QuQuMo(ククモ)審査落ち6つの原因と対策!口コミ・評判を分析

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年3月5日

QuQuMoについて調べていると「ククモ 審査落ち」というキーワードで、月間300回近く検索されています。最短2時間とスピード入金のファクタリング会社ですが、審査落ちを経験した方もいるのではないでしょうか。

今回はQuQuMo(ククモ)で審査落ちとなる理由や再審査で通過するためのポイントを解説していきます。

審査落ちの可能性を感じたら2〜3社に見積りがおすすめ!
基本的にファクタリングでは審査が発生するため、複数社に相見積もりがおすすめです。複数社に依頼しておけば、1社が審査落ちでも別の会社では審査に通ることもあります。また手数料相場もわかり好条件の会社を選べます。

審査通過率90%以上・審査時間30分のおすすめファクタリング会社

サービス名審査通過率手数料入金スピード買取上限必要書類
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
ビートレーディング98%2%〜最短2時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
2つのみ

目次

QuQuMo(ククモ)の基本情報|審査通過率98%/個人OK/土日受付/2時間で即日入金

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができます。

審査通過率98%
入金スピード最短2時間
手数料1〜14.8%
買取可能額制限なし
契約形態2社間ファクタリング
必要書類請求書・通帳の2点のみ
対象事業者法人企業・個人事業主・フリーランス
審査受付土日祝日(入金は平日)
詳細ページhttps://ququmo.com/

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

QuQuMoは最短2時間で即日入金の完全オンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)のは最短2時間で即日入金が可能なオンラインファクタリングサービスで、取引形態は2社間ファクタリングのため、売掛先にファクタリング利用が知られることはありません。

これまでのファクタリングの場合は店舗に来店・面談・書類は郵送といった手間が発生していました。しかし完全オンラインファクタリングのため、面談不要・書類はフォームやメール送付でOK・契約締結は電子契約サービスで行います。そのため来店の手間やコストは発生しません。

忙しい経営者や個人事業主にとって、面談や来店が不要という点は非常に嬉しいポイントです。

QuQuMoは個人事業主やフリーランスも利用可能で審査通過率は98%

QuQuMo(ククモ)の特徴は個人事業主やフリーランスにも対応している点です。一般的なファクタリングでは買取下限・上限が設定されていますが、制限なしのため少額ファクタリングを実施したい個人の方にもおすすめです。

また多くのファクタリング会社では買取上限が1億円程度となっていますが、買取上限の制限もないため大きな売掛債権の売却を検討している法人企業の資金調達にも向いています。

QuQuMoの必要書類は請求書・通帳コピーの2つのみと少ない

またQuQuMo(ククモ)の審査に必要な書類はファクタリング会社の中では、最も少なく請求書・通帳コピーの2つだけで利用できるのもメリットです。※初回利用時には本人確認書類も必要で、2回目以降は請求書・通帳コピーで利用ができます。

一般的には下記のような必要書類の提出が求められるケースが多いです。

  • 身分証明書
  • 取引先との通帳(コピー可)
  • 試算表
  • 売掛先企業との基本契約書
  • 売掛債権の存在を証明できる成因資料
  • 印鑑証明書

また個人事業主やフリーランスの場合は上記に加えて次のような書類も必要書類として求められます。

  • 確定申告書
  • 税金や社会保険料の納付書・領収書
  • 開業届

個人事業主やフリーランス向けの審査が緩い・必要書類が少ないおすすめファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

また法人の場合は上記の5つに加えて、次のようなものも必要書類として提出が求められるケースがあります。

  • 決算書
  • 登記簿謄本

印鑑証明や登記簿謄本を取得するには、役所が営業している平日に取りに行く必要がありますが、こうした書類も不要のため非常に簡単に利用できるのが大きなメリットと言えます。

QuQuMoは土日祝日・24時間審査受付を実施している

一般的なファクタリング会社の場合は平日の10時〜19時など営業時間内しか審査受付をしていません。しかしQuQuMo(ククモ)はAIファクタリングのため、土日祝日・24時間審査受付が可能で、平日が忙しい方にもおすすめです。

