GMOフリーランスファクタリング審査落ちの原因と対策・特徴や口コミ

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年6月30日

GMOフリーランスファクタリングについて調べていると「審査落ち」というワードで、月間50回ほど検索があり実際に審査落ちになった方もいるのではないでしょうか。今回は審査落ちの理由や再審査で通過するポイントを解説していきます。

審査落ちの可能性を感じたら2〜3社に見積りがおすすめ!
基本的にファクタリングでは審査が発生するため、複数社に相見積もりがおすすめです。複数社に依頼しておけば、1社が審査落ちでも別の会社では審査に通ることもあります。また手数料相場もわかり好条件の会社を選べます。

審査通過率90%以上・審査時間30分のおすすめファクタリング会社

サービス名審査通過率手数料入金スピード買取上限必要書類
PMG(ピーエムジー)
審査時間20分で見積提示
乗り換え率98%2%〜2時間
審査時間20分
30万〜制限無し請求書/通帳コピー
※2つのみ
QuQuMo(ククモ)98%1%〜最短2時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
labol(ラボル)
土日祝日対応
24時間即時入金
90%一律10%60分1万円〜本人確認証/請求書
メールなどのエビデンス
※3つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
ビートレーディング98%2%〜最短2時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
2つのみ
ベストファクター92%2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書 ※3つのみ

目次

GMOフリーランスファクタリングの特徴|手数料は一律9.5%/必要書類が少ない

運営会社GMOクリエイターズネットワーク株式会社
取引形態2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
手数料一律9.5%
審査通過率非公開
買取金額制限なし
利用対象者個人事業主・フリーランス
※クリエイター向け
審査時間最短30分
入金スピード最短即日
必要書類請求書/身分証明書
手続きオンラインファクタリング
営業時間平日10:00〜18:00
債権譲渡登記なし
サービス詳細https://freelance.factoring.inc/

GMOフリーランスファクタリングは東証プライム市場に上場しているGMOインターネットグループの、GMOクリエイターズネットワーク株式会社が提供している個人事業主・フリーランス向けのファクタリングサービスです。

必要書類が少なく最短30分で審査結果が来るのが特徴で、2022年にリリースされた比較的新しいサービスです。一般的なファクタリング審査では、通帳コピーや本人確認証明書・登記簿謄本・印鑑証明・確定申告書などが必要ですが、審査時は請求書のみで可能です。

GMOフリーランスファクタリングで審査落ちの5つの原因・理由

(1)クリエイターとしての活動実態が弱い

GMOフリーランスファクタリングで審査落ちで考えれる1つ目の原因は、クリエイターとしての活動実態が見えないという点です。これはGMOフリーランスファクタリングに関するインタビュー記事で、下記のように記載があります。

Q:フリーナンスとは審査基準が異なるとの事ですが、GMOフリーランスファクタリングの審査で重視しているものは何でしょうか?また、審査落ちしてしまう理由で多いものを教えてください。

A:活動の実態が見えるかどうかという点です。そのため、審査落ちしてしまう理由で多いものは、活動の実態が見えないといものです。

Q:ずばり、審査落ちしてしまう方にアドバイスをお願いします(例:自身のSNSやWebサイトで活動内容を充実させる等)

A:まさに例にあげていただいた自身のSNSやWebサイトで活動内容を充実させるということが重要だと思います。

また、今後予定している請求書以外の資料の添付ができるようになった場合には、有用と思われる資料を積極的に提出していただけるといいと思います。

引用:GMOフリーランスファクタリングを取材!強みや審査落ちをしない為の注意点

GMOフリーランスファクタリングの対象職種は、Webクリエイターやエンジニア・ライター・カメラマン・イラストレーターなどのクリエイティブ職種のフリーランスの方です。

フリーランスの場合は活動実態が不明なことも多いですが、フリーランスクリエイターの場合はSNSなどを活用して、活動しているケースが多いです。そのため審査落ちを避けるにはSNSやWebサイト(ポートフォリオなど)を充実させることが重要です。

(2)職業や職歴が対象条件を満たしていない

GMOフリーランスファクタリングで審査落ちとなる原因で考えられる2つ目の理由は、職業や職歴が対象条件を満たしていないという点です。

審査申し込みフォームでは業界・職業や職歴・仕事内容が確認できるSNSアカウントやWebサイトURLの記入が必要となります。上述で触れたようにGMOフリーランスファクタリングが対象としているのは、フリーランスのクリエイターのみです。

