【2024年版】少額ファクタリングおすすめ13選!即日入金・個人利用も可能

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年2月22日

ファクタリングを検討している方の中には「少額ファクタリングのおすすめ会社は?・10万円からでも買取はできる?・少額を理由に断られたけど他にはない?」といった方もいるのではないでしょうか。

ファクタリング会社によって買取可能な金額は異なるため、10万円など少額債権には対応していない業者もあります。しかし中にはAIファクタリングのように、審査がスピーディーで少額債権・個人事業主やフリーランスを得意としている会社もあります。

今回は個人事業主やフリーランスも利用できるおすすめの少額ファクタリング会社を紹介していきます。

目次

ファクタリングは10万円以下の少額でも利用可能!

大手ファクタリング会社の場合は最低買取金額が数百万円〜数千万円といった業者もあります。しかし数万円〜数十万円といった少額債権の買取対応をしている会社もあり、AIファクタリングやオンラインファクタリングの場合は最低1万円〜・買取下限がない業者もあります。

ファクタリング業界もオンライン化が進んだことで、審査にかかる時間や工数・店舗を無くすことで家賃や光熱費などの固定費を抑えて、少額債権の買取を行っている業者も多くあります。

また少額ファクタリングは中小企業や個人事業主を中心にニーズが強いこともあり、対応している会社も増えてきています。

ファクタリング利用金額は100万円未満が1/4・個人事業主の利用割合は34.4%

次のデータはファクタリング道というサイトでアンケート調査を行った結果ですが、ファクタリングの利用平均額は247.5万円前後とも言われています。

利用金額割合
100万円未満23%
100万円以上 200万円以下33%
200万円以上 300万円以下19%
300万円以上 500万円以下12%
500万円以上9%
1,000万円以上4%

上記のように100万円未満の少額ファクタリング利用者も23%と多く、300万円以下の利用者比率は75%を占めています。また個人事業主の利用比率は34.4%とひと昔前と比較すると利用者も増えています。

個人事業主だけに絞ってみると利用金額は100万円以下が過半数を締めており、企業形態によっても大きく変わってきますコロナ禍の影響もあり自宅で仕事をする個人事業主が増えたため、ファクタリングでの資金調達は今後益々需要が高まると予想されています。

10万円以下の少額ファクタリング会社も増えている

また最近では個人事業主やフリーランスを得意とするAIファクタリングも登場しています。AIファクタリングの特徴はAI審査を行うため審査工数が少ない・実店舗を持たないため家賃や高熱費などの固定費用を抑えられる点です。

またAIファクタリングは完全オンラインファクタリングのため、面談や書類の郵送が不要なため手間とコストが必要なく、人件費も抑えているため少額債権の買取も対応しています。

余計なコストを抑えられるため個人事業主やフリーランスの利用が多い、少額ファクタリングを得意としているのが特徴です。

例えば日本中小企業金融サポート機構ビートレーディングは買取下限の制限がなし、labol(ラボル)ペイトナーファクタリングは1万円からの少額債権の買取も対応しています。

面談不要・なしのおすすめ即日入金ファクタリング会社はこちらの記事で解説しています。

少額ファクタリング会社おすすめ比較13選

サービス名手数料入金スピード買取可能額提出書類
ペイトナー10%10分1万円〜本人確認書類・請求書など
PayToday1%〜9.5%30分10万円〜確定申告書・入出金明細など
FREENANCE3%〜10%30分1万円~内容により異なる
QuQuMo1%〜2時間制限なし入出金明細・確定申告書など
labol10%60分1万円~本人確認書類・請求書など
ビートレーディング2%〜2時間制限なし入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書/発注書/請求書など)
日本中小企業
金融サポート機構
1.5〜10%3時間制限なし入金がわかる3ヶ月分の通帳のコピー
売掛先の発生がわかる請求書/契約書
利用者の身分証明書
MSFJ3.8〜9.8%最短60分10〜5,000万円身分証明書/確定申告書※個人
通帳履歴のコピー(3〜6ヶ月程度)
売掛金を証明する書類
バイオン10%60分5万円〜上限なし本人確認書類/請求書
全銀行口座の入出金明細(3ヶ月分)
直近の決算書
アクセルファクター2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印
ベストファクター2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書
アクティブサポート2%〜即日即日300万円まで
30〜1,000万円
通帳のコピー
売却する請求書

