アクセルファクター審査落ち6つの原因と対策・必要書類や審査通過率・手数料

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年6月30日

アクセルファクターについて調べていると「アクセルファクター審査落ち」や「アクセルファクター 審査時間」といったワードで、月間100回以上も検索されています。ファクタリングは即日入金が最大のメリットなので、審査時間が気になる方もいるでしょう。

またアクセルファクターの審査通過率は93%と公式サイトに記載がありますが、審査落ちとなった原因や対策を知りたい方もいることでしょう。今回はアクセルファクターの審査落ちの原因や対策・必要書類や審査通過率について解説していきます。

審査通過率90%以上・審査時間30分のおすすめファクタリング会社

サービス名審査通過率手数料入金スピード買取上限必要書類
PMG(ピーエムジー)
審査時間20分で見積提示
乗り換え率98%2%〜2時間
審査時間20分
30万〜制限無し請求書/通帳コピー
※2つのみ
QuQuMo(ククモ)98%1%〜最短2時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
labol(ラボル)
土日祝日対応
24時間即時入金
90%一律10%60分1万円〜本人確認証/請求書
メールなどのエビデンス
※3つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
ビートレーディング98%2%〜最短2時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
2つのみ
ベストファクター92%2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書 ※3つのみ

目次

アクセルファクターは審査落ちしやすい?必要書類/審査通過率/審査時間/手数料を解説

運営会社株式会社アクセルファクター
取引形態2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
手数料2社間ファクタリング:3〜10%
3社間ファクタリング:1〜8%
買取金額30万円〜制限なし
利用対象者個人事業主・フリーランス・法人企業
審査時間最短1時間
入金スピード最短3時間(5割以上が即日入金)
必要書類売掛金が確認できる書類(請求書等)・入金が確認できる預金通帳
直近の確定申告書(所得税又は法人税)・代表者様の身分証明書
手続き完全オンラインファクタリング
対面ファクタリング
営業時間平日10:00〜19:00
営業所東京本社・仙台営業所・名古屋営業所・大阪営業所
債権譲渡登記あり
サービス詳細https://accelfacter.co.jp/

アクセルファクターは大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

他社で審査落ちの場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

また継続利用で手数料も減額されるため他社利用中でファクタリング会社の乗り換えにはおすすめです。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

アクセルファクターの審査通過率は93%と厳しくない

アクセルファクターの審査通過率は公式ホームページによると93%との記載があり、審査はそれほど厳しくはないといえます。ファクタリングの審査通過率に関する平均は70%前後といわれています。

審査通過率を公開してないファクタリング会社の方が多い中で、93%という数値は非常に高いことがわかります。参考までに審査通過率が90%以上のファクタリング業者をまとめておきます。

サービス名審査通過率
QuQuMo(ククモ)審査通過率98%
ビートレーディング審査通過率98%
日本中小企業金融サポート機構審査通過率95%
アクセルファクター審査通過率93%
ベストファクター審査通過率92%
アクティブサポート審査通過率90%
No.1ファクタリング審査通過率90%

仮にアクセルファクターで審査落ちとなっている方がいるのであれば、他にも審査通過率が高い会社はあるため、上記のようなファクタリング会社に無料相談してみましょう。

アクセルファクターの必要書類はやや多め

アクセルファクターの必要書類は他社よりも少し多めなのがデメリットです。アクセルファクターはネクステージグループホールディングス株式会社という大手資本の子会社であるため、審査書類は比較的多めです。

  • 原則必要な書類
    • 売掛金が確認できる書類(請求書等)
    • 入金が確認できる預金通帳
    • 直近の確定申告書(所得税又は法人税)
    • 代表者様の身分証明書
  • 必要に応じて必要な書類
    • 納税証明書(又は納付書や領収書)
    • 印鑑証明書
    • 取引先様との契約書

ただし業態によっては売掛債権の所在が確認できないケースも存在するため、取引先との基本契約書によって審査を実施する場合もあります。

ファクタリング審査は必要書類に基づいて実施されるため、審査申込前に提出書類に不備がないか確認しなければ、審査落ちとなる可能性があります。因みにアクセルファクターでは書類が全て揃っていなくても、一部の書類を提出すれば概算の見積もりを出してくれます。

