ラボル審査落ち6つの原因と対策・口コミや評判は?通過のコツ

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年6月30日

ラボルの審査に落ちた・審査通過しなかったという方もいるのではないでしょうか。Google上の検索では月間450回近く検索回数があるため、審査落ちの方も一定数いることが推測できます。(2024年3月時点)

  • ラボル 審査落ち:370回/月
  • ラボル 審査落ち 原因:80回/月

今回はラボルで審査落ちとなる原因や理由と解決策を解説しながら、口コミや評判を見ながら審査基準やメリットについて紹介していきます。

審査落ちの可能性を感じたら2〜3社に見積りがおすすめ!
基本的にファクタリングでは審査が発生するため、複数社に相見積もりがおすすめです。複数社に依頼しておけば、1社が審査落ちでも別の会社では審査に通ることもあります。また手数料相場もわかり好条件の会社を選べます。

審査通過率90%以上・審査時間30分のおすすめファクタリング会社

サービス名審査通過率手数料入金スピード買取上限必要書類
PMG(ピーエムジー)
審査時間20分で見積提示
乗り換え率98%2%〜2時間
審査時間20分
30万〜制限無し請求書/通帳コピー
※2つのみ
QuQuMo(ククモ)98%1%〜最短2時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
ビートレーディング98%2%〜最短2時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
2つのみ
ベストファクター92%2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書 ※3つのみ

目次

ラボルの基本情報|個人事業主OK/土日祝日/年中無休/最短60分で24時間即時入金

labol(ラボル)はファクタリング会社の中でもフリーランスや個人事業主向けの資金調達サービスとして提供しているため、1万円などの少額から利用できるのが特徴です。

またファクタリング会社の中では珍しい東証プライム市場に上場している株式会社セレスの100%子会社であり、悪徳なヤミ金業者もいる中で安心して利用ができる会社といえます。

審査通過率非公開
入金スピード最短60分
手数料10%
買取可能額1万円〜100万円程度まで
契約形態2社間ファクタリング
必要書類本人確認書類・請求書
取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)
対象事業者法人企業・個人事業主・フリーランス
入金タイミング土日祝日・24時間即時入金
詳細ページhttps://labol.co.jp/

ラボルは個人事業主・フリーランス特化のAIファクタリング

labol(ラボル)の特徴は個人事業主やフリーランスに特化したAIファクタリングサービスで、これまでは個人のみに特化したファクタリングを行っていました。しかし2022年3月15日からは法人企業の利用にも対応しています。

ファクタリング会社はそれぞれに最低買取金額を設定しており、中には最低金額が数百万円といった業者もあります。しかしラボルは個人事業主やフリーランスに特化しているため、最低利用金額も1万円からと少額ファクタリングに対応しています。

ラボルは最短60分・24時間即時入金でスピードが速い

labol(ラボル)は独自のアルゴリズムによるAI審査を行うのが特徴であるAIファクタリングで、最短60分で即日入金という脅威的なスピードを実現しているもの特徴です。

一般的なビジネスローンや銀行有しと比較してもファクタリングは即日現金化ができるため、スピーディーな資金調達をしたい方におすすめの手法です。ラボルはその中でもさらに早いスピードで審査・入金が行われます。

ラボルの手数料は一律10%で明瞭

またlabol(ラボル)の特徴は手数料が一律10%である点も特徴的で、2社間ファクタリングの手数料は5〜20%前後言われています。ファクタリング会社の手数料は、売掛先の信用度や売掛債権の金額によって変動することが一般的です。

そして少額債権のファクタリングを実施する場合は、手数料の上限値である20%前後となるケースが多いですが、ラボルでは一律のため他社よりも手数料を抑えて利用できる可能性がある点もメリットといえます。

ファクタリング会社の手数料相場や費用内訳・安くするコツはこちらの記事で解説しています。

ラボルの審査時間は土日祝日・365日・年中無休で24時間即時入金対応

加えてlabol(ラボル)が優れている点は土日祝日・365日・年中無休で審査受付を行っている点で、土日祝日でも24時間即時入金対応してくれます。

ファクタリング会社は数百社とありますが、土日祝日に審査実施・入金対応まで行ってくれる会社はほぼありません。土日対応であっても、入金は平日といったファクタリング会社が多い中で、土日に入金を行う会社は非常に貴重です。

