ファクタリングは請求書のみで利用できる?必要書類が少ない業者8選

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年1月13日

ファクタリングについて調べていると「ファクタリング 請求書のみ」や「個人事業主 ファクタリング 請求書のみ」・「ファクタリング 必要書類」といったワードで、月間800回以上の検索がされています。

ファクタリングは融資とは異なり請求書を売却することで、最短即日で資金調達ができるため必要書類が少ない・請求書のみで利用したいと考える方も多いことでしょう。

今回は上記の検索に関する回答をまとめながら整理し、必要書類が少ないおすすめファクタリング会社を紹介していきます。

目次

ファクタリングは請求書のみでは利用できない!可能なケースは?最低限必要な書類

結論としては請求書のみでファクタリングを利用することは出来ません。ファクタリングは会社が保有している売掛債権(売掛金)を、ファクタリング業者に売却し、入金期日より前に資金調達を行う方法です。

しかしファクタリングを利用するには必ず審査が実施され、通過しなければ利用することはできません。ファクタリング会社毎で独自の審査基準を設けているため、各社によって必要書類は異なりますが、請求書以外の書類から売掛先や債権の信用力を判断します。

審査基準の詳細はファクタリングの審査基準や落ちる理由は?ファクタリング審査に通らない12の原因と対策の記事で紹介しています。

請求書のみでファクタリング利用ができない主な理由としては下記のようなものが挙げられます。

  • 売掛先の信用力が重視されるが請求書のみでは与信調査が難しい
  • 請求書偽造の可能性もあり、サービス利用の実態があるかを調査する必要がある
  • 請求書のみでは売掛債権の二重譲渡の懸念があり、ファクタリング会社としても未回収リスクが伴う

ファクタリングは銀行融資とは異なり担保や保証人が不要で、償還請求権も発生しない契約が一般的なので、ファクタリング業者としては慎重な判断が必要です。

償還請求権とは債務の責任範囲を限定せず、金銭債権などを全額請求できる権利のことです。そのため通常のファクタリング会社では売掛先が仮に倒産しても、利用者が責任を負うことはありません。

上記のような理由から基本的に請求書のみでファクタリング実施を行う会社は存在せず、仮に請求書だけで利用できる会社であったとしても悪質な詐欺会社の可能性が高いといえます。

悪徳業者については審査なしファクタリングはリスク大!審査なしのファクタリングは可能?審査の重要性や審査落ち対策の記事で解説しています。

請求書のみでファクタリング利用が可能なケース

上述のようにファクタリング審査では「売掛金が回収できるか・売掛先の信用力は問題ないか」を判断するため、請求書のみの利用は難しいです。ただし例外的に請求書のみで対応してもらえる可能性もあります。それは次のような場面です。

  • 過去に同一のファクタリング会社を利用し信用を得ている
  • 同じ取引先の売掛債権を続けて利用している

上記の場合は詳しい審査をしなくても売掛先や買取対象の売掛債権について、既に信用力を把握できているため請求書のみでも利用できます。

ただし請求書のみの利用が認められるのは「直近の利用から半年以内・一定回数のファクタリング利用がある」など、細かな条件が設定されているケースがほとんどです。

また請求書のみで審査を受けて良いかを判断するかは、ファクタリング会社毎で異なるため、事前に請求書でのみの希望が通るか確認してきましょう。

最低限の必要書類は請求書と通帳コピーの2つ

100社近くのファクタリング会社を調査しましたが、ファクタリング利用で最低限必要となる書類は請求書と通帳コピーです。

ファクタリングは支払い前の請求書を買取って資金調達を行う方法なので、請求書がなければそもそも利用は出来ません。「売掛金が発生しているのか・売掛債権は存在するのか・売掛金はいくらなのか」が判断できなければ、審査は不可能といえます。

通帳コピーを提出するとファクタリング会社としてはさまざまなことを判断で、「売掛先との取引実態があるか・継続してい取引を行なっているか・支払いは遅延していなか」などが見えていきます。

ファクタリングは架空の請求書を偽造して資金を騙し取る詐欺行為を警戒しており、請求書の実在が薄いという判断になれば審査落ちの場合もあります。また通帳の履歴から取引先の信用度も図ることができ、支払い遅延がなければある程度の信用度があるという判断になります。

請求書と通帳コピーでファクタリング利用ができる業者は下記の4社です。

因みに個人事業主やフリーランスにおすすめのペイトナーファクタリングは2回目以降の場合は請求書のみで利用ができます。よくある質問には下記のように記載があります。

Q:ご利用にあたっての必要書類

A:「ペイトナー ファクタリング」では、請求書本人確認書類・入出金明細を必須の提出書類としております。なお、2回目以降の利用について、基本的には請求書のみ提出となっているため、 申請完了まで非常にスムーズにご利用いただくことが可能です。

