PayToday審査落ち6つの原因と対策・通過のコツや審査時間・評判や口コミ

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年1月23日

PayToday(ペイトゥデイ)について調べていると「PayToday 審査落ち」や「PayToday 審査」といったキーワードで検索されているようです。PayTodayは審査通過率を公開しているわけではないですが、最短30分で審査完了・入金と非常にスピーディーなAIファクタリングです。

今回はPayToday(ペイトゥデイ)の審査落ちで考えられる原因や解決策・口コミや評判を解説していきます。

目次

PayTodayの基本情報|個人OK/AI審査で最短30分入金/申込金額100億円突破

PayToday(ペイトゥデイ)最短30分で即日入金・手数料は1%〜から利用ができる完全オンライン完結型のAIファクタリングサービスです。

累計申し込み金額は100億円を突破しオンラインのため日本全国どこでも対応が可能です。また初期費用・月額費用も0円から利用ができフリーランス・個人事業主にはおすすめのファクタリングです。

運営会社Dual Life Partners株式会社
取引形態2社間ファクタリング
手数料1%~9.5%
買取金額10〜5,000万円
利用対象者個人事業主・フリーランス・法人企業
入金スピード最短30分
手続き完全オンライン完結
営業時間平日10:00〜17:00
債権譲渡登記不要
サービス詳細https://paytoday.jp/

PayTodayは個人事業主から法人まで利用可能

PayToday(ペイトゥデイ)は個人事業主やフリーランス・法人企業のファクタリング利用が可能です。法人のみを対象としているファクタリング会社もありますが、個人の方も対象でフリーランスから中小企業まで幅広い企業で利用できます。

また最低買取金額も10万円からと少額ファクタリングにも対応しています。ファクタリング会社では個人事業主を対象にしている場合でも、最低買取金額が30万円以上など高めに設定されていることもあります。

しかし10万円から利用が可能なため売掛債権の金額が小さい、小規模事業者にもおすすめのファクタリング会社といえます。

審査時間が短く最短30分で入金

PayToday(ペイトゥデイ)が魅力的なポイントは審査時間が短く、入金スピードが最短30分と非常に早い点です。一般的なオンラインファクタリング会社の場合は、最短でも2~5時間程度の入金時間かかります。

最短30分というスピードは私が調べた中ではペイトナーファクタリングの最短10分に次いで、2番目に早い入金スピードです。ペイトナーファクタリングで審査落ちを経験したという方は、ペイトナーファクタリング審査落ち6つの原因と対策・通過のコツの記事をご確認ください。

AIを活用した独自審査のファクタリングサービス

PayToday(ペイトゥデイ)の審査・入金スピードが早い理由は、独自のアルゴリズムを用いたAI審査を行っているためです。こうしたサービスはAIファクタリングと呼ばれており、PayToday以外にも上記で説明したペイトナーファクタリングlabol(ラボル)などが該当します。

AI審査のメリットは店舗を持たないため家賃や店舗管理費・スタッフの人件費が最小限で済むため、手数料が安めに設定されている部分です。一般的な2社間ファクタリングの手数料は5~20%前後と言われていますが、PayToday(ペイトゥデイ)は1%~9.5%と低い手数料設定です。

ファクタリング手数料相場や費用内訳・安くするコツはこちらの記事で解説しています。

完全オンラインでファクタリング利用できる

またPayToday(ペイトゥデイ)はオンライン完結ファクタリグのため、申込から審査・契約締結・入金までが全てweb上で完結します。これまでは店舗に来店して面談を行い、必要書類は郵送・契約締結時は来店が必要でしたが、こうした手間は不要です。

契約締結についても電子契約サービスを用いたクラウド契約で完了するため、Web上で簡単に締結ができます。またオンラインのため、全国どこからでも利用できるのもメリットです。

店舗型の場合はオフィスに来店するか、出張面談で来社してもらう必要があります。そうなると都心から離れた郊外在住の場合は移動時間が長くかかったり、出張面談費用を別途で支払う必要があります。

