創業融資サポート会社ランキング9選!開業資金調達おすすめ専門家と選び方

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年7月1日

起業を目指す方にとって、創業融資は事業のスタートアップに欠かせない資金調達方法です。しかし、融資の手続きは複雑であり、専門知識を必要とします。そこで、創業融資サポート会社の活用が非常に有効です。本記事では、創業融資サポート会社のランキングと、選び方のポイントについて詳しく解説します。私自身も創業融資サポートを活用し、手数料3%で700万円の資金調達に成功した経験があります。

目次

創業融資に関する基礎知識

創業融資とは?3つの種類を解説

創業融資は、新たに事業を始める際に必要な資金を金融機関から借り入れることを指します。以下の3つの種類があります。

1. 日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、政府系の金融機関であり、新創業融資制度を提供しています。この融資は、事業を始めるための資金を無担保・無保証で借りることができるため、多くの起業家に利用されています。

2. 自治体の制度融資

地方自治体が提供する制度融資は、地域の経済活性化を目的とした融資制度です。金利補助や保証料の一部免除など、自治体ごとに特色あるサポートが受けられます。

3. 民間銀行の創業融資

民間銀行も創業融資を提供していますが、審査が厳しいことが特徴です。ただし、事業計画がしっかりしていれば、高額な融資を受けることが可能です。

日本政策金融公庫・新創業融資のメリットやデメリット

  1. 無担保・無保証での融資
    • 日本政策金融公庫の新創業融資では、一般的な民間銀行のように担保や保証人を要求されることがありません。これにより、資金調達が難しい起業家や中小企業にとってもアクセスしやすい特徴があります。
  2. 比較的低金利
    • 公庫の融資金利は一般的に低く設定されており、起業初期の資金負担を軽減することができます。また、長期優良化融資制度など特定の融資プログラムでは、さらに低金利での融資が可能です。
  3. 長期返済可能
    • 返済期間が長いのも公庫融資の利点です。事業が安定するまでの長期間を確保し、返済負担を軽減できる点があります。
  4. 返済期間の猶予制度
    • 資金調達後、事業が順調に推移しない場合でも、返済期間の猶予制度があるため、柔軟に対応できる点があります。

デメリット

  1. 審査が厳しい
    • 公庫の融資審査は一般的に厳格です。事業計画の具体性や市場分析の適切さ、経営者の信用などが評価されます。審査基準を満たす必要があります。
  2. 申請手続きが煩雑
    • 公庫の融資申請には、複数の書類や証明書が必要です。正確かつ完全な書類の提出が求められ、手続きが煩雑で時間がかかる場合があります。
  3. 限られた業種や条件
    • 公庫の融資は一部の特定業種や条件に制限されることがあります。また、地域によっても異なる制限があるため、注意が必要です。

自治体が提供する制度融資のメリットやデメリット

  1. 地域密着型のサポート
    • 自治体が提供する制度融資は、地域経済の活性化を目的としています。地域の特性やニーズに応じたサポートが受けられる点があります。
  2. 金利補助や保証料の免除
    • 特定の自治体では、融資金利の補助や保証料の免除が行われることがあります。これにより、事業者の負担が軽減される効果があります。
  3. 柔軟な審査基準
    • 公庫に比べて自治体の制度融資は柔軟な審査基準を持っていることが多く、地域に密着した支援が期待できる点があります。

デメリット

  1. 限られた融資対象
    • 自治体が提供する制度融資は、その自治体が支援する特定の業種や条件に限られることがあります。他の業種や地域への対応が制限される可能性があります。
  2. 自治体の予算依存
    • 自治体の制度融資は、予算に依存するため、予算不足や予算削減により支援内容が変更されるリスクがあります。
  3. 地域限定のサポート
    • 自治体が提供する融資は、その自治体に所在する事業者に限定されるため、他の地域への展開や事業拡大に制約が生じる場合があります。

これらのメリットとデメリットを考慮し、起業や事業拡大の際に最適な融資支援策を選択することが重要です。

おすすめ創業融資サポート会社ランキング一覧・手数料比較9選

創業融資サポート会社を選ぶ際には、手数料、支援内容、実績を考慮することが重要です。以下に、私の経験を基にしたおすすめの創業融資サポート会社をランキング形式で紹介します。

