ペイトナーファクタリング審査落ち6つの原因と対策・通過のコツや審査基準

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年3月5日

ペイトナーファクタリングを利用したけど「審査に落ちてしまった・再度審査申込をしたいが、なぜ審査に落ちてしまったのだろう」といった方もいるのではないでしょうか。

今回は審査に落ちてしまう原因と、仮に審査落ちになったとして2回目以降の審査通過率を高めるコツについて解説していきます。

審査落ちの可能性を感じたら2〜3社に見積りがおすすめ!
基本的にファクタリングでは審査が発生するため、複数社に相見積もりがおすすめです。複数社に依頼しておけば、1社が審査落ちでも別の会社では審査に通ることもあります。また手数料相場もわかり好条件の会社を選べます。

審査通過率90%以上・審査時間30分のおすすめファクタリング会社
▶︎ QuQuMo(ククモ):審査通過率98%・必要書類2点・最短審査時間30分
▶︎ 日本中小企業金融サポート機構:審査通過率95%・必要書類2点・最短審査時間30分
▶︎ ビートレーディング:審査通過率98%・必要書類2点・最短審査時間30分

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。

累計申込件数は5万件以上で小規模事業者に多く利用されており、AIにより審査でスピーディーかつ即日入金が強みです。

契約種別2社間ファクタリング
手数料一律10%
買取可能金額初回:1〜25万円
2回目以降:最大100万円
入金スピード最短10分
審査方法AIによる審査
申込手続き完全オンライン完結型
運営会社ペイトナー株式会社
サービス詳細ページhttps://paytner.co.jp/factoring

そんなペイトナーファクタリングのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット最短10分での資金調達が可能
請求書・身分証明書の2点で利用可能
手数料が一律10%
デメリットAI審査のため審査に落ちやすい
初回利用では25万円までしか現金化は不可

ペイトナー審査落ちというキーワードは月間300回以上も検索されており、審査に落ちやすい理由としてはAIで機械的に審査をしていることが理由かもしれません。

目次

ペイトナーファクタリングで審査に落ちる6つの原因

ペイトナーファクタリングの審査で落ちる主な理由は下記の6つです。

  • 利用できない請求書で審査申込をした
  • 請求書記載の売掛先情報が不明瞭だった
  • 売掛先の与信・信用力がなかった
  • アップロードした本人確認書類に不備があった
  • 支払い期日が長い請求書をアップロードしていた
  • 入力情報や提出書類に不備があった

(1)利用対象外の請求書で審査申込をした

ペイトナーファクタリングは幅広い業界・業種に対応しているAIファクタリングですが、そもそも利用できない請求書を提出していては審査に落ちてしまいます。

ペイトナーファクタリングで買い取って貰えない請求書は下記のとおりです。

  • アフィリエイト
  • UberEatsなどの個人配送アプリ
  • ココナラ・ランサーズなどクラウドソーシングや副業プラットフォームの売上
  • 公共料金など利用者宛の請求書
  • 支払い期日が70日より長い請求書
  • 契約条件が変更される可能性がある請求書
  • 支払い期日が長い請求書をアップロードしていた
  • 入力情報や提出書類に不備があった
  • 債権譲渡禁止の特約がついてる

先ほど解説したように支払いサイトが長い70以上の請求書は買取対象外の審査落ちとなります。また副業プラットフォームなどの売上・債権譲渡禁止の特約がついてる請求書についても対象外になります。

ペイトナーファクタリングとしても利用可能か判断がつかない場合は、下記のアドレス宛に連絡することを勧めています。

判断しかねる場合は、 support@factoring.paytner.co.jp またはチャットにてお気軽にお問い合わせください。

引用:ペイトナーファクタリング利用ガイド

(2)請求書記載の売掛先情報が不明瞭だった

上述で解説したようにファクタリングでは基本的に売掛先の与信・信用度が重要となります。そのため請求書の売掛先情報が不明瞭であった場合は審査に落ちるという結果になります。

基本的な内容ではありますが請求先名がしっかり記載されていなければ、審査には通らないでしょう。そのため請求先が略称になっていないかも確認しましょう。

請求書には一般的に以下のような項目の記載がされているのが必須となるため、しっかりと確認しておきましょう。

  • 請求先の氏名または会社名
  • 請求元の情報
  • 発行日
  • 取引内容
  • 取引金額

(3)売掛先の与信・信用力がなかった

ファクタリングサービスは買い取った請求書がしっかりと売掛先から支払われることを前提に、売掛債権の買取を行なっています。そのため売掛先の信用度・支払い能力がなければペイトナー側としても審査で落とさざるを得ません。

