京都でおすすめファクタリング会社10選!【2024年最新】

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年6月30日

京都でファクタリング会社を探している方もいるのではないでしょうか。結論から言うと京都にはファクタリングはほとんどなく、利用する場合は関西エリア対応・大阪のファクタリング会社オンラインファクタリング会社となります。

しかし京都から大阪にあるファクタリング会社を利用するとなると、来店までに1〜2時間ほどかかる場合もあるでしょう。しかしオンラインファクタリングの場合は、完全非対面で審査申し込みから入金までをWeb上で完結させることができます。

また店舗を持たないため家賃や店舗管理費がかからずスタッフの人件費も最小限で、手数料が安めに設定されていることも多いです。

今回は京都のおすすめファクタリング会社や選び方のポイント・注意点について解説していきます。

目次

京都の事業者がファクタリング利用がおすすめの4つのケース

まずは京都で事業を行っている方のファクタリング利用がおすすめの4つにケースについて紹介していきます。

  • 銀行融資の審査が通らない
  • 急な出費が発生して資金が必要
  • 資金繰りに問題が出てきた
  • 負債を増やしたくない場合

(1)銀行融資の審査が通らない

京都に限らずほとんどの事業者が資金調達の方法として、最初に検討するのが銀行からの融資でしょう。しかし銀行融資は経営状況を厳しくみられ、決算書や事業計画書の提出などが必要で、審査に1ヶ月以上かかるケースもあります。

しかしファクタリングの場合は入金前の請求書(売掛債権)をファクタリング会社に売却することで、最短即日で資金調達が可能です。ファクタリング審査は利用者ではなく、売掛先の信用力を重視するため、自社が赤字・債務超過であっても利用ができます。

そのため取引先の経営状態が良好であれば、ファクタリング審査は通ることが多いです。審査条件についてはファクタリングの審査基準や落ちる理由ファクタリング審査に通らない12の原因と対策の記事で紹介しています。

銀行融資の審査に落ちてしまった方でもスピーディーに資金調達できるのがファクタリングです。

(2)急な出費が発生して資金が必要

また京都の事業者で急な出費が発生して現金が必要という場面でもファクタリング利用を検討すべきでしょう。経営が上手くいってるとはいえ、銀行融資の場合は着金までに1ヶ月以上の期間がかかります。

1ヶ月の期間があると急な出費に対応することはできません。そんな時におすすめなのがファクタリングで、オンラインファクタリングAIファクタリングの場合であれば、最短10〜60分で即日入金の会社もあります。

ファクタリング最大のメリットは最短即日で資金調達が可能な点です。スピーディーに現金化をしたい場合は、ファクタリング利用を検討しましょう。

(3)資金繰りに問題が出てきた

数ヶ月前から資金繰りに問題があることが把握できていれば、事前に融資審査に申し込むといったように対策が取れます。しかし突発的で予想外の資金ショートが発生しそうなケースでは、融資を待つ間に資金がなくなり最悪は黒字倒産という可能性もあります。

こうした状況を避けるためにも、現在保有している売掛債権を売却することで資金調達するのがおすすめです。

(4)負債を増やしたくない場合

またファクタリングで調達した資金は、バランスシート上では負債にはならないというのもメリットです。事業の運転資金が必要な場合に銀行などから借入を行うと、負債を増やすことになり企業評価を下げてしまうことになります。

しかしファクタリングは負債扱いにはならないため、企業評価を下げずに資金調達が可能です。貸借対照表の印象を下げる心配がないため、ファクタリングによる資金調達後に銀行融資を検討している事業者の方でも、融資審査で不利になることはないでしょう。

事業運営においては決算書の貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)の見た目が重要で、会計書類に記載される数字が銀行融資の審査に大きく影響してきます。

貸借対照表とは資産や負債を示し、損益計算書は会計年度内でかかった費用や利益などをあらわしますが、銀行融資の企業評価はこの2つの書類で判断されるのが一般的です。

上記の2つの数値を重視する理由は、融資を実行後に建設会社が倒産すれば貸し倒れとなり利息として見込んでいた利益も銀行としてはあげることができないためです。

そのため決算書に記載されている負債(借入金)や、売上高と利益によっては、審査が通らず融資を受けらえない可能性があります。しかし請求書買取サービスなら借金を増やさないので、決算書を汚すことなく利用ができます。

借入ではなくファクタリングで資金調達を行う方が、負債比率を下げることができます。

京都おすすめファクタリング会社10選!手数料・入金スピード比較

紹介したように京都にはファクタリング会社は非常に少ないです。ただし来店が不要で契約も電子契約で完了する、完全オンラインファクタリングAIファクタリングのを利用すれば最短即日入金で問題も解決します。