まずは無料相談の申込を行って、概算の買取金額を出してもらうことも可能です。入力項目も少なく1分で無料相談ができます。

ちなみに必要書類が少ないファクタリング会社は下記のとおりです。

審査が甘い・緩いファクタリング会社必要書類が少ないおすすめファクタリング会社はそれぞれの記事で紹介しています。

アクセルファクターの審査時間は最短1時間・最短3時間で即日入金

アクセルファクターの審査時間は最短1時間のため、審査申込の当日中に審査結果連絡が通知されるようになっています。ただしアクセルファクターの営業時間は平日10:00〜19:00までのため、当日連絡を希望する場合は16時までに申込を済ませましょう。

理由としてはアクセルファクターの最短入金時間は3時間と記載があるため、即日入金をしたい場合は最低でも3時間前に審査申込を完了させておく必要があるためです。これは公式HPにも下記のように記載があり、3時間前の申込を推奨しています。

Q:即日振込の条件を教えてください。

A:審査は1~2時間ほどで完了いたしますので、業務終了の3時間前までにお申し込みをいただければ即日振込の第一条件はクリアです。その後、必要書類が揃っているか、どのようなファクタリング方法をご希望されるかによって即日決済の可否が異なってきます。

引用:アクセルファクター公式HP

また入金スピードは上述のとおり最短3時間と非常に早く、50%の方が即日入金となっています。買取上限額を設けてないことから、審査時間・入金スピードは金額が大きくなるほど慎重な審査を行うため、入金時間は多少前後することが考えれます。

ただし即日入金の確率は50%のため、どうしても即日入金を実現させたい方は複数社に相見積もりを出しておきましょう。即日入金のファクタリング会社は下記の通りです。

アクセルファクターの手数料は相場より安い・金額が大きくなるほど低くなる

アクセルファクターの手数料は2%〜10%と公式サイトに記載があり、最低手数料は非常に小さいといえます。公式サイトでは下記のように記載があり、請求書の買取金額の大きさに応じて手数料は変動する仕組みになっています。

売掛債権額ファクタリング手数
〜100万円10%〜
101〜500万円5%〜
501万円〜1,000万円2%〜
1,001万円以上別途相談
アクセルファクター公式サイトより

買取金額によって手数料が下がっていく仕組みはファクタリング業界では一般的ですが、ここまで詳細に公開をしている業者は珍しいです。またアクセルファクターは2社間・3社間ファクタリングに対応していますが、手数料相場よりも低めなのも魅力です。

一般的な手数料相場2社間ファクタリング:10〜20%
3社間ファクタリング:5〜10%
アクセルファクター2社間ファクタリング:3〜10%
3社間ファクタリング:1〜8%
アクセルファクター公式サイトより

ファクタリング会社の手数料相場や費用内訳・安くするコツについてはこちらの記事で紹介しています。

アクセルファクターの会社概要・大手グループ資本で安心利用ができる

アクセルファクターは東京新宿区の高田馬場に本社を構えており、全国主要都市の4ヶ所に拠点を持っているファクタリング会社です。親会社であるネクステージホールディングス株式会社は、売上165億円・従業員数200名の大企業が母体のため、安心して利用できます。

会社名株式会社アクセルファクター
親会社ネクステージグループホールディングス株式会社
従業員数160名
所在地東京本社:東京都新宿区高田馬場1丁目30-14 コルティーレ高田馬場1F
大阪営業所:大阪府大阪市中央区南船場3丁目11番10号 心斎橋大陽ビル
名古屋営業所:愛知県名古屋市中区丸の内2-17-13 NK丸の内ビル2F
仙台営業所:宮城県仙台市青葉区本町一丁目12-12 GMビルディング3F
資本金3億676万円(グループ総資本金)
公式ホームページhttps://accelfacter.co.jp/

ファクタリングは年々利用者が増えていますが、それに伴い悪質な闇金会社も増えています。アクセルファクターは大手グループの資本が入っているため、ヤミ金業者かどうかを心配する必要はありません。

悪質なヤミ金業者の詳細は審査なしファクタリングはリスク大!審査なしのファクタリングは可能?審査の重要性や審査落ち対策の記事で解説しています。

アクセルファクター審査落ちの6つの原因・理由

アクセルファクターで審査落ちとなる原因・理由は下記の6つが考えられます。

  • 売掛先の信用力が低い
  • 売掛先が個人である
  • 支払い期日が180日以上
  • 売掛債権に問題がある
  • 売掛先との取引実績が少ない
  • サービス利用者の与信・信用力が低い

