ファクタリング初回取引は条件が悪い?即日入金で必要書類が少ない会社10選

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年1月13日

自社が保有している売掛債権をファクタリング会社に売却することで、資金調達を行うのがファクタリングです。

ファクタリング利用が初めての方の中には「初回取引は審査が厳しいのでは?・初回取引は手数料が高い?・初回取引は手続きに時間がかかるのでは?」といった不安をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

今回はファクタリングの初回取引に関する条件や注意点・即日入金してもらうためのコツを解説しながら、必要書類が少なく即日入金対応のおすすめファクタリング会社を紹介していきます。

目次

ファクタリングの初回取引は条件が悪い?

まずファクタリング初回取引の場合は条件が悪くなるでは?という不安に対する回答ですが、結論としては条件が悪くなるケースは少ないです。

ファクタリングは初回取引でも審査通過率に影響はない

ファクタリング初回取引で一番気になるのが、審査通過率や審査に通るのかといった部分です。ファクタリングは銀行融資よりもハードルが低く、初回取引であっても審査通過率に影響が出ないことがほとんどです。

ファクタリングの審査は利用者ではなく、売掛先の信用力が最も重視されます。理由としては買い取った売掛債権が、しっかり回収できるのか?支払い遅延などが発生しないか?といった観点をファクタリング会社は見ているためです。

そのため売掛先の経営状態・財務状況が安定しており、支払い期日までに売掛金が回収できると判断されれば、初回取引でも問題なく審査に通過するでしょう。

詳細についてはファクタリングの審査基準や落ちる理由は?ファクタリング審査に通らない12の原因と対策の記事で解説しています。

創業間もない会社や個人事業主でも利用可能

ファクタリング利用の初回取引を検討する人の中には、創業から間もないため銀行融資が受けられないといった方もいるでしょう。事業を軌道に乗せるまでは時間がかかり、赤字経営が続くといったケースも珍しくはありません。

銀行融資の場合は利用者の返済能力や決算書・経営・財務状況をみて審査がされるため、創業初期や個人事業主の場合は銀行融資を受けることは難しいことが多いです。

しかしファクタリングの場合は上述で触れたように自社の経営状況や財務状況は審査基準ではなく、あくまでも売掛先の信用力が重視されます。そのため創業初期や個人事業主で融資を受けれない方でも、ファクタリングによる資金調達であれば、審査通過は可能です。

赤字決算・税金滞納・融資審査落ちでも利用できる

またファクタリングは初回取引の場合に限らず、自社が赤字決算・債務超過・税金滞納・融資審査落ちの場合でも利用ができます。ファクタリングと銀行融資の違いを整理すると下記のようになります。

項目銀行融資ファクタリング
契約内容金銭消費貸借契約(借入れ)債権譲渡契約(売掛債権の売買)
調達可能な金額担保を活用することで差し入れる
資産価値を超える調達も可能
売掛債権の金額範囲内
金利・手数料1〜5%程度(金利)1〜20%(手数料)
担保・保証人必要不要
調達のスピード2週間〜1ヶ月最短即日
審査で重視される部分利用者の信用力売掛先の信用力
返済方法一括/分割一括
会計上の分類負債の増加売掛金の減少・現金の増加

銀行は借入と言われる資金調達方法ですが、ファクタリングは売掛債権の売買契約のため、借金を増やすことなく資金調達ができます。そのためファクタリングは負債扱いにならないのもメリットです。

また銀行融資の場合は利用者の信用力が重視されるため、経営状態が悪い・赤字経営や債務超過の場合は審査落ちとなることがほとんです。ファクタリングの場合は利用者ではなく売掛先の信用度が重視されるため、利用者が赤字経営・債務超過でも利用ができます。

ファクタリングは売掛金を回収してはじめて成立するビジネスモデルのため、あくまでも売掛先の経営状態や信用度が重要であって、利用者の与信はあまり重要ではありません。

初回取引時の割引キャンペーン会社もある

またファクタリング会社の中には新規顧客の獲得のために、初回取引の割引キャンペーンを実施している場合もあります。例えば株式会社No.1では、初回買取手数料を50%割引にすると公式ページに記載があります。