引用:ペイトナーファクタリング公式サイト

個人事業主やフリーランスの場合は「最低買取金額の制限がない・1万円から買取を行なっている」AIファクタリングもおすすめです。必要書類が比較的少ないことが多く少額ファクタリングに対応しており、個人事業主などを得意としています。

ファクタリング利用で必須となる必要書類

ファクタリング利用で必須となる必要書類は基本的には下記の4つです。

  • 買取りを希望する請求書(売掛債権)
  • 同じ取引先で入金済の請求書
  • 上記の入金を確認できる通帳(コピー可能)
  • 顔写真付きの本人確認書類(免許証やマイナンバーカードなど)

上述で触れたようにファクタリング会社としても取引実態があるのか・過去に入金の実績があるかといった部分を重視することで、貸し倒れのリスクを極力低くなるようにしています。

ファクタリング利用で提出が求められる可能性がある必要書類

また必要に応じて次のような書類提出も追加で依頼されるケースもあります。

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 決算報告書 ※法人 確定申告書 ※個人事業主
  • 試算表
  • 取引基本契約書
  • 発注書・納品書・基本契約書など取引先との取引実績を示す書類

上記の書類は会社の実在を証明するために提出を求められる場合があります。上記で触れたようにファクタリング会社は架空の請求書を作成して、資金を騙し取る詐欺行為を警戒しています。実態のないペーパーカンパニーの場合は、審査落ちとなります。

ただし印鑑証明や登記簿謄本は公的書類となるため、役所の営業時間である平日に書類を取得する必要があります。そのため忙しい方がこうした書類を集めるには、時間がかかるため次の章では必要書類が少ないおすすめファクタリング会社を紹介していきます。

個人事業主やフリーランスおすすめ必要書類が少ない即日入金ファクタリング会社5選

まずは個人事業主やフリーランスにおすすめの必要書類が少ないファクタリング会社を紹介していきます。必要書類が少ないファクタリングはこちらの記事でも紹介しています。

サービス名手数料入金スピード買取可能額提出書類
QuQuMo1%〜2時間制限なし入出金明細(通帳コピー)
請求書 ※2つのみ
ペイトナー10%10分1万円〜本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
FREENANCE3%〜10%30分1万円~本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
labol10%60分1万円~本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
トップ・マネジメント3.5%〜即日30万円~3億円請求書・身分証明書
※個人事業主の場合のみ2点

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のAIオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のAIオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができます。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間制限なし請求書・通帳の2点のみ

ペイトナーファクタリング – 入金まで最短10分で即日入金/複数回申請OK/個人債権もOK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのAIオンライン完結ファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。

買取価格も1万円から利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

labol 365日24時間対応/最短60分で即日入金のAIオンラインファクタリング

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けに特化したオンライン完結ファクタリングサービスで、東証プライム上場企業であるセレス株式会社の子会社が運営しているため安心してサービス利用ができます。

labol(ラボル)の特徴は手数料が一律である・必要書類が少なく利用ができる点です。必要書類としては請求書・本人確認証・取引先とのやり取りがわかるエビデンス(メールやSlackなど)の3点だけです。

また24時間365日審査受付をしているため、いつでも利用できるます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%60分1万円〜本人確認書類・請求書
取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)

labol(ラボル)の評判や口コミ・審査落ちの理由と対策はこちらの記事で解説しています。

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。必要書類としては請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

トップ・マネジメント 支払いサイトが長い請求書も対応可能・4.5万件以上の買取実績

トップ・マネジメントは支払いサイトが長い長期の売掛債権の買取にも対応しており、45,000件以上の取引実績があり、累計買取高は100億円以上を誇るオンライン完結ファクタリング会社です。

必要書類としては請求書・身分証明書・商業登記簿謄本(法人のみ)となり、個人の場合は請求書と身分証明書の2点だけで利用ができます。

また一般的に支払いサイトが長い売掛金は未回収リスクが高くなるため、ファクタリング会社では審査落ちになるケースが多いですが、これに対応しているため支払い期日が長い売掛債権の利用にはおすすめです。

加えて手数料の上限も12.5%と比較的低水準のため、手数料が高くなりがちな建設業にはおすすめです。

また法人だけでなく個人事業主のファクタリングも可能なため、事業資金の課題がある方はまずは無料相談をしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
3.5%〜即日30万円~3億円身分証明書/会社登録簿謄本
印鑑証明書/売掛先との成因資料など