上述でも触れたようにファクタリングは融資とは異なり、請求書毎に審査を行い利用者ではなく売掛先の信用度が最も重要といえます。例えば下記のような場合は信用度が低いと判断されるでしょう。

  1. 売掛先の実在が確認できない
  2. 売掛先の経営状況が悪い
  3. 売掛先がトラブルを起こしている

1の場合は売掛先情報を調べても確認が取れないといったケースです。売掛先としての実態が確認できなければ、架空請求の疑いがある・支払いが行われない可能性があると判断されます。

2については売掛先が赤字続き・資金繰りに困っていると判断された場合などです。場合によっては倒産の可能性もあるため、売掛金の回収ができないことも考えれます。そのため経営状況が悪い売掛先も審査落ちの対象となります。

3についても過去に支払いに関してトラブルを起こしているといった場合には、未回収リスクがつきまとうため審査落ちの対象となる可能性が高くなります。

また税金滞納がある場合も上記と同様に信用不十分と判断されてるでしょう。

(4)アップロードした本人確認書類に不備があった

売掛先の信用力に問題がなかったとしても、申し込み時の書類に不備があった場合は審査落ちとなってしまいます。ペイトナーファクタリングで身分証として有効なものは、顔写真付きの書類となります。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住基カード
  • パスポート(2020年以前に発行されているもの)

この理由で審査落ちとなっている可能性は考えづらいですが、健康保険証で書類提出をしていた場合は審査落ちの対象となるため注意しておきましょう。

(5)支払い期日が長い請求書をアップロードしていた

これは上述のそもそも利用対象外の請求書であったという部分で解説しましたが、ファクタリング会社としては支払い期日が長いほど未回収リスクが高くなります。

そのためペイトナーファクタリングでは申請当日から支払い期日までが70日より長い請求書については、利用できないとしています。

(6)入力情報や提出書類に不備があった

入力情報や書類に不備があった場合は、軽微なものであれば修正依頼がペイトナーから連絡がきます。しかし程度によっては修正依頼ではなく、審査落ちとなることがあります。

またペイトナーファクタリングでは会員登録後にSMS認証を行い、以下のように必須項目ではない会員情報を登録するフローがあります。

  • 3ヶ月の入出金履歴が通帳コピーのアップロード
  • SNS情報

必須項目ではないとされていますが「3ヶ月の入出金履歴が通帳コピーのアップロード」は、提出した方がよいでしょう。

理由としては通帳の入出金履歴を確認することで「売掛先との継続取引があるか・サービス利用者の与信」を判断しています。継続取引がある場合は未回収リスクは低くなると判断されるでしょう。

通帳提出が必要な理由は個人通帳なしでファクタリング利用は可能?必要書類の少ない会社5選の記事でも解説しています。

そのため3ヶ月の入出金履歴が通帳のコピーをアップロードすることで、審査落ちの可能性を下げることにつながります。

ペイトナーファクタリングの審査基準・5つの特徴

ペイトナーファクタリングの審査特徴は下記の5つの特徴があります。

  • 独自の与信による審査
  • 信用情報は照会しない
  • AIを活用した審査
  • 審査時間が短い
  • 初回は申請可能金額は25万円

(1)独自の与信による審査

ペイトナーファクタリングではファクタリング利用希望者に対して、独自の与信に基づく審査を行っています。与信審査とは取引相手の融資枠といった信用を与えることを意味し、そのための審査を実施することです。

ファクタリングの場合は請求書(売掛債権)を買い取って良いかどうかの判断ということになります。一般的に返済能力はっ下記3つの基準で評価がされています。(3Cとも呼ばれています)

  1. 返済能力(Capacity)
  2. 返済資質(Character)
  3. 返済担保(Capital)

しかしペイトナーファクタリングでは独自の審査基準を設けているため詳細はわかりませんが、ファクタリングのため1・2の基準がメインであることが推測されます。

一般的にファクタリング審査では売掛先の信用力が重視され、確実に入金(返済)されるかが最も重要といわれています。

ファクタリングの審査基準の詳細はファクタリングの審査基準や落ちる理由ファクタリング審査に通らない12の原因と通過するコツの記事でも解説しています。

(2)信用情報は照会しない

ペイトナーファクタリングでは審査の判断をする際に信用情報の照会を実施しないのも特徴です。一般的な融資では判断基準に信用情報の照会が実施され、クレジットやローンの申し込み状況・滞納や遅延といった融資事故が発生していないかを見ます。