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のAIオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のAIオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができます。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間制限なし請求書・通帳の2点のみ

ペイトナーファクタリング 1万円〜の少額買取/最短10分で即日入金/複数回申請OK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で即日入金が完了します。

買取価格も1万円の少額債権も利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

labol 最短60分の即日入金/フリーランス&個人事業主向けオンラインファクタリング

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けに特化したファクタリングサービスで、東証プライム上場企業であるセレス株式会社の子会社が運営しているため安心してサービス利用ができます。

1万円から買取が可能で少額債権にも対応しているため、個人事業主やフリーランスの方におすすめのファクタリング会社です。

labol(ラボル)の特徴は手数料が一律である・必要書類が少なく利用ができる点です。また契約書は必要なく、取引がわかるエビデンスとしてメールやチャットツールのやり取りがあれば利用できます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング10%60分1万円〜本人確認書類・請求書
取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)


labol(ラボル)の評判や口コミ・審査落ちの理由と対策はこちらの記事で解説しています。

ビートレーディング 個人OK/審査通過率98%/即日入金/オンラインファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持ち、取扱件数は5.2万件以上・累計取扱高1,170億円以上と業界トップクラスの実績老舗ファクタリングサービスです。

必要書類も少なく請求書・通帳コピーの2つで利用ができ、買取下限がないため少額債権の買取も対応しており、個人事業主やフリーランスの方にもおすすめです。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2%〜2時間制限なし売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)


日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構は手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

最短30分で審査結果が提示され振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料、買取下限もなく少額債権にも対応しているため、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間上限下限なし売掛先からの入金がわかる3ヶ月分の通帳のコピー
売掛先の発生がわかる請求書/契約書
利用者の身分証明書

PayToday 個人OK/手数料1%〜/最短30分即日入金/AI型オンラインファクタリング

PayToday(ペイトゥデイ)最短30分で即日入金・手数料は1%〜から利用ができるオンライン完結型のファクタリングサービスです。10万円からの少額債権の買取も対応しており、個人事業主やフリーランスにもおすすめです。

累計申し込み金額は100億円を突破しおてり、オンラインファクタリングのため日本全国どこでも対応が可能です。

手数料は金額によって異なりますが1%から利用が可能と業界最安水準の手数料・取引先への通知が不要で返済期日が守られている限り通知は行われません。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング1%〜9.5%30分10万円〜直近の確定申告書B一式
直近6か月分以上の入出金明細
請求書・本人確認書類

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。必要書類としては請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

最低買取金額も1万円からと少額債権にも対応しており、個人事業主やフリーランスの方におすすめです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

バイオン 個人事業主OK/最短60分の即日入金完全オンラインのAIファクタリング

バイオンは即日審査・即日入金に対応しているAIファクタリングです。申込みから契約締結までが全てオンラインで完結するため、スピーディーに資金調達が可能です。買取可能額は5万円から売掛債権が小さい少額ファクタリングに対応しています。

またフリーランスや個人事業主でも利用を受け付けており、資金繰りを改善したい小規模法人におすすめのAIファクタリングです。買取金額も上限がないため、大きな売掛債権の売却検討している方でも利用できます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング10%60分5万円〜上限なし本人確認書類/請求書
全銀行口座の入出金明細(3ヶ月分)
直近の決算書

アクセルファクター 審査通過率93%/5割が即日入金/手数料2%〜/継続利用で手数料減額

アクセルファクターは大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

他社で審査に落ちた場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

また継続利用で手数料も減額されるため他社利用中でファクタリング会社の乗り換えにはおすすめです。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

ベストファクター 最短1時間で資金化/審査通過率92%/買取診断が5分でわかる

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社で、個人事業主でも利用ができます。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書

アクティブサポート 個人OK/少額の300万円まで即日入金/手数料2%〜/審査通過率90%

アクティブサポートは年間支援実績が1,000件、審査通過率は90%を誇る即日入金に対応しているファクタリング会社です。

契約方式も面談契約・出張契約・郵送契約(即日は不可)の3つから選ぶことができ、印紙代や交通費など手数料以外の費用は不要です。また通帳のコピーと請求書の2点で最大300万円まで即日入金に対応しています。