(1)売掛先の信用力が低い

アクセルファクターで審査落ちとなる原因・理由の1つ目は、売掛先の信用力が低いという点です。ファクタリングは買い取った請求書がしっかりと売掛先から支払われることを前提に、売掛債権の買取を行ないます。そのため売掛先の信用度・支払い能力がなければ審査落ちとなります。

ファクタリングは請求書毎に審査を行い、利用者ではなく売掛先の信用度が最も重要といえます。例えば下記のような場合は信用度が低いと判断されるでしょう。

  1. 売掛先の経営状況が悪い
  2. 創業から年数が浅い
  3. 売掛先の実在が確認できない
  4. 売掛先がトラブルを起こしている

1については売掛先が赤字続き・資金繰りに困っていると判断された場合などです。場合によっては倒産の可能性もあるため、売掛金の回収ができないことも考えれます。そのため経営状況が悪い売掛先も審査落ちの対象となります。

2については創業から年数が浅い零細企業の場合は、信用力が低いと判断されてしまうためです。繰り返しになりますがファクタリング審査では、売掛先の信用力が重要です。経営基盤が安定していない年数が浅い場合は審査落ちの可能性が高くなります。

3の場合は売掛先情報を調べても確認が取れないといったケースです。売掛先としての実態が確認できなければ、架空請求の疑いがある・支払いが行われない可能性があると判断されます。

4についても過去に支払いに関してトラブルを起こしているといった場合には、未回収リスクがつきまとうため審査落ちの対象となる可能性が高くなります。

またアクセルファクターは赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴ですが、基本的にはファクタリング会社では買取対象にならないことが多いため、この場合は審査落ちの可能性が高くなることは理解しておきましょう。

(2)売掛先が個人の請求書

アクセルファクターで審査落ちとなる原因・理由の2つ目は、売掛先が個人事業主やフリーランスの請求書を審査に出していた場合です。アクセルファクターでは売掛先が個人事業主やフリーランスの場合は、請求書の買取を行なっていません。

これは上述でも触れましたがファクタリング審査で重視されるのは、売掛先の信用力となります。経営基盤が安定していない・社会的な信用度が低いフリーランスや個人事業主の売掛債権は、審査落ちとなる可能性が高いとえいます。

実際、いくつかのファクタリング会社の公式HPには売掛先が個人の場合は利用できないと記載があります。ただしペイトナーファクタリングは売掛先が個人の場合でも買取対象となっているため、この理由で審査落ちとなっている方はペイトナーを利用してみましょう。

(3)支払い期日が180日以上

アクセルファクターで審査落ちとなる原因・理由の3つ目は、支払い期日が長い請求書を審査に出している点です。アクセルファクターでは請求書の支払い期日が180日以上の売掛債権は買取対象にしていません。公式サイトにも下記のように記載があります。

アクセルファクターでは最長180日支払いの債権まで対応しているため、長期工事や元請け企業の都合で入金サイクルが長い場合といった入金まで期間が空いてしまう売掛債権であっても買取可能となっています。

引用:アクセルファクター公式HP

基本的にファクタリング業界では支払い期日が長いものを嫌います。理由としては入金前に経営状況が悪化する可能性があり、未回収リスクが高くなるためです。一般的には支払い期日が60日以上の場合は審査落ちになることが多いですが、180日はかなり寛容です。

参考までに他社の買取対象の支払い期日を記載しておきます。

サービス名支払い期日の制限
アクセルファクター180日以内
labol(ラボル)150日以内
ペイトナーファクタリング70日以内

(4)売掛債権に問題がある

アクセルファクターで審査落ちとなる原因・理由の4つ目は、売掛債権問題があるケースです。上記の支払い期日に加えて下記の2つに該当する場合は、審査落ちとなるでしょう。

  • 売掛債権が反対債権
  • 二重譲渡の疑いがある

売掛債権が反対債権

アクセルファクターでは反対債権の場合は買取を行なっていません。反対債権について具体的に解説していきます。

A社がB社に対して商品やサービスを提供・納品して代金の支払いを請求した場合は、A社はB社に対して売掛債権が発生します。

しかしB社がA社に対して別の売掛債権を有する場合、例えばA社からの商品の不良品に関する補償を請求する場合があると、この債権は反対債権となります。

こうなるとB社はA社に対して支払いをする前に、Aに対する不良品に関する補償債権を相殺できます。そのためB社がA社に支払う金額は売掛債権から、反対債権の金額を差し引いた金額となります。