しかしペイトナーファクタリングでは信用情報を照会しなたいめ、クレジットカードのブラックリストでも利用は可能ということになります。

(3)AIを活用した審査

またペイトナーファクタリングAIファクタリングと呼ばれる、独自のアルゴリズムも用いたAIによる審査が行われます。そのため信用情報を照会せずに、独自のAIスコアリングによりファクタリングの実施判断を行なっています。

AIファクタリングでは申込み時に提出した書類をもとにAIが審査を行います。AIには審査基準のアルゴリズムが登録されており、申込み企業や売掛先の情報を点数化(スコアリング)して審査を実施します。

このスコアリング結果によってファクタリングの掛け目や手数料が決定されます。ファクタリング会社によって多少差はありますが、AI審査は瞬時に点数化ができるため審査に時間がかかることはありません。

そのため従来のファクタリングとは異なり審査スピードが圧倒的に早く、最短10分〜60分で入金が完了します。

(4)審査時間が短い

ペイトナーファクタリングの特徴は審査時間が非常に短いという点です。この理由は上記で説明したAIを活用しているため、独自のスコアリングでAIが審査を行うためです。

そのため審査書類や売掛先に問題がないという判断になれば、最短10分で即日入金というスピードを実現しています。

(5)初回の申請限度額は25万円

ただしペイトナーファクタリングの注意点としては、初回の申請金額の上限は25万円になっている点です。この点を無視して利用してしまうと審査落ちとなってしまいます。

売掛先の信用力が高い・与信情報に問題がなかったとしても、売掛債権の金額が初回限度額の25万円を超えていると、審査落ちとなります。また1万円以下の場合も買取対象外となっているため、初回審査時は1〜25万円の枠でファクタリング利用が可能と覚えておきましょう。

ペイトナーファクタリングで審査に落ちた後に2回目の審査で通る6つのコツ

次はペイトナーファクタリングで審査落ちになった際に、2回目の審査で通過するための6つのコツについて解説していきます。

  • 複数回申込は可能!2回目までの申込期間を少し開ける
  • 請求書内容と申込フォームの内容にズレがないように申請する
  • 正しい方法で必要書類はアップロードする
  • 初回は25万円まで!請求額を小さくする
  • 初回利用時は信用力が高い売掛先の請求書を審査に出す
  • 他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

(1)複数回申込は可能!2回目までの申込期間を少し開ける

ペイトナーファクタリングでは一度審査に落ちてしまっても複数回の申請が可能になっています。しかしどこのファクタリング会社も同じかもしれませんが、直後に申請しても審査落ちになる可能性もあります。

そのため2〜3週間など少し時間を空けてから、審査申し込みを行ってみましょう。

(2)請求書内容と申込フォームの内容にズレがないように申請する

審査落ちの原因の1つに請求書記載の情報と、申込フォームで入力された内容がズレていることが考えられます。少しのミスでも情報に食い違いが出てしまえば審査落ちとなってしまいます。

そのため請求書の内容にそって入力フォームでも情報の齟齬がないように正しく記載を行いましょう。

(3)正しい方法で必要書類はアップロードする

また間違った方法で書類提出をしていたという可能性も考えられます。本人確認書類を送る場合は、下記の4つを確認しておからアップロードするようにしましょう。

  • 利用可能な請求書条件を満たしているか
  • 請求書や身分証明証は原本から写真を撮っているか
  • 写真や画像にピンぼけ・切れがないか
  • 実態確認資料は実績の分かるものとなっているか

(4)初回は25万円まで!請求額を小さくする

こちらも上述で触れましたがペイトナーファクタリングは初回の申請可能金額は25万円までとされています。大きな金額で審査申込をしていないか確認しましょう。

(5)初回利用時は信用力が高い売掛先の請求書を審査に出す

また審査落ちを回避する方法としては、信用度が高い売掛先の請求書を審査に出すのも大切です。例えば大手企業や上場企業・地方公共団体や官公庁などの公的機関の場合は、未回収になる可能性は低く倒産するリスクは限りなくゼロに近いです。

上記に該当する売掛先ではなかったとしても、経営状態や財務基盤が安定している・売上が順調に伸びている会社の請求書を審査に出す方が審査落ちのリスクは低くなります。

(6)他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

ファクタリング会社の審査落ちたからといって心配する必要はありません。ファクタリング審査は各社が独自の基準で審査を行っているため、1社の審査落ちたからといって他社でも通らないことはありません。