株式会社No.1はオンラインファクタリングに対応しており、審査時間も短く最短30分・即日入金に対応しています。また買取可能金額も10〜5,000万円と少額ファクタリングにも対応しているため、個人事業主や中小零細企業にもおすすめです。

必要書類も請求書・通帳コピー・決算書or確定申告書の3つと少なく、審査通過率も90%以上で即日入金に対応しているため、初回取引のファクタリングで選ぶのにはおすすめです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1~15%最短60分10~5,000万円通帳コピー/請求書
取引先との基本契約書
※5000万円以上は別途ご相談

ファクタリングの初回取引5つの注意点

ただしファクタリングの初回取引時には注意点もあります。

  • 初回取引は審査が厳しめに見られる
  • 必要書類が多くなるケースがある
  • 審査時間・資金調達に時間がかかる
  • 初回取引は手数料が高めに設定される
  • 初回取引は買取金額の制限がある

(1)初回取引は審査が厳しめに見られる

先ほどファクタリングの初回取引では審査通過率に大きな影響はないと解説しましたが、継続取引と初回取引を比較すると審査はやや厳しめになります。

初回取引である以上は利用者とファクタリング会社の信頼関係は構築できていない状況です。残念ながらファクタリング利用者の中には、架空の請求を偽造して資金を騙し取る・売買契約済みの売掛債権を他社に売却する二重譲渡といった、詐欺行為を行う人もいます。

そのため初回取引の場合はファクタリング会社は、上記のような詐欺行為を警戒しているため、特に金額が大きい場合は慎重に判断をされます。

(2)必要書類が多くなるケースがある

また初回取引と継続取引の違いという観点で言えば、必要書類が初回の場合は多くなるというのがデメリットです。一般的にファクタリング審査で必要な書類は下記のようなものがあります。

  • 一般的に必要な書類
    • 身分証明書
    • 取引先との通帳(コピー可)
    • 試算表
    • 売掛先企業との基本契約書
    • 売掛債権の存在を証明できる成因資料
    • 印鑑証明書
  • 個人事業主やフリーランス
    • 確定申告書
    • 税金や社会保険料の納付書・領収書
    • 開業届
  • 法人企業
    • 決算書
    • 登記簿謄本

ただし継続取引・2回目以降の場合は、例えば下記のように必要書類が少なくて済みます。

  • 過去にファクタリング会社と取引がある:利用者の本人確認書類は提出済みのため審査時間がやや短い
  • 過去に同一の売掛先でファクタリング利用がある:売掛先・利用者情報があるため審査時間が短い

上記のように過去に取引があった場合は必要書類を提出している状況なので、2回目以降で必要となる審査書類が少なくなります。例えばペイトナーファクタリングの場合は下記のように記載があります。

Q:提出書類はなにが必要ですか?

A:ペイトナーファクタリングでは以下の書類が必要となります。

  • 請求書
  • 指定の本人確認書類
  • 口座入出金明細

なお、2回目以降の利用については基本的に、請求書のみの提出となっているため、申請完了まで非常にスムーズにご利用いただくことが可能です。

引用:ペイトナーファクタリング 提出書類はなにが必要ですか?