フリーランスのWebデザイナーやエンジニア以外でも、ライターやカメラマン・イラストレーターなども審査通過しているケースはあるとインタビュー記事も記載がありましたが、クリエイター職種ではない場合は対象外で審査落ちとなるでしょう。

クリエイター以外の方でも個人事業主やフリーランスが利用できるファクタリングサービスは、他にもあるため下記のサービスを検討しましょう。

関連記事

提出書類は少なめの個人事業主おすすめファクタリング審査が甘い・緩い業者10選!
フリーランスおすすめ請求書先払い・前払いサービス10選!
個人事業主おすすめ即日請求書買取サービス比較
個人事業主おすすめファクタリング比較
フリーランスおすすめ即日入金ファクタリング会社

(3)売掛先の信用力が低い

GMOフリーランスファクタリングで審査落ちとなる原因で考えられる3つ目の理由は、売掛先の信用力が低いという点です。

ファクタリングは買い取った請求書がしっかりと売掛先から支払われることを前提に、売掛債権の買取を行ないます。そのため売掛先の信用度・支払い能力がなければ審査落ちとなる可能性が高くなります。

ファクタリングは請求書毎に審査を行い、利用者ではなく売掛先の信用度が最も重要といえます。例えば下記のような場合は信用度が低いと判断されるでしょう。

  1. 売掛先の経営状況が悪い
  2. 創業から年数が浅い
  3. 売掛先の実在が確認できない
  4. 売掛先がトラブルを起こしている

1については売掛先が赤字続き・資金繰りに困っていると判断された場合などです。場合によっては倒産の可能性もあるため、売掛金の回収ができないことも考えれます。そのため経営状況が悪い売掛先も審査落ちの対象となります。

2については創業から年数が浅い零細企業の場合は、信用力が低いと判断されてしまうためです。繰り返しになりますがファクタリング審査では、売掛先の信用力が重要です。経営基盤が安定していない年数が浅い場合は審査落ちの可能性が高くなります。

3の場合は売掛先情報を調べても確認が取れないといったケースです。売掛先としての実態が確認できなければ、架空請求の疑いがある・支払いが行われない可能性があると判断されます。

4についても過去に支払いに関してトラブルを起こしているといった場合には、未回収リスクがつきまとうため審査落ちの対象となる可能性が高くなります。また税金滞納がある場合も上記と同様に信用不十分と判断されるでしょう。

(4)入力情報と提出した必要書類に不備・内容のズレがある

GMOフリーランスファクタリングで審査落ちとなる原因で考えられる4つ目の理由は、提出した書類が足りていない・請求書と記入内容にズレがある・虚偽記入といった書類に関する不備です。

GMOフリーランスファクタリングの審査書類は請求書のみですが、入力フォームから下記情報を記載する必要があります。

  • クライアント名
  • クライアントURLまたは法人番号
  • クライアント代表者電話番号
  • 担当者メールアドレス
  • 請求書の額面金額
  • 現金化したい金額
  • 請求書のデータをアップロード

請求書の内容と入力フォームの内容が一致していない場合は、架空債権を疑われるため、審査落ちとなる可能性もあるでしょう。

また虚偽記入については自分から進んで行う人はいないと思いますが、入力情報と提出書類にズレがあると虚偽記入を疑われてしまいます。そのため提出書類と入力情報が一致しているかを確認するようにしましょう。

(5)支払い期日が長い請求書を審査に出している

またファクタリングでは一般的には支払いサイトが長い請求書を嫌います。理由としては支払い期日までに売掛先の経営が状態が悪化する・倒産するといったリスクがあるためです。

上述でも触れたようにファクタリングは売掛金が回収できてはじめて成立するビジネスのため、未回収リスクが高い場合は審査落ちとなる可能性が高くなります。

建設業界など下請け構造になっており、慣習として支払いサイトが長くなる場合は問題ないかもしれません。しかし一般的な請求書の支払い期日と比較してあまりにも長い場合は、審査落ちの可能性が高くなります。