PayToday(ペイトゥデイ)は全ての工程がWeb上で完結するオンラインファクタリングのため、面談不要・出張不要で全国どこからでも利用ができます。

累計申込金額は100億円を突破している

またPayToday(ペイトゥデイ)は2021年1月15日にリリースされたサービスですが、5か月で累計申込金額は5億円を突破しており、2023年8月25日には累計買取申込金額が100億円を超えており、非常に多くの方から利用されています。

これまでのオンラインファクタリングとは異なり独自のアルゴリズムによるAI審査で審査スピードが短く、入金スピードも最短30分と非常に早いため多く方から利用されており、安心してファクタリング利用ができます。

PayTodayで審査落ちとなる7つの原因

PayToday(ペイトゥデイ)で審査落ちとなる原因で考えらえるのは下記6つの理由です。

  • 売掛先の信用力が低い
  • 入力情報と提出した必要書類に不備・内容のズレがある
  • AI審査で請求書内容が不明瞭と判断された
  • 支払い期日が長い請求書を審査に出している
  • 利用者の信用力が足りていない
  • 利用者が完全な個人である
  • 同一の売掛債権で他社のファクタリングを利用している

(1)売掛先の信用力が低い

PayToday(ペイトゥデイ)で審査落ちとなる原因で考えられるのは、売掛先の信用力が低いという点です。ファクタリングは買い取った請求書がしっかりと売掛先から支払われることを前提に、売掛債権の買取を行ないます。そのため売掛先の信用度・支払い能力がなければ審査で落とさざるを得ません。

ファクタリングは請求書毎に審査を行い、利用者ではなく売掛先の信用度が最も重要といえます。例えば下記のような場合は信用度が低いと判断されるでしょう。

  1. 売掛先の経営状況が悪い
  2. 創業から年数が浅い
  3. 売掛先の実在が確認できない
  4. 売掛先がトラブルを起こしている

1については売掛先が赤字続き・資金繰りに困っていると判断された場合などです。場合によっては倒産の可能性もあるため、売掛金の回収ができないことも考えれます。そのため経営状況が悪い売掛先も審査落ちの対象となります。

2については創業から年数が浅い零細企業の場合は、信用力が低いと判断されてしまうためです。繰り返しになりますがファクタリング審査では、売掛先の信用力が重要です。経営基盤が安定していない年数が浅い場合は審査落ちの可能性が高くなります。

3の場合は売掛先情報を調べても確認が取れないといったケースです。売掛先としての実態が確認できなければ、架空請求の疑いがある・支払いが行われない可能性があると判断されます。

4についても過去に支払いに関してトラブルを起こしているといった場合には、未回収リスクがつきまとうため審査落ちの対象となる可能性が高くなります。

また税金滞納がある場合も上記と同様に信用不十分と判断されるでしょう。

(2)入力情報と提出した必要書類に不備・内容のズレがある

またPayToday(ペイトゥデイ)の審査落ちで考えられる理由の1つに、提出した書類が足りていない・記入漏れがある・虚偽記入といった書類に関する不備です。

PayToday(ペイトゥデイ)の審査に必要な書類の条件は下記のとおりです。

  • 買取希望の請求書(共通)
  • 本人確認書類(共通)
  • 全ての事業用口座の直近6か月分以上の入出金明細 ※必須ではない (共通)
  • 直近の確定申告書B一式 ※必須ではない (個人事業主)
  • 直近の決算書一式 ※必須ではない (法人企業)

記入漏れはフォーム入力の際に審査に必要な情報が記入されておらず、審査落ちとなるケースです。審査を出す前にしっかりと必要な情報が記入できているか確認しましょう。

また虚偽記入については自分から進んで行う人はいないと思いますが、入力情報と提出書類にズレがあると虚偽記入を疑われてしまいます。そのため提出書類と入力情報が一致しているかを確認するようにしましょう。

PayToday(ペイトゥデイ)はAI審査を行っているため入力情報と書類内容にズレがあると、審査落ちとなる可能性が高くなります。

(3)AI審査で請求書内容が不明瞭と判断された

上述で解説したようにファクタリングでは基本的に売掛先の与信・信用度が重要となります。そのため請求書の売掛先情報が不明瞭であった場合は審査に落ちるという結果になります。

