ファクタリング一括見積もり・査定サイトおすすめ9選【2024年最新版】

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年2月26日

ファクタリングを検討しているが「会社が多くて選ぶのが大変・手数料を下げたいが何社も調べるのが面倒」といった方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのがファクタリング一括見積もり・査定サイトです。

一括見積もりサイトを利用すれば個別見積もりをしたり、複数の会社を調べる必要はありません。

一括見積もり・査定サイトがおすすめの理由
30秒程度で3~5社に一括見積もりが可能
厳選された優良ファクタリング会社のみに依頼できる
最短3時間など即日入金に対応している
審査が柔軟で審査通過率が高い会社が多い
好条件提示の会社のみと相談・契約できる

目次

ファクタリング一括見積もり・査定サイトおすすめ9選

まずはおすすめのファクタリング一括見積もり・査定サイトを紹介していきます。

ファクタリングベスト 最短3時間入金/審査通過率9割超の優良4社に一括見積もり・査定

ファクタリングベストは法人限定の一括見積もりサイトで、情報を入力するだけで審査通過率90%以上の優良ファクタリング会社4社に査定依頼が出せて、最短3時間で即日入金となります。

情報入力は1分で完了し、1番条件のよいファクタリング会社を選ぶことができます。ファクタリングベストが定めている優良会社は下記の条件です。

  • 法外な手数料を取らない
  • 反社会勢力との関係がない
  • 担保や保証人を取らない
  • 償還請求権なしの会社
  • ヤミ金や給料ファクタリングを行わない

また提携ファクタリング会社はオンライン契約に対応しているため、スピーディーに資金調達ができ最短3時間で現金化ができます。加えて土日祝日でも営業・赤字経営でも買取を行っている会社と提携しているため、経営状態が悪い場合でも利用ができます。

ファク探 最短3時間で現金化・法人向け・優良ファクタリング会社に一括見積もり

ファク探は法人・中小企業向けのサイトで、最短3時間で即日入金ができる業者に一括見積もりが出せるファクタリング査定サービスです。ファク探が厳選した優良ファクタリング会社3社から、最も条件の良いファクタリング業者を選べます。

提携しているファクタリング会社は柔軟な独自審査を行なっており審査通過率が高く、買取金額も業界最高水準の業者を集めています。必須項目も7つだけと1分ほどで入力フォームも記載ができるため、まずは一括見積もり依頼を出してみましょう。

事業資金のミカタ 最短30秒で簡単一括見積もり・査定・1万社を超える利用者数

事業資金のミカタは利用ユーザー数が1万社を超える実績がある、ファクタリング一括見積もり・査定サイトです。希望金額・エリア・事業形態・業種・買取希望条件を入力すると、最短30秒で見積もり・査定依頼が出せます。

また提携する複数のファクタリング会社の中から、最高買取金額を提示してくれる会社がわかります。加えて電話対応が悪い・しつこい営業をかけてくる業者は、提携解除を行うイエローカード制度を設けているため安心して利用ができます。

チョウタツ王 手数料0.5%〜/債務超過や赤字決算でもOK/個人事業主も利用可能

チョウタツ王は個人事業主・法人企業でも利用ができるファクタリング一括見積もり・査定サイトです。チョウタツ王は一度の査定申込で、ファクタリング業界をリードする複数の厳選企業へ売掛金売却の査定依頼を行えます。

買取金額は30万円〜3億円まで対応しており、少額の売掛債権を売却したい個人事業主やフリーランスの方にもおすすめです。

また買取対象金額は最大3億円となっており、大きな金額の売掛債権売却する建設業界や製造業・広告業界の方にもおすすめです。手数料相場は0.5%~20%と幅がありますが、売掛債権の条件や売掛先の信用力次第では、好条件での売却が期待できます。