ただしあくまで審査申し込みができるのが土日祝日・24時間ということなので、入金自体は平日になるためこの点は注意しておきましょう。

土日祝日・24時間即時入金に対応しているファクタリング会社を探している場合は、labol(ラボル)を利用しましょう。ラボルの営業時間や入金スピードについてはこちらの記事で解説しています。

QuQuMo(ククモ)で審査落ちとなる6つの原因

QuQuMo(ククモ)で審査落ちとなる原因は下記の6つです。

  • 売掛先の信用力が低い
  • 提出した必要書類に不備がある
  • 提出した売掛債権の質に問題がある
  • フォーム入力情報と提出書類にズレがある
  • 支払い期日が長い請求書
  • 利用者の信用が足りない

(1)売掛先の信用力が低い

ファクタリングでは売掛先の信用力が審査では最も重視されます。ファクタリングビジネスは、買い取った請求書がしっかりと売掛先から支払われることを前提に、売掛債権の買取を行なっています。

そのため売掛先の信用度が低い・支払い能力がないと判断されると、QuQuMo(ククモ)でも審査落ちとなる可能性が高いです。

ファクタリングは融資とは異なり請求書毎に審査を行い、利用者ではなく売掛先の信用度が最も重要といえます。例えば下記のような場合は信用度が低いと判断されるでしょう。

  1. 売掛先の経営状況が悪い
  2. 創業から年数が浅い
  3. 売掛先がトラブルを起こしている
  4. 売掛先の実在が確認できない

1については売掛先が赤字続き・資金繰りに困っていると判断された場合などです。場合によっては倒産の可能性もあるため、売掛金の回収ができないことも考えれます。そのため経営状況が悪い売掛先も審査落ちの対象となります。

2については創業から年数が浅い零細企業の場合は、信用力が低いと判断されてしまうためです。繰り返しになりますがファクタリング審査では、売掛先の信用力が重要です。経営基盤が安定していない年数が浅い場合は審査落ちの可能性が高くなります。

3の場合は売掛先情報を調べても確認が取れないといったケースです。売掛先としての実態が確認できなければ、架空請求の疑いがある・支払いが行われない可能性があると判断されます。

4についても過去に支払いに関してトラブルを起こしているといった場合には、未回収リスクがつきまとうため審査落ちの対象となる可能性が高くなります。

ファクタリング審査の詳細はファクタリングの審査基準や落ちる理由ファクタリング審査に通らない12の原因と対策の記事でも紹介しています。

(2)提出した必要書類に不備がある

QuQuMo(ククモ)でも審査落ちとなる2つ目の理由は提出書類に不備があるという点です。ククモでは下記の書類提出が必要となります。

  • 売却する請求書
  • 通帳コピー

ただし請求書については入金日が確定しているものに限ります。加えて個人事業主の場合は、開業届や確定申告書・本人確認書類もセットで提出しておくのが無難です。

2点のみでファクタリング利用ができるとはいえ、利用者情報が全くわからない状況では、ククモとしても判断しづらい場合もあるでしょう。

(3)提出した売掛債権の質に問題がある

また売掛債権の質もQuQuMo(ククモ)では重視されるポイントです。下記のような場合は審査時に怪しいという判断で審査落ちとなる可能性があります。

  • 複数のファクタリング会社に売却する二重譲渡
  • 事業規模に対して不自然なほど大きな金額である
  • 取引先との継続的な取引があるか

ファクタリング会社では二重譲渡や架空請求といった詐欺行為を警戒しています。そのため二重譲渡については論外だとしても、事業規模に対して利用金額が大きすぎる場合は不自然なため、買い取って問題がないのか?ということになるでしょう。

ファクタリングでは通帳コピーを提出することが多いですが、売掛先との継続取引がない場合は請求書を偽造した架空請求を疑われる可能性があります。取引先と口裏合わせを行なって架空の請求書を作成して、ファクタリング会社から現金を騙し取る詐欺行為も警戒しています。

