フリーナンス即日払い審査落ちの原因と対策・審査通過のコツ

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年1月23日

FREENANCE(フリーナンス)について調べていると「フリーナンス 審査 落ちた」や「フリーナンス 審査落ち」・「フリーナンス 即日払い 審査落ち」といったキーワードで、月間200回ほど検索されています。

FREENANCE(フリーナンス)即日払いは審査通過率の公開はしていませんが、ファクタリング審査に関する情報を整理すればある程度は審査落ちの理由や原因も分かるはずです。今回はフリーナンス即日払いの審査落ち原因や対策・審査通過のコツを解説していきます。

目次

フリーナンス即日払いとは|最短30分で入金/個人OK/手数料は3%〜/買取制限なし

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。必要書類としては請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では珍しく買取上限もないため、中小企業にもおすすめです。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

運営会社GMOクリエイターズネットワーク株式会社
取引形態2社間ファクタリング
手数料3~10%
買取金額買取制限なし(初回上限なし)
利用対象者個人事業主・フリーランス・法人企業
入金スピード最短30分
手続き完全オンライン完結
営業時間平日10:00〜17:00
債権譲渡登記不要
サービス詳細https://freenance.net/sokujitsu

審査時間は最短30分で即日入金・手数料も3%〜と安い

FREENANCE(フリーナンス)即日払いの特徴は審査時間が非常に短く、最短30分で審査完了・即日で請求書買取・現金化ができる点です。来店型のファクタリングでは店舗に来店・面談を行ってから審査となりますが、FREENANCE(フリーナンス)はオンラインファクタリングです。

そのため必要書類を提出すればすぐに審査結果が返ってくるため、スピーディーに資金調達が可能です。また手数料も3%〜10%と一般的なファクタリング手数料相場よりも安いのが特徴です。

オンラインファクタリングの場合は店舗を持たないため、家賃や店舗管理費・スタッフの人件費が最小限に抑えられるため、手数料が比較的安めに設定されているのが特徴です。

買取金額制限なしで個人事業主やフリーランスおすすめ

FREENANCE(フリーナンス)即日払いの特徴はフリーランスや個人事業主・法人企業でも利用ができる点で、請求書の買取金額に制限がないという点です。

他社の場合では初回申請可能金額が25万円など上限がありますが、FREENANCE(フリーナンス)即日払いは制限がないため個人事業主やフリーランスなどの少額ファクタリングにもおすすめです。

また一般的なファクタリング会社では買取対象の下限・上限が設定されており、下限が30万円や上限が1億円といった場合もあります。しかしFREENANCE(フリーナンス)即日払いは制限がないので、個人事業主から中小企業・大手企業まで幅広い企業で利用ができます。

フリーナンスは各種補償サービスも充実

FREENANCE(フリーナンス)ではファクタリングサービスである即日払い以外にも、あんしん補償サービスも提供しています。主な補償サービスとしては下記のとおりです。

サービス名詳細
あんしん補償Basic仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故を最高5,000万円まで補償
あんしん補償仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故や業務遂行中・仕事の結果
偶然起きてしまった事故を補償する損害賠償補償 ※最高5,000万円
著作権侵害・情報漏洩・納期遅延などを提供
あんしん補償プラスケガや病気で働けなくなった場合に最長1年間の所得の補償

フリーランスや個人事業主の場合は社会保障の対象外のため、さまざまな観点で弱い立場にあります。しかしそんなフリーランスを支援するため、欠陥に関する事故補償や所得補償なども提供しています。

そのためファクタリングサービスを利用しない方でも、FREENANCE(フリーナンス)に無料登録しておくメリットはあります。

フリーナンス即日払いの審査落ち5つの原因・理由

FREENANCE(フリーナンス)即日払いの審査落ちの原因として考えられるのは下記の5つです。

  • フォームでの入力間違い
  • 売掛先の信用力が低い
  • エビデンス資料が不十分で請求書の事実確認ができない
  • フリーナンス口座の利用履歴が浅い
  • 売掛先が個人の請求書

(1)フォームでの入力間違い

FREENANCE(フリーナンス)即日払いの審査落ちの原因として最も多いのが、フォームの入力間違いです。これはFREENANCE(フリーナンス)の公式マガジンでも審査落ち理由のトップとして解説されています。

提出書類の中にある請求書記載内容とフォーム入力内容にズレがあると、架空請求を疑われる可能性があります。そのためFREENANCE(フリーナンス)即日払いで審査通過するには、まず請求書に正しい情報を記載し、その内容に沿った情報をフォームへ正確に入力しましょう。