法人向け決算書不要!必要書類が少ない即日入金ファクタリング会社おすすめ比較4選

次は法人企業向けの必要書類が少ないおすすめファクタリング会社を紹介していきます。

サービス名手数料入金スピード買取上限必要書類
ベストファクター2〜20%最短即日30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書 3つのみ
ビートレーディング2%〜2時間制限なし通帳コピー(表紙付2か月分)
請求書 ※2つのみ
QuQuMo(ククモ)1%〜2時間制限なし請求書・通帳コピー
※2点のみ
えんナビ5%〜最短1日〜5,000万円請求書/3ヶ月分の通帳
※2点のみ

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のAIオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のAIオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができます。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間制限なし請求書・通帳の2点のみ

ビートレーディング – 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗オンライン完結ファクタリングサービスです。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間制限なし売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)

ベストファクター 最短1時間で資金化/審査通過率92%/買取診断が5分でわかる

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。必要書類は身分証明書・請求書・入出金のわかる通帳の3点です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書

えんナビ 最短1日で資金化/手数料最低水準/土日対応/個人利用もOK/オンライン完結

えんナビは24時間土日対応で30万円からの少額債権も買い取り対応を行なっている3社間のオンラン完結ファクタリング会社です。現金化のスピードも早く最短で1日で資金調達が可能です。

必要書類も少なく請求書と3ヶ月分の通帳があればファクタリング利用ができます。

顧客満足度は93%と非常に高いのが特徴で、手数料も5%〜と業界最安水準のためリピーターも多いです。ノンリコース契約(償還請求権ナシ)のため、もしもの場合にも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
5%〜1日5,000万円対象となる請求書と3ヶ月分の通帳など

必要書類が少ないファクタリング会社利用3つメリット

必要書類が少ないファクタリング会社を利用するメリットは次の3点です。

  • オンライン・Web上で手続きが完結するファクタリング会社が多い
  • 即日入金に対応している
  • 審査に時間がかからない可能性が高い

(1)オンライン・Web上で手続きが完結するファクタリング会社が多い

必要書類が少ないファクタリング会社はWeb上で手続きが完結する、完全オンラインファクタリングを提供していることが多いです。

これまでのファクタリング利用の場合は店舗やオフィスに来訪して書類を提出・郵送で行うことが一般的でした。しかし必要書類が少ないため、審査申し込み時にWeb上でファイルをアップロードすることが出来るようになっています。

オンラインファクタリングの場合は審査書類はWebフォームからアップロード、契約も電子契約を活用しているためWeb上で完結します。郵送と違って手間がかからないのがメリットです。

また面談なし・不要でファクタリング利用ができるため、スピーディーに審査から入金までが完了するでしょう。

(2)即日入金に対応している

提出する必要書類が少ないオンラインファクタリングでは、審査もスピーディーに実施でき即日入金に対応しているのがメリットです。必要書類が多いとチェックするのにも時間がかかるため、即日入金は難しいです。

しかしオンラインファクタリングでは提出書類が少ないため、最短2時間程度で即日入金といった業者もあります。

また最近ではAIが書類審査を行うAIファクタリングも登場しており、最短10〜60分で即日入金という会社もあります。AIファクタリングの場合は実店舗を持たないため、店舗管理や家賃・高熱費といった固定費が発生せず、店舗型のファクタリングよりも手数料が低いのもメリットです。

ファクタリングは早期に資金調達・現金化ができる一方で、手数料が高いのがデメリットでしたが、AIファクタリングなら低い手数料でコストを抑えて資金調達が可能です。

ファクタリング会社の手数料相場についてはこちらの記事で解説しています。

(3)審査に時間がかからない可能性が高い

必要書類が少ないということはそれだけチェックする時間が短くなるということでもあります。そのため審査スピードが早くなり、買取金額や掛け目の審査結果回答も早く返ってくることが多いでしょう。

必要書類が少ないファクタリング会社を選べば、審査をスピーディーに終わらることができるのもメリットです。

必要書類が少ないファクタリング会社利用2つのデメリット

必要書類が少ないファクタリング会社はメリットもありますが、下記のようにデメリットも存在します。

  • 手数料の上限値が適用となり高くなる可能性がある
  • 売掛先の信用力に依存し審査通過率が下がる可能性がある

(1)手数料の上限値が適用となる可能性が高い

1つ目のデメリットはファクタリング手数料が、上限値に近い数値に設定されて手数料が高くなる可能性がある点です。

ファクタリング会社の手数料は下限・上限が設定されているケースが多いですが、必要書類が少ないと書類の信頼性が少ないと判断されてしまい、上限手数料に近い数値が適用となるケースが多いでしょう。