しかし初回利用に関わらずそもそも必要書類が少ないファクタリング会社もあります。必要書類が少ないファクタリング会社はこちらの記事でも紹介しています。

(3)審査時間・資金調達に時間がかかる

ファクタリングの初回取引時の注意点としては、審査や資金調達までに時間がかかるケースがあるという点です。先ほども触れたように継続・2回目以降の取引と比較すると、初回取引の場合は必要書類が多くなる・審査が厳しめに見られます。

そのため審査時間が公式HPにある最短時間よりも長くなるることもあり、入金までに時間がかかる場合があります。

最近は完全オンラインファクタリングAIファクタリングも登場しており、初回取引でも即日入金という口コミも多く見られますが、基本的に初回取引は時間がかかると覚えておきましょう。

また初回取引で即日入金を希望する場合は、午前中などの早い時間帯に審査申込をするのもポイントです。

(4)初回取引は手数料が高めに設定される

またファクタリングの初回取引では手数料が高めに設定されるケースもあるので注意しておきましょう。ファクタリング会社の手数料は下限◯%〜上限◯%といったように、上限や下限が設けられていること多いです。

2回目以降の継続取引の場合はファクタリング会社との信頼関係もできているため、リスクを低めに見積もり手数料を低めに設定する場合もあります。

また中には利用回数に応じて手数料が下がっていくといった仕組みを採用しているケースもあり、初回取引時はやや高めの手数料というケースもあります。ただし利用回数に応じて手数料が下がるだけであって、初回取引の場合に相場よりも高いということでもありません。

一般的なファクタリング手数料の相場としては下記のようになると言われています。

詳細についてはファクタリング会社の手数料相場や費用内訳・安くするコツの記事で解説しています。

(5)初回取引は買取金額制限があるケースも

またファクタリング会社によっては初回取引時の買取可能金額に制限があるケースもあります。例えばペイトナーファクタリングの場合は下記のように記載があります。

Q:初回に申請できる金額はいくらですか?

A:初回の申請可能金額は25万円となっております。申請可能金額はご利用実績に応じて返済が完了したタイミングで順次拡大され、最大100万円まで拡大されます。

引用:ペイトナーファクタリング初回申請金額

上記のように初回取引の際に明確に金額を制限しているファクタリング会社は少ないですが、中にはこうした業者もあるということは理解しておきましょう。

ファクタリングの初回取引で即日入金を実現する6つのコツ

次はファクタリングの初回取引で即日入金を実現する6つのコツについて紹介していきます。

  • 審査時間が短い・即日入金に対応のファクタリング会社を選ぶ
  • 必要書類が少ないファクタリング会社を選ぶ
  • 午前中など早い時間帯に審査申込を行う
  • オンライン・AIファクタリングを利用する
  • 債権譲渡登記が不要な会社を利用する
  • 面談・ヒアリングで丁寧な回答を心がける

(1)審査時間が短い・即日入金に対応のファクタリング会社を選ぶ

ファクタリングの初回取引で即日入金を実現する1つ目のポイントは、そもそも即日入金に対応しているファクタリングを選ぶという点です。

ファクタリング会社は各社毎で独自の審査基準を設けており、審査時間や入金スピードもさまざまです。ファクタリング利用をする場合は、急ぎで現金が必要になった・支払いを急ぎで行いたいなど、突発的な事情が多いでしょう。

そのため即日入金をしてもらうためには、公式ホームページ上に審査時間が短い・最短即日入金に対応している会社を選ぶようにしましょう。中には最短10〜60分で即日入金といったファクタリング会社も存在しています。

(2)必要書類が少ないファクタリング会社を選ぶ

ファクタリングの初回取引で即日入金を実現する2つ目のポイントは、必要書類が少ないファクタリング会社を選ぶという点です。先ほど触れたように初回取引では審査の必要書類が多めになる会社もあります。

例えば印鑑証明や登記簿謄本は公的書類のためめ、平日の役所の営業時間内に書類を発行してもらう必要があります。また最新の決算書や確定申告書・開業届が必要といったケースもあり、初回取引の場合は必要書類が多い業者もあります。

しかし中にはそもそも必要書類が少なめで審査が甘い・緩いファクタリング業者も存在します。こうした業者は必要書類が2〜3つ程度で、審査通過率も90%以上を公式サイトに明記しているのが特徴です。必要書類が少ないファクタリング会社は下記の5社です。