来店型のファクタリング会社は店舗運営費や家賃・スタッフの人件費が発生しますが、オンライン型の場合はコストを最小限に抑えているため、手数料が安いのも特徴です。

サービス名通過率手数料入金スピード買取可能額必要書類
PMG(ピーエムジー)
審査時間20分で見積提示
乗り換え率98%2%〜2時間
審査時間20分
30万〜制限無し請求書/通帳コピー/決算書
※3つのみ
QuQuMo(ククモ)98%1%~2時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
labol(ラボル)
土日祝日対応
24時間即時入金
90%一律10%60分
審査時間10分
1万円〜本人確認証/請求書
メールなどのエビデンス
※3つのみ
ベストファクター92%2%~最短1時間
審査時間30分
30万〜1億円本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
ビートレーディング98%2%~2時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー
請求書 ※2つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5~10%3時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー/請求書
身分証明書 ※3つのみ

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のAIオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができ、審査時間は最短30分と非常に早いのが特徴です。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間
審査時間30分
制限なし請求書・通帳の2点のみ
※土日祝日も受付中ですが入金は平日となります

PMG 個人OK/乗換率98%/審査時間20分で見積提示/2時間入金/手数料2%〜/30万円〜買取

PMG(ピーエムジー)30万円からの少額でも買取対応で個人事業主も利用できるオンラインファクタリング会社で、審査時間は業界最短の20分で見積提示・最短2時間で入金となります。

手数料も2%〜と低水準で、月間1,500件以上の請求書買取を行う業界大手ファクタリングです。他社からの乗り換え率は98%・96%のリピート率と非常に高いのが特徴です。

買取金額も上限がないため中小企業から大手企業まで幅広い企業・建設業や広告など様々な業界で利用実績があります。またファクタリングだけでなく財務コンサル・融資支援・助成金/補助金紹介なども行っており、資金調達に関する様々なサービスも受けられます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2%〜2時間
審査時間20分
30万円〜上限なし請求書・通帳コピー
※2点のみ

labol 通過率90%/土日祝日/最短60分/24時間即日入金のAIオンラインファクタリング

  • 審査通過率90%以上/個人事業主やフリーランス特化
  • 最短60分入金/土日祝日も24時間365日即時入金
  • 通帳コピー不要で必要書類は3つのみ/1万円から買取OK

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けのAIオンラインファクタリングで、審査時間は最短10分・土日祝日も最短60分で24時間即時入金・審査通過率90%・必要書類も3つと少なく通帳コピーが不要で、スピーディーに資金調達できます。

ラボル一番の特徴は土日祝日も含めて365日審査受付・最短60分で24時間即時入金で、いつでも入金してくれます。24時間即時入金はラボルのみで、通常のファクタリングでは土日は営業しておらず、審査通過しても入金までに2〜3時間はかかります。

Q:申請してから入金されるまでに、どれくらいの時間がかかりますか?

A:申請をいただいてから、最短60分で審査が完了します。審査が完了いたしますと、ご登録の銀行口座宛に24時間365日即時で入金いたします。

引用:labol(ラボル)公式ホームページより

また買取金額は1万円〜・手数料は一律10%も強みです。一般的に30万円未満など買取金額が小さいと、手数料は上限値の10〜20%が適用となります。しかしラボルは一律10%なので少額利用でも手数料が大きくなりません。

提出書類としては通帳コピーは不要で請求書・本人確認書類・取引先とのやり取りがわかるエビデンス(メールやSlackなど)の3点だけです。運営会社のラボルは東証プライム上場企業のセレス株式会社の100%子会社のため、安心して利用できます。

取引形態通過率手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング90%以上一律10%最短60分1万円〜本人確認書類/請求書 ※3つのみ
取引を示すエビデンス
※取引先とのメール・Slackなど
※土日祝日・年中無休で審査通過後は24時間即時入金

関連記事
ラボルは土日審査可能!営業時間や入金スピードを解説
ラボルの審査は遅い?土日対応は?審査通過率や入金時間
ラボル審査落ち6つの原因と対策!口コミや評判を分析・通過のコツ
ラボルはヤミ金ではない!口コミや評判から噂を解説

ペイトナーファクタリング – 入金まで最短10分で即日入金/複数回申請OK/個人債権もOK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのAIオンライン完結ファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。

買取価格も1万円から利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構は手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

最短30分で審査結果が提示され、振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料で済み、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間上限下限なし売掛先からの入金がわかる3ヶ月分の通帳のコピー
売掛先の発生がわかる請求書/契約書
利用者の身分証明書

ビートレーディング – 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗オンライン完結ファクタリングサービスです。必要書類も請求書・通帳コピー・本人確認証の3つで利用が可能です。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間制限なし売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)