ラボルの良い口コミ・評判|オンライン完結で即日入金対応

では実際にlabol(ラボル)を利用した人はどのような印象をもったのでしょうか。非常に良い評判が多くGoogleマップのレビューは435件あり平均スコアは4.7という高い数値でした。

最短60分で24時間即時入金とスピードが早い

labol(ラボル)は登録・申請・書類アップロード・契約・入金までをWeb上で完結させられる完全オンラインファクタリングです。

そのため面談の実施も不要で非対面で入金までを完結させることができます。

初めて利用させて頂きました。オンライン上で完結でき、提出書類もとても分かりやすく審査開始から入金までの時間がとても早く、丁寧な対応で急な資金調達が必要な方は、ぜひ一度利用してみてください!個人事業主にも対応しており、素晴らしいサービスなので、今後も利用させてもらいたいです。

引用:Googleマップ

今回初めて利用させていただきました。オンライン上で完結でき、必要書類もとてもわかりやすく審査開始から入金までの時間がとてもスピーディーで、すごく助かりました。個人事業主にも対応しており素晴らしいサービスなので、今後も利用させて頂こうと思います。

引用:Googleマップ

フリーランスでも使用しやすいし対応が早くて便利です!審査から着金までのスピードも早くて文句なしです。
他社さんだとあとから資料をこれだしてくれあれ出してくれない多くストレスを感じたが、ここはそんな事なかった!

引用:Googleマップ

ラボルの口コミや評判を見るとオンライン完結で、必要書類も少なくスピーディーに資金調達ができたという声が多くあります。個人事業主やフリーランスにも対応しており、着金までのスピードが早いのがメリットです。

必要書類が3つと少ない

個人事業主やフリーランスを専門に取り扱っているファクタリングサービスのため、個人の方からの評価も非常に高いです。

また必要書類が少ないため利用者のハードルが下がるのも高評価な口コミがついている理由かもしれません。

個人事業主として複数回お世話になっています。手数料が安く、提出書類も少なくて大変満足しています。
与信枠もすぐにUPして、必要な時にすぐに対応して頂いているので、今後もお世話になると思います。

引用:Googleマップ

『ファクタリング』で検索して、ラボルさんを見つけました。初めて利用しましたが、必要書類も少なくて、簡単3分で申込みできる敷居の低さが魅力です。なによりネットで、すべて完結するので、楽々です。個人事業主も法人も利用しやすい良い会社だとおもいます。対応も丁寧だったので、また利用させていただきたいと思います。

引用:Googleマップ

個人事業主としてラボルを利用させてもらってます。数ヶ月前から突然の工事等で経費が必要になったときに、利用させてもらってます。申請も簡単で入金も早くいいサービスだと思います。

引用:Googleマップ

土日祝日でも即時入金・オンラインで完結する

中には4回以上も利用しているといった声もありましたが、何度も利用されている方も多いようです。

またlabol(ラボル)には与信アップシステムという制度があります。手数料は一律に設定されていますが利用回数が増えるほど、ファクタリング会社としても信用度が高まるため手数料を下げているようです。

初回利用10%
2回目利用9.5%
3回目利用9%
4回目利用8.5%
※こちらの表は手数料が下がるイメージで、上記の手数料になるわけではありません

過去2回ほど利用させていただいております。オンラインで完結し、審査のスピード感も早くいつも大変助かっています。支払サイトが長いとフリーランスにとっては厳しい場面も多いので、そういった方には大変役に立つサービスだと思います。ラボルさんのおかげで、事業も継続でき助けられております。これからもよろしくお願いします。

引用:Googleマップ

いつも使っております株式会社ラボル様です。 今まで利用していた会社様と違うところは 与信アップシステムと土曜日も可能な所 19時まで利用できる所、あとはなんといっても 買取スピードだと思います。 手数料も一律10%も非常に助かります。 今後共継続して利用していければ幸いです。 宜しくお願い致します。

引用:Googleマップ

これまで複数回利用していますが、いつも必要最低限の書類で審査が進み、対応も迅速で、スムーズに進むので、安心して利用することができます。利用する度に、与信スコアがアップし、それに伴って与信額も増えていくので、利用しやすくなりますね。また利用したいと思っています。