上記に該当するものが審査落ちとなるかは確実には言えませんが、ファクタリング利用の一般的な考え方としては上記に該当する場合は審査通過率が低くなります。

ペイトナーファクタリング側としては買取の義務はないため、怪しいと感じた売掛金は買い取らないと判断することもあるでしょう。

(4)フォーム入力情報と提出書類にズレがある

QuQuMo(ククモ)で審査落ちとなる理由の3つ目は、入力内容と提出書類にズレがある場合です。提出した書類と入力内容を照合した時に、内容が一致していないと正確な情報ではないと判断される可能性があります。

オンラインファクタリングの場合は全てWeb上で完結するのがメリットですが、入力ミスや内容の不一致があると審査落ちとなるでしょう。軽微なものであれば修正依頼が来るかもしれませんが、ミスが多いと審査落ちとなり再度審査依頼が必要になるかもしれません。

(5)支払い期日が長い請求書

またファクタリングでは一般的には支払いサイトが長い請求書を嫌います。理由としては支払い期日までに売掛先の経営が状態が悪化する・倒産するといったリスクがあるためです。

上述でも触れたようにファクタリングは売掛金が回収できてはじめて成立するビジネスのため、未回収リスクが高い場合は審査落ちとなる可能性が高くなります。

建設業界など下請け構造になっており、慣習として支払いサイトが長くなる場合は問題ないかもしれません。しかし一般的な請求書の支払い期日と比較してあまりにも長い場合は、審査落ちの可能性が高くなります。

QuQuMo(ククモ)では明確に支払い期日がいつまでといった記載はありませんでしたが、参考までに他社が定めている支払い期日の目安をまとめておきます。

サービス名支払い期日の制限
labol(ラボル)150日以内
ペイトナーファクタリング70日以内

建設業など特殊な業界以外の場合は、支払い期日が60日前後のものを選んで審査依頼を出すのが無難といえます。

(6)利用者の信用が足りない

ファクタリングでは売掛金を回収できる可能性が低い場合は、売掛債権を買い取ることはないでしょう。そのため利用者自身の信用度も審査落ちを避けるには重要なポイントです。

QuQuMo(ククモ)ではファクタリング申請をする前に会員登録が必要となります。その際に本人確認が行われるため、利用者自身の信用度が高いことを証明するためにも、必要な入力項目はしっかりと記入するようにしましょう。

QuQuMo(ククモ)で審査落ち避けて通過率を高める6つのコツ

QuQuMo(ククモ)の審査落ちを避けて審査通過率を高めるコツは下記の6つです。

  • 信用力が高い売掛先の請求書を審査に出す
  • 初回利用時は債務者の住所がハッキリした請求書を出す
  • 提出書類に不備がないかしっかりとチェックする
  • 請求書内容と申込フォームの内容にズレがないように申請する
  • 2回目以降のためにも支払い期日は守る
  • 他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

(1)信用力が高い売掛先の請求書を審査に出す

QuQuMo(ククモ)の審査落ちを回避する方法としては、信用度が高い売掛先の請求書を審査に出すのが重要です。例えば大手企業や上場企業・地方公共団体や官公庁などの公的機関の場合は、未回収になる可能性は低く倒産するリスクは限りなくゼロに近いです。

上記に該当する売掛先ではなかったとしても、経営状態や財務基盤が安定している・売上が順調に伸びている会社の請求書を審査に出す方が審査落ちのリスクは低くなります。

(2)初回利用時は債務者の住所がハッキリした請求書を出す

初回利用の際はファクタリング会社との信頼関係が構築できていない段階です。そのため初回取引の場合は2回目以降の利用よりも、慎重に審査を実施することが多いです。

そのため所在が怪しい・疑われる会社の売掛債権は審査に出さないようにしましょう。ファクタリング利用は1回ではなく、複数回利用する可能性もあります。継続的な信頼関係を構築できるよう、信頼性に問題がない請求書を審査に出すのが重要です。