そのため1社の審査依頼で審査落ちリスクを避けたい場合は、複数社に相見積もりを取るのがおすすめです。

ただし個別何社も相見積もりを取るのが手間という方もいるでしょう。そんな方におすすめなのがファクタリング一括見積もり・査定サイトの利用です。下記のようなサービスでは複数社に一括で見積もり依頼が出せます。

ペイトナーファクタリングで審査落ちの方におすすめの即日入金ファクタリング5選

次はペイトナーファクタリングで審査落ちとなった方におすすめの審査通過率90%以上、もしくは必要書類が少ないファクタリング会社を紹介していきます。

審査が甘い・緩いファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

審査落ちの可能性を感じたら2〜3社に見積りがおすすめ!
基本的にファクタリングでは審査が発生するため、複数社に相見積もりがおすすめです。複数社に依頼しておけば、1社が審査落ちでも別の会社では審査に通ることもあります。また手数料相場もわかり好条件の会社を選べます。

サービス名審査通過率手数料入金スピード買取上限必要書類
QuQuMo(ククモ)98%1%〜最短2時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
labol(ラボル)非公開10%60分1万円〜本人確認書類/請求書
通帳コピー
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
※2つのみ
ベストファクター92%2〜20%最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
ビートレーディング98%2%〜最短2時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
※2つのみ
アクセルファクター93%2%~当日30万〜1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のAIオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができ、審査時間も30分とスピーディーなのが特徴です。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間
審査時間30分
制限なし請求書・通帳コピー
※2つのみ

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

必要書類も通帳コピー・請求の2つのみで最短30分で審査結果が提示され、振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料で済み、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー
請求書 ※2つのみ

ビートレーディング – 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗オンライン完結ファクタリングです。必要書類も請求書・通帳コピーの2つでのみ、審査時間も30分・最短2時間入金と非常に早いのが特徴です。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
※2つのみ

ベストファクター 最短1時間で資金化/審査通過率92%/買取診断が5分でわかる

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳コピー
請求書 ※3つのみ

labol 最短60分の即日入金/フリーランス&個人事業主向けオンラインファクタリング

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けに特化したファクタリングサービスで、東証プライム上場企業であるセレス株式会社の子会社が運営しているため安心してサービス利用ができます。

1万円から買取が可能で少額債権にも対応しているため、個人事業主やフリーランスの方におすすめのファクタリング会社です。

labol(ラボル)の特徴は手数料が一律である・提出書類が少なめで利用ができる点です。また審査時に基本契約書は必要なく、本人確認証・請求書・取引がわかるエビデンスとしてメールやチャットツールのやり取りの3つで利用できます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング10%60分1万円〜本人確認書類・請求書
取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)


labol(ラボル)の評判や口コミ・審査落ちの理由と対策はこちらの記事で解説しています。

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。提出書類は少なめで請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

最低買取金額も1万円からと少額債権にも対応しており、個人事業主やフリーランスの方におすすめです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

ペイトナーファクタリングについてよくある質問

ペイトナーファクタリングの審査時間はどれくらいですか?

ペイトナーファクタリングの審査時間はどれくらいですか?
ペイトナーファクタリングは申込から最短10分で審査・入金までが完了します。

ペイトナーファクタリングは売掛先が個人事業主でも可能ですか?

ペイトナーファクタリングは売掛先が個人事業主でも可能ですか?
ペイトナーファクタリングは売掛先が法人企業ではない個人事業主やフリーランスの請求書でも利用ができます。

ペイトナーファクタリングの必要書類は何ですか?

ペイトナーファクタリングの必要書類は何ですか?
ペイトナーファクタリングでは請求書・指定の本人確認書類・口座入出金明細の3つが必要となります。

ペイトナーファクタリングで審査に落ちたらブラックリストに入る可能性はありますか?

ペイトナーファクタリングで審査に落ちたらブラックリストに入る可能性はありますか?
ペイトナーファクタリングで審査落ちになってもブラックリストに入ることはありません。公式ページによると、サービス利用者の情報を信用情報機関に提供することはないと記載があります。

ペイトナーファクタリングは審査落ちの理由を教えてくれますか?

ペイトナーファクタリングは審査落ちの理由を教えてくれますか?
結論としては審査落ちの理由は問い合わせても教えてもらえません。独自の審査基準で判断した結果、何かしらの理由があったことは間違いがありませんが、審査に関する詳細は開示されていません。