引用:Googleマップ

毎月の事業資金調達のため利用しています。
土曜日や日曜日もタイミングによっては送金してもらえるため非常に重宝しています。
提出する資料は同業と比べ最小限ですが、動画収録をして送る際のデータ容量が大きいとエラーが起きる模様。
また、申請金額を増やすための与信タスクが複数ありますが、具体的にこれをやったら○○円の与信が増えますという情報がないため、なかなか増えないと思われることもあると思います。
初回利用の段階では勝手が分からずストレスが溜まることもありましたが、2回目以降はスムーズに対応してくれます。
手数料については同業と比べると少し高い印象がありますが提出する資料の通りやすさを考えると妥当だと思います。

引用:Googleマップ

またlabol(ラボル)では上記で説明したように24時間365日対応で審査・入金手続きを行なっています。急な出費で土曜日にも対応してもらえた点も、利用者からは高評価のようでした。

最低買取金額は1万円〜と個人事業主やフリーランスおすすめ

現在は法人企業のファクタリングにも対応していますが、labol(ラボル)はもともと個人事業主やフリーランスに特化したファクタリングサービスとして登場しています。

一般的なファクタリングでは最低買取金額が30万円以上など制限がありますが、ラボルは1万円から買取対応と少額ファクタリングにも対応しています。

そのため小規模な金額での資金調達を検討している方にもおすすめなのがラボルといえます。

他社で断られたがファクタリング利用ができた

また他社で断られた売掛債権でもlabol(ラボル)では買い取ってもらえたという声もありました。そのため過去に別のファクタリング会社で、審査落ちになっていたとしても利用ができるかもしれません。

他ファクタリング業者では断られていた場合でもラボルさんはOKでした。
柔軟に素早く対応していただけるところや、WEBページも見やすく手続きがしやすかったです。
もう少し大きな金額まで対応いただければ嬉しいですが、与信を重ねることが重要でしょうかね!
また機会があれば利用したいと思います。

引用:Googleマップ

他社で断られた請求書も買取して頂くことができました。 対応も丁寧で、ファクタリング会社の中でも非常に良いと思います。乗り換える価値ありです。 継続的に利用させていただきます。

引用:Googleマップ

ラボルの悪い口コミ・評判|追加書類が必要な場合もある

では逆に悪い評判・口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。こちらもGoogleマップを参考にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

掛け目が入り金額が下がることがある

掛け目が入るというのは、例えば請求書金額の70%を買取対象とするといったファクタリング会社でのルールになります。

ファクタリング会社では仮に未回収となった場合のリスクを想定して、ほとんどの企業が7掛けで掛け目というものを一般的には設定しています。

数回同じ会社の請求書買い取りをやってもっていましたが、理由もなく、急に買取金額が下がりました。与信枠も全然ありましたが、ほんとに不明です。審査基準が適当なのかも知れません。あまりあてにならない会社です。

引用:Googleマップ

しかしペイトナーファクタリングの場合は掛け目が入らないと言われているため、もし希望金額に満たなかった場合は他社を検討しても良いかもしれません。

<一般的なファクタリング会社の掛け目>

会社・サービス名掛け目
ペイトナーファクタリングなし
ビートレーディング7掛け
いーばんく8掛け
日本中小企業金融サポート機構7掛け
アクセルファクター7掛け
引用:専門家の相談室 – ペイトナーファクタリングのリアルな評判・口コミより参照

審査によっては審査落ちのケースも

labol(ラボル)を利用した方の中には個人事業主でも請求書を買い取ってもらえなかった・審査落ちという口コミもありました。

個人事業主に特化したファクタリングサービスを提供していますが、売掛先の信用度が低ければ基本的には審査落ちとなってしまうことが一般的です。

加えてラボルでは3社間ではなく2社間取引を実施しているため、取引先の信用情報は重視されやすいといえます。そのため売掛先の経営状況や信用度はチェックした上で、信用度の高い請求書で審査依頼をしましょう。

初めて利用します。会社員+個人事業主として活動しているため、ネットで完結するサービスは非常に嬉しいです。 ただ、買い取りで初回から否決になってしまい、期待していただけにガッカリしました。 クライアントが年配の多い会社で、口頭や手渡しでのやり取りが多かったことと、クライアント側に会社ドメインがなかったことでエビデンスが足りなかったのかもしれません。 継続的なお付き合いがあり、過去にも入金記録があったので信頼してもらえると思いましたが残念です。

