土日・24時間対応ファクタリング会社5選・即時入金のコツ・個人事業主も利用可能

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2023年10月17日

土日・24時間即日入金ファクタリング会社の比較5選・個人事業主OK

サービス名手数料入金スピード買取可能額提出書類
QuQuMo1%〜2時間制限なし入出金明細・確定申告書など
labol10%60分1万円~本人確認書類・請求書など
ビートレーディング2%〜2時間無制限請求書・注文書・通帳のコピー
えんナビ5%〜最短1日30万円〜3ヶ月分の通帳・請求書
ファクタリングZERO1.5%~最短即日20万円~5,000万円本人確認書類・通帳のコピー・請求書

QuQuMo – 個人事業主OK/土日対応/2時間で最短入金のオンライン完結ファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、買取可能額の制限もないのが特徴です。

GMOあおぞらネット銀行の与信管理サービスである預金債権保全くん・電子契約サービスのクラウドサインを活用して、スムーズな手続きができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間制限なし請求書・通帳の2点のみ


labol – フリーランス・個人事業主向けオンライン完結ファクタリング

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けに特化したファクタリングサービスで、東証プライム上場企業であるセレス株式会社の子会社が運営しているため安心してサービス利用ができます。

labol(ラボル)の特徴は手数料が一律である・必要書類が少なく利用ができる点です。また契約書は必要なく、取引がわかるエビデンスとしてメールやチャットツールのやり取りがあれば利用できます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%60分1万円〜本人確認書類・請求書
取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)


labol(ラボル)の評判や口コミ・審査落ちの理由と対策はこちらの記事で解説しています。

ビートレーディング – 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗ファクタリングサービスです。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間制限なし売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)


えんなび – 個人事業主OK・最短1日入金・30万円から買取可能・24時間対応

えんナビは個人事業主も利用可能で24時間・土日対応で30万円からの少額債権からもファクタリングの利用が可能です。

ノンリコース契約(償還請求権なし)のため売掛金回収が出来なかったとしても、請求される心配はありません。また2社間だけでなく3社間のファクタリングにも対応しています。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
5%〜最短1日30万円〜3ヶ月分の通帳・請求書

ファクタリングZERO – 土曜日なら即日入金・審査通過率96%・個人事業主OK

ファクタリングZERO

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング1.5%〜最短即日30万円〜本人確認書類・通帳のコピー・請求書


土日・24時間対応ファクタリングで即時入金してもらうコツ

必要書類を事前に準備しておく

申込前に必要となる提出書類を事前に準備しておくのは重要なポイントです。会社によって必要となる書類は異なる場合がありますが、一般的には次のような書類が最低限でも必要になります。

  • 請求書や注文書など取引があったことがわかる書類
  • 規定の申込書
  • 通帳のコピー(3ヶ月分必要になるケースが多い)
  • 身分証明書

オンライン型のファクタリングでは基本的にはWeb上でやり取りを行うため、紙のやり取りが多い場合は普段から請求書や注文書などはデータ化しておくと良いでしょう。

必要書類が少ないファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング会社によって提出が必要なる書類というのは異なってきますが、全ての会社が求めている書類を事前に準備するのは困難かもしれません。

そのため他社と比べた時に明らかに必要書類が多い場合は、仮に入金スピード・手数料などの条件が魅力的であっても避けるようにしましょう。

理由としては審査が仮に通っても契約後の手続きに時間がかかる可能性があるためです。

完全オンライン完結ファクタリング会社を利用する

完全オンライン完結ファクタリングとはクラウドファクタリングとも呼ばれ、申込から書類提出・契約手続きがWeb上で完結し、面談や書類の郵送が不要なファクタリングサービスを指します。

これまでのファクタリングサービスでは面談を行い提出書類を郵送する必要がありましたが、完全オンライン型のファクタリングの場合は契約も含めてWeb上で非対面で利用ができます。

Web上で審査から契約が完了するため、即日入金に対応していたりスピーディーに現金化ができます。

土日の午前中に審査申込を行う

また即日入金をして欲しい場合は午前中にファクタリング申込を行いましょう。即日現金化に対応している会社の場合は、午前中に申し込めば午後には審査が完了するケースが多いです。

ファクタリング会社によって営業時間は異なりますが、10時前後までには申込を完了させておくと良いでしょう。

2社間ファクタリングの会社を利用する

個人事業主やフリーランスの方で売掛債権を売却し、即日入金したい場合は2社間ファクタリングを利用しましょう。

ファクタリングには次のように2つの種類が存在ます。

取引形態特徴
2社間ファクタリング利用者とファクタリング会社の2社間で契約
そのため入金スピードが早い
ただし手数料がやや高めに設定されている
取引先に売掛債権の売却を知られない
3社間ファクタリング利用者・取引先・ファクタリング会社の3社で契約
そのため入金スピードが遅くなる
現金化にかかる手数料が低めに設定されている
取引先にファクタリング利用を知られてしまう

上記のように取引先の承諾を得る必要がある3社間ファクタリングは、入金までに時間がかかってしまいます。そのため個人事業主の方で早期の資金化をしたい方は、2社間ファクタリングを利用しましょう。

法人の場合は債権譲渡登記不要のサービスを選ぶ

債権譲渡登記とは売掛債権を譲渡したことを法務局に記録として残す仕組みを指します。

債権譲渡登記ありの場合は登記対応を取る必要があるため、時間がかかってしまいます。時間がかかると土日対応であったとしても、結果的に振込までに長い時間が発生してしまいます。

土日祝日などで急ぎの資金調達をしたい場合は、登記不要のファクタリングを選びましょう。

土日対応・24時間ファクタリングでよくある質問

個人事業主でも土日利用できるファクタリングはありますか?

個人事業主でも土日に利用できるファクタリング会社はります。例えば次のようなサービスは利用が可能です。

即日入金のファクタリングはありますか?

土日でも即日入金対応のファクタリング会社はあります。本記事で紹介しているサービスの場合は、基本的に即日入金のサービスがほとんどです。

24時間対応のファクタリングはありますか?

24時間対応のファクタリング会社はります。labol(ラボル)では土日・24時間対応で利用が可能です。