個人事業主の利用も可能で30万円からの少額債権買取対応・最短30分で無料見積もりを行なっているため、資金繰りに困っている方はぜひ無料見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜即日即日300万円まで
30〜1,000万円
通帳のコピー
売却する請求書

MSFJ 個人事業主特化/最短60分入金/審査通過率90%のオンラインファクタリング

MSFJはファクタリング手数料が3.8%〜から利用が可能で、手数料以外の費用は発生せず、乗り換えで手数料を50%割引を行っている好条件のオンライン完結ファクタリング会社です。

非対面型のオンラインファクタリングのためスピード審査・スピード契約が可能で、最短60分で即日資金調達ができます。また審査通過率は90%以上と非常に高く、個人事業主やフリーランスの方にも対応しています。

また必要書類も少なく身分証明書・請求書・通帳コピーの3つで利用ができ、10万円からの少額ファクタリングにも対応しています。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
3.8〜9.8%最短60分10〜5,000万円身分証明書/確定申告書※個人
通帳履歴のコピー(3〜6ヶ月程度)
売掛金を証明する書類

日本ビジネスリンクス JBL 最短即日入金/オンライン完結/乗り換えほぼ満足度100%

日本ビジネスリンクスは最短2時間の即日入金が可能なファクタリング会社で、オンライン完結のためスピーディーに資金調達が可能です。

また他社利用中の方の乗り換え満足度はほぼ100%と、好条件での利用を保証との記載があるため、現在のファクタリング会社に少しでも不満がある方は相談をしてみましょう。

手数料も業界最安水準のため手元に残る現金も多くすることができます。また高価買取キャンペーンも実施しており、AI査定で10秒で資金調達できる金額を簡単にチェックすることができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜即日/2時間〜1億円買取対象の請求書/身分証明書/決算書
通帳・当座照合表/取引先との成因資料

少額ファクタリング会社の選び方・5つのポイント

少額ファクタリング会社を選ぶ際のポイントは下記の5つです。

  • 買取可能な売掛債権の下限が低い・制限がない
  • 利用対象に個人事業主やフリーランスが含まれている
  • 面談不要・手続きがオンライン完結する
  • 債権譲渡登記が不要な会社
  • 償還請求権なしの会社

(1)買取可能な売掛債権の下限が低い・制限がない

これは先ほど紹介した内容と一部重複しますが、少額ファクタリングを利用したい場合は、公式HPで公開している買取可能な金額が低い・制限がない会社を選ぶようにしましょう。

ファクタリング会社の中には法人のみを対象としている業者もあり、数百万円〜数千万円が買取対象というケースもあります。しかし少額ファクタリングに対応している場合は、最低買取額が1万円〜・制限なしといった会社もあります。

例えば日本中小企業金融サポート機構ビートレーディングは買取下限の制限がなし、labol(ラボル)ペイトナーファクタリングは1万円からの少額債権の買取も対応しています。

(2)利用対象に個人事業主やフリーランスが含まれている

また利用対象に個人事業主やフリーランスが含まれているかも少額ファクタリング会社を選ぶ際には重要なポイントです。紹介したように個人事業主やフリーランスの場合は、売掛債権の金額が小さいのが一般的です。

売掛債権が小さくても買取対応している会社は、利用対象者を法人企業に限定せず個人事業主も可能としています。AIファクタリング完全オンラインファクタリングでは、個人事業主やフリーランスでも利用可能な業者が多いため、ぜひチェックしておきましょう。

(3)面談不要・手続きがオンライン完結する

少額債権を売却したい場合は面談不要でオンライン完結するファクタリング会社を選ぶのもポイントです。上述で触れたようにAIファクタリングや完全オンラインファクタリング会社の場合は、人件費や店舗の運営費用をけずっているため、少額ファクタリングでも利益を出せます。

そのため完全オンラインファクタリングの会社は少額債権でも買い取ってもらえる可能性が高いです。またAIファクタリングでは少額債権・個人事業主などを得意としているのでおすすめです。

(4)債権譲渡登記が不要な会社

上述でも触れましたがスピーディーに資金調達をしたい場合は2社間ファクタリングの利用が一般的す。しかし2社間ファクタリングでは売掛債権の二重譲渡リスクを防止するために、債権譲渡登記ありの契約を締結を求められるケースがあります。