引用:Googleマップ

個人事業主です。スピードや審査などは早いのですが、なかなかうまくいかないです。

開業して間もないので仕方ないかなとは思いますが、必要な時にうまくいかないので、困っております。

もう少し審査などが透明性のあるものであれば、もっと使用しやすいかなと思ってます。

引用:Googleマップ

まだ申請段階ですが、少額から利用できるファクタリングは個人事業主の方達には強い味方かと思います。
何度か申請してますがなかなか通らないので通すのも大変ですが、審査が通るのであれば引き続き利用を考えたいです。

引用:Googleマップ

使いやすさとレスポンスの速さはとても魅力的です。ただ、初回取引の売掛先の場合ほぼ買い取ってもらえない印象。

引用:Googleマップ

オンライン完結なので電話相談ができない

これはオンライン完結型なので仕方ない部分ですが、labol(ラボル)ではメールやチャットでの対応となり電話での相談はできません。

そのため事前に相談がしたい方は別のファクタリング会社を検討しましょう。

フリーランス向けファクタリングおすすめ比較10選・即日対応

個人事業主で困ってる人いたら使ってみてはどうでしょうか? 審査はオンライン上で完結してい、尚且つ迅速な対応もして頂いたのでとても感謝しております。 銀行と違い書類も少なめなので助かりました。 そしてなんと言っても通常銀行等平日しか対応してない所も土曜日も受付してくれるので、平日忙しくて取引出来ない人にもおすすめです! 強いて残念な所があるとすれば全てがオンライン上なので電話対応がない所だと思います。

引用:Googleマップ

追加書類の提出が必要な場合がある

labol(ラボル)ではファクタリング契約には本人確認証・請求書に加えて、場合によっては取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)の3つが必要となります。

売掛先の経営状況によっては継続取引ができているのか・取引実態はあるのかといった部分を、ファクタリング会社側としても確認できなければ未回収リスクは高まるため審査落ちの理由となります。

直接やりとりをしていることが多くメールなどのエビデンスをら求められた事にうちは向いていなかったのが残念ですが結果などは早かった

引用:Googleマップ

数回利用したが、機動的な資金調達には向かない印象。支払い期日を守っているにもかかわらず、同じ取引先の請求書でもメールで申請可能額を減額してくるようでは、安心して利用できない。他の人も書いてたが、再申請後に追加資料を要求されるのもマイナスポイント。それに、あの与信枠って意味あるの?100万円の与信枠で申請可能額が40万とか…釣りですか?

引用:Googleマップ

labol(ラボル)は審査に必要な書類が少なくスピーディーな入金が特徴のため、追加書類を求められると悪い評判となるようです。

審査に時間がかかることもある

これはどこのファクタリング会社でも起こり得ることですが、取引先や売掛債権の内容によっては、申込から審査までに多少時間がかかる場合もあります。

最短即日入金ができると謳っているだけに、1〜2日遅れるだけでも利用者としては悪い評価となるようです。

審査まで時間がかかったが希望通りだった。

引用:Googleマップ

事業資金調達にファクタリングを初めて利用しました。審査に時間を要するのかと思っていましたが、私の場合は提出書類の不備があったにも関わらず、申請からわずか2日で調達できましたし、全てオンラインで解決できてとても使いやすいサービスです。また利用させていただきます。

引用:Googleマップ

関連記事:ラボルの審査は遅い?土日対応は?審査通過率や入金時間を解説

ラボルで審査落ちになる6つの原因・理由

labol(ラボル)で審査落ちとなった際に考えられる主な原因・理由は次の6つです。

  • 売掛先の信用力が低い
  • 提出した必要書類に不備がある
  • AI審査で請求書内容が不明瞭と判断された
  • 支払い期日が150日以上の請求書
  • 売掛先が個人の請求書
  • 海外在住者である

(1)売掛先の信用力が低い

ファクタリングサービスは買い取った請求書がしっかりと売掛先から支払われることを前提に、売掛債権の買取を行なっています。そのため売掛先の信用度・支払い能力がなければラボル側としても審査で落とさざるを得ません。

上述でも触れたようにファクタリングは融資とは異なり、請求書毎に審査を行い利用者ではなく売掛先の信用度が最も重要といえます。例えば下記のような場合は信用度が低いと判断されるでしょう。

