Adobe Premiere Proが学べる動画編集スクール11選|選び方やメリット・転職サポート

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2023年11月30日

目次

Adobe Premiere Proの動画編集スクール・講座の選び方・7つのポイント

Adobe Premiere Proを活用して動画編集をしたいけど、どの動画編集スクールが良いのか・自分にあった講座はどれなの?といった方もいるのではないでしょうか。

Adobe Premiere Proを学習できる動画編集スクールは数多くあるため、どの講座が良いのかわからないこともあるでしょう。

そこで今回はAdobe Premiere Proを使った動画編集スクールの選び方のポイントについて解説しながら、Adobe Premiere Proを実践的に学習できるおすすめのスクールについて解説していきます。

Adobe Premiere Proの基本を学ぶなら”Adobe公式チュートリアル・オンライン講座”

Adobe Premiere Proの基本的な内容を簡単に学びたいならAdobe公式サイトで提供している「チュートリアル・オンライン講座」の受講がおすすめです。

Adobe公式サイトには無料で利用可能なチュートリアル・Adobe CCの契約者が無料で利用できるオンライン講座があります。この2つを利用すればAdobe Premiere Proの基本的な内容は学習できるでしょう。

Adobe CCとはPremiere Pro・After Effects・Photoshop・Illustratorなど、動画編集やWebデザインに必要な主要Adobe製品が20種類以上セットになっているお得なプランです。

あくまでチュートリアルのため学習内容は多くはありませんが、基本的な内容について学習したいという方は、無料で活用できるAdobe公式サイトのチュートリアル・オンライン講座の受講が良いでしょう。

Adobe CCも契約して学ぶならオンライン動画編集スクールがおすすめ

Adobe Premiere Proを契約していないという方については、 Adoe CCがセットになっているオンライン講座の受講が良いでしょう。

オンライン講座の中ではPremiere Proの使い方やAdobe Premiere Proなど、20種類以上のAdobe製品が安く利用できるAdobe CCがセットになっている講座があります。

またAdobe CCがセットになっているオンライン講座を受講すると、Adobe公式サイトの定価の約半分の価格でAdobe CCの契約ができるため、コストを抑えて動画編集ソフトの利用ができます。

そのためAdobe Premiere Proを現時点では未契約の方は、オンライン講座を受講した方が費用を安く抑えることができます。

現役動画クリエイターから実践的なスキルを学ぶなら動画編集スクールがおすすめ

Adobe Premiere Proの使い方だけでなく副業やフリーランス・転職をしたいという方は、動画編集スクールの受講がおすすめです。

転職や就職・副業やフリーランスとして活躍するために重要なことは、「必要な実践スキルが身に付くか」という点です。実践的なスキルを有している動画編集者・クリエイターを企業は求めています。

そのため座学中心のカリキュラムではなく、実際に手を動かして「テロップを入れる・BGMを入れる・エフェクトをつける」といった学習ができる実践型のカリキュラムが多い動画編集・映像制作スクールを選ぶのがおすすめです。

現場で実際に利用するツールや管理画面を操作できなければ、いくら基礎知識が高くても企業から戦力として扱ってもうまでに時間がかかってしまいます。

またIT業界や動画編集・映像制作のトレンドの移り変わりは非常に早いため、現役の動画クリエイターが講師を担当しているか・実績は豊富なのかという点も選ぶ際のポイントです。

活躍していた期間が5年や10年も前だと実績はあるものの、最新の動画編集・映像制作に関しては学ぶことは難しいでしょう。例えばTikTokなどはこの2〜3年普及し、BtoB企業でも広告出稿をするようになっています。

またキャリアアドバイザーも動画編集・映像制作の経験があるかどうかも重要です。キャリア形成については現役の動画クリエイターに相談する方が、実践的な回答が得られます。