(3)提出書類に不備がないかしっかりとチェックする

書類不備の場合は審査に落ちる理由もありますが、QuQuMo(ククモ)社からの信用が落ちる可能性があります。多少の書類不備であれば連絡が来て修正依頼の場合もありますが、不備が多い場合は利用者の人間性や信用度が低いと思われることもあるでしょう。

そのため審査依頼をする前にしっかりと提出書類に問題がないか・入力フォームと情報が一致しているかを確認しましょう。

  • 売却する請求書
  • 通帳コピー

また個人事業主の場合は上記に加えて、確定申告書・本人確認書類もセットで提出しておくのが無難です。

(4)請求書内容と申込フォームの内容にズレがないように申請する

審査落ちの原因の1つに請求書記載の情報と、申込フォームで入力された内容がズレていることが考えられます。少しのミスでも情報に食い違いが出てしまえば審査落ちとなってしまいます。

そのため請求書の内容にそって入力フォームでも情報の齟齬がないように正しく記載を行いましょう。

(5)2回目以降のためにも支払い期日は守る

QuQuMo(ククモ)のファクタリングは2社間ファクタリングのため、売掛金を回収したら期日までに入金する必要があります。

入金が遅延するとこれも信頼を損ねてしまう可能性があります。入金が遅延すると2回目以降の審査で不利に働く可能性もあるため、取引先から入金があった場合はスピーディーに振込を行うようにしましょう。

(6)他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

ファクタリング会社の審査落ちたからといって心配する必要はありません。ファクタリング審査は各社が独自の基準で審査を行っているため、1社の審査落ちたからといって他社でも通らないことはありません。

そのため1社の審査依頼で審査落ちリスクを避けたい場合は、複数社に相見積もりを取るのがおすすめです。

ただし個別何社も相見積もりを取るのが手間という方もいるでしょう。そんな方におすすめなのがファクタリング一括見積もり・査定サイトの利用です。下記のようなサービスでは複数社に一括で見積もり依頼が出せます。

QuQuMo(ククモ)の良い口コミ・評判|メリットを解説

QuQuMo(ククモ)の口コミをみると多くのメリットがありました。評判をまとめると下記の4つです。

  • 担当者が丁寧かつ迅速なサポート
  • 提出書類が少なく対応もスピーディー
  • 審査申し込みから入金までが早い・即日入金
  • 設立間もない会社でも利用できる

Googleマップの口コミは2023年12月時点で49件の口コミ・評判がありましたが、ほとんどが良いという口コミでした。

担当者が丁寧かつ迅速なサポート

事業運営をしていると急な出費が発生することもありますが、そんな中でも親身に相談に乗ってくれて、QuQuMo(ククモ)はスピーディーな対応をしてくれるのが口コミ・評判に表れていました。

いつもとてもご丁寧かつ迅速な対応をいただき、継続して利用させていただいております。ご担当者の方は、本当に親身になって進行をしてくださり、とても信頼しております。同じようなサービスの会社は多くありますが、私としましてはアクティブサポート様以外考えられません!今後も信頼できるアクティブサポート様、そして今のご担当者様にお願いしたいと思っております。

引用:Googleマップ

元請業者から振込がなく、銀行融資も下りず途方にくれている中、ダメもとで連絡してみると、快く話を聞いてくださり、なんとか契約していただいて、資金調達出来ました。担当の方も、親身になって話を聞いてくださり、今でも困ったときは、相談や契約も再度していただき、会社の立て直しに少しずつ力を貸していただき感謝してます。

引用:Googleマップ

提出書類が少なく対応もスピーディー

QuQuMo(ククモ)は必要な提出書類が少ないのもメリットで、請求書・通帳コピーで利用できます。必要書類が少なく迅速な対応をしてくるので良いという評判・口コミもありました。

オフシーズンの資金調達方法としてファクタリングを利用してみましたが、提出書類も少なく迅速な対応で助かりました。ありがとうございました。

引用:Googleマップ

審査申し込みから入金までが早い・即日入金

QuQuMo(ククモ)の最短入金は2時間と非常に早いのも特徴です。口コミや評判を見ていると必要な資金が即日で入金された・入金スピードが非常に早くて助かったという評判が多くありました。