売掛債権が反対債権となる場合は相殺されて実際の金額は減少するか・ゼロ円となるため、売掛債権としての価値は低くなります。

アクセルファクターとしては買い取った売掛債権の金額が消滅する可能性があるため、審査落ちとなるのです。

二重譲渡の疑いがある

これはアクセルファクターに限った話ではないですが、売掛債権に二重譲渡の疑いがある場合は審査落ちとなります。二重譲渡とは売掛債権の売買契約が他社で決定している請求書で審査申込を行い、ファクタリング会社から資金を騙し取る詐欺行為を指します。

ただし買取の審査申し込み・見積もり依頼を複数社に依頼するのは問題ありません。また他社利用中であっても、ファクタリング会社の併用利用は法的に問題はありません。他社利用中で別のファクタリング会社を利用する場合は、別の売掛債権を利用しましょう。

詳細についてはファクタリングで他社利用中に乗り換えや併用は可能?バレる?ファクタリング乗り換えは可能!好条件の8社・他社利用中でもOKな会社の記事で解説しています。

(5)売掛先との取引実績が少ない

アクセルファクターで審査落ちとなる原因・理由の5つ目は、売掛先との取引実績が少ない場合です。これもアクセルファクターに限った話ではないですが、取引実績が少ないと架空の請求書を偽造して資金を騙し取るといった可能性があるためです。

また取引実績が少ないと「その売掛先の支払いが遅延していなか・支払い能力に問題がないか」などを、判断するのが難しくなります。そのためアクセルファクターとしてはこうした請求書の買取については、リスクを考慮して慎重な判断を行います。

こうした売掛債権は買取が可能という判断になったとしても、支払い遅延や未払いリスクを最小限にするため、買取手数料を高くすることでリスク軽減を行うことが一般的です。

(6)サービス利用者の与信・信用力が低い

アクセルファクターで審査落ちとなる原因・理由の5つ目は、利用者の与信や信用力が低い場合です。大きく2つの理由が考えられるため、それぞれについて解説していきます。

個人事業主・フリーランスが利用申込をしている

アクセルファクターは個人事業主やフリーランスの利用をOKとしていますが、法人よりも一般的に社会的な信用度が低いため、審査ハードルは高いといえます。

個人事業主やフリーランスの場合は経営状態の実態が把握が難しく、小規模事業者の場合は貸し倒れリスクが高いのが理由です。事業規模が小さいと経営や財務状況が安定せず資金不足に陥りやすいため、経営破綻・倒産のリスクが高いためです。

ただし個人事業主やフリーランスに特化したファクタリング会社もあるため、審査落ちとなっている場合は別の業者を検討するのも1つの方法です。

サービス名通過率手数料入金スピード買取可能額必要書類
QuQuMo(ククモ)98%1%~2時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
PMG(ピーエムジー)
審査時間20分で見積提示
乗り換え率98%
土日祝対応
2%〜2時間
審査時間20分
30万〜制限無し請求書/通帳コピー
※2つのみ
labol(ラボル)
土日祝日対応
24時間即時入金
90%一律10%60分
審査時間10分
1万円〜本人確認証/請求書
メールなどのエビデンス
※3つのみ
ベストファクター92%2%~最短1時間
審査時間30分
30万〜1億円本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
ビートレーディング最大買取率98%2%~2時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー
請求書 ※2つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5~10%3時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー/請求書
身分証明書 ※3つのみ

必要書類が少なめで審査が甘い・緩いファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

利用者の性格や態度に問題がある

ファクタリングサービスは利用者との信頼関係が築けていて成立するビジネスです。そのため利用者の性格や態度が悪い場合は、アクセルファクターとしても審査落ちとなる可能性があります。下記のような場合は審査落ちの可能性があります。

  • 必要書類が期日までに揃わない
  • 面談時の態度が悪い
  • ギャンブル癖がある

2社間ファクタリングを実施する場合は、売掛金を回収したら利用者自身がアクセルファクターに入金を行います。そのためギャンブル癖がある場合は、回収した売掛金を別用途に流用されるリスクもあり、ファクタリング会社としてはこうした利用者を避けます。