ランキング会社名着手金成果報酬(%)特徴と強み実績
1位株式会社アンチテーゼ5万円3%公認会計士による専門的なアドバイス融資成功率95%以上
累計融資実績50億円以上
2位株式会社ソラボ0円5%無料着手金、豊富な成功事例融資成功率85%以上
累計融資実績40億円以上
3位TOKYO創業ステーション5万円4%東京都運営の創業支援融資成功率90%以上
累計融資実績35億円以上
4位創業融資代行サポート(CPA)7万円4%中小企業向けの豊富な支援実績融資成功率90%以上
累計融資実績30億円以上
5位Business Catalyst10万円3.50%金融機関出身者のノウハウ融資成功率92%以上
累計融資実績25億円以上
6位明治通り税理士法人5万円3%財務アドバイスも充実融資成功率88%以上
累計融資実績20億円以上
7位代官山税理士法人5万円3.80%起業初期の事業者向け融資成功率87%以上
累計融資実績20億円以上
8位CEOパートナー5万円4%起業支援の専門家集団融資成功率85%以上
累計融資実績15億円以上
9位SAO税理士法人3万円4.50%地域密着型の支援融資成功率88%以上
累計融資実績35億円以上

株式会社アンチテーゼ

特徴とおすすめポイント: 株式会社アンチテーゼは、創業支援と融資代行に特化した会社です。独自のネットワークを活かし、迅速で効率的な融資手続きを提供します。特に、起業家のニーズに合わせたカスタマイズされたサービスが強みで、豊富な実績を持つ信頼性の高いパートナーとして知られています。

株式会社ソラボ

特徴とおすすめポイント: 株式会社ソラボは、中小企業や個人事業主向けに包括的な創業支援を提供する会社です。日本政策金融公庫をはじめとする公的機関との強い連携を持ち、融資申請の代行から事業計画の策定までトータルにサポートします。迅速で的確な対応が特徴であり、多くの起業家から支持されています。

TOKYO創業ステーション

特徴とおすすめポイント: TOKYO創業ステーションは、東京を拠点とした創業支援専門のコンサルティング会社です。地域密着型のサービスを提供し、地元の事業者に特化したニーズに応えています。融資申請から事業計画の作成、市場調査までをトータルにサポートし、起業家の成功に向けたパートナーとして信頼されています。

創業融資代行サポート(CPA)

特徴とおすすめポイント: 創業融資代行サポートは、企業会計の専門家による融資申請の代行サービスを提供する会社です。経営者や起業家に寄り添ったカスタマイズされたアドバイスと効果的な融資手続きを通じて、資金調達の成功を支援します。高い専門性と実績を誇り、信頼性のあるパートナーとして業界内で高く評価されています。

Business Catalyst

特徴とおすすめポイント: Business Catalystは、起業家や中小企業向けにビジネスコンサルティングと融資サポートを提供する会社です。幅広い業種に対応し、経験豊富なコンサルタントが事業計画の策定から融資申請の代行まで全面的に支援します。特に成長産業や革新的なビジネスモデルに強みを持ち、新規事業の立ち上げを成功させるためのパートナーとして推薦されています。

明治通り税理士法人

特徴とおすすめポイント: 明治通り税理士法人は、税務と会計を中心にした総合的なビジネスサポートを提供する法人です。創業融資だけでなく、税務や会計の面でも深い専門知識を持ち、事業の成長を支援します。信頼性と確かな実績があり、事業の財務面での安定を確保するための頼れるパートナーです。

代官山税理士法人

特徴とおすすめポイント: 代官山税理士法人は、高度な税務と法務サービスを提供する税理士事務所です。起業家や中小企業に特化した融資申請の代行や事業計画の策定を通じて、事業の成長と安定をサポートします。経営者のニーズに応じたきめ細やかなサービスが特徴であり、信頼できるパートナーとして推奨されています。

CEOパートナー

特徴とおすすめポイント: CEOパートナーは、経営戦略と融資支援を結びつけた独自のサービスを提供する企業です。経営者としての視点から事業の成長を見据えた戦略的なアドバイスを行い、融資申請の成功を支援します。幅広い業界の経験豊富なコンサルタントがチームを形成し、多様なニーズに対応する柔軟性があります。

SAO税理士法人

特徴とおすすめポイント: SAO税理士法人は、起業家や中小企業に特化した税務と会計のプロフェッショナル集団です。創業融資だけでなく、経営コンサルティングや法務サポートも提供し、事業の成長をトータルで支援します。信頼性と実績に裏打ちされた高品質なサービスが特徴であり、安心して事業運営を行えるパートナーとして選ばれています。