取引先からの急な入金日や締め日の変更があり、別件の仕入れの支払いや、融資金の返済が困難になってしまい、困っていたときにネットでのサービスを見て利用しました。 必要な資金が即日で手元に入り、困難な状況を乗り越えることができ大変助かりました。 また何かあった際は利用させていただきたいです。

引用:Googleマップ

最初は、ネット検索で、オンラインで完結とあったQuQuMoから問い合わせました。連絡も当日中にいただき、翌日には入金していただき大変助かりました。地方でしたので、見積もりや契約手続がオンラインでコストもかからず嬉しかったです。電話やメールの対応も非常に親切かつ柔らかい対応で相談しやすかったです。併せて提出書類も少ないことも嬉しく思いました。苦しい時に助けていただいたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。

引用:Googleマップ

先日、初めて利用させて頂きましたが、丁寧で親身な対応をして頂き、申し訳から入金までのスピードも早く、今後も末永くお付き合い頂きたいと思います。ご担当者様も対応が早く、事情に合わせて、柔軟にご対応頂き感謝しております。

引用:Googleマップ

設立間もない会社でも利用できる

またQuQuMo(ククモ)はフリーランスや個人事業主にも対応しており、最低買取金額の制限もないのが特徴です。設立して間もない会社の場合は、売掛債権の金額も大きくないかもしれませんが、少額の売掛債権でも対応してくれたという良い評判・口コミもあります。

設立して間もないため、資金繰りに困っておりましたが必要書類も少なく担当の方にも丁寧に対応していただきとても感謝しております。ありがとうございます。

引用:Googleマップ

QuQuMo(ククモ)の悪い口コミ・評判|デメリットを解説

良い評判・口コミが多い一方で数件だけですが、悪い評判の口コミもありました。次は悪い口コミについてみていきます。

1週間以上たっても連絡がこない

1週間以上たっても受付完了連絡がなく、審査も遅く連絡をいれても反応がないといった悪い評判・口コミもありました。ファクタリング会社も混み合う可能性があるので、対応が遅れるといったこともあるかもしれません。

1週間以上経ちました。審査は遅い、受付完了の連絡もない、問い合わせても反応もない、最低のサービスですね。
ネットの口コミ(笑)はどうせステマでしょうが、これに騙されないことをお勧めします。

引用:Googleマップ

複数のファクタリング会社に審査依頼を出すことは問題ないので、複数社に相見積もりを取っておくのが良いかもしれません。個人事業主おすすめファクタリング審査が甘い・緩いはこちらの記事で紹介しています。

また個別に複数のファクタリング会社に見積もりを取るのが、手間であるという方もいるかもしれません。そんな方はファクタリング一括見積もり・査定サイトを利用しましょう。

審査が遅い・1週間はかかった

上記の悪い口コミ・評判と重なる部分もありますが、審査結果の連絡が遅い・連絡が来なかったという方もいたようです。

審査が遅い、一週間はかかった。質問についての返答も遅い。なので他のファクタリング業者に複数社同時に審査すれば困らない。

引用:Googleマップ

一週間たっても審査結果がでませんでした。

引用:Googleマップ

タイミングによっては、混み合っているケースもあるため、やはり複数の会社に見積もりしておくのが良いかもしれません。ファクタリング一括見積もり・査定サイトはこちらの記事で紹介しています。

個人情報だけを取得された

そもそも連絡が来なかったという悪い評判・口コミもありました。サイトに登録をしただけなので個人情報だけを取られてしまったという状況のようです。

最初に連絡が来て書類などを出してから連絡無し!連絡しても担当者から折り返し連絡させますと言われたけどまた連絡無し!個人情報をただ渡しただけ!みなさん気を付けてください!

