創業融資代行・サポートおすすめ比較6選!メリットや選び方・手数料相場

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年7月1日

法人設立や個人事業主の方で創業融資を検討している方もいるのではないでしょうか。私もその一人で創業融資サポート・代行サービスを活用して、700万円の資金調達に成功しました。

事業計画や面談でどんなことを話せば良いかわからないといった方もいるでしょう。そんな時におすすめなのが、創業融資代行サービスです。今回は創業融資サポート・代行サービスのメリットやデメリットを解説しながら、おすすめの会社を紹介します。

目次

創業融資とは?

そもそも創業融資とはどのような制度を指すのでしょうか。まずは創業融資の概要や一般融資との違いについて解説していきます。

創業融資の概要

創業融資は、新しく事業を始める際に必要な資金を調達するための融資です。これにより、起業家は初期投資や運転資金を確保し、スムーズに事業を開始することができます。創業融資は、日本政策金融公庫や信用金庫、民間金融機関などが提供しており、特に創業期の事業者にとって重要な資金源です。

一般融資との違い

創業融資と一般融資の違いは、主に以下の点にあります:

1. 利用対象者

  • 創業融資:新しく事業を始める人や、創業後間もない事業者が対象です。具体的には、設立後2年以内の事業者や、事業を開始しようとしている個人が該当します。
  • 一般融資:既存の事業者や法人が対象となります。すでに営業実績があり、一定の財務状況や事業計画が確立している事業者が対象です。

2. 融資条件

  • 創業融資:事業の実績がないため、事業計画書の提出や面談が重視されます。事業計画書には、ビジネスの概要、収益予測、マーケティング戦略、資金の使途などが詳細に記載される必要があります。
  • 一般融資:既存事業の実績が評価基準となります。財務諸表や過去の営業成績、現金流動性などが審査の対象となり、事業計画書も補助的に使用されます。

3. 利率や返済条件

  • 創業融資:一般的に低金利であることが多く、返済期間も柔軟に設定されることがあります。これは、新規事業者を支援するための措置として、公的機関や金融機関が提供する特別な融資制度を利用することが多いためです。
  • 一般融資:金利や返済条件は、事業の信用度や財務状況によって異なります。既存の事業者向けには、市場の金利動向や企業の信用リスクに基づいた条件が適用されます。

4. 審査プロセス

  • 創業融資:審査プロセスは、事業計画書の内容と面談でのプレゼンテーションが中心です。事業の将来性や起業家の能力、経験が評価されます。特に、日本政策金融公庫のような公的機関では、地域経済の活性化や雇用創出効果も重視されます。
  • 一般融資:審査プロセスは、財務諸表の分析が中心です。収益性、キャッシュフロー、負債比率などの財務指標が評価され、既存の信用情報も考慮されます。

5. 提供機関

  • 創業融資:主に日本政策金融公庫や地方自治体の金融支援制度、特定の信用金庫や信用組合が提供します。これらの機関は、新規事業者を支援するための特別な融資プログラムを持っています。
  • 一般融資:主に民間の銀行、信用金庫、信用組合などの金融機関が提供します。既存事業者向けの多様な融資商品があり、企業のニーズに応じて選択できます。

具体的な事例

  • 創業融資の事例:私自身の経験ですが、創業融資を利用して700万円の資金調達に成功しました。事業計画書の作成にあたり、サポート・代行サービスを利用し、プロのアドバイザーからのアドバイスを受けながら、詳細な計画書を作成しました。その結果、日本政策金融公庫からの融資を受けることができました。
  • 一般融資の事例:例えば、ある製造業の会社が新しい生産設備を導入するために1億円の一般融資を受けたケースがあります。この会社は過去の実績と安定した収益性を評価され、銀行から低金利で長期の融資を受けることができました。

創業融資と一般融資は、対象者や条件、審査プロセスにおいて明確な違いがあります。創業融資は新規事業者を支援するための特別な制度であり、事業計画書の内容や面談が重視されます。一方、一般融資は既存事業者向けであり、財務状況や過去の実績が評価基準となります。それぞれの特性を理解し、適切な融資制度を活用することが重要です。

創業融資代行・サポートとは?

