日本政策金融公庫融資代行17選!選び方やメリット・手数料

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年7月1日

創業融資は、新たに事業を始める際の資金調達方法の一つです。しかし、創業融資の手続きは複雑であり、成功するためにはしっかりとした準備が必要です。日本政策金融公庫の融資代行サービスを利用することで、このプロセスをスムーズに進めることができます。この記事では、創業融資を検討している方々に向けて、具体的な事例を交えながら日本政策金融公庫融資代行の概要とメリットを詳しく解説します。

目次

日本政策金融公庫とはどんな金融機関?

日本政策金融公庫は100%政府出資の金融機関

日本政策金融公庫(日本公庫)は、100%政府出資の金融機関であり、中小企業や個人事業主の創業支援、経営改善、地域経済の活性化を目的としています。公庫は一般の金融機関が融資を行いにくい事業にも積極的に融資を提供し、特に創業期の資金調達に強みを持っています。

日本政策金融公庫の3つの特徴

  1. 創業支援:創業期の資金調達を強力にサポートし、事業計画の策定から融資実行までのプロセスを支援します。
  2. 低金利融資:政府出資による安定した資金供給により、低金利での融資が可能です。
  3. 柔軟な審査基準:一般の金融機関に比べ、柔軟な審査基準で中小企業や個人事業主を支援します。

日本政策金融公庫の審査基準・4つのポイント

  1. 事業計画の具体性:事業計画が具体的で現実的かどうかが重視されます。
  2. 自己資金の充実度:自己資金の割合が高いほど、融資が受けやすくなります。
  3. 経営者の経験と能力:経営者の事業経験や経営能力も評価の対象です。
  4. 返済計画の妥当性:返済計画が現実的であることが重要です。

日本政策金融公庫融資代行とは?サービス範囲・手数料相場

創業・事業計画書のアドバイスや作成代行

事業計画書は、融資申請において最も重要な書類です。しかし、初めて作成する場合、どのように書けばよいか分からないことが多いです。資金調達代行サービスは、事業計画書の作成をアドバイスし、場合によっては代行して作成します。例えば、あるITスタートアップが新しいソフトウェア開発プロジェクトのために700万円の融資を希望していましたが、事業計画書の作成に苦労していました。代行サービスの専門家が詳細なアドバイスを提供し、計画書の内容を充実させることで、無事に融資を受けることができました。

融資面談の練習・面談同席

融資を受けるための面談は重要なプロセスです。代行サービスは、面談の準備や対策を提供し、必要に応じて面談に同席してサポートします。例えば、筆者が700万円の融資を受けるために面談を行った際、代行サービスの専門家が同席し、金融機関担当者とのやり取りを円滑に進めることができました。このように、専門家が同席することで、安心して面談に臨むことができます。

許認可書類の取得サポート

事業を始める際には、多くの許認可書類が必要です。例えば、新しいカフェを開業する経営者が保健所の営業許可や消防署の防火対策許可を取得する際、代行サービスが必要な手続きを代行し、スムーズに開業できるようにしました。許認可書類の取得は時間と労力がかかるため、代行サービスのサポートが非常に有益です。

着手金は3〜10万円・手数料は3〜5%が平均相場

一般的な代行サービスの費用相場は、着手金が3〜10万円、成功報酬として融資金額の3〜5%がかかります。筆者が利用したサービスでも、手数料は融資金額の3%でした。この費用を考慮した上で、予算を立てることが重要です。

東京都の日本政策金融公庫融資代行おすすめ手数料比較5選

創業融資代行サポート(CPA)

着手金:5万円
手数料:融資金額の3%
強み:創業融資特化、高成功率、日本政策金融公庫に強み
実績:年間で100件以上の融資成功実績。特に創業融資においては高い成功率を誇り、多くの創業者が利用しています。

具体的な事例:ある飲食店経営者が新規店舗の開業資金として700万円を必要とした際、創業融資代行サポートを利用して事業計画書の作成と面談対策を行い、無事に融資を受けることができました。