信頼関係が構築できない場合は、ファクタリング会社では審査落ちとなる可能性が高いため注意しましょう。

アクセルファクターで審査落ちを避ける6つの方法・落ちた時の対策

アクセルファクターで審査落ちを避ける方法・落ちた時の対策は下記の6つです。

  • 審査落ちの理由・原因をスタッフにヒアリングする
  • 信用力が高い売掛先の請求書を審査に出す
  • 提出書類に不備がないかしっかりと確認する
  • 事業規模とかけ離れた売掛債権の審査依頼を避ける
  • 2回目以降のためにも支払い期日は守る
  • 他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

(1)審査落ちの理由・原因をスタッフにヒアリングする

まずアクセルファクターで審査落ちとなって場合には、審査落ちとなった原因や理由をスタッフに確認することが重要です。審査落ちの理由がわからない状況で再度審査申込をしても、同じ結果となる可能性が高いです。

スタッフに確認した場合に仮に下記のような回答が来たとします。

  1. 売掛先がペーパーカンパニーで架空債権を疑われた
  2. 売掛先との取引実績が少なく信用度が低いと判断された
  3. 売掛債権に譲渡禁止特約が付与されていた場合

1の場合については架空の請求書ではないことを証明する必要があるため、取引や請求書の実態があるエビデンスを提出する必要があります。具体的には売掛先との基本契約書・見積書・発注書・納品書・発注に関するメールやチャットのキャプチャなどです。

2の場合についても上記のように取引実態があることを証明するのが重要ですが、信用度を高めるためにも売掛先との取引を増やすことも対策になります。

3の場合については債権譲渡禁止特約がついていない売掛債権を提出する必要があります。債権譲渡禁止特約とは「債権を第三者に譲渡を禁止する特約」です。こうした条項がついている債権の場合は何かしらの理由で特約がついているため、特約の解除は難しいでしょう。

特約がついている売掛債権も譲渡は民法改正により可能となってはいますが、そもそも禁止特約がついているため、買い取った後にトラブルが起きることは容易に想像がつきます。

(2)信用力が高い売掛先の請求書を審査に出す

アクセルファクターで審査落ちを回避する方法としては、信用度が高い売掛先の請求書を審査に出すのが重要です。例えば大手企業や上場企業・地方公共団体や官公庁などの公的機関の場合は、未回収になる可能性は低く倒産するリスクは限りなくゼロに近いです。

上記に該当する売掛先ではなかったとしても、経営状態や財務基盤が安定している・売上が順調に伸びている会社の請求書を審査に出す方が審査落ちのリスクは低くなります。

(3)提出書類に不備がないかしっかりと確認する

書類不備の場合は審査に落ちる理由もありますが、アクセルファクター社からの信用が落ちる可能性があります。多少の書類不備であれば連絡が来て修正依頼の場合もありますが、不備が多い場合は利用者の人間性や信用度が低いと思われることもあるでしょう。

そのため審査依頼をする前にしっかりと提出書類に問題がないか・入力フォームと情報が一致しているかを確認しましょう。アクセルファクターで必要な審査書類は下記です。

  • 原則必要な書類
    • 売掛金が確認できる書類(請求書等)
    • 入金が確認できる預金通帳
    • 直近の確定申告書(所得税又は法人税)
    • 代表者様の身分証明書
  • 必要に応じて必要な書類
    • 納税証明書(又は納付書や領収書)
    • 印鑑証明書
    • 取引先様との契約書

審査を盤石にするという観点では、原則必要な書類に加えて必要に応じて必要な書類も用意しておくのが重要です。

(4)事業規模とかけ離れた売掛債権の審査依頼を避ける

ファクタリング会社の審査落ちを回避するためには、売上とのバランスが取れている売掛債権を選ぶのもポイントです。

例えば月間売上が500万円なのに5,000万円の売掛金の買取を申し込むと、審査に落ちやすくなります。ファクタリングは融資とは異なり、一時的な資金調達となるため自社の売上を大きく超えた調達を行うことは少ないです。

売上とのバランスが悪いと、偽造や捏造された請求書を利用しようとしている判断されるリスクもあるため、審査落ちの可能性が高くなります。

(5)2回目以降のためにも支払い期日は守る

アクセルファクターのファクタリングは2社間ファクタリングの利用もできるため、売掛金を回収したら期日までに入金する必要があります。

入金が遅延するとこれも信頼を損ねてしまう可能性があります。入金が遅延すると2回目以降の審査で不利に働く可能性もあるため、取引先から入金があった場合はスピーディーに振込を行うようにしましょう。

(6)他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

ファクタリング会社の審査落ちたからといって心配する必要はありません。ファクタリング審査は各社が独自の基準で審査を行っているため、1社の審査落ちたからといって他社でも通らないことはりません。

