動画編集スクールおすすめ比較18選【2023年12月最新】

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2023年12月1日

目次

おすすめの動画編集スクール料金比較表

近年はYoutubeやTikTokといったSNSの発達により動画広告を行う企業も増え、動画編集や映像製作に関するスキルも需要が増加しています。今後も動画利用者は増加傾向にあり、未経験から動画編集スクールを検討している方もいるのではないでしょうか。

簡単な動画編集スキルなら独学でも習得は可能ですが、実践的なスキルを身につけるならば動画編集スクールの受講がおすすめです。

ただし動画編集スクールといっても就職や転職を目指す、副業やフリーランスとして案件を獲得をしたいなど、目的によっておすすめの動画編集スクールは変わってきます。

そこで今回は動画編集スクールの選び方や受講タイプ・メリットやデメリットについて解説しながら、おすすめの動画編集スクールについて紹介していきます。

スクール名入会金料金独立・副業サポート
MOOCRES無料 ※0円374,000円
月額:15,584円
デジタルハリウッドSTUDIO by LIG11,000円132,000円〜
分割可能
MOVA無料 ※0円150,000円〜
月額:23,000円
ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座
11,000円267,168円
月額:5,200円
デジハク無料 ※0円148,000円〜
月額:6,200円〜
DMM WEBCAMP
動画クリエイターコース
無料 ※0円169,800円〜
月額:14,900円〜
studio US無料 ※0円55,000円
月額:4,584円〜
デイトラ 動画編集コース無料 ※0円79,800円

動画編集スクールの選び方・失敗しない8つのポイント

副業やフリーランス・転職・就職、どの出口を目指すのか

動画編集・映像制作スクールに通う目的は大きく分けて、副業・転職の2つのパターンになりますが、副業か転職どちらを選ぶかによってスクールの選択肢は変わってきます。

転職活動がメインの目的であれば就職・転職を前提にした動画編集・映像制作コースの選択、副業がメインならば案件獲得まで行なっているコースを選ぶのが良いでしょう。

しかし転職サポート付きの動画編集・映像制作スクールの場合は20〜40万円ほどの費用が発生するため、自身で学習管理・モチベーション維持が可能な人は月額1万円といったサブスク型のスクールも良いでしょう。

まずはどちらを目指すのかを明確にしてからスクール選びを進めるのが無難ですが、まだ決まってないという方はそれぞれの無料相談会などで相談してみるのも良いでしょう。

授業形式は合っているか – 教室型・オンライン型・サブスク型

動画編集・映像制作スクールの学習スタイルは大きく下記の3つに分かれています。

オンライン型で身に付くのかという方もいるかもしれませんが、コロナウイルスの感染防止以降はオンラインで実施するスクールも多くなっています。

またオンラインであったも講師がマンツーマンでサポートしてくれたり、課題に対する添削を個別に行ってくれたりとサポート体制が充実している場合もあります。

特に忙しい社会人の方の場合はオンライン型スクールの方が移動時間やコストを考えるとおすすめです。対面のスクールではその場で質問したり、モチベーションが保ちやすいといったメリットもありますが学習内容やカリキュラムなどを総合的に比較して判断しましょう。

学習内容・カリキュラムの特徴を比較する

動画編集・映像制作スクールと一口にってもカットやテロップ・BGM・エフェクト・トラジションなど、さまざまな技術やスキルがあります。

どの講義を中心に学習したいかは利用者の目的や将来目指した姿によっても変わってきます。そのため目的を定めたうえで各動画編集スクールの特徴を比較検討し、基本的には複数の動画編集スクールの体験授業や無料相談を受けるのがおすすめです。

また近年ではX(旧Twitter)・Facebook・Instagram・LINE・TikTokなど、SNSマーケティングがトレンドですが、ショート動画についても学習しておけばよかったと思わないようにしましょう。

自分がやりたい仕事であるかどうかはCrowdWorks(クラウドワークス)などのクラウドソーシングサイトや求人サイトを見れば、どんな案件があるのかざっくりとわかります。

実践的な学習カリキュラムであるか

転職や就職・副業やフリーランスとして活躍するために重要なことは「必要な実践スキルが身に付くか」という点です。実践的なスキルを有している動画編集者・クリエイターを企業は求めています。

そのため座学中心のカリキュラムではなく、実際に手を動かして「テロップを入れる・BGMを入れる・エフェクトをつける」といった学習ができる実践型のカリキュラムが多い動画編集・映像制作スクールを選ぶのがおすすめです。

現場で実際に利用するツールや管理画面を操作できなければ、いくら基礎知識が高くても企業から戦力として扱ってもうまでに時間がかかってしまいます。

マンツーマンのサポートが充実しているか – 手厚いサポート

マンツーマンのサポートが充実しているかという点も動画編集・映像制作スクール選びでは重要なポイントです。

グループ型の動画編集・映像制作スクールに入会してしまうと、マンツーマンでのサポートは弱くなってしまいがちです。そのため本気で転職や副業・フリーランスを目指す場合は、1対1でのサポートが手厚いスクールを選びましょう。

また上述でも触れましたが職務経歴書の添削や面接対策といったサポートが充実していることは前提として、講師が現場に精通している人物であるかも大切です。

具体的には過去や現在で採用面接の経験がある方にサポートしてもらえると、目指したいキャリアにグッと近づくことができるでしょう。

マンツーマン指導・レッスンのおすすめ動画編集スクールはこちらの記事で紹介しています。

現役の動画クリエイターが講師を担当しているか・実績は豊富か

IT業界や動画編集・映像制作のトレンドの移り変わりは非常に早いため、現役の動画クリエイターが講師を担当しているか・実績は豊富なのかという点も選ぶ際のポイントです。

活躍していた期間が5年や10年も前だと実績はあるものの、最新の動画編集・映像制作に関しては学ぶことは難しいでしょう。例えばTikTokなどはこの2〜3年普及し、BtoB企業でも広告出稿をするようになっています。

またキャリアアドバイザーも動画編集・映像制作の経験があるかどうかも重要です。キャリア形成については現役の動画クリエイターに相談する方が、実践的な回答が得られます。

この理由は非常にシンプルですが経営のやり方をキャリアコンサルタントに聞くのと、経営者に聞くのはどちらが有益かという話です。そのためキャリア支援は現役の動画編集者・クリエイターが支援しているスクールを選ぶ方が良いでしょう。