  1. 売掛先の経営状況が悪い
  2. 創業から年数が浅い
  3. 売掛先がトラブルを起こしている
  4. 売掛先の実在が確認できない

1については売掛先が赤字続き・資金繰りに困っていると判断された場合などです。場合によっては倒産の可能性もあるため、売掛金の回収ができないことも考えれます。そのため経営状況が悪い売掛先も審査落ちの対象となります。

2については創業から年数が浅い零細企業の場合は、信用力が低いと判断されてしまうためです。繰り返しになりますがファクタリング審査では、売掛先の信用力が重要です。経営基盤が安定していない年数が浅い場合は審査落ちの可能性が高くなります。

3の場合は売掛先情報を調べても確認が取れないといったケースです。売掛先としての実態が確認できなければ、架空請求の疑いがある・支払いが行われない可能性があると判断されます。

4についても過去に支払いに関してトラブルを起こしているといった場合には、未回収リスクがつきまとうため審査落ちの対象となる可能性が高くなります。

また税金滞納がある場合も上記と同様に信用不十分と判断されてるでしょう。

(2)提出した必要書類に不備がある

またlabol(ラボル)の審査落ちで考えられる理由の1つに、提出した書類が足りていない・記入漏れがある・虚偽記入といった書類に関する不備です。

ラボルの審査に必要な書類の条件は下記のとおりです。

  • 売却する請求書
  • 本人確認書類
  • 取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)

記入漏れはフォーム入力の際に審査に必要な情報が記入されておらず、審査落ちとなるケースです。審査を出す前にしっかりと必要な情報が記入できているか確認しましょう。

また虚偽記入については自分から進んで行う人はいないと思いますが、入力情報と提出情報にズレがあると虚偽記入を疑われてしまいます。そのため提出書類と入力情報が一致しているかを確認するようにしましょう。

AIで審査を行っているため情報のズレがあると、審査落ちとなる可能性が高くなります。

(3)AI審査で請求書内容が不明瞭と判断された

上述で解説したようにファクタリングでは基本的に売掛先の与信・信用度が重要となります。そのため請求書の売掛先情報が不明瞭であった場合は審査に落ちるという結果になります。

基本的な内容ではありますが請求先名がしっかり記載されていなければ、審査には通らないでしょう。そのため請求先が略称になっていないかも確認しましょう。

特にAIが審査を行うlabol(ラボル)の場合は提出した請求書の内容を自動的に判断するため、書類の内容が不明瞭となれば審査要件を満たしていものとされ、自動的に審査落ちとなるでしょう。

請求書には一般的に以下のような項目の記載がされているのが必須となるため、しっかりと確認しておきましょう。

  • 請求先の氏名または会社名
  • 請求元の情報
  • 発行日
  • 取引内容
  • 取引金額

(4)請求書の支払い期日が150日以上

labol(ラボル)では売掛先の支払い期日が150日よりも長い場合は利用できません。ファクタリング会社としては支払いサイトが長くなるほど、売掛金回収までに倒産する・経営悪化を招くといったように回収リスクが高くなります。

そのためラボルでは151日以上の売掛金(請求書)は買取対象外としています。これはラボルに限らずどのファクタリング会社でも、支払いサイトが長くなるほど審査落ちの可能性は高くなります。

(5)売掛先が個人の請求書

またラボルでは売掛先が個人事業主やフリーランスの場合は審査落ちになります。公式ホームページにも個人間の請求書は利用できず、法人企業が取引の場合のみ買取に対応していると記載があります。

Q:個人間での取引の請求書は利用できますか?

A:現時点では、法人が取引先となる請求書のみ買い取りをさせて頂いております。

引用:labol(ラボル)公式サイトより

個人事業主やフリーランスの方がファクタリング利用するのは問題ありませんが、売却する請求書(売掛先)が個人の場合は利用できない点に注意しておきましょう。

(6)海外在住者である

labol(ラボル)では海外在住の方が利用するのは不可能になっているため、審査落ちの原因となります。日本法人の海外企業の売掛債権の利用は可能ですが、自身が海外在住の場合は利用できない点についても抑えておきましょう。

ラボルで審査落ちを避けて2回目以降で審査通過するための6つのコツ

ラボルの審査落ちを避けて通過率を高めるコツは下記の6つです。

  • 信用力が高い売掛先の請求書を審査に出す
  • 初回利用時は債務者の住所がハッキリした請求書を出す
  • 提出書類に不備がないかチェックする
  • 一定期間を空けてから審査依頼を出す
  • 2回目以降のためにも支払い期日は守る
  • 他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