(3)午前中など早い時間帯に審査申込を行う

ファクタリングの初回取引で即日入金を実現する3つ目のポイントは、午前中などの早い時間帯に審査申込を行うことです。上述で触れたように初回取引の際は、必要書類が多めになることがあり、結果的に審査に時間がかかることもあります。

審査結果が通知されるまでに時間がかかると、即日入金は実現できない可能性が高くなります。そのため審査時間がある程度かかることを考慮して、午前中などの早い時間に審査申込を完了させておきましょう。

(4)オンライン・AIファクタリングを利用する

ファクタリングの初回取引で即日入金を実現する4つ目のポイントは、完全オンラインファクタリングAIファクタリングを利用することです。オンラインファクタリングは店舗に来店する必要がなく、審査申込から契約締結までがWeb上で完結します。

オンラインファクタリングの場合は面談不要・なしのファクタリング会社も多く、審査に時間がかからないのが特徴です。

また近年登場しているAIファクタリングでは、申込みから契約締結がWeb上で完結することに加えて、独自のアルゴリズムでAIが自動審査を行うため審査スピードが非常に早いのが特徴です。

例えばペイトナーファクタリングは最短10分・labol(ラボル)は最短60分で即日入金となり、オンラインファクタリングよりも早いの特徴です。

ただしAIが審査を行うという観点で注意点やデメリットもあるため、詳細はAIファクタリングおすすめ7選!オンライン審査で即日入金・メリット・デメリットの記事を参考にしてください。

(5)債権譲渡登記が不要な会社を利用する

ファクタリングの初回取引で即日入金を実現する5つ目のポイントは、法人企業の場合は債権譲渡登記が不要な会社を選ぶという点です。即日入金をするためには2社間ファクタリングを選ぶ必要がありますが、債権譲渡登記を求められるケースがあります。

債権譲渡登記とは保有している資産が譲渡されたことを公示する登記制度で、3社間ファクタリングの場合は売掛先から合意を得ることで要件は満たされます。

登記を行う場合は法務局で申請手続きを行う必要があり、加えて司法書士への報酬として5〜10万円の費用が別途発生するため、余計な費用を抑えるためにも債権譲渡登記が不要なファクタリング会社がおすすめです。

また債権譲渡登記ができるのは法人企業に限定されるため、実質的に個人事業主は利用ができず断っている場合もあります。個人事業主・法人企業のどちらが利用するにしても、債権譲渡登記が不要な業者を選ぶ方が入金スピードは早くなります。

(6)面談・ヒアリングで丁寧な回答を心がける

ファクタリングの初回取引で即日入金を実現する6つ目のポイントは、面談・ヒアリングに対して丁寧な回答を心がけるという点です。面談やヒアリングを実施するかは、ファクタリング会社によって異なりますが、初回取引の場合はヒアリング項目が多くなることが想定されます。

資金調達を急いでいる場合は早く面談やヒアリングを終わらせたいという気持ちになるかもしれませんが、しっかりと回答しないと別途で追加資料を求めれることもあります。追加書類の提出が必要となると、再度審査に時間がかかり即日入金とならないこともあります。

オンライン面談や電話ヒアリングでよく聞かれる項目としては、下記のようなものがあります。

  • ファクタリングで資金調達したい金額
  • いつまでに資金調達したいか
  • 現在の借入状況
  • 税金や社会保険料の滞納状況
  • 売掛先の簡単な情報
  • 必要書類の提出が可能か(いつまでに提出できるか) など

上記のヒアリングに対して情報が不十分と判断されると、追加書類の提出を求められる可能性があるため、しっかりと回答するようにしましょう。

ファクタリングの初回取引で好条件を引き出す3つのポイント

次はファクタリングの初回取引で好条件(手数料を安く抑える)を引き出す3つのポイントを解説します。

  • 手数料の安いオンラインファクタリングを選ぶ
  • 信用力の高い売掛金で審査申し込みを行う
  • 初回取引キャンペーンの会社を選ぶ

(1)手数料の安いオンラインファクタリングを選ぶ

これは上述でも解説しましたが、ファクタリングは契約形態によって手数料や入金スピードが異なります。完全オンラインファクタリングの場合は、店舗を持たず家賃や店舗管理費・スタッフの人件費が最小限のため、手数料が安く抑えられています。