GMOフリーランスファクタリングでは明確に支払い期日がいつまでといった記載はありませんでしたが、参考までに他社が定めている支払い期日の目安をまとめておきます。

サービス名支払い期日の制限
labol(ラボル)150日以内
ペイトナーファクタリング70日以内

建設業など特殊な業界以外の場合は、支払い期日が60日前後のものを選んで審査依頼を出すのが無難といえます。

GMOフリーランスファクタリングで審査落ちを避ける6つのコツ

次はGMOフリーランスファクタリングで審査落ちを避ける6つのポイントについて解説していきます。

  • SNSやウェブサイトの活動状況を充実させる
  • 信用力が高い売掛先の請求書を審査に出す
  • 初回利用時は債務者の住所がハッキリした請求書を出する
  • 請求書内容と申込フォームの内容にズレがないように申請する
  • 事業規模とかけ離れた売掛債権の審査依頼を避ける
  • 他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

(1)SNSやウェブサイト・ポートフォリオなど活動状況を充実させる

GMOフリーランスファクタリングで審査落ちを避ける1つ目のポイントは、自身のSNSやWebサイト・ポートフォリオを充実させることです。

先ほどのインタビュー記事のQ&Aでも回答がありましたが、審査通過率を高めるには活動実態を明確にするのが重要と記載があります。

  • 活動の実態が見えるかどうかという点です。そのため、審査落ちしてしまう理由で多いものは、活動の実態が見えないといものです。
  • まさに例にあげていただいた自身のSNSやWebサイトで活動内容を充実させるということが重要だと思います。また、今後予定している請求書以外の資料の添付ができるようになった場合には、有用と思われる資料を積極的に提出していただけるといいと思います。

そのためフリーランスの方がGMOフリーランスファクタリングを利用する際には、SNSプロフィールや自身のWebサイトから活動実態が見えるようにしておきましょう。

(2)信用力が高い売掛先の請求書を審査に出す

GMOフリーランスファクタリングで審査落ちを避ける2つ目のポイントは、信用力が高い売掛先の請求書を審査に出すことです。例えば大手企業や上場企業・地方公共団体や官公庁などの公的機関の場合は、未回収になる可能性は低く倒産するリスクは限りなくゼロに近いです。

上記に該当する売掛先ではなかったとしても、経営状態や財務基盤が安定している・売上が順調に伸びている会社の請求書を審査に出す方が審査落ちのリスクは低くなります。

(3)初回利用時は債務者の住所がハッキリした請求書を出する

GMOフリーランスファクタリングで審査落ちを避ける3つ目のポイントは、初回利用時は債務者の住所がハッキリとわかるものを出すのも重要です。

初回利用の際はファクタリング会社との信頼関係が構築できていない段階です。そのため初回取引の場合は2回目以降の利用よりも、慎重に審査を実施することが多いです。

そのため所在が怪しい・疑われる会社の売掛債権は審査に出さないようにしましょう。ファクタリング利用は1回ではなく、複数回利用する可能性もあります。継続的な信頼関係を構築できるよう、信頼性に問題がない請求書を審査に出すのが重要です。

(4)請求書内容と申込フォームの内容にズレがないように申請する

審査落ちの原因の1つに請求書記載の情報と、申込フォームで入力された内容がズレていることが考えられます。少しのミスでも情報に食い違いが出てしまえば審査落ちとなってしまいます。

そのため請求書の内容にそって入力フォームでも情報の齟齬がないように正しく記載を行いましょう。

(5)事業規模とかけ離れた売掛債権の審査依頼を避ける

GMOフリーランスファクタリングで審査落ちを避ける5つ目のポイントは、売上とのバランスが取れている売掛債権を選ぶのもポイントです。

例えば月間売上が500万円なのに5,000万円の売掛金の買取を申し込むと、審査に落ちやすくなります。ファクタリングは融資とは異なり、一時的な資金調達となるため自社の売上を大きく超えた調達を行うことは少ないです。

売上とのバランスが悪いと、偽造や捏造された請求書を利用しようとしている判断されるリスクもあるため、審査落ちの可能性が高くなります。

(6)他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

ファクタリング会社の審査落ちたからといって心配する必要はありません。ファクタリング審査は各社が独自の基準で審査を行っているため、1社の審査落ちたからといって他社でも通らないことはありません。

そのため1社の審査依頼で審査落ちリスクを避けたい場合は、複数社に相見積もりを取るのがおすすめです。

ただし個別何社も相見積もりを取るのが手間という方もいるでしょう。そんな方におすすめなのがファクタリング一括見積もり・査定サイトの利用です。下記のようなサービスでは複数社に一括で見積もり依頼が出せます。