No.1 初回手数料50%割引/乗り換え満足度ほぼ100%/手数料1%~/債権譲渡登記&諸経費0円

株式会社No.1は他社利用中の乗り換え満足度がほぼ100%で、諸経費が0円・債権譲渡登記が不要なオンライン完結ファクタリング会社です。

また乗り換えにはおすすめの初回手数料が50%割引に加えて、他社よりも高額買取を保証と記載があります。入金スピードも早く最短で60分入金、手数料も1%からと低水準なのも特徴です。

オンライン契約にも対応しているため、手続きに手間を感じている方や入金スピードに不満がある方はぜひ乗り換え相談をしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1~15%最短60分10~5,000万円銀行口座の情報/売掛金の証明書
取引先との基本契約書
※5000万円以上は別途ご相談

アクセルファクター 審査通過率93%/5割が即日入金/手数料2%〜/継続利用で手数料減額

アクセルファクターは大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

他社で審査に落ちた場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

また継続利用で手数料も減額されるため他社利用中でファクタリング会社の乗り換えにはおすすめです。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

ベストファクター 最短1時間で資金化/審査通過率92%/買取診断が5分でわかる

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。必要書類としては請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

GoodPlus 土日祝日/年中無休対応/最短90分即日入金/乗り換え手数料5%割引/個人OK

GoodPlus(グッドプラス)は土日祝日も365日・年中無休で対応しているオンラインファクタリングで、最短90と即日入金にも対応しています。事務手数料/諸経費は0円で登記費用が発生する債権譲渡登記はなしで利用ができるため、個人事業主やフリーランスの方も利用できます。

また希望者には補助金や助成金申請のサポートも行っており、経営コンサルタントの紹介も行なっているため、財務や経営面に課題がある人は活用がおすすめです。

営業時間は8:30~20:00と長いため午前中に審査申込みをすれば、土日祝日で即時入金ができる可能性があります。加えて他社乗り換え割引も実施しているため、現在のファクタリング会社に不満がある方にはおすすめです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング5~15%90分30万円~10億円本人確認書類/請求書
通帳コピー
法人:昨年度の決算書
登記事項証明(全部)
印鑑証明書

関西エリアが得意なおすすめファクタリング会社5選!手数料・入金スピード比較

次は大阪に営業所や本社を持ち関西エリアをメインに対応しているファクタリング会社を紹介します。京都で対面面談・資金繰りの相談をしたい方は、出張面談や来社できるファクタリング会社を利用しましょう。

サービス名手数料入金スピード買取上限必要書類
ベストファクター大阪2〜20%最短即日30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書
ビートレーディング大阪2%〜2時間制限なし通帳コピー(表紙付2か月分)
契約書/発注書/請求書など
アクセルファクター大阪2%~当日30万〜1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印
ファクタリングZERO1.5〜10%最短即日20~5,000万円本人確認書類/請求書
通帳コピー
西日本ファクター大阪支店2.8%〜最短即日30~3,000万円本人確認証/通帳コピー
登記簿謄本/印鑑証明/請求書
決算書/確定申告書
JTC(ジェーティーシー)
大阪営業所
1.2%〜10%最短1日1万円〜上限なし本人確認書類/通帳のコピー/請求書
入金予定表の記載

ビートレーディング大阪 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗オンライン完結ファクタリングサービスです。必要書類も請求書・通帳コピー・本人確認証の3つで利用が可能です。

京都の事業者でもオンライン面談・出張対応を行ってくれるので安心して利用できます。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

大阪支店:大阪府大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル9階

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間制限なし売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)

ベストファクター大阪支社 最短1時間で資金化/審査通過率92%/買取診断が5分でわかる

ベストファクターは大阪に支社があり個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。

大阪市に支社があるため、京都で面談を希望している方に利用におすすめです。本町駅から徒歩圏内にオフィスがあります。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

大阪支社:大阪府大阪市中央区北久宝寺町3丁目6−1 本町南ガーデンシティ 7階

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書

アクセルファクター大阪 審査通過率93%/即日入金/手数料2%〜/継続利用で手数料減額

アクセルファクターは大阪に営業所があり大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

心斎橋から徒歩圏内にオフィスがあるため、京都で事業を行っている方も出張面談や来店相談におすすめです。

他社で審査に落ちた場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

また継続利用で手数料も減額されるため他社利用中でファクタリング会社の乗り換えにはおすすめです。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

大阪営業所:大阪府大阪市中央区南船場3-11-10 心斎橋大陽ビルTHE HUB 心斎橋 B1階

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

ファクタリングZERO 西日本地域で土曜日なら即日入金/審査通過率96%/個人事業主OK

ファクタリングZEROは審査通過率96%のオンラインファクタリング会社で、九州・中国・四国・関西居住者方(京都)に対応しています。土曜日も9:00〜19:00まで営業しており、午前中に審査申込みをすれば即日入金の可能性があります。

