資金調達代行とは?比較7選!メリットや費用相場・選び方を解説

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年7月1日

資金調達は企業の成長や運営にとって重要な課題です。しかし、資金調達の手続きは複雑で時間がかかるため、専門家のサポートが必要です。ここでは、資金調達代行について詳しく解説し、経営者や資金調達を検討している方々に向けて具体的な事例を交えながら説明します。

資金調達代行とは?業務内容や支援範囲

資金調達代行とは創業融資や補助金・助成金を活用したい方向けに、事業計画書の作成アドバイスや融資面談の同行、各種書類の申請代行を行うサービスです。

設立したばかりの経営者やフリーランス・個人事業主方で資金調達を検討している方もいるでしょう。しかしノウハウが全くなく、何から始めてよいかわからない方もいるかもしれません。そんな方におすすめなのが、資金調達代行です。

筆者も資金調達代行サービスを活用して、手数料3%で700万円の融資実行の経験があります。今回は実体験も交えながら、資金調達代行のメリットや選び方のポイントを紹介していきます。

資金調達代行サービス4つの業務支援内容

  1. 事業計画作成のアドバイス・代行 資金調達代行サービスは、企業が金融機関に提出する事業計画書の作成をサポートします。例えば、あるITスタートアップが新規事業の立ち上げのために700万円の資金調達を目指していた際、事業計画書の作成が初めてで困っていました。代行サービスの専門家が詳細なアドバイスを提供し、計画書の完成度を高めることで、無事に融資を受けることができました。
  2. 許認可書類の取得サポート 新たな事業を始める際には、さまざまな許認可が必要です。資金調達代行サービスは、これらの書類の取得を支援します。例えば、飲食店を開業したい経営者が保健所の許可や消防署の許可を取る際に必要な手続きを代行し、スムーズに開業できるようサポートしました。
  3. 融資面談の対策・同席 融資を受けるための面談は緊張する場面です。代行サービスは、面談の対策を提供し、必要に応じて同席してサポートします。筆者もこのサービスを利用し、700万円の融資を受けるための面談に同席してもらい、面談がスムーズに進みました。
  4. 補助金や助成金の申請代行 資金調達代行サービスは、補助金や助成金の申請も代行します。例えば、製造業の企業が新しい設備を導入するための助成金を申請した際、代行サービスが申請書類の作成から提出までを一貫してサポートし、助成金を受け取ることができました。

資金調達代行がおすすめの方

  • 創業融資を検討している:初めての創業融資は不安が多いため、専門家のサポートを受けることで安心して進められます。
  • 事業計画書の作り方がわからない:事業計画書の作成に慣れていない場合、専門家のアドバイスで質の高い計画書を作成できます。
  • 社内に融資・資金調達に関するノウハウがない:資金調達の専門知識がない場合、代行サービスの利用でスムーズに資金調達が可能になります。

東京都おすすめ資金調達代行手数料比較7選

会社名着手金手数料強み
中小企業の融資代行プロ3万円融資金額の4%豊富な実績、迅速な対応、高い成功率
株式会社ソラボ無料融資金額の3.5%創業融資特化、無料相談、安心サポート
株式会社ZeiLab5万円融資金額の4%税務と資金調達の両面サポート、税理士在籍
創業融資代行サポート(CPA)5万円融資金額の3%創業融資特化、高成功率、日本政策金融公庫に強み
新宿創業融資センター7万円融資金額の3.5%迅速対応、豊富な成功実績、セミナー開催
MBSコンサルティング6万円融資金額の4%幅広い業種対応、個別ニーズ対応、飲食業・小売業に強み
株式会社アンチテーゼ5万円融資金額の4.5%新規事業立ち上げサポート、ビジネスプラン策定から支援

1. 中小企業の融資代行プロ

特徴と強み:中小企業向けに豊富な実績を持つ代行サービス。迅速な対応と高い成功率が特徴です。

手数料:融資金額の4% 着手金:3万円

中小企業向けに豊富な実績を持つ代行サービス。迅速な対応と高い成功率が特徴です。ある小規模製造業の企業が新しい製品ラインを導入するための資金調達を行った際、このサービスを利用して迅速に資金を調達できました。

