、すぐに副業やフリーランスとして活動したい方には学習コースが向いています。

学習コースでは広告運用やSNSマーケティング・SEOの基礎を最短4週間で学習し、実践学習で実務スキルを習得できます。講師も採用通過率1%の現役マーケターが個別指導してくれて、短期でスキルが身につけられます。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
165,000円
月額:14,850円
4週間〜オンラインあり

デジプロ 現役プロ講師が個別指導/1週間の全額返金保証/実践型Webマーケスクール

デジプロは現役プロマーケターが講師としてレクチャーを行う、実践型のWebマーケティングスクールです。現役マーケターが直接指導を行い、質問もし放題でマーケティング未経験者向けに強いカリキュラムが揃っています。

リスティング広告やFacebook・TwitterなどのSNS広告・ディスプレイ広告の運用スキルに加えて、施策立案の仮説出し・運用や入稿・広告改善まで学ぶことができます。

講義前に事前に動画で学習し講義でアウトプットをすることで、実務スキルを身につけることができます。また転職支援も手厚くサイバーエージェント・電通デジタルなどにも転職実績があります。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
385,000円
※分割支払い可能
3.5ヶ月〜オンライン/教室あり

WEBMARKS SEO×Webマーケ/案件獲得・転職成功率93%/プロマーケターが添削

WEBMARKS(ウェブマークス)はSEO×Webマーケティングが未経験からでもマーケターを目指すことができ、クライアントを10社以上持つマーケティング会社の代表が運営しているスクールです。

1,800社以上のWebマーケティング支援をしてきた実績を元に、副業や独立・転職でキャリアップを図りたい・上流のマーケティング戦略で仕事をしたいといった目標を叶えらるスクールです。

カリキュラムとしてもSEO対策からWeb広告・分析まで幅広いカリキュラムが用意されており、Webマーケティングに必要なSEO対策・コンテンツマーケティング・ヒートマップ分析・GoogleやYahoo!・Facebook広告・LP作成などを、実践的なカリキュラムで学習することができます。

また広告運用や分析ツールの活用だけでなく提案書作成や実際のクライアントワーク・近年のトレンドであるChatGPTについても学習ができます。

加えて動画学習だけでなく現役のプロマーケターが毎回課題を出し添削を行うことで、現場で必要なスキルを身につけることができます。営業に頼らない案件獲得講座の実施や、スクール卒業後も案件獲得や転職も受けられるなど、案件獲得・転職サポートが手厚いのも特徴です。

こうした手厚いサポートを行なっているため、転職・案件獲得実績も93%と高い数値を誇っており、独立や転職を目指す方にはおすすめのWebマーケティングスクールです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
350,000円~
月額:16,042円〜
5ヶ月〜オンラインあり

TechAcademy 現役マーケーターが週2回の個別レッスン/7,746円〜/回数無制限レビュー

TechAcademy Webマーケティングコースでは通過率10%の選考を通過した現役マーケターが、週2回マンツーマンでメンターとして実践的なスキルを指導してくれます。

サイト分析・SEO・リスティング広告・ディスプレイ広告・SNSの広告など幅広く学習ができ、Webサイトのプロモーションに必要な手順やコストなども理解できるためプロジェクトマネージメントに活かせます。

Webマーケティングに関する基礎知識からデータ分析・実際の広告運用まで、実践的なカリキュラムで構成されており、転職サポートが手厚いのも特徴です。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
185,900円
月額:7,746円
4週間〜オンラインあり

MERC Education 運用スキル/戦略まで身に付く/生涯無料のコミュニティ

MERC Educationは元Yahoo!で100社以上の売り上げ改善を実施してきたマネージャーが指導するWebマーケティングスクールです。

受講人数は最大20名と少数で直接内容の濃い指導が受けられる体制を整えており、グループワークや再現性の高いカリキュラムで実践的なマーケティングスキル・戦略を身につけることができます。

また受講生限定の無料コミュニティ「MERC Guild」は卒業後も利用ができ、マーケターとの交流やイベント参加でマーケティングスキルを深めることができるでしょう。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
327,800円
月額:12,417円
3ヶ月〜オンラインあり

デジマブートキャンプ 未経験OK・実体験重視で現役コンサルが対面マンツーマン指導

デジマブートキャンプ7年で上場した広告代理店であるデジタルアイデンティティが、実際に社内のマーケター養成に活用している超速育成メソッドを提供するWebマーケティングスクールです。

講師陣はWebマーケティングに精通した現役のプロコンサルタントが担当し、未経験の方でも実践的なカリキュラムで即戦力人材を目指すカリキュラムになっています。

またオンラインのスクールが多いですが、対面型でマンツーマン指導を行うため最短3ヶ月でWebマーケターを目指せます。

カリキュラムではWebマーケティングに関する知識や用語から、リスティング広告やFacebook・X(旧Twitter)・LINEなどのSNS広告・戦略立案から分析までを学習できます。

またスクールを受講しても8日間は全額返金保証の制度もあるため、まずは無料面談の申込みをしてみましょう。

所在地:東京都渋谷区恵比寿南1-15-1 A-PLACE恵比寿南5F

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
700,000円
月額:29,200円
3〜5ヶ月対面型あり