また法人企業だけでなく個人事業主にも対応しており、起業から日が浅い方でもOK・税金や社会保険料の未払いの場合でも状況によっては買取が可能な場合もあります。

また期間限定で手数料が最大5%割引になるキャンペーンも行なっているため、現在利用しているファクタリング会社に不満がある方は乗り換えを検討してみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
1.5%〜10%最短即日20万〜5,000万円本人確認書類・通帳のコピー・請求書

西日本ファクター大阪 1,000万まで即日現金化/完全オンラインファクタリング

西日本ファクターは大阪に支社を構えている非対面型のオンラインファクタリング会社です。そのため来社する時間がない関西エリアでも遠方にいる方でも、ファクタリング利用ができます。

梅田駅から徒歩圏内にあるため京都で事業を行っている方でも、来社が可能な距離で出張面談も行ってくれます。

手数料も2.8%〜と低い設定になっており、他社からの乗り換えも歓迎しているため、他社利用中で手数料や対応に不満がある方にはおすすめのファクタリング会社です。手数料以外の登記費用やその他諸経費などは発生しないので、安心して利用ができます。

大阪営業所:大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2.8%〜最短即日30~3,000万円本人確認証/通帳コピー
登記簿謄本/印鑑証明/請求書
決算書/確定申告書

JTC大阪 土日・年中無休365日対応/手数料1.2%〜/法人企業おすすめ/オンライン契約可能

JTC(ジェーティーシー)は大阪に営業所を持ち土日祝365日年中無休・24時間対応で手数料1.2%〜と非常に安いファクタリングサービスです。ただし利用にはいくつか条件があり、一定規模の会社しか利用はできません。条件は下記の通りです。

  • 年商7,000万円以上の企業限定
  • 契約金額が100万円以上
  • 個人事業主の場合は取引先の承諾が必要

個人事業主での利用もできますが、年商が7,000万円以上・契約金額が100万円以上と少額債権には対応していないため、法人企業におすすめのファクタリング会社といえます。

基本的には対面の面談が必須ですが、オンライン契約にも対応しているため、地方在住の法人企業でも利用はできます。

大阪営業所:大阪府大阪市西区江戸堀2-1-1 江戸堀センタービル9階

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング1.2%〜10%最短1日1万円〜上限なし本人確認書類/通帳のコピー/請求書
入金予定表の記載

京都でファクタリング会社を選ぶ際の7つのポイント

京都の方がファクタリングを選ぶ際のポイントは下記の7つです。

  • 全国対応・関西エリア特化のファクタリング会社を選ぶ
  • 急ぎなら即日入金のファクタリング会社を選ぶ
  • 費用を抑えたい方は完全オンラインファクタリングを選ぶ
  • 買取限度額の下限・上限を確認する
  • 京都での取引実績が豊富か
  • 対面契約・面談を希望なら所在地やアクセスの利便性を確認する
  • 売掛先にバレたくない場合は2社間ファクタリングを利用する

(1)全国対応・関西エリア特化のファクタリング会社を選ぶ

京都でファクタリングを選ぶ1つ目のポイントは、全国対応をしている完全オンラインファクタリング会社を選ぶことです。紹介したように京都に本社・営業所を持つファクタリング会社はほとんどありません。

しかしオンラインファクタリング会社ならば、全国でも対応しておりスピーディーに資金調達ができます。また関西エリアに特化しているファクタリング会社を選ぶのもおすすめです。

また関西エリアに特化しているファクタリングは東大阪や堺市・神戸・京都などでも大阪支社を構えているため、出張での面談や資金繰り相談にも乗ってくれることがあります。

関西エリア・大阪に本社や営業所があるファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

(2)急ぎなら即日入金のファクタリング会社を選ぶ

京都でファクタリングを検討している方の中には、急ぎで資金調達・現金化をしたいという方もいるでしょう。その際は即日入金に対応しているかを確認しておきましょう。即日入金に対応しているファクタリング会社は多くあります。

特に最近登場しているAIで審査を行うAIファクタリングの場合は、最短10〜60分で即日入金と非常にスピーディーに現金化ができます。こうしたAIファクタリングは店舗を持たず家賃や光熱費などが少ないため、1万円からなど少額債権にも対応しています。