2. 株式会社ソラボ

特徴と強み:創業融資に特化したサービスを提供。無料相談があり、初めての方でも安心して利用できます。

手数料:融資金額の3.5% 着手金:無料

創業融資に特化したサービスを提供。無料相談があり、初めての方でも安心して利用できます。例えば、フリーランスのデザイナーが事業拡大のために資金を調達する際、このサービスを利用して無料相談から始め、スムーズに必要な資金を得ることができました。

3. 株式会社ZeiLab

特徴と強み:税務と資金調達の両面でサポート。税理士の資格を持つコンサルタントが在籍しており、税務面からもアドバイスが受けられます。

手数料:融資金額の4% 着手金:5万円

税務と資金調達の両面でサポート。税理士の資格を持つコンサルタントが在籍しており、税務面からもアドバイスが受けられます。ある飲食店経営者が新店舗を開業するために資金を調達する際、税務面のサポートも含めた総合的な支援を受けることで、必要な資金を確保できました。

4. 創業融資代行サポート(CPA)

特徴と強み:創業融資に特化し、高い成功率を誇るサービス。日本政策金融公庫の融資に強みがあります。

手数料:融資金額の3% 着手金:5万円

創業融資に特化し、高い成功率を誇るサービス。日本政策金融公庫の融資に強みがあります。例えば、ITスタートアップが新しいサービスを立ち上げるために700万円の資金を調達する際、このサービスのサポートを受けて高い成功率で融資を受けることができました。

5. 新宿創業融資センター

特徴と強み:迅速な対応と豊富な成功実績を持つ代行サービス。創業者向けのセミナーも定期的に開催しています。

手数料:融資金額の3.5% 着手金:7万円

迅速な対応と豊富な成功実績を持つ代行サービス。創業者向けのセミナーも定期的に開催しています。ある小売業の企業が新店舗の開設に向けて資金を調達する際、代行サービスの迅速な対応により、短期間で必要な資金を調達することができました。

6. MBSコンサルティング

特徴と強み:幅広い業種に対応し、個別のニーズに合わせたサポートを提供。特に飲食業や小売業に強みがあります。

手数料:融資金額の4% 着手金:6万円

幅広い業種に対応し、個別のニーズに合わせたサポートを提供。特に飲食業や小売業に強みがあります。ある飲食店経営者が新しいレストランを開業するために資金を調達する際、専門的なサポートを受けて成功しました。

7. 株式会社アンチテーゼ

特徴と強み:新規事業立ち上げのサポートに強みがあり、ビジネスプランの策定から資金調達まで一貫して支援します。

手数料:融資金額の4.5% 着手金:5万円

新規事業立ち上げのサポートに強みがあり、ビジネスプランの策定から資金調達まで一貫して支援します。ある製造業の企業が新しい生産ラインを導入するために資金を調達する際、ビジネスプランの策定からサポートを受け、スムーズに資金調達を実現しました。

資金調達代行を利用する5つのメリット

資金調達代行サービスは、企業がスムーズに資金を調達できるようにサポートする専門的なサービスです。以下では、具体的な事例を交えて、資金調達代行を利用する5つのメリットについて詳しく解説します。

1. 会社の状況に合わせた資金調達方法の提案がもらえる

資金調達代行サービスは、企業の財務状況や事業計画に基づいて最適な資金調達方法を提案します。例えば、あるITスタートアップが急成長のために追加資金を必要としていた際、代行サービスが適切な融資先を紹介し、希望通りの資金調達が実現しました。企業の状況に応じた提案を受けることで、最適な資金調達手段を選ぶことができます。

2. 融資の必要書類アドバイス・作成代行をしてもらえる

融資申請には多くの書類が必要ですが、これらの書類を正確に作成するのは手間がかかります。資金調達代行サービスは、書類作成のアドバイスや代行を行います。例えば、筆者が利用した際、事業計画書や収支計画書の作成を代行してもらい、手間を省くことができました。これにより、書類の不備で審査に落ちるリスクを減らすことができます。