転職や就職・案件獲得サポートは充実しているか

動画編集・映像制作を学習したとしても卒業後に就職や転職・副業・フリーランスとして活躍できなければ、費用が無駄になてしまいます。

そのため面接対策や職務経歴書の添削といった手厚いサポートがあるスクールがおすすめです。また副業やフリーランスとして活動したい場合は、案件紹介を行なっているかもチェックしておきましょう。

また副業やフリーランスとして活動することを検討している人は、受講中や修了後に実案件に関わることができるか・案件紹介を行なっているか・営業活動に関するノウハウ提供といった部分も確認しておきましょう。

就職・転職に強いおすすめ動画編集スクールはこちらの記事で紹介しています。

副業・案件紹介に強いおすすめ動画編集スクールはこちらの記事で紹介しています。

動画編集ソフトの割引購入や案件獲得・営業方法までサポートが受けれるか

またサポート内容は学習面・キャリア面・費用面で、それぞれの動画編集スクールで変わってくることが多いです。具体的なサポート内容としては下記のようなものが挙げられます。

  • 学習面でのサポート内容
    • 受講前~受講中のカウンセリング
    • 学習内容に関する質問対応(対面/チャット/メールなど)
    • 教材の閲覧し放題
    • クリエイター経験者による課題添削
    • ポートフォリオ制作支援
    • 限定コミュニティやイベントの開催
  • キャリアサポート面での支援内容
    • 就職・転職活動のキャリアカウンセリング
    • 企業の求人紹介
    • 履歴書や面接の添削指導
    • フリーランス案件の紹介
    • 初回担当案件のサポート
    • 営業活動のノウハウやクラウドソーシングのPR活動サポート
  • 費用面でのサポート内容
    • 動画編集ソフトの割引提供
    • 受講費用の割引・キャンペーン制度
    • 教育訓練給付金制度の対象コース展開

学習面やキャリア支援の観点では多くの動画編集・映像制作スクールで行われていますが、動画編集ソフトの購入割引を行なっているスクールは少ないです。

基本的にはAdbe製品がメインですが、2〜3ヶ月分の割引を用意しているケースもあるため、それぞれの動画編集スクールの費用部分について確認するようにしましょう。

今回の記事で紹介していく動画編集スクールのサポート内容については、サービス紹介部分で基本情報として整理しています。自分が利用検討したいと思ったスクールには目星をつけて、無料相談会や体験セミナーに参加するようにしましょう。

動画編集スクール受講5つのメリット・注目されている理由

では動画編集・映像制作スクールを受講することでどのようなメリットがあるのでしょうか。動画編集を学習することで得られる5つのメリットについて解説していきます。

2026年に動画広告は約4倍の1兆円越え市場へ・スマホの動画視聴は5年間で4倍に成長

2020年から5Gサービスの提供がスタートしており、5Gが普及していくことで大容量の動画でも今後はスムーズに視聴できるようになるでしょう。そうなるとYoutubeや動画コンテンツの需要は大きくなることが予想されています。

下記のデータはNielsenが発表したデジタルメディアの利用動向に関する調査結果です。

出典:Nielsen – 2019年上半期のデジタルメディアの利用動向をまとめた「Digital Trends 2019上半期」

2015年から2019年の5年間でスマホでの動画視聴は約4倍に成長しており、5Gの普及により今後もスマホやタブレット端末での動画視聴は伸びていくことが予想されています。

また下記のデータは2022年に大手広告代理店であるサイバーエージェントが発表した、動画広告市場に関する推計・予測です。すでにインターネット広告がテレビ広告の市場を抜いていることは知られていますが、動画広告の市場も拡大が予想されています。

出典:サイバーエージェント – 2022年国内動画広告の市場調査

2021年では4,205億円の市場規模ですが、5年後の2026年には1兆2,451億円と約4倍にまで成長することが予測されています。

加えて画像広告よりも動画広告の方が優れているというデータもあり、下記の内容は大阪で動画制作を行う株式会社CapWorksのブログに掲載されていた内容です。

動画広告の方が静止画広告より広告認知度が1.6倍、広告理解度が1.8倍、利用意欲は約7倍になるというデータもあります

引用:株式会社CapWorks – 動画・静止画の広告効果や特徴とは?シネマグラフポスターについても紹介

画像を活用したバナー広告よりも動画を活用したマーケティングの方が効果が高いため、今後も動画編集はニーズの高いスキルといえます。

IT・Web業界は人手不足とも言われているため、動画編集スキルを持った人材は今後も重宝されることでしょう。

転職や就職に関する求人数も多く、右肩上がりに増加傾向

また実際に動画編集・動画クリエイター職種に関する求人数も増加傾向にあり、正社員・アルバイトともに求人案件は伸びていることがわかります。

ヒューマンアカデミー – ニーズが高まる動画クリエイター・職種の紹介

これまで動画編集・映像制作といえばテレビが一般的でしたが、現在ではTikTokやYoutube・動画学習コンテンツなど、さまざまな場面で活用されています。

上記で触れたようにIT・Web業界は人手不足のため、求人数の推移からみても動画編集スキルを持った人材は、正社員にとどまらず副業やフリーランスなど活躍の機会が増えてくるでしょう。

副業容認率は60.9%・副業やフリーランスとしての活躍も期待ができる

動画編集・映像制作の場合はスキルがあれば自宅にいながら、在宅ワークも可能です。現在は副業が容認されている企業も多く、パーソル総合研究所の調査結果では、2021年と比較すると副業の容認率は55.0%から60.9%と5.9pt増加しています。

出典:パーソル総合研究所 – 第三回 副業の実態・意識に関する定量調査

副業解禁の波は不可逆といえるため、動画編集に関するスキルがあれば、週末や平日の仕事終わりの時間を活用して副業として働くことも可能です。

加えて近年では動画編集に特化したフリーランスエージェントも登場しており、フリーランスとして活躍することも期待ができるでしょう。

大学生や社会人の誰でも開始が可能・動画編集の副業で本業を超える人も登場

また動画編集はいでも、誰でも学習ができるため職種に対する性別や年齢なども関係がありません。TikTokなどの動画をみていると、大学生でも動画編集・映像制作スキルを身につけ副業を開始しているといった事例もあります。

会社員の方でも副業で本業の月収を超えるというテーマでTikTokアカウントが作成されて、会社員2年目の方が動画編集で稼ぐ過程をまとめているショート動画もあります。