中小企業の融資代行

着手金:3万円
手数料:融資金額の4%
強み:豊富な実績、迅速な対応、高い成功率
実績:中小企業向けに年間200件以上の融資成功実績。迅速な対応と高い成功率が特徴です。

具体的な事例:ある小規模製造業の企業が新しい製品ラインを導入するための資金調達を行った際、このサービスを利用して迅速に資金を調達できました。

株式会社ソラボ

着手金:無料
手数料:融資金額の3.5%
強み:創業融資特化、無料相談、安心サポート
実績:年間150件以上の創業融資成功実績。初めての創業者にも安心して利用できるサポートが魅力です。

具体的な事例:フリーランスのデザイナーが事業拡大のために資金を調達する際、このサービスを利用して無料相談から始め、スムーズに必要な資金を得ることができました。

SAO税理士法人

着手金:5万円
手数料:融資金額の4%
強み:税務と融資の両面サポート、税理士在籍
実績:税務と融資の一体的なサポートにより、年間100件以上の成功実績があります。

具体的な事例:ある飲食店経営者が新店舗を開業するために資金を調達する際、税務面のサポートも含めた総合的な支援を受けることで、必要な資金を確保できました。

Business Catalyst

着手金:5万円
手数料:融資金額の4.5%
強み:新規事業立ち上げサポート、ビジネスプラン策定から支援
実績:新規事業の立ち上げ支援で年間80件以上の成功実績があります。

具体的な事例:ITスタートアップが新しいサービスを立ち上げるために700万円の資金を調達する際、このサービスのサポートを受けて高い成功率で融資を受けることができました。

神奈川県の日本政策金融公庫融資代行おすすめ手数料比較3選

横浜創業融資相談室 アテンド会計事務所

着手金:5万円
手数料:融資金額の3%
強み:地元企業支援に強み、豊富な実績
実績:地元中小企業向けに年間70件以上の成功実績があります。

具体的な事例:ある地元の製造業企業が新しい設備を導入するための資金調達を行う際、アテンド会計事務所のサポートを受け、迅速に必要な資金を確保しました。

融資申請サポート室 行政書士フェイス総合法律事務所

着手金:5万円
手数料:融資金額の3.5%
強み:法律と融資の両面サポート、行政書士在籍
実績:法律と融資の専門知識を活かし、年間60件以上の成功実績があります。

具体的な事例:地元の飲食店経営者が新店舗開業のために必要な資金を調達する際、法律面と融資面のサポートを受け、無事に融資を受けることができました。

横浜公庫創業融資支援センター 行政書士未来タクト

着手金:6万円
手数料:融資金額の4%
強み:創業支援特化、地元密着型サービス
実績:創業支援に特化し、年間50件以上の成功実績を持っています。

具体的な事例:フリーランスのデザイナーが新しいデザインスタジオを立ち上げるために必要な資金を調達する際、未来タクトのサポートを受けて、無事に融資を受けることができました。

大阪府の日本政策金融公庫融資代行おすすめ手数料比較3選

大阪創業融資サポートオフィス Actvision税理士法人

着手金:5万円
手数料:融資金額の3.5%
強み:税務と融資の一体的サポート、専門知識豊富
実績:年間で150件以上の融資成功実績。特に創業融資に強く、スタートアップや中小企業からの信頼が厚いです。

具体的な事例:新しい飲食店を開業する経営者が、Actvision税理士法人のサポートを受けて事業計画書を作成し、無事に500万円の融資を受けることができました。税務と融資の両面からのアドバイスが非常に役立ちました。

大阪市梅田創業融資センター サン共同税理士グループ

着手金:5万円
手数料:融資金額の4%
強み:広範なネットワーク、迅速な対応
実績:年間で200件以上の成功実績。金融機関との強いパイプがあり、スピーディーな融資実行が特徴です。

具体的な事例:ITベンチャーが新しいソフトウェア開発のために700万円の資金を必要とした際、サン共同税理士グループのサポートを受け、迅速に必要な資金を確保することができました。