(1)信用力が高い売掛先の請求書を審査に出す

labol(ラボル)の審査落ちを回避する方法としては、信用度が高い売掛先の請求書を審査に出すのも大切です。例えば大手企業や上場企業・地方公共団体や官公庁などの公的機関の場合は、未回収になる可能性は低く倒産するリスクは限りなくゼロに近いです。

上記に該当する売掛先ではなかったとしても、経営状態や財務基盤が安定している・売上が順調に伸びている会社の請求書を審査に出す方が審査落ちのリスクは低くなります。

(2)初回利用時は債務者の住所がハッキリした請求書を出す

初回利用の際はファクタリング会社との信頼関係が構築できていない段階です。そのため初回取引の場合は2回目以降の利用よりも、慎重に審査を実施することが多いです。

そのため所在が怪しい・疑われる会社の売掛債権は審査に出さないようにしましょう。ファクタリング利用は1回ではなく、複数回利用する可能性もあります。継続的な信頼関係を構築できるよう、信頼性に問題がない請求書を審査に出すのが重要です。

(3)提出書類に不備がないかチェックする

書類不備の場合は審査に落ちるの理由もありますが、labol(ラボル)社からの信用が落ちる可能性があります。多少の書類不備であれば連絡が来て修正依頼の場合もありますが、不備が多い場合は利用者の人間性や信用度が低いと思われることもあるでしょう。

そのため審査依頼をする前にしっかりと提出書類に問題がないか・入力フォームと情報が一致しているかを確認しましょう。

  • 売却する請求書
  • 本人確認書類
  • 取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)

ラボルの審査では上記の3つが必要となる審査書類です。3つの書類が鮮明に見えるかも確認してから審査申し込みを行いましょう。

(4)一定期間を空けてから審査依頼を出す

1度labol(ラボル)を利用するとAIを用いた審査サービスのため、利用者の与信情報・売掛先のデータは残っている状態になります。その状況ですぐに2回目の審査を受けても、審査に落ちやすくなる可能性があります。

ラボルを再度利用しようと考えている方は、一定期間を空けてから以前とは別の請求書でファクタリング審査申し込みをするのが良いでしょう。

(5)2回目以降のためにも支払い期日は守る

labol(ラボル)のファクタリングは2社間ファクタリングのため、売掛金を回収したら期日までに入金する必要があります。

入金が遅延するとこれも信頼を損ねてしまう可能性があります。入金が遅延すると2回目以降の審査で不利に働く可能性もあるため、取引先から入金があった場合はスピーディーに振込を行うようにしましょう。

(6)他社と相見積もりを取る・一括見積もりや査定サイトの利用

ファクタリング会社の審査落ちたからといって心配する必要はありません。ファクタリング審査は各社が独自の基準で審査を行っているため、1社の審査落ちたからといって他社でも通らないことはありません。

そのため1社の審査依頼で審査落ちリスクを避けたい場合は、複数社に相見積もりを取るのがおすすめです。

ただし個別何社も相見積もりを取るのが手間という方もいるでしょう。そんな方におすすめなのがファクタリング一括見積もり・査定サイトの利用です。下記のようなサービスでは複数社に一括で見積もり依頼が出せます。

サービス名対象特徴
ファクタリングベスト法人/中小企業最短3時間入金/審査通過率9割超の優良4社に一括見積もり
ファク探法人/中小企業最短3時間で現金化/優良ファクタリング会社に一括見積もり
事業資金のミカタ個人事業主/法人個人事業主OK/最短30秒で簡単一括見積もり/利用者1万人
ランクファクター個人事業主/法人土日祝日営業/最短3時間で即日入金
資金調達プロ法人/中小企業東証プライム上場の子会社が運営する一括見積もりサイト

ラボルを利用する4つのメリット

ラボルを利用するメリットは下記の4つです。

  • 個人事業主・フリーランスに特化している(法人利用も可能)
  • 最短60分入金・24時間365日対応で土日祝日でも入金される
  • 完全オンライン完結で面談・書類の郵送は不要
  • 1万円から買取可能・少額からでも利用できる