また債務超過や赤字決算なども不問のため、経営状態が悪い企業でもファクタリング利用ができるでしょう。

資金調達プロ 利用者1万/東証プライム上場の子会社が運営する一括見積もり・査定サイト

資金調達プロは東証プライム上場企業の株式会社セレスの完全子会社であるラボルが運営している、ファクタリング一括見積もり・査定依頼サイトです。

利用事業者数は1万社を突破しており、大手企業のグループ会社が運営しているため安心感があります。資金調達プロでは診断結果で、最もマッチング率が高い優良ファクタリング会社1社のみを紹介してくれます。

ただし注意点としては買取対象金額が100万円〜3億円となってるため、少額債権の売却よりも大口の資金調達を行いたい企業におすすめの一括見積もりサイトといえます。

Payなび 最短60分で資金化/審査通過率の実績を重視した一括見積もり・査定サイト

Payなびはおすすめのファクタリング会社に無料で一括査定・見積もり申し込みができるサービスです。一般的な一括見積もりサイトの場合は査定の問い合わせまでとなり、審査自体は利用者が申し込む必要がりました。

しかしPayなびは必要書類をWeb上でアップロードして一括見積もりを行うため、複数のファクタリング会社に審査申込みを依頼することができます。

また特徴的なのが審査通過率の実績を重視したファクタリング会社と提携しているため、これまで審査に落ちたことがある方にもおすすめです。

加えてPayなびでは仮承認を通過した会社のみから連絡がくる仕組みのため、大量の営業電話がかかってくる心配もありません。

資金調達Labアイミツ 紹介実績1万社以上/顧客満足度98%の一括見積もり・査定

資金調達Labアイミツは紹介実績1万社以上・顧客満足度98%をほこる、ファクタリング一括見積もり・査定サイトです。独自の基準でファクタリング会社の選定を行っており、信頼のある会社のみと提携しています。

一般的な一括見積もり・査定サイトとは異なり、フォームで申込みを行うと経験豊富なコンシェルジュが、利用者にあったファクタリング会社の選定を行います。そのため他社のように多く会社から電話がかかってくる心配もありません。

ファクタリングの窓口 最短3時間で資金調達/優良3社に一括見積もり依頼

ファクタリングの窓口は最短3時間で即日資金調達が可能な、法人限定のファクタリング一括見積もり・査定サイトです。厳選した3社のみに請求書の査定依頼を出し、1番条件の良い会社を見つけることができます。

審査通過率も97%以上と柔軟な審査を行うファクタリング会社と提携しており、買取率も高く納得の買取査定を出してくれます。申し込みは30秒で完了するため、まずは査定依頼を出してみましょう。

FACTORING会社の口コミ

FACTORING会社の口コミは日本最大級のファクタリング会社口コミサイトを運営している会社で、評価の高いファクタリング会社の口コミを閲覧することができます。

また一括査定サイトも運営しており、新規の申込みだけでなくファクタリング会社の乗り換え依頼も受付を行なっています。2社間・3社間ファクタリングも選ぶことができるため、売掛先に通知をしたくない場合は2社間ファクタリングを選びましょう。

ファクタリング一括見積もり・査定サイト5つのメリット

ファクタリング一括見積もり・査定サイトを利用するメリットは次の5つです。

  • 手数料を安くできる
  • スピーディーに資金調達ができる
  • 信頼性の高いファクタリング会社のみと交渉できる
  • 個別にファクタリング会社を調べる手間が省ける
  • 売却する売掛債権の相場・掛け目を知ることができる

(1)手数料を安くできる

一括見積もり・査定サイトは手数料を安くできるが1つ目のメリットです。ファクタリング会社を利用する際に、最も気になるのが手数料がいくら発生するのかです。

ファクタリング一括見積もり・査定サイトを利用すれば、利用者の提出した条件をもとに複数のファクタリング会社が見積もりを提出してくれます。

利用者としては最も条件のよい会社を選択するため、ファクタリング会社としては他社に負けないように好条件を提示してくれます。

そのため利用者は複数のファクタリング会社と個別に交渉する必要はなく、ファクタリング会社同士が条件を競いあって適正な手数料水準となります。そのため交渉する手間を省き、より良い条件を引き出すことができます。