そのため副業からはじめて本業の月収を超えてくれば、フリーランスとして活躍することもできるでしょう。

月収90万円以上案件も!動画編集・動画クリエイターの年収も期待ができる

フリーランスエージェントの案件を見ていると、月収で90万円を超える案件も募集されています。下記の案件はレバテッククリエイターで実際に掲載されていた案件です。

出典:レバテッククリエイター 動画編集案件

動画コンテンツの企画やディレクションなど上流工程から参画できるスキルがあれば、月収は90万円以上支払うといった企業もいます。

そのほかにも動画編集に関する案件が出ていますが、動画編集スキルだけの場合だと30万円前後の金額が多いようです。しかし、ディレクションや企画など0からコンテンツ制作ができると、高年収を獲得することができるでしょう。

レバテッククリエイターの詳細在宅案件についてはそれぞれの記事で解説しています。

動画編集スクールでの学習がおすすめな理由

近年ではYoutubeやネット上で情報を調べればある程度のことは理解ができます。動画編集についても独学で学ぼうと思えば、スキルを身につけることもできるでしょう。

しかし「実際に案件獲得を行えるようになりたい」といった目標がある場合は、独学では足りない部分もあります。次は動画編集スクールの受講がおすすめな理由について解説していきます。

オンラインでも効率的に実践的なスキルが身に付く

動画編集スクールを受講するメリットは、講師やメンターがサポートに入り短期間で動画編集に関する実践的なスキルを身につけられる点です。

動画編集スクールでの受講期間は2〜3ヶ月が多いですが、大学生や社会人の方でも利用しやすいようにオンライン型授業で、曜日や時間を調整してくれるケースもあります。

独学では動画編集で不明点が出たり、わからない部分が出た時につまづき、途中で挫折して動画編集の学習自体を辞めてしまう人も少なくないです。しかし動画編集スクールを受講すればわからないままで終わらずに、その場で講師に相談ができます。

プロの動画クリエイターから直接指導やフィードバックを受けられるため、学習の進捗やスキルの習得スピードは、独学よりも効率的といえます。

副業やフリーランスの案件獲得・転職・就職サポートも受けれる

動画編集・映像制作スクールでは案件獲得や転職サポートが手厚いケースもあります。具体的には面接対策や履歴書・職務経歴書の添削・ポートフォリオ制作・案件獲得保証・支援などが挙げられます。

スキルの棚卸しや転職先の探し方なども支援してもらえると、動画編集スキルの習得に集中できるのもメリットといえます。

またフリーランスや独立を目指している生徒には、案件獲得の具体的な方法や流れについても指導してくれる動画編集スクールもあります。実案件の紹介も行なっている動画編集スクールもあるため、受講する際にはこの部分もチェックしておきましょう。

通学・オンラインで学習できる動画編集・映像制作スクールおすすめ料金比較8選

スクール名入会金料金独立・副業サポート
MOOCRES無料 ※0円374,000円
月額:15,584円
デジタルハリウッドSTUDIO by LIG11,000円132,000円〜
分割可能
MOVA無料 ※0円150,000円〜
月額:23,000円
ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座
11,000円267,168円
月額:5,200円
デジハク無料 ※0円148,000円〜
月額:6,200円〜
DMM WEBCAMP
動画クリエイターコース
無料 ※0円169,800円〜
月額:14,900円〜
studio US無料 ※0円55,000円
月額:4,584円〜
デイトラ 動画編集コース無料 ※0円79,800円

MOOCRES 少人数&対面授業/実践型スクール/Adobe製品3ヶ月無料/PC無料レンタル

MOOCRES(ムークリ)は副業やフリーランスに特化した実践型重視の動画編集スクールです。受講中に案件獲得から納品までを体験でき、4ヶ月の間に1件の案件獲得保証も行っています。

またPCの実質無料レンタルやAdobe製品が3ヶ月無料で利用できるなど、初期コストも抑えて動画編集を学べます。また高単価な仕事につながる講義に重点を置いており、After Effectsをメインにワンランク上のスキルを持ったクリエイターを目指せます。

動画制作以外にも営業力や企画力・構成力も身につけるために、案件獲得講座や実際に案件獲得に挑戦し営業や集客の方法を、現役のプロクリエイターから学習ができます。

最大受講人数も6名までと受講生に寄り添ったサポートも特徴で、ポートフォリオ作成や案件紹介も行っており、実践的な内容を学習できます。オンラインコミュニティもあるため生徒や講師との交流もできます。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
374,000円
月額:15,584円
3ヶ月〜オンラインあり

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG /未経験OK/現役クリエイターが個別サポート

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGはWeb制作会社LIGが運営する動画編集スクールです。動画クリエイターとしての基本的なツールの使い方や編集スキル・さまざまな課題に取り組み、プロからフィードバック・添削をもらうことで実践的なスキルが身につきます。

未経験からの参加も可能で9万人以上が受講をしており副業やフリーランスとしての排出実績も豊富で、動画編集だけでなく企画やシナリオライティング・マーケティングまで学習ができます。

副業案件獲得のサポートもあり、LIGのYoutubeチャンネルの編集業務・副業案件獲得のための営業セミナー・外部企業と連携したクライアントワーク案件など、実践的なカリキュラムが盛り込まれています。

また現役クリエイターによるライブ授業や直接フィードバックがもらえる実践講義などもあり、転職やフリーランスを本気で目指す方におすすめです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
132,000円〜
分割可能
2ヶ月〜オンライン/通学あり

MOVA 最短1ヶ月で案件受注/未経験OK/高単価案件の獲得サポート/実践型スクール

MOVAは最短6ヶ月で未経験からプロ動画クリエイターになるための、動画編集・制作スクールです。東京と福岡に教室を構えており、オンライン受講・通学型の2つのタイプから選ぶことができます。

プランは2つのコースに分かれておりクリエイタートライアル講座は15万円・プロクリエイター向け講座の費用は75万円と高額ですが、6ヶ月間で基礎からさまざまな案件に対応できる超実践型のスクールになっています。

特徴としては現場を知っている現役の動画クリエイターが直接指導しているという点です。トレンドや変化が早いWeb業界では、最前線で活躍する講師からの指導も重要なポイントです。

また撮影実習やロールプレイなどが講座では用意されており、現場で求められる実践的な内容を学習ができます。編集スキルだけでなく企画立案・構成・クライアントワークも学習できるため、個人で映像制作ができる力を身につけられます。