引用:Googleマップ

こうしたケースは稀であると思いますが、1営業日たっても連絡がない場合は別のファクタリング会社に審査申し込みをしておくのが良いかもしれません。

QuQuMo(ククモ)の利用がおすすめ・向いている人

QuQuMo(ククモ)の利用がおすすめ・向いている方は下記の5つのケースに該当する人です。

  • 必要書類が少ないファクタリングを使いたい
  • 個人事業主やフリーランスの方
  • 売掛先にファクタリング利用がバレたくない
  • 即日入金のファクタリング会社を探している
  • 面談や書類郵送の手続きを無くしたい

必要書類が少ないファクタリングを使いたい

QuQuMo(ククモ)のメリットは審査に必要な提出書類が少なく、請求書・通帳コピーの2点で利用できる点です。※初回は会員登録のため本人確認書類が必要となります。

上記でも解説したように一般的なファクタリング審査では請求書や通帳コピーに加えて、決算書や確定申告書・印鑑証明・登記簿謄本などが必要です。しかしQuQuMo(ククモ)は書類が少ないため、スピーディーに資金調達をしたい方におすすめです。

個人事業主やフリーランスの方

QuQuMo(ククモ)の買取金額の制限はないため個人事業主やフリーランスでも利用できます。個人対応のファクタリング会社でも最低金額が30〜50万円といったケースも多い中で、下限制限がないため少額ファクタリングを検討している方におすすめです。

売掛先にファクタリング利用がバレたくない

QuQuMo(ククモ)のファクタリング形態は2社間ファクタリングのため、売掛先に債権譲渡通知を行わないません。そのため取引先にファクタリング利用がバレることはないです。

取引先にファクタリング利用が知られると経営が悪化しているのでは?取引を停止した方が良いのでは?といった悪い印象を与えていしまう可能性があります。

しかし2社間ファクタリングでは売掛債権に通知を行わないので、安心して利用ができます。

2社間ファクタリングの詳細はこちらの記事で紹介しています。

即日入金のファクタリング会社を探している

QuQuMo(ククモ)は最短2時間で即日入金に対応しているファクタリング会社です。口コミや評判でも記載がありましたが、入金スピードが非常に早いのが特徴のため、早期に現金化・資金調達を行いたい方におすすめです。

面談や書類郵送の手続きを無くしたい

QuQuMo(ククモ)は完全オンライン完結ファクタリングのため、対面で面談したり来店する必要はありません。また書類もWeb上・メールで添付するため、郵送する手間やコストも発生しないのがメリットです。

審査申し込みから契約締結までを全てWeb上で完結させるため、忙しくて時間が割けないといった方にもおすすめです。

QuQuMo(ククモ)の利用が向いていない人

一方でQuQuMo(ククモ)の利用が向いてない方もいます。

手数料が低めの3社間ファクタリングを利用したい

上述で紹介したようにQuQuMo(ククモ)は2社間ファクタリングのため、3社間ファクタリングには対応していません。3社間ファクタリングの場合は、売掛先に債権譲渡通知・承諾を行うため、手数料がやや安くなるのがメリットです。

ただし売掛先に承諾を得る必要があるため、手数料が低い一方で入金スピードは遅くなります。入金スピードが遅くなっても良い・取引先との信頼関係があるので、知られても問題ないという方は3社間ファクタリングの会社を探しましょう。

担当者と対面で資金繰り相談をしたい

これも上述で触れましたがQuQuMo(ククモ)は完全オンラインファクタリングのため、担当者と対面で面談をすることはできません。そのため資金繰りなどについて対面で相談したい場合は、別のファクタリング会社を探す必要があります。

オンラインファクタリング会社の場合でも、必要に応じてオンライン面談を実施しているケースもあるため、相談がしたい場合は別の業者を探すようにしましょう。

オンライン面談も可能なオンラインファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

土日祝日に入金して欲しい

QuQuMo(ククモ)は土日祝日でも審査受付を行なっていますが、入金自体は平日になります。そもそも土日祝日も入金対応を行なっているファクタリング会社は非常に少ないのが現状です。

土日祝日も入金対応のファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。因みに24時間365日即時入金に対応しているのは、labol(ラボル)のみとなります。ラボルの営業時間・入金スピードはこちらの記事で紹介しています。