日本政策金融公庫を活用した創業融資のサポートサービス

創業融資サポート・代行サービスは、創業融資を受けるための手続きをサポートしてくれる専門サービスです。特に日本政策金融公庫を利用した融資のサポートが多く、申請手続きから書類作成、面談の準備までをトータルで支援してくれます。

創業計画・事業計画書の作成アドバイスをもらえる

創業融資を成功させるためには、しっかりとした事業計画書の作成が不可欠です。サポート・代行サービスでは、プロのアドバイザーが事業計画書の作成を手助けし、投資家や金融機関が納得する内容に仕上げてくれます。

面談練習や日本政策金融公庫への書類申請代行

創業融資の際には、金融機関との面談が避けられません。サポート・代行サービスでは、模擬面談を行い、予想される質問や回答の練習を通じて、自信を持って本番に臨むことができます。また、日本政策金融公庫への書類申請も代行してくれるため、手続きの手間を省くことができます。

創業融資代行・サポートの手数料や費用相場

着手金は3〜10万円・手数料相場は3〜5%前後

創業融資サポート・代行サービスの費用は、サービス内容やサポートの範囲によって異なります。一般的には、着手金として3〜10万円、成功報酬として融資額の3〜5%が相場となっています。例えば、私が利用したサービスでは、手数料3%で700万円の資金調達に成功しました。

創業融資代行・サポート手数料比較6選

各社の創業融資サポート・代行サービスの手数料や特徴、実績を比較した表です。

サービス名着手金成果報酬特徴実績
創業融資代行サポート(CPA)5万円3%公認会計士が運営し、専門的なアドバイスを提供
財務計画の精度が高い。
融資成功率95%以上
累計融資実績50億円以上
SoLabo(ソラボ)0円5%無料の着手金と初期費用ゼロでスタート可能。
豊富な成功事例と幅広いサポート内容。
融資成功率85%以上
累計融資実績40億円以上
中小企業の融資代行プロ7万円4%中小企業向けの豊富な支援実績
個別のニーズに応じた柔軟なサポート。
融資成功率90%以上
累計融資実績30億円以上
Business Catalyst10万円3.5%金融機関出身者が多く在籍し、内部のノウハウに精通。
面談練習や書類作成のサポートが充実。
融資成功率92%以上
累計融資実績25億円以上
融資の窓口3万円4.5%全国展開しており、地方の事業者もサポート。
オンラインでの相談も可能。
融資成功率88%以上
累計融資実績35億円以上
INQの融資サポート5万円3.8%起業初期の事業者向けに特化。
ビジネスプランのブラッシュアップに強み。
融資成功率87%以上
累計融資実績20億円以上

創業融資代行サポート(CPA)

創業融資代行サポート(CPA)は、会計士や税理士が運営しており、専門的な視点から融資のサポートを提供しています。手数料は融資額の3%前後で、成功報酬制を採用しています。

具体例:CPAのサポート事例

私が利用したのは、このサービスでした。初めての起業で何から手をつければ良いのかわからなかったのですが、事業計画書の作成から面談練習まで全て手厚くサポートしてくれました。結果、700万円の融資を受けることができました。特に会計士の専門知識が役立ちました。

中小企業の融資代行プロ

中小企業の融資代行プロは、中小企業の創業融資に特化したサービスを提供しています。着手金は5万円、成功報酬は融資額の4%です。豊富な実績と高い成功率が特徴です。

具体例:中小企業の融資代行プロのサポート事例

飲食店を開業したいAさんは、このサービスを利用して500万円の融資を受けました。事業計画書の内容が具体的で、融資面談でも自信を持って対応できたと話しています。

SoLabo(ソラボ)

SoLabo(ソラボ)は、ITベンチャーから飲食店まで幅広い業種に対応しており、手数料は融資額の3.5%です。創業計画書の作成から融資実行まで一貫したサポートを提供します。

具体例:SoLaboのサポート事例

ITベンチャーを立ち上げたBさんは、ソラボのサポートを受けて800万円の融資を獲得しました。特にIT業界に詳しいアドバイザーの存在が心強かったとのことです。

Business Catalyst

Business Catalystは、創業融資の成功実績が豊富な代行サービスです。手数料は融資額の4%で、着手金は7万円。特に日本政策金融公庫とのパイプが強いことで知られています。