基本的な内容ですが入力情報と請求書情報に不一致がないかを確認することで、審査落ちで最も多い理由は避けられるようになります。

(2)売掛先の信用力が低い

FREENANCE(フリーナンス)即日払いで審査落ちとなる原因で考えられる2つ目の理由は、売掛先の信用力が低いという点です。

ファクタリングは買い取った請求書がしっかりと売掛先から支払われることを前提に、売掛債権の買取を行ないます。そのため売掛先の信用度・支払い能力がなければ審査落ちとなる可能性が高くなります。

ファクタリングは請求書毎に審査を行い、利用者ではなく売掛先の信用度が最も重要といえます。例えば下記のような場合は信用度が低いと判断されるでしょう。

  1. 売掛先の経営状況が悪い
  2. 創業から年数が浅い
  3. 売掛先の実在が確認できない
  4. 売掛先がトラブルを起こしている

1については売掛先が赤字続き・資金繰りに困っていると判断された場合などです。場合によっては倒産の可能性もあるため、売掛金の回収ができないことも考えれます。そのため経営状況が悪い売掛先も審査落ちの対象となります。

2については創業から年数が浅い零細企業の場合は、信用力が低いと判断されてしまうためです。繰り返しになりますがファクタリング審査では、売掛先の信用力が重要です。経営基盤が安定していない年数が浅い場合は審査落ちの可能性が高くなります。

3の場合は売掛先情報を調べても確認が取れないといったケースです。売掛先としての実態が確認できなければ、架空請求の疑いがある・支払いが行われない可能性があると判断されます。

4についても過去に支払いに関してトラブルを起こしているといった場合には、未回収リスクがつきまとうため審査落ちの対象となる可能性が高くなります。また税金滞納がある場合も上記と同様に信用不十分と判断されるでしょう。

(3)エビデンス資料が不十分で請求書の事実確認ができない

FREENANCE(フリーナンス)即日払いで審査落ちとなる3つ目の原因で考えられるのは、エビデンス資料が不足しているという点です。FREENANCE(フリーナンス)即日払いでは必要書類として下記3つの提出が求められます。

  • 請求書
  • 本人確認書類
  • 取引先のエビデンス資料(過去3か月間の通帳履歴・基本契約書・発注書など)

エビデンス資料は過去3か月間の通帳履歴や基本契約書・発注書・業務連絡のやり取り履歴が該当します。ファクタリング会社は二重譲渡や架空請求といった詐欺行為を警戒しているため、請求書の実態があるかをしっかりと確認してきます。

そのため通帳や基本契約書・発注書などを通して、取引先との契約実態が本当にあるのか・請求書が実在するのかといった観点を確認してきます。

問題がある場合はFREENANCE(フリーナンス)即日払いから、書類の再提出依頼のメールが届くでしょう。提出したものとは別の書類提出を指示される場合もあるため、詳細が記載されている内容に沿ってエビデンス資料を提出しましょう。

(4)フリーナンス口座の利用履歴が浅い

FREENANCE(フリーナンス)即日払いの審査落ちの4つ目の原因として考えられるのは、フリーナンス口座の利用歴歴が浅いという点です。

フリーナンス口座とは収納代行用の法人口座ですが、この口座を利用することで即日払い利用者は回収した売掛金を、フリーナンス側に振込を行う手間が省けます。

上記に関連した部分としてフリーナンス即日払いの審査スコアリングの1つに、フリーナンス口座を使うほど手数料が下がるというものがあります。手数料が下がるということは利用者の与信スコアが上昇していることでもあります。

こうした内容も踏まえるとフリーナンス口座の利用履歴が多い方が与信スコアが高くなり、利用者の信用度は高くなることが考えられます。

(5)売掛先が個人の請求書

FREENANCE(フリーナンス)即日払いの審査落ちの5つ目の原因として考えられるのは、売掛先が個人の請求書である場合です。FREENANCE(フリーナンス)のよくある質問では下記のように記載があります。

  • Q:個人間での取引にフリーナンス口座は使用できますか?
  • A:個人間の取引には、ご利用いただけません。フリーナンス口座は、利用規約上またマネーロンダリング防止の観点から、法人口座からの振り込みのみ受け付けております。上記の理由により、個人・個人事業主がクライアントとなる請求書の即日払いのご利用もお断りさせていただいております。

これはフリーナンス側でも明確に記載がありますが、売掛先が個人や個人事業主の場合は利用できません。これはフリーナンスに限らず、個人の請求書買取はNGの場合が多いです。

個人がNG理由は先ほど触れた売掛先の信用力という観点と同様で、個人事業主やフリーランスの場合は法人企業よりも経営基盤が安定しておらず、社会的な信用度も低いためです。

事業規模や資金力が乏しい個人事業主やフリーランスの場合は法人企業と比較すると、売掛金の入金までに資金繰りが悪化したり、倒産するといったリスクが高くなります。

ファクタリングは売掛金が回収できてはじめて成立するビジネスモデルのため、未回収リスクの高い売掛先は審査落ちとなる可能性が高いです。

ただしペイトナーファクタリングでは売掛先が個人の場合であっても、ファクタリングに対応しているため、どうしても個人の請求書を利用したい場合はペイトナーファクタリングを利用しましょう。