動画編集スクールの費用も見ながら比較検討する

Adobe Premiere Proの使い方を習得できれば、動画編集ではさまざまな表現ができるようになるでしょう。動画編集スクールを選ぶ際には、背伸びをしすぎずに自分が払える金額のスクールがおすすめです。

一般的に動画編集スクールの費用相場は10〜40万円程度ですが、中には60〜80万円以上するコースもあります。費用が高いスクールを選べば幅広いスキルが身につきますが、全てが実務で必要ということでもありません。

例えばDMM WEBCAMP動画クリエイターコースでは4週間の短期集中で、費用としては17万円(月額14,900円〜)程度です。After Effectsやマーケティング・ディレクションスキルを徹底的に学習する場合は、80万円以上かかるスクールもあります。

副業や転職で活躍していくとしても受講料が高すぎる場合は、投資した金額を回収するまでに時間がかかってしまいます。

学習期間は自分にあった動画編集スクールを選ぶ

動画編集スクールの受講期間は2日〜12ヶ月程度など、講座やコースによって大きく変わってきます。短期・長期コースのメリットや特徴としては下記のようになります。

  • 短期間:すぐに案件探しができ早期に副業で収入も上げられる
  • 長期間:自分のペースで受講ができ、仕事や家事が忙しい方におすすめ

学習期間が長いとモチベーションの維持も大変になってきて、途中で挫折してしまう可能性もあるため注意をしておきましょう。

そのため自分がどんな目的で動画編集スクールを受講するのか、目標や目的を明確にしておくのが重要です。副業で稼ぎたいのか・転職をしたいのか・長期コースでプロやフリーランスを目指すのか。

目的によってもスクールのサポート内容も変わってくるため、明確にした状態で複数の動画編集スクールを比較検討しましょう。

Adobe CCのセット契約があるかの確認

Adobe CCの契約を前提に検討しているのであれば、Adobe認定スクールのコースや講座を考えておきましょう。Adobe認定スクールのコースでは「Adobe CC+学習教材」がセットで39,980円と、かなり費用を抑えることができます。

  • Adobe Premiere Pro単体:28,776円/年
  • Adobe CC:72,336円/年
  • Adobe認定スクールの講座:39,980円/年

ただしAdobe CCはWebデザイナーや動画クリエイターにとって大きく役立つプランですが、動画編集だけであればAdobe Premiere Proでも十分に活用ができるでしょう。

加えて学習教材としては基本的な内容がメインのため、自分には不要である方の場合は、Adobe Premiere Proを単体契約して実践的なスキルが身に付く動画編集スクールの受講が良いでしょう。

案件獲得や営業サポート・転職・就職支援の確認

Adobe Premiere Proを習得して副業などで稼げるようになりたい場合は、案件獲得や営業サポートがついているスクールを選ぶのが良いでしょう。

副業や案件紹介に強い動画編集スクールであれば、営業活動を行う手間を省略することができ、相場より低い金額で契約するといった事態も避けられます。

せっかくスキルを身につけても初心者のころに案件獲得ができない・単価が低くて思ったより稼げないとなると、モチベーションの維持も難しくなります。

副業や案件紹介・営業サポートが付いている動画編集スクールであれば、こうした不安もある程度解消できるため、学習に集中ができるでしょう。

Adobe Premiere Proの実践的なスキルが学べるおすすめ動画編集スクール比較6選

スクール名入会金料金独立・副業サポート
MOOCRES無料 ※0円374,000円
月額:15,584円
デジタルハリウッドSTUDIO by LIG11,000円132,000円〜
分割可能
MOVA無料 ※0円150,000円〜
月額:23,000円
ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座
11,000円267,168円
月額:5,200円
デジハク無料 ※0円148,000円〜
月額:6,200円〜
DMM WEBCAMP
動画クリエイターコース
無料 ※0円169,800円〜
月額:14,900円〜
studio US無料 ※0円55,000円
月額:4,584円〜
デイトラ 動画編集コース無料 ※0円79,800円