またAIが審査を行い審査結果がでるのも早いく、面談も不要なため即日入金を希望する方はAIファクタリングがおすすめです。

即日入金におすすめの業者は土日対応24時間即時入金ファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

(3)費用を抑えたい方は完全オンラインファクタリングを選ぶ

京都でファクタリング会社を選ぶ際のポイントは完全オンラインファクタリングを利用することです。紹介したように京都にはファクタリング会社は少ないのが現状です。

完全オンラインファクタリングAIファクタリングであれば、面談不要で契約書も電子契約でクラウド契約のため、来店や郵送不要でWeb上で非対面で契約が完結します。

また費用を抑えたい場合にもオンラインファクタリングの方がおすすめで、店舗を持たないため家賃や店舗管理費・人件費が最小限のため、手数料が安く抑えられています。

来店や面談を希望しない場合は完全オンラインファクタリングの方が、時間やコスト・手数料も抑えられるのでおすすめです。

ファクタリングの手数料相場や費用内訳・安くするコツ2社間と3社間ファクタリングの違いはそれぞれの記事で解説しています。

(4)買取限度額の下限・上限を確認する

京都でファクタリング会社を選ぶ際には買取限度額の上限・下限を確認しておきましょう。ファクタリング会社によって得意としている規模が異なり、買取金額も変わってきます。

最低金額が数百万円・上限金額が3億円の会社もあれば、個人事業主のファクタリングにも対応しており買取下限金額が1万円・制限なしといったファクタリング会社もあります。

基本的に買取下限金額が数百万円の場合は法人向け・数万円からの少額ファクタリングに対応している場合は個人事業主やフリーランス向けといえます。

また上記で紹介したAIファクタリングは買取金額が1万円・下限制限なしといったように、フリーランスや個人事業主を得意としているためおすすめです。

個人事業主おすすめファクタリング審査が甘い・緩い・提出書類少なめな業者はこちらの記事で紹介しています。

(5)京都での取引実績が豊富か

また京都でファクタリング会社を選ぶ際には、地域で取引実績が豊富であるかも確認しましょう。ファクタリングは売掛債権の買取を行なった後に、売掛金を回収してはじめて成立するビジネスモデルです。

しかし京都でファクタリング実績が少ないと、売掛金の回収先がどんな会社なのかわかりません。地域特性や事情を把握していないと、回収できないリスクを考慮して手数料が高く設定される可能性があります。

手数料が高くなればファクタリング実施後に、手元に残る現金が少なくなるため愛知・名古屋での実績も確認するようにしましょう。

(6)対面契約・面談を希望なら所在地やアクセスの利便性を確認する

京都に在住の方で対面の面談を行って、資金繰りに関して相談したいという方もいるかもしれません。対面での面談や契約を希望する場合は、ファクタリング会社までのアクセスの利便性を確認しておきましょう。

対面希望をするとこちらから来訪するか、ファクタリング会社の担当者が出張面談に来てもらう必要があるため、どうしてもアクセスの利便性は確認する必要があります。

関西・大阪のおすすめファクタリング会社の記事で紹介したファクタリング会社のほとんどは駅から徒歩圏内にありますが、出張できてもらう場合はわかりやすいカフェや場所を指定するのが良いでしょう。ただし対面の場合は出張費用が発生したり、時間もかかるためその点は留意しておきましょう。

ファクタリング面談なし・不要のおすすめ会社はこちらの記事で紹介しています。

(7)売掛先にバレたくない場合は2社間ファクタリングを利用する

また京都でファクタリング契約する場合には大きく2社間・3社間ファクタリングの2種類があります。それぞれの特徴は下記のとおりです。

契約形態2社間ファクタリング3社間ファクタリング
売掛先の通知・承諾なしあり
債権譲渡登記ありなし
手数料4〜18%1〜9%
現金化までのスピード早い:最短即日遅い:10〜15日前後

上記のように3社間ファクタリングでは売掛先に債権譲渡通知・承諾を行うため、取引先にファクタリング利用が共有されることになります。

架空請求や二重譲渡のリスクがなくなり、売掛債権の信頼性が高まるため手数料は安く設定されています。しかし信頼関係の構築ができていない場合は、経営状態が悪いのではないか?取引を停止した方が良いのでは?といった悪い印象を与えてしまうことになります。

2社間ファクタリングでは利用者とファクタリング会社の2社で取引を行うため、売掛先にファクタリング利用がバレることはなく、資金繰りも最短即日とスピーディーなのが特徴です。

詳細については2社間と3社間ファクタリングの違いとは?メリットやデメリットの記事で解説しています。

京都でファクタリング利用するメリット・デメリット

京都でファクタリング利用の5つのメリット

京都でファクタリング利用のメリットは下記の5つです。

  • 最短即日で現金化
  • 自社が赤字でも資金調達できる
  • オンラインファクタリングなら即日現金化
  • 負債にならなず企業評価を下げない
  • 返金リスクがない

紹介してきたようにファクタリング最大のメリットは最短即日で資金調達ができる点です。融資の場合は1ヶ月以上かかることを考えると、資金調達のスピードは圧倒的に早いです。

またファクタリング審査は自社ではなく売掛先の信用力が重視されます。そのため自社が赤字経営であってもファクタリング利用は可能です。赤字経営でも資金調達をした事例はこちらで紹介しています。