審査落ちの可能性を感じたら2〜3社に見積りがおすすめ!
基本的にファクタリングでは審査が発生するため、複数社に相見積もりがおすすめです。複数社に依頼しておけば、1社が審査落ちでも別の会社では審査に通ることもあります。また手数料相場もわかり好条件の会社を選べます。

QuQuMo(ククモ)で審査落ちの方におすすめの即日入金ファクタリング6選

次はラボルで審査落ちとなった方におすすめの審査通過率90%以上、もしくは必要書類が少ないファクタリング会社を紹介していきます。

審査が甘い・緩いファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

サービス名審査通過率手数料入金スピード買取可能額提出書類
ビートレーディング98%2%〜最短2時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
※2つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
※2つのみ
ベストファクター92%2〜20%最短1時間30万〜1億円本人確認書/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
FREENANCE非公開3%〜10%30分1万円~本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
labol(ラボル)非公開10%60分1万円〜本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
ペイトナー非公開10%10分1万円~請求書/本人確認書
入出金履歴 ※3つのみ

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

必要書類も通帳コピー・請求の2つのみで最短30分で審査結果が提示され、振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料で済み、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
上限下限なし通帳コピー
請求書 ※2つのみ

ビートレーディング – 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗オンライン完結ファクタリングです。必要書類も請求書・通帳コピーの2つでのみ、審査時間も30分・最短2時間入金と非常に早いのが特徴です。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
※2つのみ

ベストファクター 最短1時間で資金化/審査通過率92%/買取診断が5分でわかる

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳コピー
請求書 ※3つのみ

labol 最短60分の即日入金/フリーランス&個人事業主向けオンラインファクタリング

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けに特化したファクタリングサービスで、東証プライム上場企業であるセレス株式会社の子会社が運営しているため安心してサービス利用ができます。

1万円から買取が可能で少額債権にも対応しているため、個人事業主やフリーランスの方におすすめのファクタリング会社です。

labol(ラボル)の特徴は手数料が一律である・提出書類が少なめで利用ができる点です。また審査時に基本契約書は必要なく、本人確認証・請求書・取引がわかるエビデンスとしてメールやチャットツールのやり取りの3つで利用できます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング10%60分1万円〜本人確認書類・請求書
取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)


labol(ラボル)の評判や口コミ・審査落ちの理由と対策はこちらの記事で解説しています。

ペイトナーファクタリング – 入金まで最短10分で即日入金/複数回申請OK/個人債権もOK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのAIオンライン完結ファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。

買取価格も1万円から利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。提出書類は少なめで請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

最低買取金額も1万円からと少額債権にも対応しており、個人事業主やフリーランスの方におすすめです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

QuQuMo(ククモ)に関するよくある質問

QuQuMo(ククモ)の審査通過率はどれくらいですか?

QuQuMo(ククモ)の審査通過率はどれくらいですか?
QuQuMo(ククモ)の審査通過率は98%と業界でも最高水準です。

QuQuMo(ククモ)で審査落ちの対処法はありますか?

QuQuMo(ククモ)で審査落ちの対処法はありますか?
審査落ちの対象法としては別の審査通過率が高い・即日入金に対応しているファクタリング会社を利用することです。審査通過率が高い90%以上の会社は下記のとおりです。
ビートレーディング:審査通過率98%
日本中小企業金融サポート機構:審査通過率95%
アクセルファクター:審査通過率93%
ベストファクター:審査通過率92%
アクティブサポート:審査通過率90%

QuQuMo(ククモ)は土日も入金対応していますか?

QuQuMo(ククモ)は土日も入金対応していますか?
QuQuMo(ククモ)は土日入金には対応していません。審査申し込みは土日祝日でも可能ですが、入金は平日になります。

QuQuMo(ククモ)の必要書類は何ですか?

QuQuMo(ククモ)の必要書類は何ですか?
QuQuMo(ククモ)の必要書類は請求書・通帳コピーの2つです。ただし初回は会員登録が必要となるため、本人確認書類が必要です。

QuQuMo(ククモ)の営業時間は?

QuQuMo(ククモ)の営業時間は?
QuQuMo(ククモ)の営業時間は平日の9:30〜18:00です。