MOOCRES 少人数&対面授業/実践型スクール/Adobe製品3ヶ月無料/PC無料レンタル

MOOCRES(ムークリ)はAdobe Premiere Proを使った、副業やフリーランスに特化した実践型重視の動画編集スクールです。受講中に案件獲得から納品までを体験でき、4ヶ月の間に1件の案件獲得保証も行っています。

またPCの実質無料レンタルやAdobe製品が3ヶ月無料で利用できるなど、初期コストも抑えて動画編集を学べます。また高単価な仕事につながる講義に重点を置いており、After Effectsをメインにワンランク上のスキルを持ったクリエイターを目指せます。

動画制作以外にも営業力や企画力・構成力も身につけるために、案件獲得講座や実際に案件獲得に挑戦し営業や集客の方法を、現役のプロクリエイターから学習ができます。

最大受講人数も6名までと受講生に寄り添ったサポートも特徴で、ポートフォリオ作成や案件紹介も行っており、実践的な内容を学習できます。オンラインコミュニティもあるため生徒や講師との交流もできます。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
374,000円
月額:15,584円
3ヶ月〜オンラインあり

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG /未経験OK/現役クリエイターが個別サポート

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGはWeb制作会社LIGが運営するAdobe Premiere Proを活用した動画編集スクールです。動画クリエイターとしての基本的なツールの使い方や編集スキル・さまざまな課題に取り組み、プロからフィードバック・添削をもらうことで実践的なスキルが身につきます。

未経験からの参加も可能で9万人以上が受講をしており副業やフリーランスとしての排出実績も豊富で、動画編集だけでなく企画やシナリオライティング・マーケティングまで学習ができます。

副業案件獲得のサポートもあり、LIGのYoutubeチャンネルの編集業務・副業案件獲得のための営業セミナー・外部企業と連携したクライアントワーク案件など、実践的なカリキュラムが盛り込まれています。

また現役クリエイターによるライブ授業や直接フィードバックがもらえる実践講義などもあり、転職やフリーランスを本気で目指す方におすすめです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
132,000円〜
分割可能
2ヶ月〜オンライン/通学あり

ヒューマンアカデミー 現役クリエイターが添削/質問回数無制限/専任カウンセラーが付く

ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座では転職や副業・スキルアップに必要な動画編集スキルを、月額5,200円から受講できる動画編集スクールです。Adobe Premiere Proを使った本格的な動画編集・映像制作が可能です。

現役動画クリエイターが監修した学習コンテンツや実践的なスキルを身につけるために、ポートフォリオ作成を行いプロ講師が添削・フィードバックを行なってくれます。

また専任カウンセラーが受講前から付くため挫折せずに講義に取り組むことができ、就職や転職サポートも求人紹介・履歴書の添削・面接対策も実施してくれます。

動画編集スクールでは珍しく教育訓練給付制度の対象コースになっているため、受講料の20%が支給され費用を抑えて受講ができます。オンライン・通学のどちらも選ぶことができ、自分にあった学習方法で動画編集を学べます。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
267,168円
月額:5,200円
6ヶ月〜オンライン/通学あり

デジハク 採用率5%のプロ講師が個別指導/未経験OK/基礎〜ポートフォリオ作成まで実施

デジハクは未経験からでも受講可能で、採用通過率5%の講師がマンツーマンで指導してくれるオンライン型の動画編集スクールです。受講者の9割以上の方が未経験ですが、1,400人以上の人が動画を仕事にしています。

デジハクの特徴は300本以上の講座がオンラインで受講し放題な点です。AdobeソフトのPremiere Pro・After Effectsを中心に基礎から実践まで体系的に動画編集について学習ができ、マンツーマンのため何度でも質問や相談ができます。