基本的な内容ではありますが請求先名がしっかり記載されていなければ、審査には通らないでしょう。そのため請求先が略称になっていないかも確認しましょう。

特にAIが審査を行うPayToday(ペイトゥデイ)の場合は提出した請求書の内容をAIが自動的に判断するため、書類の内容が不明瞭となれば審査要件を満たしていものとされ、自動的に審査落ちとなるでしょう。

請求書には一般的に以下のような項目の記載がされているのが必須となるため、しっかりと確認しておきましょう。

  • 請求先の氏名または会社名
  • 請求元の情報
  • 発行日
  • 取引内容
  • 取引金額

(4)支払い期日が長い請求書を審査に出している

PayToday(ペイトゥデイ)で審査落ちとなる4つ目の理由として考えられるのは、支払い期日が長い請求書を提出した場合です。一般的な法人取引での請求書の支払いサイトは30〜60日が多いです。

PayToday(ペイトゥデイ)では支払い期日に関する明確な記載はありませんでしたが、一般的にファクタリング会社としては支払い期日が長い請求書を嫌います。理由としては売掛金回収前に経営状態が悪化する・倒産するといったように、未回収リスクが高くなるためです。

他社の買取制限をまとめましたので、参考にしてください。一般的な請求書の支払い期日を考えると60日前後の請求書であれば、十分に買取対象になる可能性はあります。しかしそれ以上になると審査落ちとなる可能性が高くなることを理解しておきましょう。

サービス名支払い期日の制限
labol(ラボル)150日以内
ペイトナーファクタリング70日以内

ただし建設業界など業界として下請け構造になっており、支払いサイトが長くなる場合は別です。利用者別の業種としては建設業が26%とPayToday(ペイトゥデイ)でも建設業界のファクタリング実績は豊富なので、建設業の場合は審査落ちの理由は別の部分にあるかもしれません。

建設業向けファクタリング会社一人親方おすすめのファクタリング会社はそれぞれの記事で解説しています。

(5)利用者の信用力が足りていない

PayToday(ペイトゥデイ)ではファクタリング利用前に会員登録を行う必要があります。その際にオンラインで本人確認が実施されるため、必要項目をしっかり入力していないと審査落ちとなる可能性があります。

(6)利用者が完全な個人である

またPayToday(ペイトゥデイ)のよくある質問部分でも解説がありましたが、個人事業主の利用は可能ですが完全な個人の場合は利用できません。

Q:個人の申込はできますか?

A:個人事業主の方の申込はできますが、個人の方は申込対象外です。

引用:PayToday(ペイトゥデイ)公式サイトより

PayToday(ペイトゥデイ)ではあくまで事業運営している方が利用できるサービスのため、完全な個人の場合は審査落ちとなるでしょう。

(7)同一の売掛債権で他社のファクタリングを利用している

PayToday(ペイトゥデイ)に限った話ではないですが、売掛債権の売買契約が他社で決定している請求書で申し込んでも、審査落ちになります。

これは売掛債権の二重譲渡と呼ばれており、複数のファクタリング会社を利用することで、現金を騙し取る詐欺行為に該当します。そのためどのファクタリング会社でも二重譲渡に該当する場合は、審査落ちとなります。

実際に会員登録が完了した後のメールにも、架空請求や偽造・二重譲渡に関する注意書きが赤字で記載があります。

PayToday(ペイトゥデイ)– 会員登録メール

ただし買取の審査申し込み・見積もり依頼を複数社に依頼するのは問題ありません。また他社利用中であっても、ファクタリング会社の併用利用は法的に問題はありません。他社利用中で別のファクタリング会社を利用する場合は、別の売掛債権を利用しましょう。

詳細についてはファクタリングで他社利用中に乗り換えや併用は可能?バレる?ファクタリング乗り換えは可能!好条件の8社・他社利用中でもOKな会社の記事で解説しています。

PayTodayの審査落ちを回避して通過するための6つのコツ

PayToday(ペイトゥデイ)の審査落ちを回避して審査通過するためのコツは下記の5つです。

  • 信用力が高い売掛先の請求書を審査に出す
  • 初回利用時は債務者の住所がハッキリした請求書を出す
  • 提出書類に不備がないかしっかりと確認する
  • 事業規模とかけ離れた売掛債権の審査依頼を避ける
  • 2回目以降のためにも支払い期日は守る
  • 他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