個人事業主・フリーランスに強い ※法人利用も可能

labol(ラボル)では公式HPのトップでも個人事業主・フリーランスに特化したファクタリングサービスと記載されています。

個人事業主ではファクタリング利用ができない企業もいる中で、フリーランスや個人に特化しているため信頼して資金調達ができます。

また口コミ・評判でもあったようにサポートもしっかりしてるため、安心して利用ができるでしょう。

土日祝日対応で最短60分・24時間即時入金

labol(ラボル)のメリットは最短60分の即日入金に加えて、土日祝日も含めて365日・年中無休で対応している点です。ファクタリング会社の中には土日は対応していない場合が多いため、ラボルは貴重なファクタリング会社といえます。

また審査が通過すれば土日祝日に関係なく、最短60分で24時間即時入金となるため資金調達を急いでいる方にはおすすめです。

オンライン完結で面談・書類の郵送は不要

labol(ラボル)は完全オンライン完結型のファクタリングサービスのため、全ての手続きがWeb上で行えます。

これまでのファクタリングでは面談のために店舗へ来店したり、書類を郵送する必要がありましたがこうした手間や費用は不要になります。

他にもオンラインファクタリングを実施している企業はあるため、他社と比較したい場合は別の記事でも紹介しているため参考にしてください。

またラボルのようなAIファクタリングサービスは審査スピードが早く、AI審査のため最小限の人件費・店舗を持たず家賃や店舗管理費が発生しないのが特徴です。そのためフリーランスや個人事業主の少額債権を得意としています。

一度審査に落ちたという方は他のAIファクタリングサービスの利用も検討してみましょう。

1万円から買取可能・少額利用できる

加えてlabol(ラボル)のメリットは1万円からの少額から利用ができる点です。通常は30〜50万円など、請求書の買取価格に下限を設けている場合が多いですが、少額からファクタリングで資金調達ができるのは嬉しいポイントです。

ラボルを利用する3つのデメリット

手数料は一律10%

メリットが多い一方でlabol(ラボル)にはデメリットもあります。1つ目は手数料が一律10%であるという点です。

ファクタリング手数料が固定のため金額の大小で支払われる額を気にする必要はありませんが、金額によっては他社の方が手数料は安くなる可能性もあります。

ただし一般的に30万円未満など少額ファクタリングを実施する場合は、手数料は上限値の適用となるためラボルの方が安い場合があります。2社間ファクタリングでは2〜20%が一般的な手数料相場のため、逆に一律10%は安く作用する可能性もあります。

高額なファクタリングには不向きな可能性がある

labol(ラボル)は買取の上限金額は明示していませんが、基本的にフリーランスや個人事業主といった小規模事業者を対象に取引を行なっています。

買取金額の上限が設定されていないため、大口のファクタリングには不向きの可能性があります。本来であれば買取上限がいくらかを本記事でも伝えたい部分ですが、未記載となっていることから大口に対応しているかは不明瞭といえます。

また手数料が一律固定である点も踏まえると大口対応は行なっていない可能性も考えられます。一般的なファクタリングでは売掛債権の金額が大きくなるにつれて、手数料は下がっていく料金体系となっています。

こうした理由からlabol(ラボル)に高額な請求書を持ち込んでも審査に落ちてしまう可能性があります。

大口のファクタリング会社を探している場合は、買取上限額が1億円以上・制限がない大手ファクタリング会社上場企業が運営するファクタリング会社の利用を検討してみましょう。

売掛先が個人の場合は利用できない

こちらについては上述でも触れた内容ですが、ファクタリングでは売掛先の信用度が重視されます。一般的に法人よりも個人の方が社会的信用度は低いと判断されます。

そのため売掛先が法人ではない場合は対応してもらえず審査落ちとなってしまうでしょう。

売掛先が個人の方が多いという場合は、個人間取引の請求書にも対応しているペイトナーファクタリングの利用を検討しましょう。

ラボル審査落ちの方におすすめの即日入金ファクタリング5選

次はラボルで審査落ちとなった方におすすめの審査通過率90%以上、もしくは必要書類が少ないファクタリング会社を紹介していきます。

審査が甘い・緩いファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

審査落ちの可能性を感じたら2〜3社に見積りがおすすめ!
基本的にファクタリングでは審査が発生するため、複数社に相見積もりがおすすめです。複数社に依頼しておけば、1社が審査落ちでも別の会社では審査に通ることもあります。また手数料相場もわかり好条件の会社を選べます。