加えてゴールは映像制作ではなく実案件の受注と制作が目標になっており、案件獲得に必要な提案書作成や企画書作成〜制作の流れまでを生徒のうちから体験ができ、卒業後に独立できるレベルの経験を積めるのも大きなポイントです。

講義形式もオフライン×少人数制の授業で行い、授業のほとんどがチームで作品制作を行うというカリキュラムになっています。そのため動画クリエイター仲間も見つけることができ、途中で挫折する心配もなく学習を進められます。

また提携する法人企業からの案件も生徒に提供しており、実案件の受注から制作までの一連の流れを講師がサポートしてくれます。卒業生は大手企業のCMや商品説明動画に取り組んでいる実績もあり、横のつながりなど人脈をしっかり作りたい方にはおすすめです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
150,000円〜
月額:23,000円
5週間〜オンライン/通学あり

ヒューマンアカデミー 現役クリエイターが添削/質問回数無制限/専任カウンセラーが付く

ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座では転職や副業・スキルアップに必要な動画編集スキルを、月額5,200円から受講できる動画編集スクールです。

現役動画クリエイターが監修した学習コンテンツや実践的なスキルを身につけるために、ポートフォリオ作成を行いプロ講師が添削・フィードバックを行なってくれます。

また専任カウンセラーが受講前から付くため挫折せずに講義に取り組むことができ、就職や転職サポートも求人紹介・履歴書の添削・面接対策も実施してくれます。

動画編集スクールでは珍しく教育訓練給付制度の対象コースになっているため、受講料の20%が支給され費用を抑えて受講ができます。オンライン・通学のどちらも選ぶことができ、自分にあった学習方法で動画編集を学べます。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
267,168円
月額:5,200円
6ヶ月〜オンライン/通学あり

Winスクール 未経験OK全国55校/安く学習が可能/個別レッスン/在宅や副業にもおすすめ

Winスクール 映像デザインコースは教室付きの動画編集スクールとしては非常にリーズナブルな価格で学習が可能です。受講料も安くWinスクールの場合は13万円ほどから講義を受けることができます。

Premiere Pro概要や基礎的な編集・カラーグレーディング・オーディオの調整・エフェクトのプリセットなど、基礎的な内容から実践的な部分まで動画編集スキルを学習ができます。

加えて全国に55校もあるため地方に在住の方でも通いやすく、オンラインレッスンも可能なためおすすめのWebマーケティングスクールです。転職や就職サポートも充実しており、履歴書や職務経歴書・ポートフォリオ作成についてもアドバイスが受けられます。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
128,000円(税込)
分割払い可能
2ヶ月〜オンライン/通学あり

デジタルハリウッドSTUDIO 未経験OK/最短2ヶ月で案件獲得/企画・実践力が身に付く

デジタルハリウッドSTUDIO 動画クリエイターコースでは、未経験からでも最短2ヶ月で案件獲得を目指せる動画編集スクールです。

動画編集に関する基礎から実践的な内容まで学習ができ、プロの動画クリエイターが直接指導を行うため企画力・実践力を身につけることができます。また副業案件のマッチングサポートもついており、スキルゼロから編集案件獲得に成功したり、受講後3ヶ月で月収が2倍になった人もいます。

特徴としては最短2ヶ月で動画編集や制作・企画・構成・動画マーケティングまで、副業に必要な実践的スキルを学習できる点です。また受講期間中に課題が与えらえ実務に近い動画制作を行い、ポートフォリオ制作にも役立ちます。

人材会社とも提携しているため副業や業務委託案件などの仕事獲得もサポートしてくれるのが強みです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
140,800円
※分割可能
2ヶ月〜オンライン/通学あり

インターネット・アカデミー 7日無料体験/現役プロ講師が指導/給付制度で割引/ママ向け

インターネット・アカデミーは25年以上の運営歴・卒業生も3万人以上の実績があり、YouTube動画制作・SNS広告制作・結婚式動画制作・CM制作などアウトプットを重視した動画編集スクールです。

利用が多いAdobe Premiere Proの基礎的な利用方法から高度な編集スキルまで、段階的に学習ができるようになっています。

現役プロ講師がマンツーマンで指導を行い、受講形式もオンライ型・教室受講型を選ぶことができます。教育給付金の対象コースにもなっており10万円が戻ってくる・最大70%OFFになるコースもあります。

また転職サポートも手厚く口コミなどでも評判が高く、動画編集者に転職したい方にはおすすめのスクールです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
184,800円
月額:4,900円
16〜32時間オンライン/教室あり

バンタンクリエイターアカデミー トレンドに合わせて毎年アップデート/現役講師が指導

バンタンクリエイターアカデミーキャリアカレッジは、撮影機材を使った動画撮影やSNSマーケティングについても学習できる通学型の動画編集スクールです。

カリキュラムは毎年業界トレンドに合わせてアップデートがされており、現役クリエイターが直接指導を行うためキャリアップに必要な情報も手に入り、人脈も広がるため副業やフリーランス活動におすすめです。

学習コースはスタンダード・プロフェッショナル・マスターに加えて、VTuber向けのコースも用意されています。

SNS運用担当としてブランド認知向上や集客増加の戦略を立案スキルも身につけられます。またスキルシェアプラットフォームやSNSなどを活用した営業手法を学ぶことで、仕事を獲得するためのトレーニングも支援しており、フリーランスや転職支援も充実しています。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
500,000円
分割支払い可能
3ヶ月〜オンライン/教室あり

動画CAMP 土日受講/案件獲得後のサポート/営業サポート/案件紹介コミュニティあり

動画CAMPは東京だけでなく沖縄や福岡・名古屋・仙台・京都・大阪など、全国に20ヶ所以上に校舎を構えている動画編集スクールです。

動画編集の講師は現場で実務経験のあるプロが担当し、案件獲得からポートフォリオ作成・獲得後のサポートまで副業に関して幅広く支援を行っています。

また動画編集だけでなくYoutubeチャンネルの伸ばし方・収益化の方法もレクチャー、動画編集者のネットワークである案件紹介コミュニティにも参加することができます。

説明会参加者には通常20万円の受講費用が、15万円になる割引も提供しているため、まずは無料の説明会に参加してみましょう。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
200,000円
セミナー参加者は150,000円
無期限オンライン/通学あり

費用が安いオンライン動画編集・映像制作スクールおすすめ料金比較5選

デジハク 採用率5%のプロ講師が個別指導/未経験OK/基礎〜ポートフォリオ作成まで実施

デジハクは未経験からでも受講可能で、採用通過率5%の講師がマンツーマンで指導してくれるオンライン型の動画編集スクールです。受講者の9割以上の方が未経験ですが、1,400人以上の人が動画を仕事にしています。