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

フリーナンス即日払いで審査落ちを避けて通過するための6つのコツ

FREENANCE(フリーナンス)即日払いで審査落ちを避けて通過率を高めるコツは下記の6つです。

  • 請求書と入力フォームの不備を無くしを内容を一致させる
  • エビデンス資料を充実させ信頼できる請求書を審査に出す
  • 本人確認書類は迅速に提出する
  • フリーナンス口座の利用履歴を増やす
  • 売掛先は法人企業の請求書を審査に出す
  • 2回目以降の利用も考えて支払い期日は守る
  • 他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

(1)請求書と入力フォームの不備を無くしを内容を一致させる

FREENANCE(フリーナンス)即日払いの審査落ちを回避する1つ目のポイントは、請求書内容と入力情報を一致させることです。公式マガジンで解説がありましたが、審査落ちの理由のトップは請求書内容と入力フォームの情報にズレがあることです。

審査申込をする際は請求書に不備がなく正しい情報が記載されているものをアップロードしているか・フォーム入力情報は請求書に沿った正確な情報を記入しているかを確認しましょう。

審査落ちのトップと言われるくらいなので、入力不備はかなり多いことでしょう。オンラインファクタリングは必要書類は全て電子化する必要がありますが、データ化する前に請求書の記載欄は正しい内容が記載されているかもチェックするようにしましょう。

(2)エビデンス資料を充実させ信頼できる請求書を審査に出す

FREENANCE(フリーナンス)即日払いの審査落ちを回避して審査通過率を高める2つ目のポイントは、請求書の信用度を高めることです。

FREENANCE(フリーナンス)即日払いでは請求書・本人確認書類に加えて、取引先とのエビデンス資料の提出が必要になります。一発で審査通過をさせるには架空請求を疑われないように、下記のよな書類もしっかり提出しておくが理想です。

  • 取引先との基本契約書
  • 取引がわかる通帳コピー・明細
  • 発注書や納品書
  • やり取りがわかるメールやチャットの画像キャプチャ

取引実態がわかるエビデンス資料を充実させることで、差し戻し・再提出・審査落ちの可能性は低くなるでしょう。

(3)本人確認書類は迅速に提出する

FREENANCE(フリーナンス)即日払いの審査落ちを回避して審査通過率を高める3つ目のポイントは、会員登録後に本人確認書類を早めに提出しておくことです。

無料会員登録をしたが本人確認書類のアップロードを忘れていたという経験がある方もいることでしょう。本人確認書類の提出がされなければ、アカウント自体が信頼できるものなのか判断が出来なくなります。

そのため会員登録後は早めに本人確認書類を提出して、発行されているアカウントが問題ない・信用できるものであることを証明するようにしておきましょう。

(4)フリーナンス口座の利用履歴を増やす

FREENANCE(フリーナンス)即日払いの審査落ちを回避して審査通過率を高める4つ目のポイントは、フリーナンス利用口座の利用履歴を増やすことです。

先ほど触れたようにフリーナンスの与信スコアは利用履歴が増えると高くなる仕組みになっており、信用度が高くなることで手数料も下がります。

与信スコアを上昇させるためにも、フリーナンス口座の利用履歴はできるだけ増やしていくように心がけましょう。

(5)売掛先は法人企業の請求書を審査に出す

FREENANCE(フリーナンス)即日払いの審査落ちを回避して審査通過率を高める5つ目のポイントは、法人企業の請求書を提出することです。

上述でも解説しましたがフリーナンス即日払いでは、売掛先が個人の請求書は対象外であることを明記しています。ただしファクタリングには審査があるため、法人企業の請求書を提出したからといって確実に通るわけではありません。

あくまでも審査落ちを避けて通過率を高めるためのポイントであることは理解しておきましょう。

(6)2回目以降の利用も考えて支払い期日は守る

FREENANCE(フリーナンス)即日払いのファクタリングは2社間ファクタリングのため、売掛金を回収したら期日までに入金する必要があります。

入金が遅延するとこれも信頼を損ねてしまう可能性があります。入金が遅延すると2回目以降の審査で不利に働く可能性もあるため、取引先から入金があった場合はスピーディーに振込を行うようにしましょう。

(7)他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

ファクタリング会社の審査落ちたからといって心配する必要はありません。ファクタリング審査は各社が独自の基準で審査を行っているため、1社の審査落ちたからといって他社でも通らないことはありません。

