助成金申請代行は社労士がおすすめ!費用比較6選・選び方やメリット

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年7月9日

助成金は企業にとって資金調達の重要な手段です。しかし、その申請手続きは複雑で時間がかかるため、多くの企業が助成金申請代行サービスを利用しています。この記事では、助成金申請代行の概要やメリット、選び方、おすすめの業者を紹介し、経営者や資金調達を検討している方に役立つ情報を提供します。

目次

助成金の申請代行ができる業者は?助成金のメリット

助成金の申請代行は社会保険労務士のみ

助成金の申請代行は法律により社会保険労務士(社労士)のみが行うことができます。社労士は労務管理や人事管理の専門家であり、助成金の申請に必要な知識と経験を有しています。これにより、申請書の作成から提出までをスムーズに行うことができ、申請の成功率を高めることができます。

補助金申請代行は資格不要で税理士・中小企業診断士が強い

一方、補助金の申請代行は資格が不要であり、税理士や中小企業診断士が強い分野です。これらの専門家は、事業計画の策定や財務分析を得意としており、補助金申請の成功率を高めるために重要な役割を果たします。

助成金のメリットは返済不要かつ雑収入で資金使途自由

助成金の最大のメリットは、返済不要であることです。また、受給した助成金は雑収入として計上されるため、資金の使途が自由である点も魅力です。このため、事業の拡大や人材育成、設備投資など、さまざまな用途に利用できます。

助成金申請代行の費用相場

着手金・成功報酬の費用相場

助成金申請代行の費用相場は、着手金と成功報酬に分かれます。一般的な着手金は10万円から20万円、成功報酬は受給額の10%から20%程度が相場です。具体的な金額は依頼する社労士事務所や案件の難易度によって異なります。

助成金申請代行の業者の費用比較

助成金申請代行業者の費用は、依頼する業者によって異なります。一般的に、実績のある社労士事務所や大手のコンサルティング会社は高額になる傾向がありますが、その分成功率も高いと言われています。

会社名着手金成功報酬実績強み/特徴
ギフテッド社労士事務所/株式会社Gifted15万円10%年間100件以上の助成金申請実績中小企業の支援に特化、人材育成や職場環境の改善に強み
内田学社会保険労務士事務所/経営コンサル株式会社12万円8%豊富な経験と実績、特に雇用関連の助成金実績多数労務管理や人事管理の専門知識、幅広い業種に対応
大和総合労務事務所14万円9%製造業やサービス業の企業に多くの成功事例助成金申請の専門チーム、人材育成や職場環境改善の助成金に特化
田中浩FP社労士事務所10万円10%スタートアップ企業の助成金申請成功事例多数経営全般のコンサルティング、新規事業立ち上げの助成金申請に強み
株式会社シャイン総研13万円9%製造業やIT企業に多くの成功事例幅広い業種に対応、最新技術や設備導入の助成金申請に強み
はしおか社会保険労務士事務所12万円10%地域の中小企業に多くの成功事例地域密着型サービス、中小企業の支援に特化、サービス業や小売業に強み

助成金申請代行業者おすすめ費用比較6選

助成金申請代行業者を選ぶ際には、費用だけでなく、その強みや実績も重要な選定基準となります。以下では、おすすめの助成金申請代行業者を6社紹介し、それぞれの強みや実績を詳しく解説します。

会社名着手金成功報酬実績強み/特徴
ギフテッド社労士事務所/株式会社Gifted15万円10%年間100件以上の助成金申請実績中小企業の支援に特化、人材育成や職場環境の改善に強み
内田学社会保険労務士事務所/経営コンサル株式会社12万円8%豊富な経験と実績、特に雇用関連の助成金実績多数労務管理や人事管理の専門知識、幅広い業種に対応
大和総合労務事務所14万円9%製造業やサービス業の企業に多くの成功事例助成金申請の専門チーム、人材育成や職場環境改善の助成金に特化
田中浩FP社労士事務所10万円10%スタートアップ企業の助成金申請成功事例多数経営全般のコンサルティング、新規事業立ち上げの助成金申請に強み
株式会社シャイン総研13万円9%製造業やIT企業に多くの成功事例幅広い業種に対応、最新技術や設備導入の助成金申請に強み
はしおか社会保険労務士事務所12万円10%地域の中小企業に多くの成功事例地域密着型サービス、中小企業の支援に特化、サービス業や小売業に強み