債権譲渡登記とは保有している資産が譲渡されたことを公示する登記制度です。3社間ファクタリングの場合は売掛先から合意を得ることで、この要件を満たすことができます。

債権譲渡登記による譲渡人は法人に限定されるため、個人事業主の審査申し込みをそもそも断っているファクタリング会社もあります。そのため実質少額債権の買取を避けていると言えます。

加えて債権譲渡登記を行う場合は司法書士への報酬が発生するため、5〜10万円程度の追加費用が発生し、手数料に加えて額面からこの金額が差し引かれます。自分で法務局への申請と登記を行えばこの費用は0円となりますが、手間と時間がかかってしまいます。

(5)償還請求権なしの会社

基本的にファクタリング契約は償還請求権なしで行います。償還請求権とは債務の責任範囲を限定せず、金銭債権などを全額請求できる権利のことです。そのため通常のファクタリング会社では売掛先が仮に倒産しても、利用者が責任を負うことはありません。

また償還請求権ありの契約締結を締結させようとする会社は悪徳なヤミ金業者の可能性が高いです。通常の会社は償還請求権はなしの契約が普通です。こうした会社に限って審査なしを謳っているケースが多く、審査なしの会社が危険性が高いです。

悪徳業者については審査なしのファクタリングは可能?審査の重要性審査なしファクタリングはリスク大!の記事で詳細を解説しています。

少額ファクタリング歓迎されない2つの理由

一方で従来型の店舗をもつファクタリング会社は少額債権の買取をあまり歓迎してはいません。その理由は次の2点です。

  • 手間や工数のわりに利益が出しづらい
  • 売掛先の信用力が低い場合が多い

手間や工数のわりに利益が出しづらい

1つ目の理由は手間や工数の割に利益が出ないという点です。ファクタリング会社では必ず審査が発生するため、金額が大きくても小さくても行う作業になります。

200万や300万円といった金額であればファクタリングとしても手数料をある程度下げたしても、ある程度の利益を出すことができます。しかし少額ファクタリングの場合は10〜100万円程度のため、同じ手数料に設定すると利益が出せません。

だからといって手数料を高めに設定したとしても、ファクタリング会社を利用しないという判断にもなります。そのため一般的なファクタリング会社にとって少額債権は、利益が出しづらいうえに同じ工数をかけても小さな売上にしかならないので、歓迎されないのです。

ファクタリングの手数料相場・費用内訳・安くするコツはこちらの記事で解説しています。

売掛先の信用力が低い場合が多い

また売掛先の信用力が低い場合が多いのも歓迎されない理由の1つです。ファクタリング審査で重視されるのは売掛先の信用力で、信用力が低い・業績が悪い会社の場合は未回収リスクが高まります。

ファクタリングというサービスは、売掛金が回収できてはじめて成立するビジネスモデルです。売掛債権が回収できなければファクタリング会社側は、大きな被害を被ることになります。

個人事業主やフリーランスが取引している会社規模は中小零細・個人など小規模な会社が多いでしょう。そのため少額債権=売掛先の規模が小さい=信用力が低いという考えになります。

もちろん大手企業とも小さな取引をしている場合もあるため、少額債権の売掛先すべてが信用力が低いわけではないですが、未回収リスクを避けたいファクタリング会社からすると一般的には上記のような考え方になります。

審査基準についてはファクタリングの審査基準や落ちる理由・通過率を上げるコツファクタリング審査に通らない理由とは?の記事で解説しています。

少額ファクタリングで即日入金・資金調達するための8つのコツ

少額ファクタリングで即日入金で資金調達・現金化を行うコツは下記の7点です。

  • 信用力の高い売掛債権を売却する
  • 複数の売掛債権を合算して売却する
  • 同じファクタリング会社を複数回利用する
  • 利用したことのある売掛先の債権を選ぶ
  • 必要書類は事前に準備しておく
  • 複数のファクタリング会社に相見積もりする
  • できるだけ午前中に申し込みを行う
  • 2社間ファクタリングを利用する

(1)信用力の高い売掛債権を売却する

1つ目の少額ファクタリングで即日入金を実現するためのコツは、信用度の高い売掛債を選び売却することです。お伝えしたとおりファクタリング審査では、売掛先の信用力が重視されます。