基礎を学んだ後は講座を通して様々なジャンルの動画制作を行い、副業や転職に役立つポートフォリオ作成など、現場で必要な実践的なカリキュラムも含まれています。

講座は初級・中級・上級・実践と段階的に学習が用意されており、アウトプットにこだわった学習・サポートにより最短で動画を仕事にできる編集力が身につきます。

ポートフォリオ講座では現役のフリーランス講師からの添削・フィードバックを受けながら自分専用のポートフォリオ作成も行うため、制作実績を受講中に作れるのも特徴です。

また学習計画の作成からオンライン面談によるサポートでモチベーションを維持しながら、疑問点はすぐにチャットで質問・相談ができます。加えて受注した制作案件のについても現役のフリーランス講師に気軽に相談できるのも強みです。

無料の説明会も開催されており30秒で予約ができるので、まずは無料説明会に参加してみましょう。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
148,000円〜
月額:6,200円〜
90日間〜オンラインあり

DMM WEBCAMP 8日間返金保証/現役クリエイターが個別指導/Adobe製品2ヶ月無料

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースは未経験からでも動画編集が副業にできるよう、プロが解説したカリキュラムを用いて実践的な学習ができる動画編集スクールです。

24時間質問OK・レビュー回数無制限・マンツーマン指導・現役クリエイターが講師を担当するため、副業初心者にもおすすめです。また受講期間中には動画編集に関するカリキュラムだけでなく、副業案件の獲得に関する内容も学習ができます。

そのため動画編集で副業として稼ぎたい・フリーランスとして活躍したいといった方におすすめのスクールです。

受講生をサポートするために週2回のマンツーマンメンタリングサポートも実施し、学習でのつまづきや転職に関する疑問がないかをクリアにしてくれます。また8日間の返金保証制度も付いているため、安心して受講スタートをすることができます。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
169,800円〜
月額:14,900円〜
4週間〜オンラインあり

studio US 未経験OK/900以上の動画教材/15〜50本動画制作で実践スキルを習得

studio USは未経験からでも最短で動画編集スキルが身に付くオンライン型の動画編集スクールです。未経験からスキルを身につけたい・フリーランスとして活躍したい・副収入を作りたいといった方におすすめです。

未経験・初心者からでも学習できるよう講師がAdobe Premiere Proの使い方や基礎から、応用編まで丁寧にレクチャーしてくれます。またstudio USには900以上の動画教材が用意されており、24時間いつでも好きなタイミングで学習し放題です。

サポートもしっかりと行っており受講中はプロ講師に質問が出来るため、学習中に不明点が出てきても途中で立ち止まらずに勉強を継続できます。

また実践スキルの習得にも力を入れており15〜50本の動画制作を行い、ポートフォリオの作成まで行います。加えて企業とも提携しているため、卒業後はすぐに案件チェンレジもできる仕組みになっています。

コースも基礎コースからプロクリエイター向けコースまで3段階に分かれているため、どれが良いか分からない方は無料相談の申込をしてみましょう。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
55,000円
月額:4,584円〜
3ヶ月〜オンラインあり

自分のペースでAdobe Premiere Proを学びたい人向けの動画編集スクール比較3選

デイトラ 本格スキルを業界安水準提供/プロの添削/1年質問し放題/ポートフォリオ作成

デイトラ 動画編集コースは本格スキルを業界最安水準で学ぶことができるオンライン型の動画編集スクールです。

カリキュラムは実案件の獲得を想定した内容になっており、プロの思考法やテクニック・Youtubeに特化した編集方法・案件獲得までの道のりなど、未経験からでも稼げるための講座設計になっています。

またスクール卒業後も動画コンテンツは見放題なのが特徴で、副業目的での動画編集を目指したい方におすすめです。

またデイトラは完全オンラインだからこそ他社よりも非常に安い価格設定ですが、しっかりとプロによる添削も行われます。オンライン型で学習を進めたい・安い費用で抑えたいといった方にはおすすめの動画編集スクールです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
79,800円約3ヶ月〜オンラインあり