1. ギフテッド社労士事務所/株式会社Gifted

費用:着手金15万円、成功報酬10%
強み:ギフテッド社労士事務所は、中小企業の支援に特化しており、多くの助成金申請実績を持っています。特に人材育成や職場環境の改善に関する助成金に強みがあり、迅速かつ的確なサポートを提供しています。
実績:年間100件以上の助成金申請をサポートしており、高い成功率を誇ります。これまでに多くの企業の助成金申請を成功に導いてきた実績があります。

2. 内田学社会保険労務士事務所/経営コンサル株式会社

費用:着手金12万円、成功報酬8%
強み:内田学社会保険労務士事務所は、豊富な経験と実績を持ち、特に雇用関連の助成金に強みがあります。労務管理や人事管理に関する専門知識を活かし、企業のニーズに合わせた助成金申請をサポートします。
実績:多数の雇用関連助成金の申請成功事例があり、高い成功率を誇ります。幅広い業種に対応しており、多くの企業から信頼されています。

3. 大和総合労務事務所

費用:着手金14万円、成功報酬9%
強み:大和総合労務事務所は、助成金申請の専門チームを持ち、人材育成や職場環境改善の助成金に特化しています。申請書の作成から提出まで、細部にわたるサポートを提供し、申請の成功率を高めています。
実績:高い成功率を誇り、多くの企業の助成金申請を成功させてきた実績があります。特に製造業やサービス業の企業に強みがあります。

4. 田中浩FP社労士事務所

費用:着手金10万円、成功報酬10%
強み:田中浩FP社労士事務所は、助成金申請だけでなく、経営全般に関するコンサルティングも提供しています。特にスタートアップ企業の支援に強みがあり、新規事業の立ち上げに必要な助成金の申請をサポートします。
実績:スタートアップ企業の助成金申請成功事例が多数あり、迅速かつ的確な対応で多くの企業から高い評価を得ています。

5. 株式会社シャイン総研

費用:着手金13万円、成功報酬9%
強み:株式会社シャイン総研は、幅広い業種に対応し、特に製造業やIT企業の助成金申請に強みがあります。最新の技術や設備導入に関する助成金の申請を得意としています。
実績:多くの企業の助成金申請を成功させており、高い成功率を誇ります。専門的な知識を持つスタッフが丁寧にサポートします。

6. はしおか社会保険労務士事務所

費用:着手金12万円、成功報酬10%
強み:はしおか社会保険労務士事務所は、地域密着型のサービスを提供し、中小企業の支援に特化しています。迅速かつ丁寧な対応で、企業のニーズに合わせたサポートを行います。
実績:地域の中小企業から高い評価を得ており、多くの助成金申請を成功に導いています。特にサービス業や小売業の企業に強みがあります。

これらの業者は、それぞれ異なる強みと実績を持っています。自社のニーズに合った助成金申請代行業者を選ぶことで、申請の成功率を高めることができます。助成金申請代行を検討する際は、費用だけでなく、各業者の強みや実績も考慮して選定することが重要です。

助成金申請代行を利用する3つのメリット

1. 助成金の採択率が高くなる

助成金申請の手続きは非常に複雑であり、細かい書類作成や要件のチェックが必要です。経験豊富な社会保険労務士(社労士)に依頼することで、助成金の採択率が大幅に向上します。社労士は過去の成功事例を元に最適な申請書類を作成し、助成金の要件に合った具体的な提案を行います。これにより、審査員にとって理解しやすい書類が完成し、審査通過の可能性が高まります。

2. 申請書作成の不備がなくなる

助成金申請書には多くの情報を正確に記載する必要があります。誤字脱字や必要事項の記載漏れがあれば、審査が通らない原因となります。専門の社労士に依頼することで、書類の不備を防ぐことができます。社労士は申請書のチェックを徹底して行い、書類作成の際のミスを最小限に抑えます。これにより、スムーズに申請が進み、無駄な時間と手間を省くことができます。