大阪創業融資センター 大山俊郎税理士事務所

着手金:6万円
手数料:融資金額の4.5%
強み:創業支援に特化、高い成功率
実績:創業支援に特化しており、年間100件以上の成功実績。特に小規模事業者のサポートに強みがあります。

具体的な事例:フリーランスのデザイナーが新しいデザインスタジオを立ち上げるために600万円の資金を調達する際、大山俊郎税理士事務所のサポートを受け、無事に融資を実行することができました。

埼玉県の日本政策金融公庫融資代行おすすめ手数料比較3選

埼玉 創業融資サポートセンター 税理士法人新日本経営

着手金:5万円
手数料:融資金額の3%
強み:地元密着型、豊富な創業支援実績
実績:年間で120件以上の成功実績。埼玉県内での創業融資支援に強みがあります。

具体的な事例:埼玉県内で新しい飲食店を開業する経営者が、新日本経営のサポートを受けて事業計画書を作成し、無事に400万円の融資を受けることができました。

創業融資・創業支援サポート 税理士法人CWM総研

着手金:5万円
手数料:融資金額の3.5%
強み:税務と融資の両面サポート、専門知識豊富
実績:年間で100件以上の成功実績。税務面でのサポートが充実しており、融資の成功率が高いです。

具体的な事例:ITスタートアップが新しいサービスを立ち上げるために500万円の資金を必要とした際、CWM総研のサポートを受け、迅速に必要な資金を確保することができました。

さいたま新都心税理士法人

着手金:6万円
手数料:融資金額の4%
強み:創業支援に特化、地元密着型サービス
実績:年間で80件以上の成功実績。特にさいたま市内での創業支援に強みがあります。

具体的な事例:さいたま市内で新しい小売店を開業する経営者が、さいたま新都心税理士法人のサポートを受けて事業計画書を作成し、無事に450万円の融資を受けることができました。

愛知県の日本政策金融公庫融資代行おすすめ手数料比較3選

税理士法人FLAGS

着手金:5万円
手数料:融資金額の3%
強み:創業支援、税務と融資の両面サポート
実績:年間で100件以上の成功実績。愛知県内での創業融資支援に強みがあります。

具体的な事例:愛知県内で新しいレストランを開業する経営者が、税理士法人FLAGSのサポートを受けて事業計画書を作成し、無事に600万円の融資を受けることができました。

創業融資のアイラボ

着手金:5万円
手数料:融資金額の3.5%
強み:創業融資特化、無料相談、迅速な対応
実績:年間で120件以上の成功実績。初めての創業者にも安心して利用できるサポートが魅力です。

具体的な事例:フリーランスのエンジニアが新しいサービスを立ち上げるために700万円の資金を必要とした際、アイラボのサポートを受け、迅速に必要な資金を確保することができました。

名古屋事業・創業融資サポートセンター 税理士法人伊勢山会計

着手金:6万円
手数料:融資金額の4%
強み:創業支援に特化、高い成功率
実績:年間で80件以上の成功実績。特に名古屋市内での創業支援に強みがあります。

具体的な事例:名古屋市内で新しい小売店を開業する経営者が、伊勢山会計のサポートを受けて事業計画書を作成し、無事に500万円の融資を受けることができました。

日本政策金融公庫融資代行を活用する6つのメリット

1. 融資に関する知識がなくても数百万円の資金調達が可能

専門家のサポートにより、融資に関する知識がなくてもスムーズに資金調達が可能です。筆者もこのサービスを利用し、手数料3%で700万円の融資を受けることができました。

2. 融資の成功率が高まる

専門家のアドバイスとサポートにより、融資申請の成功率が高まります。例えば、創業融資代行サポート(CPA)のサポートを受けた中小企業が、初回の申請で無事に融資を受けることができました。