デジハクの特徴は300本以上の講座がオンラインで受講し放題な点です。AdobeソフトのPremiere Pro・After Effectsを中心に基礎から実践まで体系的に動画編集について学習ができ、マンツーマンのため何度でも質問や相談ができます。

基礎を学んだ後は講座を通して様々なジャンルの動画制作を行い、副業や転職に役立つポートフォリオ作成など、現場で必要な実践的なカリキュラムも含まれています。

講座は初級・中級・上級・実践と段階的に学習が用意されており、アウトプットにこだわった学習・サポートにより最短で動画を仕事にできる編集力が身につきます。

ポートフォリオ講座では現役のフリーランス講師からの添削・フィードバックを受けながら自分専用のポートフォリオ作成も行うため、制作実績を受講中に作れるのも特徴です。

また学習計画の作成からオンライン面談によるサポートでモチベーションを維持しながら、疑問点はすぐにチャットで質問・相談ができます。加えて受注した制作案件のについても現役のフリーランス講師に気軽に相談できるのも強みです。

無料の説明会も開催されており30秒で予約ができるので、まずは無料説明会に参加してみましょう。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
148,000円〜
月額:6,200円〜
90日間〜オンラインあり

DMM WEBCAMP 8日間返金保証/現役クリエイターが個別指導/Adobe製品2ヶ月無料

DMM WEBCAMP 動画クリエイターコースは未経験からでも動画編集が副業にできるよう、プロが解説したカリキュラムを用いて実践的な学習ができる動画編集スクールです。

24時間質問OK・レビュー回数無制限・マンツーマン指導・現役クリエイターが講師を担当するため、副業初心者にもおすすめです。また受講期間中には動画編集に関するカリキュラムだけでなく、副業案件の獲得に関する内容も学習ができます。

そのため動画編集で副業として稼ぎたい・フリーランスとして活躍したいといった方におすすめのスクールです。

受講生をサポートするために週2回のマンツーマンメンタリングサポートも実施し、学習でのつまづきや転職に関する疑問がないかをクリアにしてくれます。また8日間の返金保証制度も付いているため、安心して受講スタートをすることができます。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
169,800円〜
月額:14,900円〜
4週間〜オンラインあり

studio US 未経験OK/900以上の動画教材/15〜50本動画制作で実践スキルを習得

studio USは未経験からでも最短で動画編集スキルが身に付くオンライン型の動画編集スクールです。未経験からスキルを身につけたい・フリーランスとして活躍したい・副収入を作りたいといった方におすすめです。

未経験・初心者からでも学習できるよう講師が動画編集ツールの使い方や基礎から、応用編まで丁寧にレクチャーしてくれます。またstudio USには900以上の動画教材が用意されており、24時間いつでも好きなタイミングで学習し放題です。

サポートもしっかりと行っており受講中はプロ講師に質問が出来るため、学習中に不明点が出てきても途中で立ち止まらずに勉強を継続できます。

また実践スキルの習得にも力を入れており15〜50本の動画制作を行い、ポートフォリオの作成まで行います。加えて企業とも提携しているため、卒業後はすぐに案件チェンレジもできる仕組みになっています。

コースも基礎コースからプロクリエイター向けコースまで3段階に分かれているため、どれが良いか分からない方は無料相談の申込をしてみましょう。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
55,000円
月額:4,584円〜
3ヶ月〜オンラインあり

SHElikes 動画編集スキル以外も学べる女性向けオンラインスクール

SHElikes(シーライクス)は女性向けの動画編集スクールで、月額制のサブスク型配信の学習モデルを採用しています。

累計参加者は7万人・満足度は95%と高い数値となっており、オンラインの動画編集講座以外にもライティング・マーケティング・プログラミングといったフリーランスや副業におすすめの講座が揃っています。

多様なスキルを身につけることができるのが他のスクールとの違いです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
162,800円
月額:12,334円~
1〜2ヶ月オンライン/通学あり

Famm 最短1ヶ月・案件5件保証・ママ専用の動画編集スクール

Fammは1ヶ月から利用が可能で5件の案件保証を行なっているママ専用の動画編集スクールです。

子供のことを第一に考えながら働きたい・しっかりとスキルを身につけ自立したい・子供の成長に合わせて仕事復帰したいといったママに特化した動画編集スクールで、他のスクールとの違いはシッター付きの教室やシッター派遣を含む受講料金が特徴です。

受講期間は1ヶ月と短く短期で集中して利用ができ、金額としても173,800円(税込)と安いためおすすめです。また卒業後も講座は無料で視聴ができ、講師編の質問も6ヶ月間は無制限度で質問ができます。

副業やフリーランスとしての案件獲得もサポートしているため、キャリアサポートの面でもおすすめです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
173,800円
月額:8,900円
1ヶ月オンラインあり

動画教材で学べる費用が安い動画編集・映像制作スクールおすすめ料金比較4選

デイトラ 本格スキルを業界安水準提供/プロの添削/1年質問し放題/ポートフォリオ作成

デイトラ 動画編集コースは本格スキルを業界最安水準で学ぶことができるオンライン型の動画編集スクールです。

カリキュラムは実案件の獲得を想定した内容になっており、プロの思考法やテクニック・Youtubeに特化した編集方法・案件獲得までの道のりなど、未経験からでも稼げるための講座設計になっています。

またスクール卒業後も動画コンテンツは見放題なのが特徴で、副業目的での動画編集を目指したい方におすすめです。

またデイトラは完全オンラインだからこそ他社よりも非常に安い価格設定ですが、しっかりとプロによる添削も行われます。オンライン型で学習を進めたい・安い費用で抑えたいといった方にはおすすめの動画編集スクールです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
79,800円約3ヶ月〜オンラインあり

クリエイターズジャパン 最短2週間で副業・本業としてプロで稼げる動画編集スクール

クリエイターズジャパンは最短2週間で動画編集スキルをマスターし、副業や本業でもプロとして稼げるようになるオンライン型の動画編集スクールです。

通学不要で動画が見放題・いつでもチャットサポート・仲間と出会えるコミュニティも参加ができます。実践的な学習内容も多く編集スキルだけでなく、フリーランスに必要な営業獲得方法や単価アップの方法論まで、案件獲得に必要なノウハウも提供しています。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
79,800円2週間〜オンラインあり