(1)信用力が高い売掛先の請求書を審査に出す

PayToday(ペイトゥデイ)で審査落ちを回避する方法としては、信用度が高い売掛先の請求書を審査に出すのが重要です。例えば大手企業や上場企業・地方公共団体や官公庁などの公的機関の場合は、未回収になる可能性は低く倒産するリスクは限りなくゼロに近いです。

上記に該当する売掛先ではなかったとしても、経営状態や財務基盤が安定している・売上が順調に伸びている会社の請求書を審査に出す方が審査落ちのリスクは低くなります。

(2)初回利用時は債務者の住所がハッキリした請求書を出す

またPayToday(ペイトゥデイ)で審査通過率を高めるには、初回利用時は債務者の住所がハッキリとわかるものを出すのも重要です。

初回利用の際はファクタリング会社との信頼関係が構築できていない段階です。そのため初回取引の場合は2回目以降の利用よりも、慎重に審査を実施することが多いです。

そのため所在が怪しい・疑われる会社の売掛債権は審査に出さないようにしましょう。ファクタリング利用は1回ではなく、複数回利用する可能性もあります。継続的な信頼関係を構築できるよう、信頼性に問題がない請求書を審査に出すのが重要です。

(3)提出書類に不備がないかしっかりと確認する

書類不備の場合は審査に落ちる理由もありますが、PayToday(ペイトゥデイ)側からの信用が落ちる可能性があります。多少の書類不備であれば連絡が来て修正依頼の場合もありますが、不備が多い場合は利用者の人間性や信用度が低いと思われることもあるでしょう。

そのため審査依頼をする前にしっかりと提出書類に問題がないか・入力フォームと情報が一致しているかを確認しましょう。PayToday(ペイトゥデイ)で必要な審査書類は下記です。

  • 買取希望の請求書(共通)
  • 本人確認書類(共通)
  • 全ての事業用口座の直近6か月分以上の入出金明細 ※必須ではない (共通)
  • 直近の確定申告書B一式 ※必須ではない (個人事業主)
  • 直近の決算書一式 ※必須ではない (法人企業)

必須ではないと記載がある書類についても、個人事業主の場合は確定申告書・法人企業の場合は決算書も提出しておくのが無難です。

(4)事業規模とかけ離れた売掛債権の審査依頼を避ける

ファクタリング会社の審査落ちを回避するためには、売上とのバランスが取れている売掛債権を選ぶのもポイントです。

例えば月間売上が500万円なのに5,000万円の売掛金の買取を申し込むと、審査に落ちやすくなります。ファクタリングは融資とは異なり、一時的な資金調達となるため自社の売上を大きく超えた調達を行うことは少ないです。

売上とのバランスが悪いと、偽造や捏造された請求書を利用しようとしている判断されるリスクもあるため、審査落ちの可能性が高くなります。

(5)2回目以降のためにも支払い期日は守る

PayToday(ペイトゥデイ)のファクタリングは2社間ファクタリングのため、売掛金を回収したら期日までに入金する必要があります。

入金が遅延するとこれも信頼を損ねてしまう可能性があります。入金が遅延すると2回目以降の審査で不利に働く可能性もあるため、取引先から入金があった場合はスピーディーに振込を行うようにしましょう。

(6)他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

ファクタリング会社の審査落ちたからといって心配する必要はありません。ファクタリング審査は各社が独自の基準で審査を行っているため、1社の審査落ちたからといって他社でも通らないことはありません。

そのため1社の審査依頼で審査落ちリスクを避けたい場合は、複数社に相見積もりを取るのがおすすめです。

ただし個別何社も相見積もりを取るのが手間という方もいるでしょう。そんな方におすすめなのがファクタリング一括見積もり・査定サイトの利用です。下記のようなサービスでは複数社に一括で見積もり依頼が出せます。