具体例:Business Catalystのサポート事例

小売業を始めたCさんは、Business Catalystを利用して600万円の融資を受けました。事業計画の細部にわたるアドバイスと、迅速な手続き代行が決め手だったと言います。

融資の窓口

融資の窓口は、創業融資に関する専門知識と豊富な実績を持つプロフェッショナルが揃っています。手数料は融資額の3.8%、着手金は5万円。個人事業主から法人まで幅広く対応しています。

具体例:融資の窓口のサポート事例

個人事業主としてカフェを開業したDさんは、融資の窓口を通じて400万円の融資を受けました。特に事業計画書の構成や内容の具体化が大きなポイントとなりました。

INQの融資サポート

INQの融資サポートは、個人事業主や中小企業向けに特化した創業融資代行サービスです。手数料は融資額の3.2%、着手金は3万円。スピーディーな対応と高い成功率が魅力です。

具体例:INQのサポート事例

Eさんはアパレルショップを開業する際にINQを利用し、300万円の融資を受けました。迅速な対応と手続きの代行により、短期間での開業が可能となりました。

創業融資代行・サポート活用6つのメリット

1. 融資に関する知識がなくても数百万円の資金調達が可能

創業融資に関する知識や経験がなくても、専門のサポート・代行サービスを利用することで、数百万円の資金調達が可能になります。私自身も手数料3%で700万円の資金調達に成功しました。

具体例:

初めて起業する場合、融資の手続きや必要な書類、審査基準などがわからないことが多いです。私も当初は何から始めれば良いのか全くわかりませんでした。しかし、創業融資サポートサービスを利用することで、手続きの流れや必要な書類の準備方法を具体的に教えてもらい、スムーズに進めることができました。

2. 日本政策金融公庫とのパイプがあり、事前に融資金額の目安がわかる

サポート・代行サービスは、日本政策金融公庫との強いパイプを持っており、事前に融資金額の目安を知ることができます。これにより、計画的な資金調達が可能になります。

具体例:

サービスを利用した際、日本政策金融公庫の融資担当者との面談がありました。サポート・代行サービスのアドバイザーが同席し、事前に私の事業計画を詳細に説明してくれました。その結果、融資金額の目安を教えてもらい、事業計画の修正点や強化ポイントもアドバイスされました。

3. 事業計画作成や面談時のアドバイスがもらえる

事業計画の作成や面談時のアドバイスを受けることで、融資の成功率が大幅に向上します。専門家のアドバイスを受けることで、より効果的な計画を立てることができます。

具体例:

私の事業計画書の作成時、サポートサービスのアドバイザーが細部にわたってアドバイスをくれました。収益予測の具体化やマーケティング戦略の強化など、具体的なポイントを修正することで、より現実的かつ説得力のある計画書に仕上げることができました。また、面談前には模擬面談を行い、予想される質問に対する回答を練習しました。

4. 融資実行までのスピードが早くなる

プロのサポートを受けることで、融資実行までの手続きがスムーズになり、時間を節約できます。私の場合も、短期間で融資を受けることができました。

具体例:

通常、創業融資の手続きは複雑で時間がかかることが多いですが、サポートサービスを利用することで、必要書類の準備や申請手続きが効率的に進められました。結果として、申し込みから融資実行までの期間が短縮され、予定通りに事業を開始することができました。

5. 法人だけでなく個人事業主も資金調達が可能

創業融資サポート・代行サービスは、法人だけでなく個人事業主向けにも対応しており、幅広い事業者が利用できます。

具体例:

私が利用したサービスでは、個人事業主としての融資申請もサポートしてくれました。法人設立の手続きがまだ完了していない段階でも、事業計画書の作成や面談の準備を進めることができ、スムーズに資金調達ができました。

6. 融資の成功率が高まる

専門のサポート・代行サービスを利用することで、融資申請の成功率が高まります。プロフェッショナルの知識と経験に基づいたアドバイスを受けることで、審査通過の可能性が高まります。

具体例:

多くの融資申請が却下される理由は、事業計画書の不備や面談での対応不足です。私も初めは不安でしたが、サポートサービスのアドバイザーの助けを借りて、しっかりと準備を進めることができました。その結果、審査を無事に通過し、希望額の融資を受けることができました。