Movie Hacks 現役プロ講師が教えるYouTube特化型の動画編集講座/案件獲得支援あり

Movie Hacks(ムービーハックス)は現役の動画編集者から最短ルートで動画編集を学べる、Youtube特化型の動画編集スクールです。

受講生は8,000名を超えており市場拡大が期待される動画市場で働きたい・現役の動画クリエイターから学習したい方におすすめです。個人サポートは付いていませんが、LINEによるチャットサポートで回数無制限の質問・相談ができます。

また経験豊富なメンターがスキル習得までサポートを行っており、案件獲得の講座も準備があり副業で稼ぐためのメソッドが凝縮されています。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
99,800円無期限オンラインあり

授業料が安くなる教育訓練給付制度対象のコースを紹介

動画編集・映像制作スクール受講でもらえる給付金の種類・給付金額

厚生労働省が設けている「教育訓練給付制度」の対象コースを受講すれば、通常の価格よりも安い料金で動画編集・映像制作スクールに通うことができます。

教育訓練給付制度は下記のように3つに分かれており、政府が定めた条件を満たし所定の教育訓練を受ければ支払った金額の一部を負担してもらえる制度です。

制度名内容詳細
一般教育
訓練給付金
雇用の安定・就職の促進に資する教育訓練受講費用の最大20%(上限10万円)
がハローワークから支給される
特定一般教育
訓練給付金
労働者の速やかな再就職及び
早期のキャリア形成に資する教育訓練
受講費用の最大40%(上限20万円)
がハローワークから支給される
専門実践教育
訓練給付金
労働者の中長期的キャリア形成に
資する教育訓練
受講費用の最大70%(上限56万円)
が給付金として支給される

具体的な職業・職種としては保育士や看護師などの専門職の場合は最大224万円の支給があり、大型自動車第一種・第二種免許や税理士・司法書士などは上限年間20万円支給されます。

給付金の受取・申請については、ハローワーク(公共職業安定所)から支給されることが一般的です。

受講費用が安いおすすめ動画編集スクールはこちらの記事で紹介しています。

給付金の受給対象となる条件

それぞれの教育訓練給付制度の受給対象条件は下記のとおりです。

制度名対象者
一般教育訓練給付金・受講開始日時点で、雇用保険の支給要件期間が3年以上である
・離職者は離職日の翌日以降受講開始日までの、雇用保険の支給要件期間が1年以内
・前回の教育訓練給付金の支給から、今回の受講開始日までが3年以上経っている
特定一般教育訓練給付金・受講開始日時点で、雇用保険の支給要件期間が3年以上
・離職者は離職日の翌日以降受講開始日までの、雇用保険の支給要件期間が1年以内
・前回の教育訓練給付金の支給から、今回の受講開始日までが3年以上経っている
専門実践教育訓練給付金・在職または離職中の方
・退職してから1年以内の方
・受講開始時の年齢が45歳未満の方
・一般被保険者に該当しない方

教育訓練給付制度の対象となるのは基本的には次のとおりです。

  • 雇用保険の被保険者
  • 雇用保険の被保険者であった人(離職者)

ただし上記のように一般教育訓練給付金と専門実践教育訓練給付金では、対象条件に違いがあるため注意が必要です。

一般教育訓練給付制度を利用する場合は、受講開始の日に雇用保険の被保険者であった期間が3年以上というのが条件です。

加えて退職者の場合は退職日の翌日から起算して、1年以内に受講を開始する必要があります。専門実践教育訓練給付金では受講開始の日に、雇用保険の被保険者であった期間が10年以上が条件となります。

動画編集スクールの受講は無駄・やめとけと言われる理由

動画編集を仕事にしていくのであれば、デメリットについても理解しておきましょう。

作業量が多いわりに報酬が少ない

デメリットの1つ目は動画編集という仕事は作業量が多いわりに報酬が少ないという点です。例えば動画編集が初心者の場合には、5分程度の動画でも作業時間が10時間以上発生するといったケースもあります。

加えて修正依頼が発生すればその分の作業時間も必要になります。クライアントワークや動画編集スキルを身につけるまでの期間は、作業時間に対して報酬が少ないと感じることもあるでしょう。

納期・納品スケジュールに追われる

動画編集の業務内容は仕事相手がいるクライアントワークであるため、常に納品スケジュール・納期に追われてしまうのがデメリットの2つ目です。

上記で触れたように動画編集の作業量は少なくなく、クライアントから指定のあった納期に合わせて動画編集を行う必要があります。

ただしどんな仕事でも納期を守るというのは必然的に発生することです。動画の公開予定日が決まっている場合には、納期が間に合わないとクライアントに迷惑がかかります。

納期のスケジュールも頭にいれながら、品質を担保して納品できるようスケジュール管理の能力も動画編集では大事です。

通学型の動画編集スクールのメリット・デメリット

全国各地に設置されている通学型の動画編集スクールの受講を検討している方もいるかもしれません。そこでメリットやデメリットを整理していました。

  • 通学型の動画編集スクールのメリット
    • その場で質問ができすぐに疑問を解消できる
    • そのため学習進捗が止まることがない
    • モチベーション維持がしやすい
  • 通学型の動画編集スクールのデメリット
    • 費用が高額になりやすい(家賃や光熱費など教室運営費が発生するため)
    • 通学に時間と費用がかかる
    • 通学型の動画編集スクールは多くはない

通学型の動画編集スクールのメリット

通学型の動画編集スクールでは教室で講師に直接指導をしてもらえるため、疑問や相談をその場で解決してもらえるのがメリットです。少人数のスクールであれば、仲間同士で疑問や質問を相談しあったりということもでき、交流もできます。

また定期的に動画編集スクールに通学するため学習のモチベーションを維持しやすいのメリットです。独学の場合は時間を作るのが億劫になったり、不明点が出た時に挫折するといったことも考えられます。

通学型の動画編集スクールのデメリット

一方で通学型の動画編集スクールのデメリットは費用が高くなる傾向にある点です。校舎を構える必要があるため、家賃や光熱費・人件費などオンライン型の動画編集スクールよりもコストが発生します。

加えて希望するエリアに動画編集スクールの校舎がない場合は、別の動画編集スクールを検討する、もしくは通学に時間をかけて別の校舎まで通学することになります。

社会人の場合は本業もあるため平日の夜や土日に通学に長い時間がかかると、挫折してしまう原因にもなるかもしれません。

オンライン型の動画編集スクールのメリット・デメリット

近年はコロナウイルスの感染防止の影響もあり、オンライン型の動画編集スクールも増えています。こちらについてもメリット・デメリットを整理したので、確認しておきましょう。