クリエイターズジャパン 最短2週間で副業・本業としてプロで稼げる動画編集スクール

クリエイターズジャパンは最短2週間で動画編集スキルをマスターし、副業や本業でもプロとして稼げるようになるオンライン型の動画編集スクールです。

通学不要で動画が見放題・いつでもチャットサポート・仲間と出会えるコミュニティも参加ができます。実践的な学習内容も多く編集スキルだけでなく、フリーランスに必要な営業獲得方法や単価アップの方法論まで、案件獲得に必要なノウハウも提供しています。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
79,800円2週間〜オンラインあり

Movie Hacks 現役プロ講師が教えるYouTube特化型の動画編集講座/案件獲得支援あり

Movie Hacks(ムービーハックス)は現役の動画編集者から最短ルートで動画編集を学べる、Youtube特化型の動画編集スクールです。

受講生は8,000名を超えており市場拡大が期待される動画市場で働きたい・現役の動画クリエイターから学習したい方におすすめです。個人サポートは付いていませんが、LINEによるチャットサポートで回数無制限の質問・相談ができます。

また経験豊富なメンターがスキル習得までサポートを行っており、案件獲得の講座も準備があり副業で稼ぐためのメソッドが凝縮されています。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
99,800円無期限オンラインあり

無料でAdobe Premiere Proの基礎を学びたい人向けのオンライン講座2選

Adobe公式 Premiere Proチュートリアル

Adobe Premiere ProチュートリアルはAdobe公式サイトにある初心者向けのチュートリアル講座です。Adobe Premiere Proチュートリアルでは、Adobe Premiere Proの基本的な操作方法について無料で学習ができます。

デメリットとしてはあくまでもチュートリアルであるため、Adobe Premiere Proの編集ソフトはセットとして利用ができないという点です。そのため実際にAdobe Premiere Proを利用する場合は、単体もしくはセット契約を行い費用を払う必要があります。

そのためAdobe Premiere Proをすでに契約していて、簡単な操作方法について無料学習したいという方向けの講座です。

詳細はこちら:https://creativecloud.adobe.com/ja/learn/app/premiere-pro

Adobe公式 Premiere Proことはじめ オンライン講座

Adobe Premiere Proチュートリアルよりもわかりやすく学習したい方は、Adobe公式 Premiere Proことはじめが良いでしょう。

Adobe Premiere ProことはじめではAdobe CCを契約している方の場合は、全て無料でコンテンツの利用ができるようになっています。そのためAdobe CCを既に契約している場合は、こちらでの学習が良いでしょう。

Adobe Premiere Proことはじめでは動画形式でAdobe Premiere Proの使い方を学習でき、動画で解説されているためチュートリアル講座よりも分かりやすい内容になっています。

ただしこちらの場合はAdobe CCを契約していることが前提となるため、月6,480円(年間77,960円)の費用が発生するのがデメリットです。

授業料が安くなる教育訓練給付制度対象のコースを紹介

動画編集スクール受講でもらえる給付金の種類・給付金額

厚生労働省が設けている「教育訓練給付制度」の対象コースを受講すれば、通常の価格よりも安い料金で動画編集スクールに通うことができます。

教育訓練給付制度は下記のように3つに分かれており、政府が定めた条件を満たし所定の教育訓練を受ければ支払った金額の一部を負担してもらえる制度です。

制度名内容詳細
一般教育
訓練給付金
雇用の安定・就職の促進に資する教育訓練受講費用の最大20%(上限10万円)
がハローワークから支給される
特定一般教育
訓練給付金
労働者の速やかな再就職及び
早期のキャリア形成に資する教育訓練
受講費用の最大40%(上限20万円)
がハローワークから支給される
専門実践教育
訓練給付金
労働者の中長期的キャリア形成に
資する教育訓練
受講費用の最大70%(上限56万円)
が給付金として支給される

具体的な職業・職種としては保育士や看護師などの専門職の場合は最大224万円の支給があり、大型自動車第一種・第二種免許や税理士・司法書士などは上限年間20万円支給されます。