ファクタリング会社としては売掛金が未回収となることを恐れているため、売掛先が期日通り確実に支払いを行えるかを見ています。また経営が悪化している・財務状況が悪い売掛先の場合は、売掛金の回収が終わる前に倒産するリスクもあります。

大手企業や上場企業・地方公共団体や官公庁といった公的機関の場合は、倒産する・支払いが遅延するといったか可能性は低いです。そのため少額ファクタリングで即日入金を実現するには、信用力の高い売掛先の請求書を選ぶのがおすすめです。

(2)複数の売掛債権を合算して売却する

また複数の売掛債権を合算してファクタリング利用するのもおすすめの方法です。1つの売掛債権の金額は少なくても、複数の債権を合算すれば金額はある程度大きくなります。

合算した売掛債権の合計金額が先ほど紹介した平均利用金額の250万円に近づけば、少額ファクタリングを歓迎していない業者でも買い取ってくれる可能性があります。

(3)同じファクタリング会社を複数回利用する

同じファクタリング会社を複数回利用するのも即日入金をするためのポイントです。複数回利用することで申込み者の信用度も高くなっていくため、少額債権でも買い取ってくれる可能性が高くなります。

またファクタリング会社の中には利用回数が増えるにつれて、手数料が下がっていく方式をといってる業者もあります。これは売却経験があることで、ファクタリング会社としても信用できる利用者であることを考慮するためです。

ただし一度利用した時にスタッフ対応や買取金額・手数料に納得がいかない場合は、乗り換えを検討しても良いでしょう。ファクタリング会社の乗り換えは法的には全く問題ありません。

詳細についてはファクタリング乗り換えは可能!好条件の8社・他社利用中でもOKな会社ファクタリングで他社利用中に乗り換えや併用は可能?バレる?の記事で解説しています。

(4)利用したことのある売掛先の債権を選ぶ

審査スピードを早くして即日入金を狙うには、一度売却したことがある売掛先の売掛債権を選ぶのもコツです。ファクタリング利用をしたことがある売掛先の与信情報は、ファクタリング会社側も把握しています。

そのため信用力を再度チェックする必要がないため、審査スピードも早くなるでしょう。加えて一度売却ができている売掛先であれば、一定の信用度はあるとファクタリング会社も判断しているため、審査通過の可能性は高くなります。

(5)必要書類は事前に準備しておく

また申込前に必要となる提出書類を事前に準備しておくのも重要なポイントです。会社によって必要となる書類は異なる場合がありますが、一般的には次のような書類が最低限でも必要になります。

  • 請求書や注文書など取引があったことがわかる書類
  • 規定の申込書
  • 通帳のコピー(3ヶ月分必要になるケースが多い)
  • 身分証明書

ファクタリング会社では売掛先の信用力だけでなく利用者本人の信用度や態度も見ている場合があります。あまり好まれない少額ファクタリングを行う場合は、印象が悪くならないように事前に必要な書類は準備しておきましょう。

またオンライン型のファクタリングでは基本的にはWeb上でやり取りを行うため、紙のやり取りが多い場合は普段から請求書や注文書などはデータ化しておくと良いでしょう。

必要書類が少ないおすすめファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

(6)複数のファクタリング会社に相見積もりする

少額で即日ファクタリングを実現させたい場合は、複数のファクタリング会社に相見積もりをしておくのもポイントです。少額ファクタリングは紹介してきたように、ファクタリング会社側としては基本的には歓迎していることは少ないです。

確実に少額ファクタリングで即日入金を実現させるには、少しでも確率を高めるために複数者に見積もり・査定依頼を出しましょう。ただし何社も個別に調べて依頼するのが面倒という方もいるでしょう。

そのような方はファクタリング一括見積もり・査定サイトもあるため、こうしたサービスも利用しましょう。

(7)できるだけ午前中に申し込みを行う

また即日入金を実現するためには午前中など、早い時間帯に審査申し込みを行うのも大切なポイントです。ファクタリングでは必ず審査が発生し、必要書類のチェック・見積に時間がかかることがあります。

そのため夕方など遅い時間に審査申し込みを行っても、即日入金ができない可能性が高くなります。早く申し込めば必ず即日入金されるということではりませんが、可能性を高めるために午前中など早い時間帯に申し込みを行いましょう。

(8)2社間ファクタリングを利用する

また少額ファクタリングで即日入金をしたい場合は、必ず2社間ファクタリングを利用しましょう。3社間ファクタリングの場合は、売掛先に債権譲渡通知・承諾を行うため手続きに時間がかかります。