  • オンライン型の動画編集スクールのメリット
    • 通学型よりも受講料金が安井
    • 空いた隙間時間で勉強できる
  • オンライン型の動画編集スクールのデメリット
    • すぐに質問の返答が来ず学習が進みづらい場合がある
    • 人によってはモチベーションの維持が難しい

オンライン型の動画編集スクールのメリット

オンライン型の動画編集スクールの大きなメリットは通学型と比較して受講費用が安い点です。オンラインの場合は校舎を構える必要がなく家賃や光熱費も発生しないため、受講料が安くなる傾向にあります。

また初期費用を抑えたいという方は教育訓練給付金制度が適用となるコースを選択したり、入会金が無料の動画編集スクールを選ぶのおすすめです。

オンライン型のメリットは通学の時間が発生しないため、場所や時間に縛られずに動画編集の学習ができる点です。自分のライフスタイルに合わせて、無理なく動画編集スキルの習得をしたい人は、オンライン型の方がおすすめです。

オンライン型の動画編集スクールのデメリット

オンライン型の動画編集スクールのデメリットは疑問や質問をした時に、すぐに回答が帰ってこないケースがある点です。オンライン型の場合は基本的にはメールやチャットでやり取りを行います。

23時ごろまで対応しているスクールもありますが、遅い時間に学習をする社会人の場合だと返信が翌日になり、学習が一時的にストップしてしまい捗らない場合もあります。

最近のオンライン型の動画編集スクールでは定期的にオンライン面談を組むことで、モチベーション維持をサポートしているスクールもあります。

一人で学習を進めるのが不安に感じる方は、学習管理やメンタリングサポートが手厚い動画編集スクールを選ぶのがおすすめです。

費用を無駄にしないための動画編集スクールを受講する際の3つの注意点

自分が求めるスキルが身に付くのかをスクール受講前に確認する

1つ目の注意点としては自分が求めているスキルが身に付くかどうかという点です。例えば在宅ワークでYoutubeの動画編集をできるようになりたいのか・映像クリエイターとして転職をしたいのかで、身につけるスキルは異なります。

動画編集スクールは紹介してきたようにさまざまなコースがありますが、学習できる内容はそれぞれに特徴があります。

動画編集スクールでは無料体験や無料相談会を開催しているところも多くあります。公式ホームページで学習カリキュラムを確認し、気になるスクールがあれば積極的に参加してどんな求める内容が学べるか確認しましょう。

担当する講師は実績が豊富であるか確認する

担当する講師に実績があるかどうも確認しておくべき点です。どんな制作実績があるのか・どのような業界で活躍していたのかをチェックするようにしましょう。

経験や実績が豊富なプロ講師であれば、現場の声も含めて実践的なノウハウを習得することができるでしょう。そのため公式サイトの情報に目を通し、しっかりとプロフィールもチェックしましょう。

学習スタイル・費用は継続できそうな動画編集スクールであるか確認する

動画編集スクールでは学習スタイルや費用が大きく異なる場合もあります。そもそもスクールが遠方にあり遠すぎる・費用が高すぎる場合は、学習を継続できない可能性がでてきます。

学習スタイルは通学型かオンライン型、もしくはどちらも対応している動画編集スクールもあります。教室が近くにあり時間も無駄にならないと判断できれば、通学型の動画編集スクールでも良いでしょう。

時間や距離的にも通学できる範囲に動画編集スクールがない・仕事や学業と両立させたい場合は、オンライン型のスクールがおすすめです。

また費用が高すぎるスクールは避けるようにしましょう。費用が高いとそれだけ学習できるレベルも高い可能性はありますが、生活費を削ってギリギリになってしまっては、途中で学習を断念する結果となることも考えられます。

費用面も含めて無理なく受講できる環境であるかは、確認しておくのが大切です。

受講生タイプ別におすすめしたい動画編集スクールの特徴

副業で開始するなら実案件の獲得から納品までサポートがある動画編集スクール

働きながら稼げる副業を狙っている社会人の方は、実案件の獲得から納品までサポートしてくれる動画編集スクールがおすすめです。

上述でも触れましたが動画編集スキルを身につけるだけでは、副業やフリーランスとして活躍することは難しいです。仕事の合間を縫って効率的に営業する方法・案件獲得を行うノウハウを、教えてもらえれば短期間のスクールでも副業で稼ぐことができます。

例えばデジハクでは案件獲得から納品・単価交渉のノウハウまで講師が教えてくれます。副業を行う際の営業活動についてもアドバイスがもらえるため、実績のために獲得した案件でも効率的に単価アップをさせて、目標月収まで狙えるようになります。

動画編集を教える講師は現役のクリエイターのため、現在のトレンドや業界動向・単価相場についても把握しているので、動画編集でいかに稼ぐかを質問できるでしょう。

安さを重視するなら割引・返金保証のある動画編集スクール

とにかく費用を抑えて安く動画編集スクールを受講したいという方は、割引や返金保証・教育訓練給付制度に対応しているコースを受講するのがおすすめです。

動画編集スクールの平均費用は20〜40万円前後ですが、中には60〜80万円ほどの受講料がかかるケースもあります。自分が学習したい内容を確認しながら、受講費用を抑えたい方は割引制度や返金保証についてチェックしておきましょう。

また動画編集スクールの中にはAdobe製品を学割料金で提供している認定スクールもあるため、大学生の場合はこうした部分もチェックしておきましょう。

例えばDMM WEBCAMPやムークリではAdobe製品が2ヶ月・3ヶ月無料といったように、コストを抑えて動画編集スクールを受講できます。

またムークリではPCを持っていない人にも、実質無料でレンタルできるサポートプランもあるためおすすめです

未経験から知識も身につけたい場合はソフト提供も行なっている動画編集スクール

動画編集が未経験・初心者の場合でも基礎から知識を身につけたい場合は、実践的な学習カリキュラムがありソフトを利用する機会の多い動画編集スクールがおすすめです。

テキストや動画コンテンツを視聴しているだけでは、動画編集のスキルは身につきづらいです。そのため実際に動画編集ツールを利用しながら使い方を学習できたり、課題制作でアウトプット機会の多いスクールを選ぶのが良いでしょう。