サービス名通過率手数料入金スピード買取可能額必要書類
PMG(ピーエムジー)
審査時間20分で見積提示
乗り換え率98%2%〜2時間
審査時間20分
30万〜制限無し請求書/通帳コピー/決算書
※3つのみ
QuQuMo(ククモ)98%1%~2時間
審査時間30分
制限なし請求書/通帳コピー
※2つのみ
labol(ラボル)
土日祝日対応
24時間即時入金
90%一律10%60分
審査時間10分
1万円〜本人確認証/請求書
メールなどのエビデンス
※3つのみ
ベストファクター92%2%~最短1時間
審査時間30分
30万〜1億円本人確認書類/通帳コピー
請求書 ※3つのみ
ビートレーディング98%2%~2時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー
請求書 ※2つのみ
日本中小企業
金融サポート機構
95%1.5~10%3時間
審査時間30分
制限なし通帳のコピー/請求書
身分証明書 ※3つのみ

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のAIオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができ、審査時間は最短30分と非常に早いのが特徴です。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間
審査時間30分
制限なし請求書・通帳の2点のみ
※土日祝日も受付中ですが入金は平日となります

PMG 個人OK/乗換率98%/審査時間20分で見積提示/2時間入金/手数料2%〜/30万円〜買取

PMG(ピーエムジー)30万円からの少額でも買取対応で個人事業主も利用できるオンラインファクタリング会社で、審査時間は業界最短の20分で見積提示・最短2時間で入金となります。

手数料も2%〜と低水準で、月間1,500件以上の請求書買取を行う業界大手ファクタリングです。他社からの乗り換え率は98%・96%のリピート率と非常に高いのが特徴です。

買取金額も上限がないため中小企業から大手企業まで幅広い企業・建設業や広告など様々な業界で利用実績があります。またファクタリングだけでなく財務コンサル・融資支援・助成金/補助金紹介なども行っており、資金調達に関する様々なサービスも受けられます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2%〜2時間
審査時間20分
30万円〜上限なし請求書・通帳コピー
※2点のみ

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

必要書類も通帳コピー・請求の2つのみで最短30分で審査結果が提示され、振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料で済み、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー
請求書 ※2つのみ

ビートレーディング – 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗オンライン完結ファクタリングです。必要書類も請求書・通帳コピーの2つでのみ、審査時間も30分・最短2時間入金と非常に早いのが特徴です。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間
審査時間30分
制限なし通帳コピー/請求書
※2つのみ

ベストファクター 最短1時間入金/審査通過率92%/5分でわかる買取診断/非対面契約

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳コピー
請求書 ※3つのみ

ペイトナーファクタリング – 入金まで最短10分で即日入金/複数回申請OK/個人債権もOK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのAIオンライン完結ファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。

買取価格も1万円から利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。提出書類は少なめで請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

最低買取金額も1万円からと少額債権にも対応しており、個人事業主やフリーランスの方におすすめです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額提出書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

ラボルに関するよくある質問

ラボルはヤミ金業者なのですか?

ラボルはヤミ金業者なのですか?
ラボルはヤミ金業者ではありません。東証プライム上場企業のセレス株式会社の100%子会社である、株式会社ラボルが運営しています。

ラボルの審査通過率はどれくらいですか?

ラボルの審査通過率はどれくらいですか?
ラボルの審査通過率は非公開となっています。一般的なファクタリングの審査通過率は70%前後と言われています。

ラボルは土日審査・入金対応してくれますか?

ラボルは土日審査・入金対応してくれますか?
labol(ラボル)は365日・24時間対応を行なっているため、土日祝日でも入金されます。ただし追加審査書類が発生した場合は、土日祝日に入金できない場合があります。

ラボルの営業時間はいつまでですか?

ラボルの営業時間はいつまでですか?
株式会社ラボルの営業時間は10:00〜19:00です。ただしラボルはAIファクタリングサービスで人が審査を行わないため、土日祝日も含めて24時間即時入金に対応しています。

ラボルで必要な書類は何ですか?

ラボルで必要な書類は何ですか?
labol(ラボル)の審査で必要な書類は、本人確認書類・請求書・取引を示すことができるエビデンスの3種類です。

ラボルは個人事業主・フリーランスでも利用できますか?

ラボルは個人事業主・フリーランスでも利用できますか?
labol(ラボル)は法人企業だけなく個人事業主・フリーランスの方でも利用できます。