サービス名対象特徴
ファクタリングベスト法人/中小企業最短3時間入金/審査通過率9割超の優良4社に一括見積もり
ファク探法人/中小企業最短3時間で現金化/優良ファクタリング会社に一括見積もり
事業資金のミカタ個人事業主/法人個人事業主OK/最短30秒で簡単一括見積もり/利用者1万人
ランクファクター個人事業主/法人土日祝日営業/最短3時間で即日入金
資金調達プロ法人/中小企業東証プライム上場の子会社が運営する一括見積もりサイト

GMOフリーランスファクタリングの良い評判・5つのメリット

GMOフリーランスファクタリングを利用するメリットは下記の5つです。

  • 手数料は一律9.5%と明瞭
  • 審査時間は最短30分・会員登録不要で利用できる
  • 必要書類が少なく審査時は請求書のみで可能
  • 東証プライム市場の上場企業グループ会社で安心
  • 3社間ファクタリングにも対応している

(1)手数料は一律9.5%と明瞭

GMOフリーランスファクタリングの1つ目の特徴は、手数料が一律でわかりやすいという点です。一般的なファクタリングの場合は、手数料の上限値・下限値が設けられており審査結果が来るまで手数料がわかりません。

しかしGMOフリーランスファクタリングは売掛債権の金額やサービス利用回数に限らず、差し引かれる手数料は9.5%です。手数料が一律のファクタリングとしては、labol(ラボル)ペイトナーファクタリングがありますが、手数料は10%のためGMOの方が安めです。

因みに姉妹サイトとして運営しているFREENANCE(フリーナンス)の手数料は3〜10%となっており、利用頻度が高くなるほど与信スコアが高くなり安くなりますが、初回利用時の手数料は基本的に10%に設定されています。

フリーナンスの関連記事

そのため頻繁に利用する機会が少ないという方は、GMOフリーランスファクタリングの方が手数料が安くなる可能性があります。

(2)審査時間は最短30分・会員登録不要で利用できる

GMOフリーランスファクタリングの2つ目の特徴は、審査時間が非常に短いという点です。他社のファクタリングでは1時間〜3時間ほど審査時間がかかりる場合もありますが、最短30分で審査結果が通知されます。

また手間のかかる会員登録は不要なので、急ぎで資金調達を実施したい場合にもおすすめです。審査結果がわかるまでは身分証の提出も不要で、請求書(売掛債権)と振込先の銀行口座がわかれば利用可能です。

(3)必要書類が少なく審査時は請求書のみで可能

GMOフリーランスファクタリングの3つ目の特徴は、審査に必要な書類が少ないという点です。ファクタリング審査に申し込む場合は、請求書に加えて通帳コピー・本人確認証明書・登記簿謄本・印鑑証明・確定申告書などが必要なケースもあります。

しかしGMOフリーランスファクタリングの必要書類は請求書・身分証明書の2つのみで利用ができます。審査書類が少なめで早く審査結果を知りたいという方は、おすすめのファクタリングサービスといえます。

(4)東証プライム市場の上場企業グループ会社で安心

GMOフリーランスファクタリングは東証プライム市場に上場しているGMOインターネットグループの、GMOクリエイターズネットワーク株式会社が提供している個人事業主・フリーランス向けのファクタリングサービスです。

ファクタリング利用者が増えるにつれてヤミ金業者も登場していますが、こうした不安は感じることなく安心して利用ができます。

以前に問題となった給料ファクタリングなどファクタリング会社を装った悪徳なヤミ金業者については、金融庁からも注意喚起が出ていますが、運営元が東証プライム上場企業の子会社なのでヤミ金業者の疑いは必要なく利用できます。

(5)3社間ファクタリングにも対応している

GMOフリーランスファクタリングは面談が不要・Web上で完結する完全オンラインファクタリングですが、オンラインファクタリングでは珍しく、3社間ファクタリングにも対応しています。

3社間ファクタリングとは利用者・ファクタリング会社・売掛先の3社で取引を行う形態で、売掛先に債権譲渡通知・承諾を行うため、入金までに時間がかかるのがデメリットです。

契約形態2社間ファクタリング3社間ファクタリング
売掛先の通知・承諾なしあり
債権譲渡登記ありなし
手数料4〜18%1〜9%
現金化までのスピード早い:最短即日遅い:10〜15日前後