審査基準の詳細についてはファクタリングの審査基準や落ちる理由は?通過率を上げるコツファクタリング審査に通らない12の理由の記事で解説しています。

京都にはファクタリング会社は少ないためオンラインファクタリングを利用することになりますが、ほとんどの業者が最短即日入金に対応しています。資金繰りに困っている方には即日入金のため、改善するには非常におすすめです。

加えてファクタリングの場合は負債扱いにならないため、これから銀行融資を検討している方でも問題ありません。借入があると次の融資審査で厳しくみられますが、ファクタリングは負債扱いにはならないため、企業評価を下げずに資金調達が可能です。

貸借対照表の印象を下げる心配がないため、ファクタリングによる資金調達後に銀行融資を検討している個人事業主でも、融資審査で不利になることはないでしょう。

また上述でも触れましたが一般的なファクタリングでは償還請求権なしで契約締結を行うため、仮に売掛先が倒産したとしても返済する必要はありません。返金リスクがないのもファクタリングのメリットです。

京都でファクタリング利用の3つのデメリット

ファクタリング利用時のデメリットは下記の3点です。

  • 手数料がやや高め
  • 3社間ファクタリングは売掛先にバレる
  • 悪徳なヤミ金業者が存在する

ファクタリングの手数料は2社間で5〜20%・3社間ファクタリングで1〜9%が相場と言われています。京都に限った話ではないですが、融資契約と比較すると手数料(金利)は高めになります。

融資契約時の手数料(金利)は1〜5%前後ですが、ファクタリングでは10%以上となるケースも多いです。

上述でも触れましたが3社間ファクタリングの場合は売掛先に債権譲渡通知を行うため、取引先にバレてしまいます。そのため関係性によっては悪い印象を持たれる場合もあるため、バレたくない場合は2社間ファクタリングを利用しましょう。

これも上述で解説しましたが残念ながら、ファクタリングと称したヤミ金業者も中には存在ます。先ほど紹介した注意点を確認しながら、悪徳業者とは契約しないように気をつけましょう。

京都でファクタリング会社を利用する際に5つの注意点

京都でファクタリング会社を利用する際のの注意点は下記の5つです。

  • 審査なしを謳っているヤミ金業者を避ける
  • 二重譲渡をしない
  • 手数料は審査結果がでないと分からない
  • 2社間ファクタリングでも売掛先にバレる可能性がある
  • 2社間ファクタリングでは債権譲渡登記の有無を確認する

先ほど京都でも悪質なヤミ金業者には注意すべきと解説していました。次は悪徳なヤミ金業者を避けるための見極め方を紹介します。ポイントは下記の6つです。

(1)審査なしを謳っているヤミ金業者を避ける

京都でファクタリング利用時の1つ目の注意点は審査なしを謳っているヤミ金業者に注意する点です。ファクタリング利用者が増えるにつれてヤミ金業者も残念ながら増えています。特に審査なしを謳っている場合はファクタリングと称した悪徳なヤミ金業者であることが多いです。

下記のようなケースに該当する場合は悪徳なヤミ金業者である可能性が高いため注意しましょう。詳細については審査なしのファクタリングは可能?審査の重要性審査なしファクタリングはリスク大!の記事で解説しています。

  • 償還請求権ありの契約になっている
  • 3社間ファクタリングで債権譲渡通知を実施しない
  • 家族や代表者に保証人を求めてくる
  • 担保の要求をしてくる
  • 売掛金の受け取りが銀行口座ではなく手渡し
  • 契約書の控えや領収書が発行されない
  • 手数料が相場よりも明らかに高い

ファクタリング会社が1番恐れているのは売掛金が回収できず、貸し倒れとなることです。そのため未回収リスクを抑えるために必ず審査が行われます。仮に売掛先が倒産した場合でも、ファクタリング会社が責任を負うのがファクタリング契約です。

ファクタリング会社の審査詳細については、ファクタリングの審査基準や落ちる理由・通過率を上げるコツファクタリング審査に通らない理由は?の記事で解説しています。

しかし審査なしでファクタリング利用ができるということは、本来ファクタリング会社が懸念すべき売掛金の未回収リスクを織り込んだ状態で契約を行います。そのため手数料が相場より明らかに高い・償還請求権ありで契約締結するといったことを行います。

償還請求権ありの契約を締結してしまうと売掛金が回収できなかった場合に、買戻しを請求ができるようになります。契約内容に債権の買戻しが含まれている場合は、融資に該当するため貸金業登録が必要となります。

しかし一般的な業者では貸金業登録を行なっていないため、こうした買い戻し契約は違法行為になります。ファクタリング契約とはあくまでも売掛債権の売買契約のため、融資契約ではありません。