給付金の受取・申請については、ハローワーク(公共職業安定所)から支給されることが一般的です。

給付金の受給対象となる条件

それぞれの教育訓練給付制度の受給対象条件は下記のとおりです。

制度名対象者
一般教育訓練給付金・受講開始日時点で、雇用保険の支給要件期間が3年以上である
・離職者は離職日の翌日以降受講開始日までの、雇用保険の支給要件期間が1年以内
・前回の教育訓練給付金の支給から、今回の受講開始日までが3年以上経っている
特定一般教育訓練給付金・受講開始日時点で、雇用保険の支給要件期間が3年以上
・離職者は離職日の翌日以降受講開始日までの、雇用保険の支給要件期間が1年以内
・前回の教育訓練給付金の支給から、今回の受講開始日までが3年以上経っている
専門実践教育訓練給付金・在職または離職中の方
・退職してから1年以内の方
・受講開始時の年齢が45歳未満の方
・一般被保険者に該当しない方

教育訓練給付制度の対象となるのは基本的には次のとおりです。

  • 雇用保険の被保険者
  • 雇用保険の被保険者であった人(離職者)

ただし上記のように一般教育訓練給付金と専門実践教育訓練給付金では、対象条件に違いがあるため注意が必要です。

一般教育訓練給付制度を利用する場合は、受講開始の日に雇用保険の被保険者であった期間が3年以上というのが条件です。

加えて退職者の場合は退職日の翌日から起算して、1年以内に受講を開始する必要があります。専門実践教育訓練給付金では受講開始の日に、雇用保険の被保険者であった期間が10年以上が条件となります。

費用が安い動画編集スクールはこちらの記事で紹介しています。

動画編集スクールに通うべき4つのメリット

短期間で実践的なスキルが身に付く

動画編集の現場で必要となる実践的なスキルを身につけられるのは、動画編集スクールに通う大きなメリットです。

そもそも費用をかけて動画編集スクールに通うのは、人生という時間を早送りするためです。本来は右も左も分からない状態で、独学で始めると目的のスキル習得には時間がかかってしまいます。

しかし動画編集スクールを受講すれば、自分が獲得したいスキルを習得しているプロの講師から学習ができるため最短ルートでスキルを習得できます。

独学でかかるはずっだった時間が動画編集スクールを受講することで、短縮・早送りができます。また実務経験のある講師であれば、制作した作品に対してフィードバックをくれるため、習得したスキルを即戦力になるまで引き上げてくれます。

制作した作品が実績・ポートフォリオになる

動画編集スクールで学習中に制作したものについては、卒業後の就職や転職・副業やフリーランスとして案件獲得するためのスキルを証明する実績として活用が可能です。

動画編集スクールでは課題が与えられ、目的に応じた作品を制作することができます。また上記でも触れたようにプロ講師から、作品に対してもフィードバックがもらえるため実践的なスキルを獲得ができます。

動画編集以外にもマーケティング・ディレクションスキルなども学べる

また動画編集に関する内容以外にも実務に必要なコミュニケーション・企画書作成・マーケティング知識についても学習できます。

現役のプロ動画クリエイターや実務経験のある講師から直接レクチャーを受けられるため、カリキュラムやテキストだけでは得られない生きたノウハウも学習ができます。

ポートフォリオの制作ができる

動画編集スクールでは上述で触れたように、受講を通じて課題が与えられポートフォリオを作れます。

ポートフォリオとは自分の制作物をまとめた作品集で、パワーポイントやPDF・Web上で自分のポートフォリオサイトを作成し、実績をアピールするのが目的です。

就職や転職・副業・フリーランスとしての案件獲得の際に、ポートフォリオを見せることで実績を証明します。学んだスキルやノウハウ・制作物をスクール監修のもとで制作できるのは、動画編集スクールの大きなメリットといえます。