ラボルの審査時間は遅い?土日対応は?審査通過率や入金時間を解説

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年1月23日

labol(ラボル)について調べていると「ラボル 審査 遅い」や「ラボル 審査時間」といったフレーズでも検索がされています。しかしlabol(ラボル)は公式HPでも最短60分と大きく表示しています。

今回は「審査 遅い」・「審査時間」という検索がなぜあるのか?入金スピードや審査通過率について解説していきます。

目次

ラボルの審査時間は遅い?入金スピードを口コミや評判から分析

まずはlabol(ラボル)の審査時間は遅いのかという部分について、口コミや評判を見ながら分析していきます。

ラボルの審査時間は遅くない!最短60分で即日入金

Googleマップの口コミには2023年12月時点で565件の投稿があり、平均レビュー評価は4.7と非常に高いです。では具体的にどのような口コミがでているのかをみていきます。

初めて利用させて頂きました。オンライン上で完結でき、提出書類もとても分かりやすく審査開始から入金までの時間がとても早く、丁寧な対応で急な資金調達が必要な方は、ぜひ一度利用してみてください!個人事業主にも対応しており、素晴らしいサービスなので、今後も利用させてもらいたいです。

引用:Googleマップ

今回初めて利用させていただきました。オンライン上で完結でき、必要書類もとてもわかりやすく審査開始から入金までの時間がとてもスピーディーで、すごく助かりました。個人事業主にも対応しており素晴らしいサービスなので、今後も利用させて頂こうと思います。

引用:Googleマップ

開業まもない個人事業主です。経費立て替えなどで困っていた所、こちらを知り申し込みした所、振込みまでとても早くて助かりました。提出書類も少なく簡素で素晴らしいと思いました。web通帳のスクショでも大丈夫です。今後とも何かあればお願いします。

引用:Googleマップ

評判を見ているとほとんどの口コミの内容が審査スピード・入金までが早いという内容でした。公式HPで最短60分と記載していることもあり、入金までの時間は非常にスピーディーであることがわかります。

また審査に必要な書類が少なくて助かるという声も多いです。labol(ラボル)の審査必要書類は下記の3つです。

  • 本人確認書類
  • 請求書
  • 取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)

審査時間が短く入金スピードが早い点に加えて、必要書類が少ないのも評価が高い理由のようです。

ラボルの審査時間に関する注意点

ただしあくまでも「最短」であるため、この言葉の意味をしっかりと理解しておく必要があります。最短でということは、審査に問題がなく必要書類が揃っていた時に1番早く入金できるのが60分ということです。

そのため全ての請求書買取が60分で完了するわけではない点は理解しておきましょう。

なぜ”ラボル 審査時間”や”ラボル 審査 遅い”と検索されるのか

口コミや評判を見る限りスピードが遅いといった内容はあまり見つかりませんでした。ではなぜ「ラボル 審査時間」や「ラボル 審査 遅い」というワードで検索されるのでしょうか。

初回利用と2回目以降で審査時間が異なる

1つ目の理由として考えられるのは初回利用時と2回目以降で、審査時間が異なる可能性があるという点です。過去に申し込み実績がない場合は、利用者情報・売掛先情報ともに審査する必要があります。

しかし2回目以降の利用になるとすでにラボル側に利用者情報が登録されているため、1つの審査項目をチェックする時間が不要になります。そのため審査するのは売掛先・売掛債権(請求書)の質という部分だけになります。

こうしたことを考えると初回利用から60分で入金されるケースは稀なのではないかと推測ができます。とはいえlabol(ラボル)の公式HPには最短60分と記載があるため、期待値としては60分での審査結果通知・入金を望んでいます。

そのため60分という審査時間を経過しても結果通知が来ない・入金がされないという理由から、「ラボル 審査 遅い」と検索されているのではと思われます。こうした検索結果はありますが、上記の口コミ・評判のように入金スピードは早いことに間違いはありません。

“初回”という定義は2種類・過去に利用した売掛先かどうかで審査時間が異なる

また初回利用という言葉にはlabol(ラボル)側からすると2つの解釈があると思われます。

  1. ユーザーとして初回の利用:アカウント登録後に初めて請求書買取を依頼する
  2. 取引先が初回:過去にラボルでファクタリング実績はあるが、初めての売掛先で依頼する

labol(ラボル)側としては①と②が同時である場合は、審査に多少時間がかかる可能性が考えられます。過去に利用実績があっても、以前とは異なる売掛先の請求書を出すとあらためて与信審査を行う必要があります。

そのため過去に利用実績があったとしても、「以前と同じ売掛先の請求書を出す・以前と違う売掛先の請求書を出す」のでは、後者ではあらためて与信チェックをするため時間がかかることでしょう。

審査時間がかかるものを簡単に表すと下記のようになると思われます。

  • ユーザーとして初めての利用:審査時間は長め
  • 過去に利用実績があり以前と異なる売掛先の請求書:審査時間は普通
  • 過去に利用実績があり以前と同じ売掛先の請求書:審査時間は短い

そのため3つ目の場合であれば最短60分入金も可能性が高くなるといえるでしょう。

ラボルは土日祝日も審査・入金対応している?