そのため1社の審査依頼で審査落ちリスクを避けたい場合は、複数社に相見積もりを取るのがおすすめです。

ただし個別何社も相見積もりを取るのが手間という方もいるでしょう。そんな方におすすめなのがファクタリング一括見積もり・査定サイトの利用です。下記のようなサービスでは複数社に一括で見積もり依頼が出せます。

サービス名対象特徴
ファクタリングベスト法人/中小企業最短3時間入金/審査通過率9割超の優良4社に一括見積もり
ファク探法人/中小企業最短3時間で現金化/優良ファクタリング会社に一括見積もり
事業資金のミカタ個人事業主/法人個人事業主OK/最短30秒で簡単一括見積もり/利用者1万人
ランクファクター個人事業主/法人土日祝日営業/最短3時間で即日入金
資金調達プロ法人/中小企業東証プライム上場の子会社が運営する一括見積もりサイト

審査基準の詳細はファクタリングの審査基準や落ちる理由は?ファクタリング審査に通らない12に原因と対策の記事で紹介しています。

また別のファクタリング業者であれば、利用条件を満たしている可能性もあります。審査通過率が高いファクタリング会社は下記のとおりです。

サービス名審査通過率
QuQuMo(ククモ)審査通過率98%
ビートレーディング審査通過率98%
日本中小企業金融サポート機構審査通過率95%
アクセルファクター審査通過率93%
ベストファクター審査通過率92%
labol(ラボル)審査通過率90%
No.1ファクタリング審査通過率90%

1社に依頼するとまた審査落ちの可能性があったり、手数料相場が掴みづらいこともあるので、複数社に相見積もりを出しておくのがおすすめです。

ただし複数社にいくつも個別見積もりを取るのが手間・面倒といった方もいるでしょう。そのような方はファクタリング一括見積もり・査定サイトもあるため、こうしたサービスも利用してみましょう。

アクセルファクター審査落ちの方におすすめ通過率90%以上・即日入金ファクタリング7選

次はアクセルファクターで仮に審査落ちとなった場合のために、審査通過率90%以上・もしくは即日入金に対応しているファクタリング会社を紹介していきます。また土日に審査申込をしたい方は土日対応24時間即時入金ファクタリングの記事を参考にしてください。

審査落ちの可能性を感じたら2〜3社に見積りがおすすめ!
基本的にファクタリングでは審査が発生するため、複数社に相見積もりがおすすめです。複数社に依頼しておけば、1社が審査落ちでも別の会社では審査に通ることもあります。また手数料相場もわかり好条件の会社を選べます。

サービス名通過率手数料入金スピード買取可能額必要書類
QuQuMo(ククモ)98%1%~2時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
PMG(ピーエムジー)
審査時間20分で見積提示
乗り換え率98%
土日祝対応
2%〜2時間
審査時間20分
30万〜制限無し請求書/通帳コピー
※2つのみ
labol(ラボル)
土日祝日対応
24時間即時入金
90%一律10%60分
審査時間10分
1万円〜本人確認証/請求書
メールなどのエビデンス
※3つのみ
ベストファクター92%2%~最短1時間
審査時間30分
30万〜1億円本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
ビートレーディング最大買取率98%2%~2時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー
請求書 ※2つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5~10%3時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー/請求書
身分証明書 ※3つのみ

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のAIオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができ、審査時間は最短30分と非常に早いのが特徴です。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間
審査時間30分
制限なし請求書・通帳の2点のみ
※土日祝日も受付中ですが入金は平日となります

PMG 個人OK/乗換率98%/審査時間20分で見積提示/2時間入金/手数料2%〜/30万円〜買取

PMG(ピーエムジー)30万円からの少額でも買取対応で個人事業主も利用できるオンラインファクタリング会社で、審査時間は業界最短の20分で見積提示・最短2時間で入金となります。

手数料も2%〜と低水準で、月間1,500件以上の請求書買取を行う業界大手ファクタリングです。他社からの乗り換え率は98%・96%のリピート率と非常に高いのが特徴です。