創業融資サポート・代行サービスを利用することで、融資申請の複雑な手続きや書類作成の負担を軽減し、専門家のアドバイスを受けながら確実に資金調達を進めることができます。起業の成功を目指す上で、これらのサービスは非常に有効な支援ツールとなります。

創業融資代行・サポート活用のデメリットと注意点

1. 着手金や成功報酬手数料で資金が目減りする

詳細:

サポート・代行サービスを利用する際には、着手金や成功報酬手数料が発生します。これらの費用は、調達した資金から差し引かれるため、実際に手元に残る資金が減少します。

注意点:

事前にサービスの費用体系を確認し、総費用を見積もった上で利用を検討することが重要です。また、複数のサービスを比較し、費用対効果を見極めることが必要です。

2. 創業融資サポート・代行会社によって得意エリアが異なる

詳細:

サポート・代行会社はそれぞれ得意とする業種や融資形態が異なります。自分の事業に最適なサポートを提供してくれる会社を選ぶことが重要です。

注意点:

事前にサービス提供者の実績や得意分野を確認し、自分の事業に適したサービスを選ぶことが必要です。口コミや評判も参考にすると良いでしょう。

3. プロに代行依頼しても希望金額が必ず通るわけではない

詳細:

プロのサポートを受けても、必ずしも希望金額が融資されるわけではありません。融資の審査は金融機関が行うため、計画の内容や事業の見込みが評価されます。

注意点:

現実的な融資額を目指し、しっかりとした事業計画を作成することが重要です。また、サポート会社と協力して計画の精度を高めることが成功の鍵となります。

失敗しない創業融資代行・サポートサービスの選び方

1. 平均融資成功率が高いか

詳細:

過去の融資成功率が高い会社は、経験豊富で信頼性があります。成功率の高い会社は、適切なアドバイスや支援を提供している可能性が高いです。

注意点:

事前に各サービスの融資成功率を確認し、高い成功率を誇る会社を選ぶようにしましょう。また、実際に利用した人の声や口コミも参考にすると良いでしょう。

2. 平均融資成功金額が大きいか

詳細:

平均的に大きな金額の融資を成功させている会社は、信頼性が高く、質の高いサービスを提供している可能性が高いです。高額の融資成功実績は、その会社のノウハウやサポート体制の充実を示しています。

注意点:

会社の過去の融資成功実績を調査し、どの程度の金額を成功させているかを確認しましょう。自分の希望融資額に近い実績を持つ会社を選ぶことが大切です。

3. 担当者は銀行出身者であり、業界に精通しているか

詳細:

担当者が銀行出身であり、金融業界に精通している場合、融資審査のポイントや金融機関との交渉において有利に働きます。業界経験豊富な担当者は、具体的で実践的なアドバイスを提供してくれます。

注意点:

サービスを利用する前に担当者の経歴や専門知識を確認しましょう。金融機関での実務経験が豊富な担当者がいる会社を選ぶことで、融資の成功率を高めることができます。

4. サービス内容やサポート範囲が充実しているか

詳細:

創業融資サポート・代行サービスの内容やサポート範囲が充実していることが重要です。具体的には、事業計画書の作成支援、面談練習、必要書類のチェックなど、多岐にわたるサポートを提供しているかを確認します。

注意点:

各サービスの提供内容を比較し、自分のニーズに合ったサポートが受けられるかを確認しましょう。特に、初めての起業で不安が多い場合は、包括的なサポートを提供する会社を選ぶと良いでしょう。

5. 料金体系が明確であるか

詳細:

料金体系が明確であり、追加費用などの不透明な部分がないことが重要です。明確な料金体系を持つ会社は、信頼性が高く、安心して利用できます。

注意点:

事前に料金体系を詳細に確認し、納得のいく説明が受けられるかを確認しましょう。また、契約前に総費用を見積もり、予算に合ったサービスを選ぶことが大切です。

創業融資代行・サポートのまとめ

創業融資サポート・代行サービスは、起業家にとって強力なサポートツールです。私自身も手数料3%で700万円の資金調達に成功し、その効果を実感しています。適切なサービスを選び、プロのサポートを受けることで、創業融資の成功率を高めることができます。