書類が少ないということはファクタリング会社としても、一定のリスクを背負って買取を行うことになるため、リスク分を手数料で補っているのです。

手数料が高いとファクタリングによる資金調達金額も小さくなってしまうため、思っていたよりも手元にお金が残らないという結果になります。そのため中長期的にみるとかえって資金繰りが悪化するケースもあるので、手数料については注意しておきましょう。

(2)売掛先の信用力に依存し審査通過率が下がる可能性がある

2つ目のデメリットとしては審査通過率が下がる可能性があるという点です。ファクタリング審査では売掛先の信頼性が最も重視され、確実に売掛金が支払われるかを見極めています。

例えば売掛先が赤字経営である場合は、売掛金の回収までに倒産するリスクもあるため、審査通過率はかなり低くなります。

必要書類が多くなることで売掛先の信用度をしっかりと判断することができ、ファクタリング会社としても安心して取引ができるということになります。

しかし必要書類が少ないと売掛先がしっかりと支払いを行えるかどう判断するのが難しく、ファクタリング会社としては売掛先の客観的な支払い能力だけを見ることになるため、審査通過率が低くなる可能性があります。

審査通過率を高めたい場合は、必要書類の提出を増やすことで、売掛先に問題がない・売掛債権としても真っ当なものであることを証明していくしかありません。

審査通過率を高める方法についてはファクタリング審査に通らない理由とは?原因と通過率を高める解決策の記事で解説しています。

ファクタリング利用時の請求書に関する注意点

請求書の偽造は犯罪行為に該当する

注意点の1つ目は請求書の偽造についてですが、この行為は詐欺罪に問われるリスクがあるため注意しましょう。

(1)詐欺罪とは
詐欺罪は刑法第246条に規定されている犯罪です。「人を欺いて財物を交付させた」場合に成立します。

わかりやすい言葉を使えば、他人から金品などをだまし取った場合に詐欺罪として問われると考えれば良いでしょう。

引用:ベリーベスト法律事務所公式サイト

二重譲渡は法律違反となる

また一度売却した売掛債権を別のファクタリング会社に売却する行為は二重譲渡と呼ばれ、これも法律違反として詐欺罪に該当します。

例えばファクタリング会社Aに売却した債権を、ファクタリング会社Bに売却するといった行為がこれにあたります。二重譲渡で手に入れた現金は、自己破産した後も支払い義務が生じる可能性が高く遅延損害金が発生するリスクもあります。

そのためファクタリングの二重譲渡は行わないようにしましょう。

ファクタリング利用に関するよくある質問

ファクタリングの必要書類は何ですか?

ファクタリングの必要書類は何ですか?
ファクタリングの必要書類は下記の4つです。
・買取りを希望する請求書(売掛債権)
・同じ取引先で入金済の請求書
・上記の入金を確認できる通帳(コピー可能)
・顔写真付きの本人確認書類(免許証やマイナンバーカードなど)

また必要に応じて下記の書類提出を求められることがあります。
・商業登記簿謄本
・印鑑証明書
・決算報告書 ※法人
・確定申告書 ※個人事業主
・試算表
・取引契約書
・発注書/納品書/基本契約書など取引先との取引実績を示す書類

個人事業主ですがファクタリングは通帳なしでも利用できますか?

個人事業主ですがファクタリングは通帳なしでも利用できますか?
個人事業主・法人企業を問わず通帳なしでファクタリング利用ができる会社はありません。売掛債権が存在するかを確認したり、売掛先の支払い能力・信用度を測るため、通帳の提出は必須となります。

詳細は個人通帳なしでファクタリング利用は可能?必要書類の少ない会社5選の記事で解説しています。

ファクタリングで本人確認書類は必要ですか?

ファクタリングで本人確認書類は必要ですか?
ファクタリングでは本人確認書類は必要なケースがほとんどです。契約書の押印時には実印を利用しますが、その印鑑が真正なものであることの証明が必要なります。また法人企業の場合は代表者の運転免許証やマイナンバーカード・住民票など本人確認書類の提出を求められることがあります。

ファクタリングで必要書類が少ない業者はどこですか?

ファクタリングで必要書類が少ない業者はどこですか?
ファクタリングで必要書類が少ない業者は下記の5社です。
QuQuMo(ククモ):請求書・通帳コピー ※2つのみ
ビートレーディング:請求書・通帳コピー ※2つのみ
えんナビ:請求書・通帳コピー(3ヶ月分) ※2つのみ
トップ・マネジメント:請求書・身分証明書 ※個人の場合のみ