DGFT請求書カード払いとは?評判・審査なし・手数料・対応クレジットカード・メリット

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年1月13日

目次

DGFT請求書カード払いとは?提供会社・利用できるクレジットカード・仕組み・評判

DGFT請求書カード払いとは法人企業だけでなく個人事業主も利用ができる請求書カード払いサービスで、最大60日間支払いを先延ばしにでき初期・月額費用も0円で利用できる支払いサービスです。

徐々にサービスが増えている請求書カード払いですが、今回は上場企業のデジタルガレージが提供しているDGFT請求書カード払いのメリットやデメリットについて解説していきます。

DGFT請求書カード払いはプライム市場に上場する株式会社デジタルガレージが提供

DGFT請求書カード払いは東京証券取引所 プライム市場に上場している株式会社デジタルガレージが提供してるサービスです。

上場企業が提供していることもありPマーク取得・ISO 27001・本人認証サービス(3Dセキュア2.0)など、セキュリティ対策は万全に行なっています。

  • 提供会社:株式会社デジタルガレージ
  • 最大支払い延長期間:60日間
  • 決済手数料:3%
  • 利用カードブランド:VISA・MasterCard・JCB・ダイナーズクラブ
  • 利用対象:法人企業・個人事業主

また支払い延長の最大期間は60日間と急な出費でキャッシュフローを安定させたい中小企業や個人事業主の方にもおすすめです。

DGFT請求書カード払いの仕組み

DGFT請求書カード払いの仕組みは次のようになっています。

DGFT請求書カード払い上でクレジットカード決済をすることで、取引先に3営業日以内にデジタルガレージ社が支払い代行を行います。

そのため必要なものはクレジットカードと請求書のみとなります。

DGFT請求書カード払いの使い方・利用の流れ・簡単3ステップで無料登録

DGFT請求書カード払いは誰でも簡単3ステップで利用ができます。

  1. DGFT請求書カード払いサービスへの登録
  2. カード支払いに切替えたい請求書をアップロード
  3. カード支払いの実施依頼を行い取引先に振り込みを実行

利用者はDGFT請求書カード払いに無料登録を行い、支払い対象となる取引先・請求書情報を登録しカード決済の実行を行うだけです。

事前に必要書類の提出もなく、審査不要で利用ができます。

DGFT請求書カード払いの評判・口コミ

DGFT請求書カード払いの評判を調べましたが、比較的新しいサービスのためまだネット上に口コミは出ていませんでした。

口コミや評判が出た際には情報を更新していきます。

DGFT請求書カード払いの利用できるクレジットカード・カバー率96%以上

DGFT請求書カード払いで利用できるカードブランド – ダイナースビジネスカードも対応

DGFT請求書カード払いは下記のクレジットカードブランドに対応しています。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • ダイナースビジネスカード

特徴的なのはダイナースビジネスカードにも対応している点で、請求書カード払いサービスでは日本ではじめて対応しています。

ダイナースカードは利用可能枠に一律の制限を設けていないので、ビジネスでの高額な支払いにも対応ができるようになっており個人事業主だけでなく中小・中堅・大手企業の利用にもおすすめです。

DGFT請求書カード払いのカバー率は96%以上・豊富なクレジットカードブランドに対応

次のデータは市場調査コンサルティング会社イプソスが2020年に実施した、日本におけるクレジットカードブランドの利用シェアに関する調査結果です。

出典:イプソス株式会社「2020年キャッシュレス大規模調査」

トップはVISA50.8%・次いでJCB28.0%・MasterCard17.8%となっており、IDGFT請求書カード払いのクレジットカードカバー率は96.6%以上と高い水準といえます。

DGFT請求書カード払いのメリット

支払い期日を最大60日間先延ばしが可能・取引先に利用がバレない

DGFT請求書カード払いのメリットは支払い期日を60日間先延ばしにすることができる点です。そのためキャッシュフローに少し余裕がないといったケースにもおすすめです。

またファクタリング契約の場合は取引先に売掛債権の売却を知られてしまう場合もありますが、請求書カード払いでは支払い期日を延長したとしても取引先に知られることはありません。

手数料は業界最安水準の3%

またDGFT請求書カード払いの決済手数料は業界内でも最安水準の3%で利用ができます。

他社の場合は4%以上といったように手数料がやや高くなる場合もあります。個人事業主などの場合は1%でも手数料を下げて利用したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

できるだけ安い手数料でクレジットカード支払いをしたい方にとっては、非常にメリットのあるサービスといえます。

少額利用でも300円の手数料で個人事業主におすすめ

少額で請求書カード払いサービスを利用する場合は、手数料が3%ではなく一律で3,000円といったケースもあります。

  • A社:利用金額が10万円以下の場合は一律3,000円
  • DGFT請求書カード払い:1万円以下の場合の手数料は一律300円

しかしDGFT請求書カード払いでは振込み金額が1万円以下の場合でも、手数料は一律300円と安い金額です。

個人事業主でもOK・審査書類が不要

またこうした法人・BtoB向けのクレジットカード支払いに関するサービスの場合は、個人事業主やフリーランスの方は利用できないことが多いです。

しかしDGFT請求書カード払いでは個人事業主の方でも利用が可能・審査書類提出はなく利用ができます。ただし一部のカード会社毎のルールによっては利用できない場合がある点は注意が必要です。

登録日無料・最短で翌営業日から利用可能・利用開始まで最短即日

DGFT請求書カード払いのメリットとしては登録に関する初期費用・月額費用が0円で、最短翌営業日から利用できるのもメリットです。

そのため緊急で支払い期日を遅らせたいといった場合でもすぐに利用することができます。

DGFT請求書カード払いのデメリット

  • 利用金額はクレジットカードの限度額範囲まで
  • 決済金額が大きすぎるとカード限度額を圧迫する
  • 利用カードによって先延ばしできる期間がカードの締め日で変動する

DGFT請求書カード払いとINVOYカード払いの比較

手数料・最大支払い延長期間を比較 – DGFT請求書カード払いは少額手数料が安い

サービス名手数料手数料の備考延長期間
INVOYカード払い3%10万円以下の場合は一律3,000円60日間
DGFT請求書カード払い3%1万円以下の場合は一律300円60日間

INVOYカード払いとよく似たサービスでDGFT請求書カード払いというものがあります。DGFT請求書カード払いの方が少額での手数料は安いのが特徴です。

ただしINVOYの場合はカード払いだけでなく、請求書作成・発行ができるシステムも提供しているため手数料だけで判断するのではなく、システム全体を通した利便性も活用のポイントといえます。

利用対象クレジットカードで比較 – DGFT請求書カード払いの方が対応カードが多い

サービス名対応クレジットカード
INVOYカード払いVISA・MasterCard・JCB
DGFT請求書カード払いVISA・MasterCard・JCB・ダイナーズクラブ

利用対象クレジットカードでもDGFT請求書カード払いの方が、利用できるカードブランドは多いことがわかります。しかし上述で触れたようにVISA・MasterCard・JCBの3つで96%以上をカバーしているため、さほど大きなデメリットになるとは言えないかもしれません。

DGFT請求書カード払いのよくある質問

個人事業主でも利用はできますか?

個人事業主の方でもクレジットカードを持っていれば利用できます。

サービス利用の提出書類・事前審査はありますか?

事前の提出書類は不要で審査もなくカード払いに切り替えたい請求書があれば利用できます。

支払い対象となる請求書の制限はありますか?

日本国内で発行された請求書が対象のため、海外企業の請求書には対応していません。また個人事業主の方が発行した請求書は利用できません。