3. 融資実行までのスピードが早くなる

専門家のサポートにより、必要な書類の準備や面談対策が迅速に行われ、融資実行までの時間が短縮されます。筆者も迅速な対応でスムーズに融資を受けることができました。

4. 事業計画作成や面談時のアドバイスがもらえる

事業計画書の作成や融資面談の対策に関するアドバイスを受けることで、融資申請の質が向上します。例えば、株式会社ソラボのサービスを利用したスタートアップが、専門家のアドバイスにより詳細な事業計画書を作成し、融資に成功しました。

5. 日本政策金融公庫とのパイプがあり、事前に融資金額の目安がわかる

代行サービスは日本政策金融公庫との強いパイプを持っているため、事前に融資金額の目安がわかりやすくなります。これにより、事業計画の立案がスムーズに進められます。

6. 法人だけでなく個人事業主も資金調達が可能

個人事業主も代行サービスを利用して資金調達が可能です。例えば、フリーランスのデザイナーが創業融資代行サービスを利用し、必要な資金を調達することができました。

日本政策金融公庫融資代行活用のデメリットと注意点

1. 着手金や成功報酬手数料で資金が目減りする

代行サービスを利用する際には、着手金や成功報酬手数料が発生します。この費用は融資金額から差し引かれるため、実際に手元に残る資金が減少することを考慮する必要があります。

2. 創業融資サポート・代行会社によって得意エリアが異なる

各代行会社には得意とする地域や業界があります。例えば、東京都内での融資に強い会社もあれば、地方での融資支援に強みを持つ会社もあります。自社の状況に合った代行会社を選ぶことが重要です。

3. プロに代行依頼しても希望金額が必ず通るわけではない

代行サービスを利用しても、必ずしも希望する融資金額が受けられるとは限りません。融資審査には金融機関の基準があり、それをクリアする必要があります。

失敗しない日本政策金融公庫融資代行の選び方

1. 平均融資成功率が高いか

代行会社の過去の実績として、融資成功率が高いかどうかを確認しましょう。高い成功率を誇る会社は信頼性が高く、安心して依頼できます。例えば、創業融資代行サポート(CPA)は年間100件以上の融資成功実績を持ち、特に創業融資において高い成功率を誇っています。

2. 平均融資成功金額が大きいか

融資成功金額が大きいかどうかも重要なポイントです。過去に大きな金額の融資を成功させている会社は、ノウハウや経験が豊富です。例えば、中小企業の融資代行は、年間200件以上の融資成功実績を持ち、特に高額の融資にも対応しています。

3. 担当者は銀行出身者であり、業界に精通しているか

担当者の経歴や専門知識も重要です。銀行出身者や業界に精通した専門家が在籍している代行会社を選ぶことで、より専門的なアドバイスを受けることができます。例えば、SAO税理士法人は、税理士の資格を持つコンサルタントが在籍しており、税務と融資の両面でサポートを提供しています。

4. サービス内容やサポート範囲が充実しているか

提供されるサービス内容やサポート範囲が充実しているかどうかを確認しましょう。事業計画書の作成支援や面談対策、書類作成の代行など、包括的なサポートを提供している会社を選ぶと良いでしょう。例えば、Business Catalystは新規事業の立ち上げ支援に特化し、ビジネスプランの策定から資金調達まで一貫してサポートを提供しています。

5. 料金体系が明確であるか

料金体系が明確で、隠れたコストがないかを確認しましょう。着手金や成功報酬の割合が明確に示されている会社を選ぶことが重要です。例えば、株式会社ソラボは無料相談を提供し、手数料は融資金額の3.5%と明確に設定されています。

日本政策金融公庫融資代行おすすめ比較のまとめ

日本政策金融公庫融資代行サービスは、創業融資を希望する企業や個人事業主にとって強力な支援となります。筆者も実際に代行サービスを利用し、手数料3%で700万円の融資を成功させました。代行サービスを利用することで、融資の成功率が高まり、迅速に資金を確保することができます。自社のニーズに合わせて最適な代行会社を選び、スムーズな資金調達を実現しましょう。