インターネット・アカデミー 7日無料体験/現役プロ講師が指導/給付制度で割引/ママ向け

インターネット・アカデミーはWebデザイン・マーケティングに特化した専門スクールで、25年以上の運営歴があり卒業生も3万人以上の実績があります。

幅広いコースが用意されておりHTMLやCSS・JavaScriptといったコーディングから、SEO・アクセス解析・GoogleやYahoo!広告の運用・SNSマーケティングまで実践的なスキルを身につけることができます。

現役プロ講師がマンツーマンで指導を行い、受講形式もオンライ型・教室受講型を選ぶことができます。教育給付金の対象コースにもなっており10万円が戻ってくる・最大70%OFFになるコースもあります。

また転職サポートも手厚く口コミなどでも評判が高く、Webデザイナーやマーケターに転職したい方にはおすすめのスクールです。

7日間の無料体験コースがあるためまずは、無料体験に申し込みをしてみましょう。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
605,660円
月額:18,150円
3ヶ月〜オンライン/教室あり

Wannabe Academy 内定率93%/全額返金制度あり/案件獲得保証制度/実務スキル重視

Wannabe Academyは実務で使えるWeb広告やSEO対策スキルをメインに学習ができるWebマーケティングスクールです。

内定率は93.4%と非常に高い数値を誇りWannabeが提携しているクライアントに、広告戦略を考えるワークショップにも無料参加ができるため、実践向きのスクールといえます。

マーケティングの基礎知識からGoogle広告やYoutube・Instagram・TwitterなどのSNS広告・アナリティクスの分析など、幅広い知識を身につけることができ、希望者には全員に専門のエージェントをつけることも行っています。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
363,000円
月額:27,000円
3ヶ月〜オンラインあり

WorX MARKETING 3ヶ月でマーケターへ/転職コミットで後払いで受講期間の費用0円

WorX MARKETING CLASSは最短3ヶ月でデジタルマーケターを目指すWebマーケティングスクールで、転職コミット型なので受講期間中の費用は実質0円というのが特徴です。

カリキュラムも豊富でクリエイティブ・データ分析・リスティングやSNS広告・仮説検証から戦略立案まで幅広い学習ができます。

また転職に手厚いのが特徴で3,000件以上のマーケティング求人を保有しており転職も安心で、転職成功時の後払いなのでノーリスクでマーケティングスキルを身につけることができます。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
330,000円〜
※転職後の後払い形式
3ヶ月〜オンラインあり

マーケプラス プロ講師からマーケティングの全てを学べる実践型/プロが直接添削

マーケプラスはプロ講師からWebマーケティングの全体を包括的に学習できるマーケティングスクールで、専任のキャリアアドバイザーが転職までしっかりフォローしてくれます。

動画は見放題で現役プロ講師に質問もし放題、副業案件の紹介も行っています。学習内容としてはWEB​広告・SNS広告・SEO戦略・LP作成・マーケティング戦略まで幅広く実践的なスキルを学べます。

またアウトプットを重視しており実際の数値をもとに作られた、課題をこなすことで実践的なスキル獲得が期待できます。またプロ講師が個別に課題に対して添削も行ってくれるので、フィードバックを重視したい方におすすめです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
33,000円
月額:11,000円
3ヶ月〜オンラインあり

イマカラ 最短40時間の実践的/個別指導で未経験もマーケターへ

イマカラは”実践”特化型 Web広告運用者育成専門スクールで、未経験者からでも個別指導によりWebマーケターを目指す実践的なスクールです。

カリキュラムはWeb広告運用代行専門企業として10年以上の実績をもつカルテットコミュニケーションズが、実際に新人社員研修で行っている内容をベースに開発されたものです。

広告代理店が運営しているためWeb広告の基礎知識から実際のオペレーション・ターゲティングや商材理解など運用理論について具体的な内容を学習することができます。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
250,000円最短40時間オンラインあり

Withマーケ 月額4,980円のサブスク/副業・フリーランスおすすめ/SNS/SEO広告が学べる

Withマーケは副業で稼ぎながら学習ができる月額制のWebマーケティングスクールです。受講者数は2,500名を突破しており、動画講義の内容は5〜10分程度とコンパクトなのが特徴です。

合計400本以上の講座動画が見れるため多彩なキャリアを選択することができ、「ブログで学んだスキルを生かし、Webライターとして稼ぐ・SEOコンサルになる・インスタ運用代行者になる・自分のサービスで起業する」など多様な働き方を実現できます。

受講開始後は専用メンターが個別カウンセリングでロードマップを作成し、オンラインやオフラインの交流会でモチベーションアップも図れます。またプロの添削・質問も無制限にできいつでも相談ができます。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
4,980円〜6ヶ月〜(目安)オンライン