基本的に人間はインプットだけよりもアウトプットを通じた学習の方が、学びの定着率は高くなります。

例えばstudio USは他の動画編集スクールよりも課題が多く、最大で50本程度の動画制作課題を行なっています。アウトプットが中心の講義のため、効率的にスキルを習得できるだけでなく、動画教材も常にトレンドに合わせてアップデートがされています。

とにかく動画編集ツールを利用して基礎から実践的なスキルまでを、短期間で身につけたいという方におすすめの動画編集スクールです。

動画編集スクール卒業後にクリエイターとして活躍するためのロードマップ

動画編集・クリエイターとして重要なのはスクールを卒業した後です。動画編集で稼げるようになる時間が長いと、費用を払ったスクールも卒業した意味合いが薄れてしまいます。

最短で稼げる動画クリエイターになるためには、動画市場のクリエイターエコノミーについて理解しておくの重要です。

出典:一般社団法人クリエイターエコノミー協会 – クリエイターエコノミーの市場規模算出の考え方

動画クリエイター活動による収入は上記のように、顧客の間接的な課金と直接的な課金の2種類に分類されます。

間接課金はYoutubeやTikTokなどの「メディアプラットフォームで再生数を増やすことで広告収益を上げる」、「企業が直接PR活動やタイアップ動画を制作する」インフルエンサーマーケティングなどがこれに該当します。

一方で直接課金とはユーザーを集客してコンテンツやグッズ販売・ファンコミュニティ・投げ銭システムなどで、ユーザーがクリエイターに対して直接課金する方式を指します。

プラットフォームで収益を上げるならクリエイターとの差別化・技術力・企画力が重要

メディアプラットフォームで稼げるようになるためには、YoutubeやTikTokなどで閲覧数や登録者数を増やして、他社と差別化を行なっていく必要があります。そのためには動画編集の技術力や企画力が重要です。

クリエイター自身のキャラクターを売り出す、魅力的なコンテンツを発信する、ユーザーをファン化させるなど、人を惹きつける何かをアピール出来なければユーザーは付いてこないでしょう。

メディアプラットフォーム上で戦う場合は、下記のような戦略が必要になってきます。

  • どのプラットフォームで収益化させるのかを決める
  • プラットフォーム毎のアルゴリズムやノウハウ学習する
  • テーマを決めて検索されやすい動画を投稿する
  • 同時にX(旧Twitter)やInstagramなどSNSの発信も行う
  • アナリティクスでどんな動画に反応があるかを見極める
  • 分析結果をもとに動画コンテンツを磨き上げていく

インフルエンサーマーケティングは企業とのコミュニケーションが重要

メディアプラットフォーム上でインフルエンサー的なレベルまで到達すると、企業からのタイアップやコラボなど法人案件が出てくるでしょう。

インフルエンサーマーケティングでは企業の広告塔・ブランドイメージの役割を任されることになるため、顧客となる企業側と綿密なやりとりが重要になります。

クライアント側の意見や認識をしっかり擦り合わせて、イメージと違う動画を作らないようにする必要があります。想像していたものと違うといった状態になると、再度企画から作り直しが発生する可能性があるだけでなく、クライアント側からも不信感を持たれてしまいます。

そのためこのレベルで法人案件を獲得できた場合は、しっかりと時間をかけて企画段階からクライアントと打ち合わせを行い、目的や意図を汲み取って動画を作成することが重要です。

  • 動画広告としてもニーズがあるショート動画を学習する
  • 企画内容はクライアントに投げずに、アイディア出しを積極的に行う
  • PR表記をきちんと明記する(ステマ規制)
  • 実際に商品やサービス利用して率直な意見を発信する

サブスク・課金型ツールは制作したコンテンツをファン化させるスキルが必要

直接課金ツールを活用した収益化はグッズやコンテンツ販売・投げ銭などで、直接売上が立つ稼ぎ方ですが、収益を安定させるまでには時間がかかります。

前提としてコミュニティやグッズ・コンテンツ販売ができるために、一定のユーザーを獲得しファン化させる発信をしなければ成立しません。収益化を優先して早期から行っても、ファンがついていなければ興味を持ってもらえないでしょう。

そのためある程度の人気や知名度を獲得してから、SNSなどでファンと交流を行い信頼関係を深めていくことも重要です。

  • まずは中長期で魅力的なコンテンツを発信し続ける
  • 徐々に固定ファンをつくっていく
  • SNS上で積極的にファンと交流を行う
  • 有料化するコンテンツ企画を検討する
  • 有料化によるメリットをファンに伝える

動画編集スクールに関してよくある質問

動画編集クリエイターの給料はどれくらいですか?

動画編集クリエイターの月収や給料はどれくらいですか?
求人ボックスのデータによると動画編集の平均年収は約419万円で、月給換算すると35万円程度です。アルバイト・パート・派遣社員ではそれぞれ1,091円、1,646円となっています。

動画編集で稼げるようになるにはどれくらいの期間がかかりますか?

動画編集で稼げるようになるにはどれくらいの期間がかかりますか?
完全未経緯からの状態で初めて収益を手にするまでの期間としては、3ヶ月程度が一般的と言われています。ただしカット編集やテロップ入れなど、単純作業に限定すれば1ヶ月目からも収益を上げることはできるでしょう。

動画編集ではいくら稼げるようになりますか?

動画編集ではいくらくらい稼げるようになりますか?
1本あたりの動画編集の(編集のみ)単価相場としては5,000円〜1万円程度と言われています。副業の場合はテロップ入れやカット編集など、限定的な作業内容となることもあります。

企画や構成が入ってくると5〜10万円、分析・運用支援・コンサル入ってくると30〜50万円と言われています。

動画編集スクールに通うのは無駄?独学で十分ですか?

動画編集スクールに通うのは無駄?独学で十分ですか?
動画編集の方法はネット上やYoutubeなどで情報を学べば、独学でもスキルを手に入れることはできます。しかし独学の場合はどのスキルから身につける必要があるか分からず、遠回りをするケースもあるため最短ルートとは言えません。

これは動画編集だけに限った内容ではないですが、動画編集スクールに通ったからといって、全員がクリエイターになれる・副業で稼げるとも限りません。理由は最終的には卒業生の努力やスキル次第だからです。

また「すぐに稼げるようになる方法」といったようなコンテンツを数十万円など、高額で販売している場合は情報系商材の可能性もあるため注意が必要です。個人で運営している教材は信用度も低いため、数十万円をかけのであれば、実績のある動画編集スクールを検討しましょう。