ファクタリング会社の手数料相場・費用内訳や安くするコツはこちらの記事で解説しています。

(2)スピーディーに資金調達ができる

またファクタリング一括見積もりサイト・査定サイトを利用すると、素早く資金調達できるのもメリットです。

比較サイトや一括見積もりサイトに掲載しているファクタリング会社側からすると、出来るだけ早く見積もりを提示して、利用者と接触することが重要になってきます。

利用者としても何社も電話がかかってくると手間になってしまうので、出来るだけ早く顧客に接触する方が契約確率も高くなります。私も比較サイトや見積もりサイトの営業をしていましたが、見積もり依頼がきたら他社よりも早く接触するのがコツであると伝えていました。

連絡が遅くなるほど利用者が電話にでる・メールに返信する確率は下がります。実際、連絡が早い会社と遅い会社では、顧客接触率や商談化率には大きな差がありました。

そのためファクタリング会社としては、顧客獲得をできるように素早く見積もり提出・査定結果を回答するのです。

(3)信頼性の高いファクタリング会社のみと交渉できる

ファクタリング一括見積もり・査定サイトを利用すれば、信頼性の高い業者のみと交渉できるのもメリットです。

ファクタリング会社は中小零細企業が多く、中には詐欺やヤミ金業者も存在します。金融庁からもファクタリング会社に見せかけたヤミ金業者に関しては、注意喚起がされています。詳細はこちら

しかしファクタリングの利用経験がない方からすると、信頼できるファクタリング会社を選ぶのは大変です。一括見積もり・査定サイトは、上記のような悪質な業者の掲載はお断りしています。そのため信頼できる業者と安心してファクタリング利用ができるでしょう。

(4)個別にファクタリング会社を調べる手間が省ける

ファクタリング会社は日本に数百社と存在しています。ファクタリング一括見積もり・査定サイトを利用すれば、最適なファクタリング会社を個別に調べる必要はなく手間がかからないのもメリットです。

一括見積もり・査定サイトを利用すれば、複数のファクタリング会社から見積もり提示を待っているだけなので、待ち時間を有効に最小限にすることができます。

(5)売却する売掛債権の買取相場・掛け目を知ることができる

ファクタリング一括見積もり・査定サイトを利用することで、買取金額の相場や掛け目についても相場を知ることができます。ファクタリング審査の金額は下記のような項目で審査がされます。

  • 売掛先の信頼度
  • 売掛先との取引実績
  • 売掛金の支払い期日
  • 売掛債権の信用度
  • 利用者の企業規模・利用金額は適正か
  • ファクタリング利用者の社会的な信用度
  • 税金滞納や借入金の返済遅延など差し押さえの可能性がないか

ファクタリング会社毎で独自の審査基準を設けており、どの項目がどれくらい影響するかは依頼してみないと買取金額はわかりません。ファクタリングの審査基準や落ちる理由は?通過率を上げるコツはこちらの記事で解説しています。

また掛け目とは売掛債権全額に対していくらの割合で買取を行うかというもので、こちらもファクタリング会社毎の審査基準で変わってきます。

例えば100万円の売掛債権をファクタリング利用する時に、A社の掛け目が80%なら買取対象金額は80万円となります。B社での掛け目が90%なら90万円が買取対象金額となります。

掛け目は売掛債権の信用力によって変動し、信用力が高ければ掛け目が小さく、大きな資金調達ができます。

どういった売掛先であれば掛け目が小さいのか、どのような売掛債権なら買取金額が高くなるのかといった相場や傾向を知れるのも一括見積もり・査定サイトのメリットです。

ファクタリング一括見積もり・査定サイト3つのデメリット

ファクタリング一括見積もり・査定サイト利用のデメリットは下記の3つです。

  • 見積もり・査定依頼後に大量の電話がかかってくる
  • しつこい営業電話がくることもある
  • 地域や金額・業種によっては見積もり会社が少ないことがある

(1)見積もり・査定依頼後に大量の電話がかかってくる

1つ目のデメリットは見積もり・査定依頼後に複数のファクタリング会社から、体調の電話がかかってくることです。引越し見積もりサイトなどと同様の仕組みのため、複数の会社から個別に連絡がきます。