審査なしの悪徳なヤミ金業者を利用してしまうと、家族や勤務先に必要以上の取り立てが行われたり、売掛先が仮に倒産したりした場合に金額を返済するといったことになります。

そのため一度審査に落ちたことがありスピーディーに資金調達をしたい気持ちはわかりますが、審査なしを謳っている業者の利用は避けるようにしましょう。ヤミ金業者については金融庁からも注意喚起が出されています。

(2)二重譲渡をしない

京都でファクタリング会社を利用する際に2つ目の注意点は、二重譲渡に気を付けるということです。1つの売掛債権を複数社と債権譲渡契約を結ぶ行為は二重譲渡に該当し犯罪となります。

二重譲渡とは複数のファクタリング会社に売掛債権を売却することで、現金を騙し取る詐欺行為を指します。1つの売掛債権の売却は1社にしかできません。また二重譲渡は下記の場合に発覚するためバレます。

  • 債権譲渡登記の情報照会
  • 売掛金の支払い期日にファクタリング会社へ未入金

複数のファクタリング会社に相見積もりを依頼すること問題ありません。また異なる売掛債権を複数の会社に売却して、ファクタリング会社を複数併用したり、乗り換えたりすることも法的には問題ないです。

詳細についてはファクタリングで他社利用中に乗り換えや併用は可能?バレる?ファクタリング乗り換えは可能!好条件の8社・他社利用中でもOKな会社の記事で解説しています。

しかし債権譲渡契約が完了している請求書を、別のファクタリング会社に売却する行為は犯罪のため注意するようにしましょう。

(3)手数料は審査結果がでないと分からない

またファクタリングの手数料は審査結果がでるまで分からないことが多い点も注意しておきましょう。一律に何%と記載がある場合を除いて、ほとんどファクタリング会社では売掛先や売掛債権の審査を行ってから手数料が通知されます。

そのため審査結果がくるまで手数料がいくらになるかは確定しません。手数料の下限や上限を設けている・活用事例を公式HPに載せている場合は、ある程度の手数料は把握できるためチェックしておくのも良いでしょう。

(4)2社間ファクタリングでも売掛先にバレる可能性がある

先ほど2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記を求められるケースがあると解説しました。2社間ファクタリングは売掛先に債権譲渡通知・承諾を実施しないため基本的に、売掛先にファクタリング利用を知られることはありません。

しかし債権譲渡登記を行うと法務局で検索をかければ、誰でも履歴を遡れば状況をみることができるため、取引先に知られる可能性があります。

確実にバレないようにしたいということであれば、債権譲渡登記はなしのファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

(5)2社間ファクタリングでは債権譲渡登記の有無を確認する

京都で即日現金化・資金調達をしたい場合は2社間ファクタリングの利用が一般的す。しかし2社間ファクタリングでは売掛債権の二重譲渡リスクを防止するために、債権譲渡登記ありの契約を締結を求められるケースがあります。

債権譲渡登記とは保有している資産が譲渡されたことを公示する登記制度です。3社間ファクタリングの場合は売掛先から合意を得ることで、この要件を満たすことができます。

加えて司法書士への報酬として5〜10万円の費用が別途発生するため、余計な費用を抑えるためにも債権譲渡登記が不要なファクタリング会社がおすすめです。土日祝日などで急ぎの資金調達をしたい場合は、登記不要のファクタリングを選びましょう。

債権譲渡登記ありの場合は個人事業主やフリーランスは利用できない

また京都在住で個人事業主やフリーランスの方がファクタリング利用する際は債権譲渡登記なしの業者を選びましょう。債権譲渡登記は法人企業に限定されるため、個人事業主は実質的に審査申込ができなくなります。

そのため債権譲渡登記ありのファクタリング会社は個人事業主はお断りで、法人企業をメインに取引を行っています。個人事業主やフリーランスの方は債権譲渡登記がなしのファクタリング会社を選びましょう。

ただし債権譲渡登記ありの場合は二重譲渡のリスクが低くなるため、手数料が安くなることがあります。そのため即日入金でなくても良いと言う法人企業の方は、債権譲渡登記ありで申込みができないか相談してみても良いでしょう。

京都で悪徳なヤミ金業者かどうかを見極めるポイント

  • 審査なしを謳っている
  • 手数料が20%以上である
  • 手数料以外の手付金などを上乗せしてくる
  • 請求書や契約書の控えを渡してくれない
  • HPに住所や代表者名・電話番号が記載されていない
  • 保証人や担保を要求してくる

安全にファクタリング会社を利用したい場合は、安心の上場企業が運営している大手ファクタリング会社がおすすめです。

(1)審査なしを謳っている

繰り返しになりますが審査なしを謳っている業者は要注意です。健全なファクタリング会社であれば、売掛先の信用度や支払い能力・売掛債権が実在するかを確認し架空請求を避けるため必ず審査が行われます。