BMP 未経験OK/実践課題が8割/プロ講師が添削/現役マーケターのメンター制度

BMP(Break Marketing Program)は実践型課題・アウトプットが8割を占める実践型のWebマーケティングスクールです。

未経験者が9割以上で現場で結果を出すための充実したカリキュラムに加えて、現役のWebマーケターのメンター制度がありしっかりとサポートしてくれます。

学習内容としてはSEO・マーケティングの基礎・コンテンツ制作・コピーライティング・広告運用・データ分析などさまざまな実践型のカリキュラムが組まれています。

また副業やフリーランスなど個人に合わせた最適なライフプラン・ロードマップ作成も支援しており、案件獲得の方法や具体的な稼ぎ方についてもレクチャーしてもらえます。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
327,800円12週間オンラインあり

大学生がWebマーケティングスクール卒業後に活躍するための4つの勝ち筋

ブログ運営やSNS運用などでアウトプットを行う

Webマーケティングを学習した後は実際にブログやメディア運営をしてみるのもおすすめです。SEOやアクセス解析・ライティングを学習していれば、アウトプットとしてメディア運営を行うこともできます。

短期間で成果が出るわけではないですがWebマーケティングを実践するには、ブログ・メディア運営は非常に実践的なスキルを学ぶことができます。

アフィリエイトサイト(A8.netもしもアフィリエイトJANet(ジャネット)アクセストレードなど)を活用して、どんな訴求がCVするのか・ヒートマップを活用してどんなエリアがクリックされるのかなど、Webマーケターに必要な分析スキルも身につきます。

筆者も2021年〜2023年にかけてはSEO×アフィリエイトで1億の売り上げを作っているので、よければ1億円/年を達成したSEO×アフィリエイトの攻略法の記事も参考にしてください。

インターンシップに参加し実務を経験する

またWebマーケティングを学習した後は企業のインターンシップに参加するのもおすすめでしょう。通常のインターンシップとは異なり、専門的なスキルを磨ける・実務経験を積めるのが大きなメリットです。

Webマーケティング会社やマーケティングに関するインターンシップ参加は人気で本来ハードルが高いですが、Webマーケティングスクールで学習を行い、副業などでも実績がある大学生は採用される確率も高くなります。

インターンシップに参加することで座学では学べない、現場の生の数値を実際に経験ができるため就職後も活かせる実践的なスキル獲得につながるでしょう。

副業で実務を学習しフリーランスとして活躍する

こちらも先ほど触れた内容ですがWebマーケティングスクールで学習した後は、副業で実務経験を積んでフリーランスになるのもおすすめです。

Webマーケティングスクールや企業で実際にSEOやデータ分析・広告出航の経験があれば、大学生のうちからでもWebマーケティング案件の獲得を行うこともできるでしょう。

CrowdWorks(クラウドワークス)などの大手クラウドソーシングサイトを見ればわかりますが、ライティングやSNS運用などさまざまな案件が募集されています。

PCとネット環境さえあれば好きな時間にいつでもフリーランスのWebマーケターとして活動ができるため、大学生のうちにしかできないサークル活動などにも時間を割くことができます。

大学卒業後はWebマーケティング会社へ就職する

Webマーケティングスクールで受講を終えた後は、大学卒業後にWebマーケティング会社に就職するのもおすすめの選択肢です。

スクールや副業で学習した知識やスキルを活かして、事業会社のWebマーケティング部門や広告代理店で活躍することも期待できます。

Webマーケティング会社に就職する場合はSEOやコンテンツマーケティングを主体としている業務を選ぶと、SEOコンサル・SNS運用代行など、副業での案件獲得にも活かせるため収入アップも目指しやすくなるでしょう。

すでに終身雇用という文化は無くなってきているため、会社員として働きながらも収入の柱を作るという将来的な部分でもWebマーケティングは大きなメリットがあります。

大学生向けのWebマーケティングスクールでよくある質問

大学生がWebマーケターを目指すデメリットはなんですか?

大学生がWebマーケターを目指すデメリットはなんですか?
大学生がWebマーケターを目指すデメリットとしては、「まとまった時間を確保しづらい・学習に資金が必要」という点です。活躍できるWebマーケターになるには、ある程度の学習時間確保が重要です。

アルバイトやサークル活動・大学の勉強との両立など、時間を作るために工夫が必要になります。貴重な大学生の時間に費用をかけて学習するのはデメリットに感じる人もいるでしょう。

しかしWebマーケターは市場価値の高い人材を目指せます。そのため将来のことも考えたうえでスクールを受講するかは、しっかり考えるようにしましょう。

Webマーケターの平均年収はいくらですか?

Webマーケターの平均年収はいくらですか?
Webマーケターの年収は594万円と平均年収よりも200万円ほど高い金額です。IT人材の需要と供給のバランスは釣り合っていないため、実践経験のあるWebマーケターは市場価値が高いといえます。

Webマーケティングでは独学でも学習できますか?

Webマーケティングでは独学でも学習できますか?
Webマーケティングは独学でも学習することはできます。Youtubeなどで検索すればWebマーケティングに関する基本的な部分は学習できるでしょう。

ただしWebマーケティングはSNSやSEOなど幅が広いため、自分で効率的に勉強ができない方はおすすめできません。また独学ではアウトプットや実践経験をする機会が少ないのもデメリットです。

座学だけでなく実践的なスキルや知識を身に付けたい人には、Webマーケティングスクールがお勧めです。