PayTodayの良い口コミ・悪い評判を分析

PayToday(ペイトゥデイ)の口コミや評判を見ていきます。Googleマップの口コミは10件の投稿があり、平均レビュー評価は4.2と非常に高い数値でした。

またファクタリング専門の口コミサイトである「ファクタリング会社の口コミ」では、30件の口コミがあり5点満点中3.6点と平均よりは高い数値となっていました。

申請から30分で即日入金・手数料が一桁台と相場より安い

PayToday(ペイトゥデイ)はAI審査を行うAIファクタリングのため、審査が早く入金がスピーディーなのが特徴です。口コミとしても入金が早いという声が多くありました。また手数料相場よりも安く助かったという声もあります。

急ぎで資金調達の必要がありましたが、ai審査導入しているとのことで、申請から5時間くらいで着金があり助かりました。また手数料も8パーセントと他社と比べて割安でした。

引用:Googleマップ

急ぎで資金が必要でしたが、その日に入金してもらい非常に助かりました!手数料も低めなので、また利用させてももらう予定です。

引用:Googleマップ

担当スタッフの対応が良かった

またPayToday(ペイトゥデイ)のはAIファクタリングですが、一部電話などで情報のヒアリングを行うケースもあるようですが、担当スタッフの対応が迅速で良かったという声もあります。

担当者の対応が素晴らしかったです。また手数料が7%でした。

引用:Googleマップ

スピーディで丁寧に対応していただきました。また機会がありましたら利用します!

引用:Googleマップ

オンライン審査で簡単

PayToday(ペイトゥデイ)は完全オンラインファクタリングのため、手続きにかかる手間が少ないのもメリットです。スピーディーに資金調達ができるのが魅力的であるという声もありました。

運送業は日々の運賃収入に大きく依存しており、PAYTODAYのスピーディなファクタリングサービスは非常に助かっています。 オンライン完結で、審査書類も簡単に提出でき、手数料も明確で安心です。魅力的な会社だと思います。

引用:ファクタリング会社の口コミ

借入状況を細かく聞かれる・オンライン面談が必要だった

一方で悪い口コミ・評判としては借入状況について電話でヒアリングがあり、オンライン面談が必要といわれたという声もありました。ファクタリングサービスでは二重債権や架空請求による詐欺行為を警戒しているため、他社利用状況について聞かれることもあるしょう。

申し込み時、他社ファクタリング利用有無、消費者金融利用有無、銀行買入状況などの入力項目あり。申し込み後、電話でヒアリング、過去の債務状況まで聞かれる。その後審査へ進むらしい。10万以上はオンライン面談があるらしい。普通にアナログ対応だし、何がAI審査なのか全くわからないw手数料1%〜とあるが、普通に9.5程度、他とかわらない印象特にここを利用するメリットはなさそうだと感じましたファクタリングを利用する方の参考になれば。

引用:Googleマップ

また売掛先の状況や利用者の信用度によっては、面談を挟み買取をして問題ないかを確認するケースがあるようです。基本的にはAI審査を行うことが多いかと思いますが、必要に応じて詳細なヒアリングを実施するということでしょう。

担当スタッフの態度が悪かった

これはPayToday(ペイトゥデイ)に限った話ではないですが、担当者に対する利用者の印象は人によって異なるため、この口コミに関しては何ともいえません。ただし対応が悪いと感じた人も利用者の中にはいるようです。

電話対応で女性スタッフが非常に横柄な態度をとってくる。いきなりの電話だったが、人力対応してるのにどこらへんがAIなのかわからない

引用:Googleマップ

PayToday審査落ちの方におすすめ通過率90%以上・即日入金ファクタリング8選

次はPayToday(ペイトゥデイ)で仮に審査落ちとなった場合のために、審査通過率90%以上・もしくは即日入金に対応しているファクタリング会社を紹介していきます。また土日に審査申込をしたい方は土日対応24時間即時入金ファクタリングの記事を参考にしてください。