この点が手間に感じる方もいるかもしれません。

(2)しつこい営業電話がくることもある

またファクタリング会社によってはしつこい営業電話をかけてくることもあるでしょう。一括見積もり・査定サイトは見積もり1件あたりで数千円〜数万円といった料金体系になっています。

つまりファクタリング会社からすると広告費用をかけているわけなので、出来るだけ広告費用を回収できるように契約をしたいと考えます。

そのため中にはしつこく営業連絡をしてくる担当者・会社もあるかもしれません。

(3)地域や金額・業種によっては見積もり会社が少ないことがある

またファクタリング一括見積もり・査定サイトでは、依頼する都道府県に登録しているファクタリング会社がなければ、見積もりや査定結果が来ないこともあるでしょう。自社が首都圏ではない場合は、登録企業が少なく見積もりや査定結果が少ないことがあるかもしれません。

加えて対応している金額や業種もファクタリング会社によって異なり、特定の業界は取引していない・一定金額を超えなければ査定依頼を受けてないといった会社もいる可能性があります。

上述の通り一括見積もり・最低サイトは依頼が1件発生すると費用がかかる、従量課金型の広告であることが一般的です。そのため見積もり依頼一件に数万円が発生する時点で、少額債権の買取依頼は受けたくないと考えるファクタリング会社もいるでしょう。

ファクタリング一括見積もり・査定サイトでよくある質問

一括ファクタリングとは何ですか?ファクタリングとの違いは何ですか?

一括ファクタリングとは何ですか?ファクタリングとの違いは何ですか?
一括ファクタリングは売掛債権の現金化という観点では同様ですが、一括ファクタリングの場合は納入企業に対する支払い手段として利用されるサービスです。一般的なファクタリングでは売掛債権を保有する申込者が利用を決めますが、一括ファクタリングは売掛先が利用を決めることも多くあります。

他社利用中にファクタリングを利用したらバレますか?

他社利用中にファクタリングを利用したらバレますか?
ファクタリング会社との契約は売掛債権の譲渡契約のみのため、他社利用中に別のファクタリング会社に売掛債権を売却しても法的に問題はないです。また信用情報の照会もないため、複数併用しても黙っていればバレることはありません。

詳細についてはファクタリングで他社利用中に乗り換えや併用は可能?バレる?ファクタリング乗り換えは可能!好条件の8社・他社利用中でもOKな会社の記事で解説しています。

ファクタリング審査の緩い会社はどこですか?

ファクタリング審査の緩い会社はどこですか?
ファクタリング審査の緩い会社の定義は必要書類が少ない・審査通過率が高いということになります。その条件に当てはまるファクタリング会社は下記の4社です。
QuQuMo(ククモ):審査通過率98%・請求書・通帳の2点のみ
ビートレーディング:審査通過率98%・必要書類は本人確認証・請求書・通帳のコピー(表紙付き2カ月分)
labol(ラボル)請求書・本人確認証・取引先とのやり取りがわかるエビデンスの3点
FREENANCE:請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみ

審査が緩い個人事業主おすすめのファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

ファクタリングで即日入金で審査なしの会社はありますか?

ファクタリングで即日入金で審査なしの会社はありますか?
健全なファクタリング会社で審査なしの会社はありません。審査なしを謳っているファクタリング会社は、悪質なヤミ金業者である可能性が高いです。手数料が相場よりも明らかに高い・償還請求権ありの契約を締結するなど、リスクが大きいので利用は避けましょう。

審査なしファクタリングの危険性については審査なしファクタリングはリスク大!審査なしのファクタリングは可能?審査の重要性の記事で解説しています。