買取金額も上限がないため中小企業から大手企業まで幅広い企業・建設業や広告など様々な業界で利用実績があります。またファクタリングだけでなく財務コンサル・融資支援・助成金/補助金紹介なども行っており、資金調達に関する様々なサービスも受けられます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2%〜2時間
審査時間20分
30万円〜上限なし請求書・通帳コピー
※2点のみ

labol 通過率90%/土日祝日/最短60分/24時間即日入金のAIオンラインファクタリング

  • 審査通過率90%以上/個人事業主やフリーランス特化
  • 最短60分入金/土日祝日も24時間365日即時入金
  • 通帳コピー不要で必要書類は3つのみ/1万円から買取OK

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けのAIオンラインファクタリングで、審査時間は最短10分・土日祝日も最短60分で24時間即時入金・審査通過率90%・必要書類も3つと少なく通帳コピーが不要で、スピーディーに資金調達できます。

ラボル一番の特徴は土日祝日も含めて365日審査受付・最短60分で24時間即時入金で、いつでも入金してくれます。24時間即時入金はラボルのみで、通常のファクタリングでは土日は営業しておらず、審査通過しても入金までに2〜3時間はかかります。

Q:申請してから入金されるまでに、どれくらいの時間がかかりますか?

A:申請をいただいてから、最短60分で審査が完了します。審査が完了いたしますと、ご登録の銀行口座宛に24時間365日即時で入金いたします。

引用:labol(ラボル)公式ホームページより

また買取金額は1万円〜・手数料は一律10%も強みです。一般的に30万円未満など買取金額が小さいと、手数料は上限値の10〜20%が適用となります。しかしラボルは一律10%なので少額利用でも手数料が大きくなりません。

提出書類としては通帳コピーは不要で請求書・本人確認書類・取引先とのやり取りがわかるエビデンス(メールやSlackなど)の3点だけです。運営会社のラボルは東証プライム上場企業のセレス株式会社の100%子会社のため、安心して利用できます。

取引形態通過率手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング90%以上一律10%最短60分1万円〜本人確認書類/請求書 ※3つのみ
取引を示すエビデンス
※取引先とのメール・Slackなど
※土日祝日・年中無休で審査通過後は24時間即時入金

関連記事
ラボルは土日審査可能!営業時間や入金スピードを解説
ラボルの審査は遅い?土日対応は?審査通過率や入金時間
ラボル審査落ち6つの原因と対策!口コミや評判を分析・通過のコツ
ラボルはヤミ金ではない!口コミや評判から噂を解説

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

必要書類も通帳コピー・請求の2つのみで最短30分で審査結果が提示され、振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料で済み、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー
請求書 ※2つのみ

ビートレーディング – 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗オンライン完結ファクタリングです。必要書類も請求書・通帳コピーの2つでのみ、審査時間も30分・最短2時間入金と非常に早いのが特徴です。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
※2つのみ

ベストファクター 最短1時間入金/審査通過率92%/5分でわかる買取診断/非対面契約

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳コピー
請求書 ※3つのみ

ペイトナーファクタリング – 入金まで最短10分で即日入金/複数回申請OK/個人債権もOK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのAIオンライン完結ファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。

買取価格も1万円から利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。提出書類は少なめで請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

最低買取金額も1万円からと少額債権にも対応しており、個人事業主やフリーランスの方におすすめです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

アクセルファクターに関するよくある質問

アクセルファクターの審査時間は長いですか?

アクセルファクターの審査時間は長いですか?
アクセルファクターの審査時間は最短1時間程度と短いです。必要書類が揃っていることが前提として、審査スピードを早くする方針です。そのため必要書類はしっかりと揃えるようにしましょう。

アクセルファクターの必要書類は何ですか?

アクセルファクターの必要書類は何ですか?
アクセルファクターで原則として必要書類は下記のとおりです。
・売掛金が確認できる書類(請求書等)
・入金が確認できる預金通帳
・直近の確定申告書(所得税又は法人税)
・代表者様の身分証明書
また必要に応じて提出が求められる書類は下記のとおりです。
・納税証明書(又は納付書や領収書)
・印鑑証明書
・取引先様との契約書

アクセルファクターの手数料いくらですか?

アクセルファクターの手数料いくらですか?
アクセルファクターの手数料は1〜10%です。
・2社間ファクタリング:3〜10%
・3社間ファクタリング:1〜8%

アクセルファクターの審査通過率は?

アクセルファクターの審査通過率は?
アクセルファクターの審査通過率は公式サイトに記載があるとおり93%です。

アクセルファクターの営業時間は?

アクセルファクターの営業時間は?
アクセルファクターの営業時間は平日10:00〜19:00です。即日入金を希望する場合は16時までに申込を済ませましょう。