また実店舗を持っているファクタリング会社を利用すると、店舗に訪問する移動時間や費用・提出書類は郵送といったように時間が発生します。

オンラインファクタリングはWeb上のフォームやメールに資料を添付し、契約も電子契約サービスを活用したクラウド契約が一般的です。手数料の安さに加えて、審査にかかる時間も短縮できるため、オンラインファクタリングの利用がおすすめです。

(2)信用力の高い売掛金で審査申し込みを行う

ファクタリングの初回取引で好条件を引き出す2つ目のポイントは、信用力の高い売掛先の請求書を審査に出すという点です。上述で解説したようにファクタリング審査では、売掛先の信用力が重視されています。

経営状態や財務状況が悪い売掛先の請求書を審査に出すと、掛け目が入る・リスクを考慮して手数料が高く設定されることがあります。そのため初回取引の場合は経営状況が安定している・財務基盤に問題がない、信用力の高い売掛債権を提出しましょう。

因みに売掛先が赤字経営・債務超過・税金滞納・通帳履歴で支払い遅延があるといった場合は、審査落ちとなるケースもあるため、注意しておきましょう。

(3)初回取引キャンペーン・乗り換えで高額買取保証の会社を選ぶ

ファクタリングの初回取引で好条件を引き出す2つ目のポイントは、乗り換えで高額買取保証を明記している・初回割引キャンペーンを行っている業者を利用する点です。

初回取引といっても定義は大きく2つのケースがあり、①ファクタリング利用自体が初めての場合②他社でファクタリング利用経験はあるが新規取引を行う場合です。

①の場合については先ほど紹介しましたが、ファクタリングの新規ユーザー獲得のために手数料を割引キャンペーンを行っている会社もあります。そのためファクタリング利用がはじめての場合は、割引キャンペーンなども活用しましょう。

②の場合は他社利用中でファクタリング会社の乗り換えを検討している方に向けて、公式HP上で他社よりも好条件で買取をすることを保証しているケースです。ファクタリング会社も利用者数を増やすために、乗り換えを歓迎している業者も多くあります。

詳細はファクタリング乗り換えは可能!好条件の8社・他社利用中でもOKな会社ファクタリングで他社利用中に乗り換えや併用は可能?バレる?の記事で解説しています。

初回取引おすすめ!必要書類が少なく通過率90%以上の即日入金ファクタリング会社10選

最後に初回取引におすすめの必要書類が少なめで審査が甘い・緩いまたは、審査通過率が90%以上のファクタリング会社を紹介していきます。下記の会社は審査通過率が90%以上もしくは提出書類が請求書・本人確認証・通帳コピーの3点で利用ができます。

サービス名手数料入金スピード買取可能額提出書類
ビートレーディング2%〜2時間制限なし通帳のコピー(表紙付2か月分)
請求書 ※2つのみ
ペイトナー10%10分1万円〜本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
FREENANCE3%〜10%30分1万円~本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
QuQuMo1%〜2時間制限なし入出金明細(通帳コピー)
請求書 ※2つのみ
labol10%60分1万円~本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
1.5〜10%3時間制限なし3ヶ月分の通帳のコピー
請求書/契約書
身分証明書
MSFJ3.8〜9.8%最短60分10〜5,000万円身分証明書/確定申告書※個人
通帳履歴のコピー(3〜6ヶ月程度)
売掛金を証明する書類
アクセルファクター2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印
ベストファクター2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書
アクティブサポート2%〜即日即日300万円まで
30〜1,000万円
通帳のコピー/請求書
※2つのみ

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のAIオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のAIオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、提出書類は最も少なめで請求書と通帳の2点のみで利用ができます。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要な提出書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング1%〜2時間制限なし請求書・通帳の2点のみ