3. 助成金申請に関する業務工数の削減

助成金申請には多くの時間と労力が必要です。自社で全てを行うと、本業に影響が出る可能性があります。代行業者に依頼することで、助成金申請にかかる業務工数を大幅に削減することができます。社労士は申請に必要な情報をヒアリングし、書類作成や提出手続きを代行します。これにより、経営者や従業員は本業に集中でき、業務効率が向上します。

助成金申請代行の選び方・3つのポイント

1. 社会保険労務士の資格を保有している

助成金申請代行を依頼する際には、社会保険労務士の資格を保有しているか確認することが重要です。社労士は労務管理や人事管理の専門家であり、助成金申請に必要な知識と経験を持っています。資格を持つ専門家に依頼することで、適切なアドバイスとサポートを受けることができます。

2. 助成金申請代行の実績が豊富にある

助成金申請代行の実績が豊富な業者を選ぶことで、申請の成功率を高めることができます。過去の成功事例や実績を確認し、信頼できる業者を選びましょう。実績のある業者は、多くの企業の助成金申請を成功させており、具体的なノウハウを持っています。

3. 助成金申請代行の強みを持っている

業者ごとに得意とする助成金の分野があります。自社のニーズに合った助成金に強みを持つ業者を選ぶことで、より効果的な支援を受けることができます。例えば、製造業向けの助成金に強い業者やIT企業向けの助成金に特化した業者など、自社の事業内容に合った専門家を選びましょう。

助成金申請の流れを解説

1. 申請する助成金を検討する・選ぶ

まずは、自社の事業に適した助成金を検討し、選定します。助成金の種類や要件、申請期限を確認し、適用可能な助成金を絞り込みます。助成金情報は、各種公的機関のウェブサイトや専門家のアドバイスを参考にすると良いでしょう。

2. 助成金の申請代行に強い社会保険労務士を選ぶ

次に、助成金申請代行に強い社会保険労務士を選定します。実績や評判を確認し、自社に合った社労士を選びます。選定時には、助成金申請の成功率や過去の事例を確認することが重要です。

3. ヒアリング・申請書類作成のサポートを受ける

選んだ社労士とヒアリングを行い、自社の状況や助成金の目的を詳しく説明します。社労士はヒアリング内容を基に、必要な申請書類の作成をサポートします。ヒアリングでは、事業内容や目標、助成金の活用方法などを詳細に伝えることが重要です。

4. 申請手続きを実施する

完成した申請書類を提出し、申請手続きを実施します。社労士が提出手続きを代行することで、スムーズに進めることができます。申請書の提出後も、社労士が進捗状況をフォローし、必要な対応を行います。

5. 採択・受給が完了するまで支援を受ける

申請が採択され、助成金を受給するまで、社労士のサポートを受けます。必要な報告書の作成や、受給後の手続きもサポートしてもらいます。採択後のフォローアップも重要であり、社労士のサポートを受けることで、円滑に進めることができます。

助成金申請代行の3つの事例

介護支援取組・企業内人材育成推・キャリアアップ助成金など800万円を受給

ある介護事業者は、キャリアアップ助成金や企業内人材育成推進助成金を活用し、合計800万円の助成金を受給しました。社労士のサポートを受け、必要な書類を迅速かつ正確に作成することで、申請がスムーズに進みました。

雇用調整・キャリアアップ助成金など1,600万円を受給

製造業の企業は、雇用調整助成金とキャリアアップ助成金を利用して1,600万円の助成金を受給しました。専門の社労士による申請代行により、高い成功率で助成金を獲得できました。

特定求職者雇用開発・キャリア形成促進助成金など800万円を受給

ある中小企業は、特定求職者雇用開発助成金とキャリア形成促進助成金を活用し、合計800万円の助成金を受給しました。社労士のサポートを受けて、申請プロセスを円滑に進めることができました。

助成金申請代行に関するまとめ

助成金申請代行は、専門的な知識と経験を持つ社会保険労務士に依頼することで、申請の成功率が高まり、スムーズに進めることができます。着手金や成功報酬の費用相場を理解し、実績や強みを持つ業者を選ぶことが重要です。この記事を参考に、自社に最適な助成金申請代行業者を選び、効果的な資金調達を実現してください。