しかし3社間ファクタリングの場合は架空債権のリスクがない・売掛金は売掛先から直接回収ができるため、手数料が安めに設定されているのがメリットです。

急ぎではない・売掛先との信頼関係が構築できているという場合は、3社間ファクタリングの利用ができない相談してみましょう。

両者の違いについては2社間と3社間ファクタリングの違いとは?メリットやデメリットの記事で解説しています。

GMOフリーランスファクタリングの悪い評判・デメリット

審査書類も少なく最短30分で審査結果が通知されるのがGMOフリーランスファクタリングメリットですが、次はデメリットについてみていきます。

SNSアカウントやポートフォリオが充実していないと審査で不利になる

これは上述の審査落ちの原因部分でも解説しましたが、GMOフリーランスファクタリングはフリーランスのWebクリエイターに特化したファクタリングサービスです。

そのためフリーランスとしての活動実態が弱いと審査落ちとなってしまいます。Webデザイナーやエンジニアの方は、自身のX(旧Twitter)やFacebookで活動を残すようにしましょう。

また自身のWebサイトのポートフォリオが少ないと、これも審査で不利に働く可能性が高いため、ポートフォリオサイトは活動や成果がわかるように充実させておくようにしましょう。

GMOフリーランスファクタリング審査落ちの方におすすめの即日ファクタリング7選

次はGMOフリーランスファクタリングで仮に審査落ちとなった場合のために、審査通過率90%以上・もしくは即日入金に対応しているファクタリング会社を紹介していきます。また土日に審査申込をしたい方は土日対応24時間即時入金ファクタリングの記事を参考にしてください。

また個人事業主の方で審査が緩い・甘い・必要書類が少ないファクタリング会社が知りたい方は、URLをクリックして参考にしてください。

審査落ちの可能性を感じたら2〜3社に見積りがおすすめ!
基本的にファクタリングでは審査が発生するため、複数社に相見積もりがおすすめです。複数社に依頼しておけば、1社が審査落ちでも別の会社では審査に通ることもあります。また手数料相場もわかり好条件の会社を選べます。

サービス名通過率手数料入金スピード買取可能額必要書類
QuQuMo(ククモ)98%1%~2時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
PMG(ピーエムジー)
審査時間20分で見積提示
乗り換え率98%
土日祝対応
2%〜2時間
審査時間20分
30万〜制限無し請求書/通帳コピー
※2つのみ
labol(ラボル)
土日祝日対応
24時間即時入金
90%一律10%60分
審査時間10分
1万円〜本人確認証/請求書
メールなどのエビデンス
※3つのみ
ベストファクター92%2%~最短1時間
審査時間30分
30万〜1億円本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
ビートレーディング最大買取率98%2%~2時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー
請求書 ※2つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5~10%3時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー/請求書
身分証明書 ※3つのみ

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のAIオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができ、審査時間は最短30分と非常に早いのが特徴です。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間
審査時間30分
制限なし請求書・通帳の2点のみ
※土日祝日も受付中ですが入金は平日となります

PMG 個人OK/乗換率98%/審査時間20分で見積提示/2時間入金/手数料2%〜/30万円〜買取

PMG(ピーエムジー)30万円からの少額でも買取対応で個人事業主も利用できるオンラインファクタリング会社で、審査時間は業界最短の20分で見積提示・最短2時間で入金となります。

手数料も2%〜と低水準で、月間1,500件以上の請求書買取を行う業界大手ファクタリングです。他社からの乗り換え率は98%・96%のリピート率と非常に高いのが特徴です。

買取金額も上限がないため中小企業から大手企業まで幅広い企業・建設業や広告など様々な業界で利用実績があります。またファクタリングだけでなく財務コンサル・融資支援・助成金/補助金紹介なども行っており、資金調達に関する様々なサービスも受けられます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2%〜2時間
審査時間20分
30万円〜上限なし請求書・通帳コピー
※2点のみ

labol 通過率90%/土日祝日/最短60分/24時間即日入金のAIオンラインファクタリング

  • 審査通過率90%以上/個人事業主やフリーランス特化
  • 最短60分入金/土日祝日も24時間365日即時入金
  • 通帳コピー不要で必要書類は3つのみ/1万円から買取OK

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けのAIオンラインファクタリングで、審査時間は最短10分・土日祝日も最短60分で24時間即時入金・審査通過率90%・必要書類も3つと少なく通帳コピーが不要で、スピーディーに資金調達できます。

ラボル一番の特徴は土日祝日も含めて365日審査受付・最短60分で24時間即時入金で、いつでも入金してくれます。24時間即時入金はラボルのみで、通常のファクタリングでは土日は営業しておらず、審査通過しても入金までに2〜3時間はかかります。

Q:申請してから入金されるまでに、どれくらいの時間がかかりますか?