そのため1社の審査依頼で審査落ちリスクを避けたい場合は、複数社に相見積もりを取るのがおすすめです。

ただし個別何社も相見積もりを取るのが手間という方もいるでしょう。そんな方におすすめなのがファクタリング一括見積もり・査定サイトの利用です。下記のようなサービスでは複数社に一括で見積もり依頼が出せます。

フリーナンス審査落ちの方におすすめ通過率90%以上・即日入金ファクタリング7選

次はFREENANCE(フリーナンス)即日払いで仮に審査落ちとなった場合のために、審査通過率90%以上・もしくは即日入金に対応しているファクタリング会社を紹介していきます。また土日に審査申込をしたい方は土日対応24時間即時入金ファクタリングの記事を参考にしてください。

また個人事業主の方で審査が緩い・甘い・必要書類が少ないファクタリング会社が知りたい方は、URLをクリックして参考にしてください。

サービス名手数料入金スピード買取上限必要書類
QuQuMo(ククモ)1%〜2時間制限なし入出金明細(通帳コピー)
請求書 ※2つのみ
labol(ラボル)10%60分1万円〜本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
ペイトナー10%10分1万円~請求書/本人確認書
入出金履歴 ※3つのみ
ビートレーディング2%〜2時間制限なし通帳のコピー(表紙付2か月分)
請求書 ※2つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
1.5〜10%最短3時間上限下限なし3ヶ月分の通帳のコピー
売掛先の発生がわかる請求書/契約書
利用者の身分証明書
ベストファクター2〜20%最短即日30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書
アクセルファクター2%~当日30万〜1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のAIオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができます。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間制限なし請求書・通帳の2点のみ

ビートレーディング 個人OK/審査通過率98%/即日入金/オンラインファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持ち、取扱件数は5.2万件以上・累計取扱高1,170億円以上と業界トップクラスの実績老舗ファクタリングサービスです。

提出書類も少なめで請求書・通帳コピーの2つで利用ができ、買取下限がないため少額債権の買取も対応しており、個人事業主やフリーランスの方にもおすすめです。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2%〜2時間制限なし売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)

labol 365日24時間/土日年中無休対応/最短60分即日入金のAIオンラインファクタリング

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けに特化したオンライン完結ファクタリングサービスで、東証プライム上場企業であるセレス株式会社の子会社が運営しているため安心してサービス利用ができます。

labol(ラボル)の特徴は手数料が一律である・必要書類が少なく利用ができる点です。必要書類としては請求書・本人確認証・取引先とのやり取りがわかるエビデンス(メールやSlackなど)の3点だけです。

また土日祝日・24時間365日・年中無休で審査受付をしており、審査結果によってはいつでも即日現金化ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%60分1万円〜本人確認書類・請求書
取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)

labol(ラボル)の評判や口コミ・審査落ちの理由と対策はこちらの記事で解説しています。

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構は手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

最短30分で審査結果が提示され、振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料で済み、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間上限下限なし売掛先からの入金がわかる3ヶ月分の通帳のコピー
売掛先の発生がわかる請求書/契約書
利用者の身分証明書

ペイトナーファクタリング – 入金まで最短10分で即日入金/複数回申請OK/個人債権もOK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのAIオンライン完結ファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。

買取価格も1万円から利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

アクセルファクター 審査通過率93%/5割が即日入金/手数料2%〜/継続利用で手数料減額

アクセルファクターは大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

他社で審査に落ちた場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

また継続利用で手数料も減額されるため他社利用中でファクタリング会社の乗り換えにはおすすめです。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

ベストファクター 最短1時間で資金化/審査通過率92%/買取診断が5分でわかる

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書

フリーナンス即日払いに関するよくある質問

フリーナンス即日払いの審査時間は?

フリーナンス即日払いの審査時間は?
フリーナンス即日払いの審査時間は最短30分・1時間以内には完了すると記載されています。

フリーナンス即日払いは土日審査も対応していますか?

フリーナンス即日払いは土日審査も対応していますか?
フリーナンス即日払いは土日審査には対応していません。営業時間は平日10:00〜17:00です。平日16:30以降や土日祝日の場合は翌営業日に出金処理が行われます。

フリーナンス即日払いはいつ入金されますか?

フリーナンス即日払いはいつ入金されますか?
フリーナンス即日払いは当日16時半までに承認された場合は、当日中に入金が行われます。16時半以降の承認の場合は、翌営業日以降の入金となります。

フリーナンス即日払いの必要書類は何ですか?

フリーナンス即日払いの必要書類は何ですか?
フリーナンス即日払いの必要書類は下記の3つです。
・請求書
・本人確認書類
・取引先のエビデンス資料(過去3か月間の通帳履歴・基本契約書・発注書など)

フリーナンス即日払いの営業時間は?

フリーナンス即日払いの営業時間は?
フリーナンス即日払いの営業時間は平日10:00〜17:00です。