また個人事業主の方で審査が緩い・甘い・必要書類が少ないファクタリング会社が知りたい方は、URLをクリックして参考にしてください。

サービス名手数料入金スピード買取上限必要書類
QuQuMo(ククモ)1%〜2時間制限なし入出金明細(通帳コピー)
請求書 ※2つのみ
labol(ラボル)10%60分1万円〜本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
ペイトナー10%10分1万円~請求書/本人確認書
入出金履歴 ※3つのみ
ビートレーディング2%〜2時間制限なし通帳のコピー(表紙付2か月分)
請求書 ※2つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
1.5〜10%最短3時間上限下限なし3ヶ月分の通帳のコピー
売掛先の発生がわかる請求書/契約書
利用者の身分証明書
FREENANCE3%〜10%30分1万円~本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
ベストファクター2〜20%最短即日30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書
アクセルファクター2%~当日30万〜1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のAIオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができます。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間制限なし請求書・通帳の2点のみ

ビートレーディング 個人OK/審査通過率98%/即日入金/オンラインファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持ち、取扱件数は5.2万件以上・累計取扱高1,170億円以上と業界トップクラスの実績老舗ファクタリングサービスです。

提出書類も少なめで請求書・通帳コピーの2つで利用ができ、買取下限がないため少額債権の買取も対応しており、個人事業主やフリーランスの方にもおすすめです。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2%〜2時間制限なし売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)

labol 365日24時間/土日年中無休対応/最短60分即日入金のAIオンラインファクタリング

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けに特化したオンライン完結ファクタリングサービスで、東証プライム上場企業であるセレス株式会社の子会社が運営しているため安心してサービス利用ができます。

labol(ラボル)の特徴は手数料が一律である・必要書類が少なく利用ができる点です。必要書類としては請求書・本人確認証・取引先とのやり取りがわかるエビデンス(メールやSlackなど)の3点だけです。

また土日祝日・24時間365日・年中無休で審査受付をしており、審査結果によってはいつでも即日現金化ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%60分1万円〜本人確認書類・請求書
取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)

labol(ラボル)の評判や口コミ・審査落ちの理由と対策はこちらの記事で解説しています。

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構は手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

最短30分で審査結果が提示され、振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料で済み、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間上限下限なし売掛先からの入金がわかる3ヶ月分の通帳のコピー
売掛先の発生がわかる請求書/契約書
利用者の身分証明書

ペイトナーファクタリング – 入金まで最短10分で即日入金/複数回申請OK/個人債権もOK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのAIオンライン完結ファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。

買取価格も1万円から利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。提出書類は少なめで請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

最低買取金額も1万円からと少額債権にも対応しており、個人事業主やフリーランスの方におすすめです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

アクセルファクター 審査通過率93%/5割が即日入金/手数料2%〜/継続利用で手数料減額

アクセルファクターは大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

他社で審査に落ちた場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

また継続利用で手数料も減額されるため他社利用中でファクタリング会社の乗り換えにはおすすめです。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

ベストファクター 最短1時間で資金化/審査通過率92%/買取診断が5分でわかる

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書

PayToday(ペイトゥデイ)に関するよくある質問

PayToday(ペイトゥデイ)の審査時間は?

PayToday(ペイトゥデイ)の審査時間は?
PayToday(ペイトゥデイ)の審査時間は最短30分で即日入金となります。

PayToday(ペイトゥデイ)の必要書類は何ですか?

PayToday(ペイトゥデイ)の必要書類は何ですか?
PayToday(ペイトゥデイ)の必要書類は下記のとおりです。
・買取希望の請求書(共通)
・本人確認書類(共通)
・全ての事業用口座の直近6か月分以上の入出金明細 ※必須ではない (共通)
・直近の確定申告書B一式 ※必須ではない (個人事業主)
・直近の決算書一式 ※必須ではない (法人企業)

PayToday(ペイトゥデイ)の営業時間は?

PayToday(ペイトゥデイ)の営業時間は?
PayToday(ペイトゥデイ)の営業時間は平日10:00〜17:00です。

PayToday(ペイトゥデイ)は土日利用できますか?

PayToday(ペイトゥデイ)は土日利用できますか?
PayToday(ペイトゥデイ)は土日利用はできません。営業時間は平日10:00〜17:00のため、土日祝日でも審査申込はできますが、審査結果の通知や入金は翌日以降の平日となります。