A:申請をいただいてから、最短60分で審査が完了します。審査が完了いたしますと、ご登録の銀行口座宛に24時間365日即時で入金いたします。

引用:labol(ラボル)公式ホームページより

また買取金額は1万円〜・手数料は一律10%も強みです。一般的に30万円未満など買取金額が小さいと、手数料は上限値の10〜20%が適用となります。しかしラボルは一律10%なので少額利用でも手数料が大きくなりません。

提出書類としては通帳コピーは不要で請求書・本人確認書類・取引先とのやり取りがわかるエビデンス(メールやSlackなど)の3点だけです。運営会社のラボルは東証プライム上場企業のセレス株式会社の100%子会社のため、安心して利用できます。

取引形態通過率手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング90%以上一律10%最短60分1万円〜本人確認書類/請求書 ※3つのみ
取引を示すエビデンス
※取引先とのメール・Slackなど
※土日祝日・年中無休で審査通過後は24時間即時入金

関連記事
ラボルは土日審査可能!営業時間や入金スピードを解説
ラボルの審査は遅い?土日対応は?審査通過率や入金時間
ラボル審査落ち6つの原因と対策!口コミや評判を分析・通過のコツ
ラボルはヤミ金ではない!口コミや評判から噂を解説

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

必要書類も通帳コピー・請求の2つのみで最短30分で審査結果が提示され、振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料で済み、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
上限下限なし通帳コピー
請求書 ※2つのみ

ビートレーディング – 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗オンライン完結ファクタリングです。必要書類も請求書・通帳コピーの2つでのみ、審査時間も30分・最短2時間入金と非常に早いのが特徴です。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
※2つのみ

ベストファクター 最短1時間入金/審査通過率92%/5分でわかる買取診断/非対面契約

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳コピー
請求書 ※3つのみ

ペイトナーファクタリング – 入金まで最短10分で即日入金/複数回申請OK/個人債権もOK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのAIオンライン完結ファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。

買取価格も1万円から利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

アクセルファクター 審査通過率93%/5割が即日入金/手数料2%〜/継続利用で手数料減額

アクセルファクターは大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

他社で審査に落ちた場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

また継続利用で手数料も減額されるため他社利用中でファクタリング会社の乗り換えにはおすすめです。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。提出書類は少なめで請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

最低買取金額も1万円からと少額債権にも対応しており、個人事業主やフリーランスの方におすすめです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

GMOフリーランスファクタリングでよくある質問

GMOフリーランスファクタリングの審査時間は?

GMOフリーランスファクタリングの審査時間は?
GMOフリーランスファクタリングの審査時間は最短30分で完了し、結果が通知されます。

GMOフリーランスファクタリングは請求書のみで利用できますか?

GMOフリーランスファクタリングは請求書のみで利用できますか?
GMOフリーランスファクタリングの審査時は請求書・振込口座情報で利用ができます。ただし契約時には本人確認証が必要となります。

GMOフリーランスファクタリングに手数料はいくらですか?

GMOフリーランスファクタリングに手数料はいくらですか?
GMOフリーランスファクタリングに手数料は一律9.5%です。

GMOフリーランスファクタリングの買取金額制限はありますか?

GMOフリーランスファクタリングの買取金額制限はありますか?
GMOフリーランスファクタリングは1万円から利用が可能で、買取上限の制限はありません。

GMOフリーランスファクタリングの営業時間は?

GMOフリーランスファクタリングの営業時間は?
GMOフリーランスファクタリングの営業時間は平日09:00〜17:00です。

フリーナンスで審査落ちとなった請求書でも利用できますか?

フリーナンスで審査落ちとなった請求書でも利用できますか?
フリーナンスとは審査基準が異なるため買取できる可能性があります。逆にGMOフリーランスファクタリングで審査落ちの場合でも、フリーナンスで買取可能な場合もあります。