事業計画書作成代行比較6選!費用相場やメリット・デメリット・選び方

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年7月13日

事業計画書は、融資や資金調達を成功させるために不可欠な重要書類です。しかし、多くの経営者は、この書類作成に時間や専門知識が足りず、苦労しています。事業計画書作成代行サービスを利用することで、これらの課題を解決し、スムーズな資金調達を実現できます。筆者も実際にOPEN forに作成を依頼し、保証協会融資で1,400万円の資金調達に成功しました。以下、事業計画書作成代行の有用性やサービスについて詳しく解説します。

目次

事業計画書作成代行とは?費用相場を解説

事業計画書作成代行とは投資家向け・融資向けにキャッシュフロー計画や事業PL・ビジネスプランを作成するサービスです。融資や資金調達の際にはしっかりとした事業計画書が必要です。

しかし経営者や融資検討をしている方の中には、事業計画書を作成したことがない方も多いのではないでしょうか。そうした方におすすめなのが事業計画書作成代行です。

融資・投資家向けの3つの資料作成

事業計画書作成代行サービスでは、以下の主要な資料を作成します:

  1. 事業計画書・5ヵ年計画(PPT):将来の事業展望や戦略をビジュアルに示すプレゼン資料。
  2. 事業PL(Excel):損益計算書(PL)で、収益や費用の見通しを具体的に示します。
  3. CF・キャッシュフロー計画(Excel):キャッシュフローの予測を行い、資金繰りの計画を立てます。

これらの資料は、金融機関や投資家に対して事業の魅力や実現可能性を示すために不可欠です。

事業計画書作成は融資や資金調達に不可欠

金融機関や投資家にとって、事業計画書は融資や投資の判断材料となります。具体的かつ現実的な計画を示すことで、信頼感を与え、資金調達の成功率を高めることができます。しかし、事業計画書の作成には専門知識が必要であり、多くの経営者がここでつまずいてしまいます。

事業計画書作成代行の費用相場は5〜15万円

事業計画書作成代行の費用は、サービス内容や業者によって異なりますが、一般的な相場は5〜15万円です。費用に見合った質の高い計画書を作成することで、融資成功の確率を高めることができます。

事業計画書作成代行おすすめ費用比較6選!

サービス名費用納期目安融資実績特徴・強み
OPEN for10万円2週間年間100件以上融資実績豊富、迅速な対応。
筆者もこのサービスを利用し
保証協会融資で1,400万円の資金調達に成功。
事業計画書作成代行センター8万円3週間年間100件以上専門家チームによる高品質な計画書作成。
各業界に精通したコンサルタントが具体的で
説得力のある計画書を作成。
事業計画書作成代行サービス
株式会社融資代行プロ
7万円2週間年間200件以上融資専門のコンサルタントが在籍。
迅速かつ的確なアドバイス。
多くの中小企業の資金調達を成功させてきた実績。
起業家バンク
事業計画書の作成専門店
6万円2〜3週間年間150件以上起業家支援に特化。リーズナブルな料金で質の高い計画書を提供。
スタートアップ企業の成功事例が多数。
VIRTUAL PLANNER12万円4週間年間80件以上最新のビジネスモデルを取り入れた計画書作成。
高度な分析と戦略的なアプローチにより投資家や金融機関から高評価。
株式会社インバンカー9万円3週間年間100件以上金融機関出身者によるプロフェッショナルなサポート。
中堅企業の資金調達成功事例が多く
特に高度な金融知識が求められる案件に強み。

OPEN for

費用:10万円
強み:融資実績が豊富で、迅速な対応が魅力です。事業計画書の内容が具体的で、金融機関の審査を通りやすい構成になっています。筆者もこのサービスを利用し、保証協会融資で1,400万円の資金調達に成功しました。専門家による手厚いサポートで、初めての方でも安心して依頼できます。

事業計画書作成代行センター

費用:8万円
強み:専門家チームによる高品質な計画書作成が強みで、年間100件以上の実績を誇ります。各業界に精通したコンサルタントが、具体的で説得力のある計画書を作成します。特に中小企業の資金調達支援に豊富な経験があり、信頼性が高いです。

事業計画書作成代行サービス 株式会社融資代行プロ

費用:7万円
強み:融資専門のコンサルタントが在籍しており、数多くの中小企業の資金調達を成功させてきました。金融機関との強固なパイプを持ち、迅速かつ的確なアドバイスが受けられます。豊富な実績に基づいた質の高いサービスが魅力です。

起業家バンク 事業計画書の作成専門店

費用:6万円
強み:起業家支援に特化しており、リーズナブルな料金で質の高い計画書を提供します。スタートアップ企業の成功事例が多数あり、特に新規事業立ち上げにおいて強力なサポートを提供しています。初めての起業家でも安心して利用できるサービスです。

VIRTUAL PLANNER

費用:12万円
強み:最新のビジネスモデルを取り入れた計画書作成で、大手企業の実績が豊富です。高度な分析と戦略的なアプローチにより、投資家や金融機関からの高評価を得ています。特に大規模なプロジェクトにおいて信頼できるパートナーです。

株式会社インバンカー

費用:9万円
強み:金融機関出身者によるプロフェッショナルなサポートが特徴です。中堅企業の資金調達成功事例が多く、特に高度な金融知識が求められる案件に強みを持っています。信頼性の高いサービスで、多くの企業から支持されています。

事業計画書作成代行に依頼する4つのメリット

事業計画作成の時間を短縮・手間を省ける

事業計画書の作成には多くの時間と労力がかかります。特に経営者は多忙であり、この作業に時間を割くのは難しいです。代行サービスを利用することで、専門家が計画書を作成してくれるため、自社の他の重要な業務に集中できます。例えば、OPEN forに依頼した場合、筆者は迅速に事業計画書を完成させることができ、結果的に1,400万円の融資を成功させました。