ビートレーディング 個人OK/審査通過率98%/即日入金/オンラインファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持ち、取扱件数は5.2万件以上・累計取扱高1,170億円以上と業界トップクラスの実績老舗ファクタリングサービスです。

提出書類も少なめで請求書・通帳コピーの2つで利用ができ、買取下限がないため少額債権の買取も対応しており、個人事業主やフリーランスの方にもおすすめです。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2%〜2時間制限なし売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)


ペイトナーファクタリング 1万円〜の少額買取/最短10分で即日入金/複数回申請OK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で即日入金が完了します。

買取価格も1万円の少額債権も利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、提出書類は少なめで請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

labol 最短60分の即日入金/フリーランス&個人事業主向けオンラインファクタリング

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けに特化したファクタリングサービスで、東証プライム上場企業であるセレス株式会社の子会社が運営しているため安心してサービス利用ができます。

1万円から買取が可能で少額債権にも対応しているため、個人事業主やフリーランスの方におすすめのファクタリング会社です。

labol(ラボル)の特徴は手数料が一律である・提出書類が少なめで利用ができる点です。また審査時に基本契約書は必要なく、本人確認証・請求書・取引がわかるエビデンスとしてメールやチャットツールのやり取りの3つで利用できます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング10%60分1万円〜本人確認書類・請求書
取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)


labol(ラボル)の評判や口コミ・審査落ちの理由と対策はこちらの記事で解説しています。

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。提出書類は少なめで請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

最低買取金額も1万円からと少額債権にも対応しており、個人事業主やフリーランスの方におすすめです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構は手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

最短30分で審査結果が提示され振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料、買取下限もなく少額債権にも対応しているため、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため提出書類が少なめで、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間上限下限なし売掛先からの入金がわかる3ヶ月分の通帳のコピー
売掛先の発生がわかる請求書/契約書
利用者の身分証明書

アクセルファクター 審査通過率93%/5割が即日入金/手数料2%〜/継続利用で手数料減額

アクセルファクターは大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

他社で審査に落ちた場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

また継続利用で手数料も減額されるため他社利用中でファクタリング会社の乗り換えにはおすすめです。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

ベストファクター 最短1時間で資金化/審査通過率92%/買取診断が5分でわかる

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社で、個人事業主でも利用ができます。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書

アクティブサポート 個人OK/少額の300万円まで即日入金/手数料2%〜/審査通過率90%

アクティブサポートは年間支援実績が1,000件、審査通過率は90%を誇る即日入金に対応しているファクタリング会社です。提出書類も少なめで通用コピー・請求書の2つで利用できます。

契約方式も面談契約・出張契約・郵送契約(即日は不可)の3つから選ぶことができ、印紙代や交通費など手数料以外の費用は不要です。また通帳のコピーと請求書の2点で最大300万円まで即日入金に対応しています。

個人事業主の利用も可能で30万円からの少額債権買取対応・最短30分で無料見積もりを行なっているため、資金繰りに困っている方はぜひ無料見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜即日即日300万円まで
30〜1,000万円
通帳のコピー
売却する請求書

MSFJ 個人事業主特化/最短60分入金/審査通過率90%のオンラインファクタリング

MSFJはファクタリング手数料が3.8%〜から利用が可能で、手数料以外の費用は発生せず、乗り換えで手数料を50%割引を行っている好条件のオンライン完結ファクタリング会社です。

非対面型のオンラインファクタリングのためスピード審査・スピード契約が可能で、最短60分で即日資金調達ができます。また審査通過率は90%以上と非常に高く、個人事業主やフリーランスの方にも対応しています。

また提出書類も少なめで身分証明書・請求書・通帳コピーの3つで利用ができ、10万円からの少額ファクタリングにも対応しています。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
3.8〜9.8%最短60分10〜5,000万円身分証明書/確定申告書※個人
通帳履歴のコピー(3〜6ヶ月程度)
売掛金を証明する書類