次はセットで検索されている「ラボル 審査 土日」に関する内容ですが、結論からいうとlabol(ラボル)は土日祝日も請求書買取・審査依頼が可能で、土日祝日でも24時間即日入金が可能です。

ラボルは土日祝日・24時間即時入金に対応している貴重なファクタリング会社

ファクタリング会社は数百社とありますが、土日祝日・24時間即時入金対応をしているファクタリング会社は貴重といえます。土日祝日も審査受付をしている会社はありますが、あくまで審査申し込みまでです。

中には土曜日も営業していて最短即日入金の会社・土日祝日も営業している会社はあります。しかし通常のファクタリング会社では10時〜19時など営業時間が設けられているため、審査申し込みのタイミングによっては平日の入金になることもあります。

しかしlabol(ラボル)ではよくある質問の部分に下記のような記載があります。

Q:申請してから入金されるまでに、どれくらいの時間がかかりますか?

A:申請をいただいてから、最短60分で審査が完了します。審査が完了いたしますと、ご登録の銀行口座宛に24時間365日即時で入金いたします。

引用:labol(ラボル)公式ホームページより

脅威的なのは365日・24時間即時入金に対応している点です。調べて限りでは365日・24時間即時入金対応のファクタリング会社はlabol(ラボル)のみでした。

上場関連会社の中では唯一土日祝日の入金に対応している

2023年12月時点で私が調べた情報としては、土日入金対応しているファクタリング会社は6社だけでした。その中で社会的な信用力も高い上場企業の関連会社は、labol(ラボル)のみでした。

ラボルは東証プライム市場に上場しているセレス株式会社の100%子会社のため、ヤミ金業者かどうかを疑う必要はなく、安心して利用できます。

ラボルの土日祝日入金に関する注意点

ただしlabol(ラボル)で土日祝日の入金をする際には1つだけ注意点があります。ラボルの公式ホームページにある「よくある質問」の部分では、下記のように記載されています。

Q:土日祝日に入金されますか?

A:土日・祝日も審査と入金を行っています。
※追加の審査が発生するなど入金できない場合もございます。

引用:labol(ラボル)公式ホームページより

そのため必要書類がしっかりと揃っており、ラボルが独自に定めている審査基準をクリアした場合に土日祝日でも24時間即時入金されるということになります。

ラボルで審査落ちになる原因と対策はこちらの記事で解説しています。

ラボル審査落ちの場合におすすめ即日入金のファクタリング会社5選

次はlabol(ラボル)で仮に審査落ちとなった場合のために、審査通過率90%以上・もしくは即日入金に対応しているファクタリング会社を紹介していきます。

個別に複数社に見積もり依頼を出すのが手間という方は、ファクタリング一括見積もり・査定サイトを利用しましょう。また土日に審査申込をしたい方は土日対応24時間即時入金ファクタリングの記事を参考にしてください。

また個人事業主の方で審査が緩い・甘い・必要書類が少ないファクタリング会社が知りたい方は、URLをクリックして参考にしてください。

サービス名手数料入金スピード買取上限必要書類
QuQuMo(ククモ)1%〜2時間制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
ペイトナー10%10分1万円〜本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
1.5〜10%最短3時間上限下限なし3ヶ月分の通帳のコピー
売掛先の発生がわかる請求書/契約書
利用者の身分証明書
ベストファクター2〜20%最短即日30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書
ビートレーディング2%〜2時間制限なし通帳コピー(表紙付2か月分)
請求書の2つのみ
アクセルファクター2%~当日30万〜1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のAIオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができます。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間制限なし請求書・通帳の2点のみ

ビートレーディング – 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗オンライン完結ファクタリングサービスです。必要書類も請求書・通帳コピー・本人確認証の3つで利用が可能です。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間制限なし売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)

ペイトナーファクタリング 1万円〜の少額買取/最短10分で即日入金/複数回申請OK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で即日入金が完了します。

買取価格も1万円の少額債権も利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、提出書類は少なめで請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構は手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

最短30分で審査結果が提示され、振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料で済み、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間上限下限なし売掛先からの入金がわかる3ヶ月分の通帳のコピー
売掛先の発生がわかる請求書/契約書
利用者の身分証明書

アクセルファクター 審査通過率93%/5割が即日入金/手数料2%〜/継続利用で手数料減額

アクセルファクターは大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

他社で審査に落ちた場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

また継続利用で手数料も減額されるため他社利用中でファクタリング会社の乗り換えにはおすすめです。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

ベストファクター 最短1時間で資金化/審査通過率92%/買取診断が5分でわかる

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書

ラボルに関するよくある質問

ラボルの審査通過率は何%ですか?

ラボルの審査通過率は何%ですか?
ラボルの審査通過率は非公開となっています。そのため通過率は現時点では不明です。

ラボルの申請時間・審査時間は?

ラボルの申請時間・審査時間は?
ラボルの申請時間は土日祝日・365日・24時間いつでも申請可能です。審査時間は申請してから最短60分で審査が完了し、登録の銀行口座に24時間365日即時入金されます。

ラボルの審査で必要な書類は何ですか?

ラボルの審査で必要な書類は何ですか?
ラボルの審査で必要な書類は本人確認書類・請求書・取引を示すエビデンス(取引先とのメール等)のみです。決算書や通帳コピー・取引先との基本契約書などは不要で利用できます。

ラボルは土日入金できますか?

ラボルは土日入金できますか?
ラボルは土日祝日でも入金可能です。ただし追加審査書類が発生した場合は、土日祝日に入金できない場合があります。