説得力の高い資料で融資や資金調達に有利になる

プロが作成した事業計画書は、内容が具体的かつ説得力があります。金融機関や投資家に対して、事業の魅力や実現可能性を効果的に伝えることができ、融資や資金調達の成功率が高まります。例えば、事業計画書作成代行センターは、年間100件以上の実績を持ち、説得力のある資料を提供しています。

自社のビジネスプランを明確にできる

専門家の視点からアドバイスを受けることで、自社のビジネスプランをより具体的かつ明確にすることができます。これにより、計画の実現可能性が高まり、戦略的な経営が可能になります。例えば、事業計画書作成代行サービス 株式会社融資代行プロでは、詳細なビジネスプランの策定支援を行っています。

第三者の客観的な意見で計画書のブラッシュアップになる

外部の専門家が関与することで、客観的な意見を取り入れ、計画書をより実現性の高いものにブラッシュアップすることができます。例えば、VIRTUAL PLANNERは最新のビジネスモデルを取り入れた計画書作成を行っており、第三者の視点で計画を見直すことができます。

事業計画書作成代行に依頼する3つのデメリット

依頼には5〜15万円ほどのコストがかかる

事業計画書作成代行サービスの利用には一定の費用がかかります。特に小規模な企業にとっては、この費用が負担になることがあります。例えば、OPEN forの費用は10万円ですが、その費用対効果を考慮する必要があります。

依頼先によって仕上がりが異なり、希望とは異なる場合がある

依頼する業者や担当者のスキルによって仕上がりが異なるため、場合によっては修正が必要になることがあります。希望する内容と異なる場合、修正依頼や再作成が発生する可能性があります。例えば、起業家バンク 事業計画書の作成専門店に依頼した場合でも、詳細な要望を伝えることが重要です。

ノウハウが蓄積されず資金調達に関する専門性が強くならない

外部に依頼することで、自社内にノウハウが蓄積されません。次回以降も外部依頼が必要になる可能性があります。例えば、株式会社インバンカーのサポートを受けても、社内に資金調達のノウハウが残らないため、同様の依頼が繰り返される可能性があります。

事業計画書作成代行の選び方・4つのポイント

作成にどれくらいの日数がかかるか

依頼する業者によって、事業計画書の作成にかかる時間が異なります。迅速な対応が求められる場合は、スピードを重視して選びましょう。例えば、Business Catalystは迅速な対応で知られており、急ぎの案件にも対応可能です。

融資や資金調達の実績はどうか

過去の実績が豊富な業者を選ぶことで、信頼性と成功率が高まります。具体的な成功事例を確認しましょう。例えば、株式会社ソラボは年間150件以上の成功実績があり、高い信頼性を持っています。

おすすめは認定経営革新等支援機関の税理士

認定支援機関として登録されている税理士は、信頼性と専門性が高いです。公的な支援を受けることも可能です。例えば、SAO税理士法人は認定支援機関として登録されており、信頼性の高いサポートを提供しています。

作成目的に合った業者・サービス内容であるか

自社の目的や業種に合った業者を選ぶことが重要です。例えば、スタートアップ支援に強い業者や特定の業種に特化した業者を選びましょう。例えば、VIRTUAL PLANNERは大手企業の事業計画書作成に強みを持っています。

事業計画書作成代行の融資成功事例5選

リサイクル業の事業計画書作成代行・資金調達の成功事例

リサイクル業を営む企業が、事業計画書作成代行サービスを利用して、新しい設備導入のために1,000万円の融資を受けることに成功しました。OPEN forのサポートにより、詳細な事業計画書を作成し、金融機関の審査を通過しました。

教育業の事業計画書作成代行・資金調達の成功事例

教育業界のスタートアップが、事業計画書の作成を代行依頼し、新しいオンライン教育プラットフォームの開発資金として800万円を調達しました。事業計画書作成代行センターの専門家が、具体的なビジネスプランを策定し、成功に導きました。

福祉関連事業の事業計画書作成代行・資金調達の成功事例

福祉関連事業者が、専門家による事業計画書作成代行を利用して、介護施設の拡張資金として700万円の融資を受けました。株式会社融資代行プロのサポートにより、詳細な事業計画書を作成し、スムーズに融資を受けることができました。

不動産業の事業計画書作成代行・資金調達の成功事例

不動産業者が、新しいプロジェクトのために必要な資金を調達するため、事業計画書作成代行サービスを利用して1,200万円の融資を成功させました。VIRTUAL PLANNERの高度な分析と戦略的な計画書作成が功を奏しました。

美容室の事業計画書作成代行・資金調達の成功事例

美容室のオーナーが、新規店舗開業のために事業計画書の作成を依頼し、600万円の資金調達に成功しました。株式会社インバンカーのサポートにより、詳細な事業計画書を作成し、金融機関の審査を通過しました。

事業計画書作成代行サービスを利用することで、経営者は時間を節約し、資金調達の成功率を高めることができます。適切な業者を選び、専門的なサポートを受けることで、スムーズな資金調達を実現しましょう。

事業計画書作成代行に関するまとめ

事業計画書作成代行サービスを利用することで、融資や資金調達の成功率を高め、ビジネスをスムーズに進めることができます。筆者も実際にOPEN forに依頼し、1,400万円の資金調達に成功しました。適切な業者を選び、専門的なサポートを受けることで、確実な資金調達を実現しましょう。自社のニーズに合った代行サービスを活用して、事業の成功を目指してください。