3. 融資面談に同席してもらえる

融資面談は緊張する場面ですが、代行サービスの専門家が同席することで安心して臨むことができます。筆者が700万円の融資を受ける際、代行サービスが同席し、金融機関担当者とのやり取りを円滑に進めることができました。専門家のサポートにより、面談がスムーズに進行し、成功率が高まりました。

4. 専門家のアドバイスで融資・資金調達の時間が短縮できる

専門家のアドバイスにより、融資申請プロセスが効率化され、資金調達までの時間が短縮されます。例えば、ある建設業の企業が急な資金需要に対応するため、代行サービスを利用して短期間で資金を調達しました。専門家のアドバイスにより、必要な書類の準備や提出が迅速に行われ、資金調達がスムーズに進みました。

5. 融資・資金調達の成功確率が高くなる

代行サービスの専門家がサポートすることで、融資や資金調達の成功確率が高まります。例えば、飲食業の経営者が代行サービスを利用して、通常よりも高い成功率で資金調達に成功しました。専門家の知識と経験に基づくサポートにより、審査に通過しやすくなります。

資金調達代行2つのデメリット

1. 代行費用(着手金・手数料)が発生する

代行サービスを利用する際には、着手金や成功報酬の手数料が発生します。例えば、筆者が利用したサービスでは、手数料が融資金額の3%でした。この費用は資金調達額から差し引かれるため、実際に手元に残る金額が減少します。

2. 依頼する業者によって差があり、必ずしも希望金額に届くわけではない

代行業者の経験や専門知識によって、サービスの質に差があります。そのため、必ずしも希望する金額の融資が受けられるとは限りません。例えば、ある個人事業主が代行サービスを利用したものの、希望金額の融資を受けられなかったケースがあります。

失敗しない資金調達代行会社の選び方の3つのポイント

資金調達代行会社を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを押さえることが必要です。以下では、具体的な事例を交えて、失敗しない代行会社の選び方のポイントについて詳しく解説します。

1. 平均資金調達金額が大きい

代行会社の過去の実績として、平均的に調達している資金額が大きいかどうかを確認しましょう。高額の資金調達実績がある会社は、ノウハウや経験が豊富です。例えば、ある中小企業が新規プロジェクトのために1,000万円の資金調達を目指していた際、平均的に高額の資金調達実績を持つ代行会社を選んだ結果、希望通りの金額を調達することができました。

2. 融資成功率が高い

融資成功率の高さは、代行会社の信頼性を示す重要な指標です。過去の成功事例やクライアントの評価を参考にしましょう。例えば、ある飲食店経営者が高い融資成功率を誇る代行会社を選んだことで、複数の金融機関からの融資審査に通過し、必要な資金を調達することができました。

3. 担当者は銀行出身者であり、業界に精通しているか

担当者の経歴や専門知識も重要です。銀行出身者や業界に精通した専門家が在籍している代行会社を選ぶことで、より専門的なアドバイスを受けることができます。例えば、ある製造業の企業が銀行出身者のコンサルタントが在籍する代行会社を選んだ結果、金融機関との交渉がスムーズに進み、希望通りの資金調達が実現しました。

以上のポイントを押さえて、信頼できる資金調達代行会社を選ぶことが、スムーズな資金調達の成功につながります。各企業の状況に合わせて最適な代行会社を選び、資金調達を効率的に進めましょう。

資金調達代行に関するまとめ

資金調達代行サービスは、企業が資金調達を効率的に行うための強力なサポートを提供します。事業計画書の作成から融資面談の同席、補助金や助成金の申請代行まで幅広いサポートが受けられます。筆者も実際に代行サービスを利用し、手数料3%で700万円の融資を受けることができました。代行サービスを利用することで、資金調達の成功率が高まり、迅速に資金を確保することができます。自社のニーズに合わせて、最適な資金調達代行サービスを選びましょう。