ファクタリング会社が1番恐れているのは売掛金が回収できず、貸し倒れとなることです。そのため未回収リスクを抑えるために審査が行われます。仮に売掛先が倒産した場合でも、ファクタリング会社が責任を負うのがファクタリング契約です。

ファクタリング会社の審査詳細については、ファクタリングの審査基準や落ちる理由・通過率を上げるコツファクタリング審査に通らない理由は?の記事で解説しています。

しかし審査なしでファクタリング利用ができるということは、本来ファクタリング会社が懸念すべき売掛金の未回収リスクを織り込んだ状態で契約を行います。そのため手数料が相場より明らかに高い・償還請求権ありで契約締結するといったことを行います。

償還請求権ありの契約を締結してしまうと売掛金が回収できなかった場合に、買戻しを請求ができるようになります。契約内容に債権の買戻しが含まれている場合は、融資に該当するため貸金業登録が必要となります。

しかし一般的な業者では貸金業登録を行なっていないため、こうした買い戻し契約は違法行為になります。ファクタリング契約とはあくまでも売掛債権の売買契約のため、融資契約ではありません。

審査なしの悪徳なヤミ金業者を利用してしまうと、家族や勤務先に必要以上の取り立てが行われたり、売掛先が仮に倒産したりした場合に金額を返済するといったことになります。

そのため一度審査に落ちたことがありスピーディーに資金調達をしたい気持ちはわかりますが、審査なしを謳っている業者の利用は避けるようにしましょう。ヤミ金業者については金融庁からも注意喚起が出されています。

(2)手数料が20%以上である

またファクタリング手数料が20%を超える場合は注意が必要です。一般的なファクタリング手数料の相場は下記のとおりです。ファクタリングの手数料相場の詳細はこちらの記事で紹介しています。

  • 3社間ファクタリングの手数料:1〜9%
  • 2社間ファクタリングの手数料:5〜20%

融資の利息は金額によって変動するものの利息制限法により最大20%と定められています。ファクタリングは売掛債権の売買契約であり融資契約ではないため利息制限法の適用範囲ではないですが、契約内容によっては上述のようにファクタリングを装った融資契約もあります。

この場合に20%を超える手数料を設定している場合は、利息制限法に違反している可能性があります。いずれにせよ手数料相場よりも明らかに高い場合は、違法業者ではないかを疑いましょう。

(3)手数料以外の手付金などを上乗せしてくる

ファクタリングで発生する費用の内訳としては基本的に下記のようになります。

  • 買取手数料
  • 債権譲渡登記費用(司法書士依頼で5〜15万円)
  • 印紙代(書面の場合のみ)
  • 交通費・出張費用(対面の場合のみ)
  • 振込手数料(2社間ファクタリング時のみ)

しかし中には手付金や不透明な内容の金額が上乗せされているケースもあります。ファクタリング契約をする際に上記以外の費用が入っている場合は、何の費用なのかを必ず確認するようにしましょう。

(4)請求書や契約書の控えを渡してくれない

また請求書や契約書の控えを渡してくれないファクタリング会社も注意が必要です。請求書はファクタリング費用が記載されており、契約書も締結後には基本的に控えが渡されます。

契約書を渡さないということは意図的に不要な費用などを上乗せし、費用の内訳がわからないように隠そうしている可能性があります。健全な会社であれば控えは渡されることが一般的なため、契約書や請求書の控えをもらうようにしましょう。

(5)HPに住所や代表者名・電話番号が記載されていない

これは先ほどふれた内容と少し重なりますが、公式HPを確認した際に会社住所や代表者名・電話番号の記載がない場合は注意しましょう。

近年ではほとんどのファクタリング会社がホームページを持ち、Web上からの問い合わせを受け付けています。HPには企業情報を掲載するのが一般的なため、あえて隠しているということは怪しいと疑った方が良いでしょう。

また場合によっては掲載内容の虚偽がある場合もあります。金融庁の登録貸金業者情報検索サービスを利用すれば、虚偽情報かどうかは簡単に判断がつくため、怪しい会社はチェックするようにしましょう。

(6)保証人や担保を要求してくる

また先ほども触れましたがファクタリング契約は売掛債権の売買契約であり、融資契約ではないため担保や保証人は不要です。担保や保証人を要求してくる場合は、実質的には融資契約であると判断されるケースが多いです。

担保や保証人を要求してくる場合は、契約内容などを一度確認しましょう。償還請求権あり・買い戻しが可能な場合は、ファクタリングではなく融資に該当します。

貸金業登録を行っていない会社が融資契約を締結するのは違法行為のため、利用は避けるようにしましょう。こうした会社は悪徳なヤミ金業者である可能性が極めて高いです。