創業融資サポートの主な支援内容一覧

創業融資サポートは、起業家や新規事業を立ち上げる企業が資金調達を成功させるためのさまざまな支援を提供します。以下に、主な支援内容を詳しく説明します。

1. 事業計画作成のアドバイス・代行

事業計画は、起業の成功に不可欠な基盤です。創業融資サポートは、次のようなアドバイスと代行サービスを提供します。

  • 事業計画の策定: 起業の目的やビジョンを明確にし、具体的な目標と行動計画を立てます。市場分析や競合分析を通じて、事業の市場適応性を評価します。
  • 財務プランの作成: 収益予測や資金需要の見積もりを含む財務計画を策定し、資金調達の根拠を明確にします。
  • プレゼンテーションのサポート: 資金提供機関との面談に向けたプレゼンテーション資料の作成や改善を行い、投資家や融資先に説得力を持たせます。

2. 許認可書類の取得サポート

新規事業を展開するには、様々な許認可が必要です。創業融資サポートは、以下のようなサポートを提供します。

  • 許認可の手続き: 開業に必要な事業許可や各種申請書類の作成と提出を代行します。業種や地域に応じた正確で迅速な手続きを保証します。
  • 規制遵守のサポート: 地方自治体や業界団体の規制に従い、事業運営に必要な全ての許認可を取得します。規制環境を理解し、事業が円滑に運営されるようにサポートします。

3. 融資面談の対策・同席

融資申請は、資金提供機関との対面での説得力のあるプレゼンテーションが成功の鍵です。創業融資サポートは、以下のような支援を提供します。

  • 面談準備の支援: 資金提供機関との面談に向けて、プレゼンテーションのスキルアップや質疑応答の練習を行います。
  • 同席サポート: 面談時には、経験豊富なアドバイザーが同席し、事業の魅力や財務計画を補完し、説得力を高めます。

4. 補助金や助成金の申請代行

創業融資サポートは、事業の立ち上げや成長を支援するために、補助金や助成金の活用を支援します。

  • 補助金の情報提供: 可能な補助金や助成金の情報を提供し、事業計画に適した補助金の申請をサポートします。
  • 申請書の作成と提出: 補助金申請書の作成と正確な提出を代行し、承認率を高めます。

創業融資サポート会社の悪徳業者の見極め方・選び方

創業融資サポート会社を選ぶ際には、悪徳業者に注意する必要があります。以下のポイントに注意して選びましょう。

成果報酬が5%以上は違法行為に該当

成果報酬が5%以上の場合は違法行為に該当する可能性があります。適切な報酬率を設定している会社を選ぶようにしましょう。

自己資金がなくても大丈夫は怪しい

自己資金が全くなくても大丈夫と謳う会社は怪しいです。適切な自己資金があることが、融資審査において重要なポイントとなります。

着手金が相場の3〜10万円より高い

着手金が相場の3〜10万円よりも高い場合は、過剰な料金を請求している可能性があります。適正な料金を確認しましょう。

資金調達金額・成功率など具体的な実績数値がない

具体的な実績数値を公開していない会社は信頼性に欠ける可能性があります。過去の実績を確認し、信頼できる会社を選びましょう。

銀行業界の出身者がいない

銀行業界出身の専門家が在籍していない場合、融資審査のノウハウに欠ける可能性があります。専門知識を持った担当者がいる会社を選ぶことが重要です。

税理士法人が運営サービス提供していると財務面でもアドバイスが受けれる

税理士法人が運営しているサービスは、財務面でのアドバイスも受けられるため、総合的なサポートが期待できます。

創業融資でよくある質問

創業融資の審査で重要なポイントは何ですか?

創業融資の審査で重要なポイントは、事業計画の具体性と実現可能性、自己資金の額、事業者の経歴や信用情報です。これらの要素がしっかりと整っていることが重要です。

創業融資の成功報酬はいくらが相場ですか?

成功報酬の相場は、融資金額の3%〜5%です。これを超える場合は注意が必要です。

自己資金が全くないですが、融資は受けれますか?

自己資金が全くない場合、融資審査は非常に厳しくなります。少なくとも10%程度の自己資金を準備することが望ましいです。

カードや税金滞納があっても創業融資は受けられますか?

カードや税金の滞納がある場合、信用情報に影響を与えるため、融資審査が厳しくなります。滞納の解消が必要です。

創業融資サポートランキングに関するまとめ

創業融資サポート会社の選び方とランキングについて解説しました。私自身の経験を踏まえ、信頼性の高いサポート会社を選ぶことが重要です。適切なサポートを受けることで、スムーズに資金調達を実現し、成功への一歩を踏み出しましょう。