  • 3社間ファクタリングの入金スピード:10〜15日前後・長いと30日程度
  • 2社間ファクタリングの入金スピード:最短即日入金・2〜4日程度

3社間ファクタリングの方が手数料は下がりますが、即日入金を実施したい場合には不向きです。2社間ファクタリングの場合は売掛先に通知を行わず、スピーディーに資金調達ができます。

2社間と3社間ファクタリングの違いとは?メリットやデメリットはこちらの記事で詳細を解説しています。

少額ファクタリング会社を利用する際の4つの注意点

少額ファクタリング会社を利用する際の注意点は下記の4つです。

  • 少額の売掛債権は手数料が高くなる可能性がある
  • 金額が小さすぎる少額債権だと断られる可能性がある
  • 債権譲渡登記は別途費用が発生する
  • 審査なしのファクタリング利用は避ける

(1)少額の売掛債権は手数料が高くなる可能性がある

解説してきたようにファクタリング会社にとって少額債権は利益が出づらいため、手数料が高めに設定されている・上限値に近い手数料になることが多いです。

業者によっては20%程度の手数料が発生することもありますが、AIファクタリング完全オンラインファクタリング会社の場合の手数料相場は3〜10%程度です。

少額ファクタリングを利用する場合は、手数料の上限値がいくらなのかも確認するようにしておきましょう。

(2)金額が小さすぎる少額債権だと断られる可能性がある

繰り返しになりますが少額債権の買取はファクタリング会社にとっては、利益が小さくあまり魅力的な案件ではありません。同じ審査や手間・工数が発生するならば、大口の売掛債権を買い取りたいのは当然といえます。

そのため金額があまりにも小さすぎる場合は、断られる可能性がることは留意しておきましょう。しかしどうしても数万円程度の売掛金で即日現金化をしたいといったケースもあるでしょう。

その場合は個人事業主やフリーランスなどの少額債権の買取も行なっているペイトナーファクタリングlabol(ラボル)ビートレーディングFREENANCE(フリーナンス)がおすすめです。

(3)債権譲渡登記は別途費用が発生する

これも上述で触れましたが債権譲渡登記が必要になると別途で司法書士への報酬が発生するため、5〜10万円程度の追加費用がかかります。

少額ファクタリングで10万円の費用が発生すると、手元に残る金額は非常に小さくなってしまいます。そのため債権譲渡登記が不要な会社を選ぶようにしましょう。

(4)審査なしのファクタリング利用は避ける

また少額ファクタリングで即日現金化をしたいという方も中にはいるかもしれません。しかしファクタリング会社では売掛先の信用度や売掛債権の存在を確認するために、健全な業者では必ず審査が発生します。

しかし審査なしで行うということはファクタリング会社が背負うリスクをなしで買取を行うため、法外な手数料に設定されていたり、違法な契約を結ばせようとしてきます。審査なしを謳っている会社では下記のような危険性があります。

  • 法外な手数料を請求されるリスクがある
  • 売買ではなく融資契約を結ばされる
  • 償還請求権ありの契約書を結ばせようしていくる
  • 売掛金が回収できないと支払い義務が発生する
  • ヤミ金業者からの取り立てが行われる

ファクタリングの手数料は、売掛先・売掛債権の信用度を審査して決定されるのが一般的です。例えば売掛先の信用度が低い・売掛先の回収ができない可能性が高い場合は、ファクタリング会社にとってはリスクとなるため、手数料が高めに設定されることがあります。

審査なしでファクタリング契約を締結するということは、売掛先の信用度や未回収リスクを加味せずに取引を行うということです。そのためファクタリング会社が背負う最大限のリスクを想定した、高額な手数料を提示されます。

審査なしのファクタリングでは売掛金が回収できなかった場合に備えて、ファクタリング会社が利用者に買い戻しができるように契約をさせれらるケースがあります。(通常のファクタリング会社では償還請求権なしの契約が一般的です。)

償還請求権とは債務の責任範囲を限定せず、金銭債権などを全額請求できる権利のことです。そのため通常のファクタリング会社では売掛先が仮に倒産しても、利用者が責任を負うことはありません。

買い戻しとは倒産や業績悪化で売掛先から債権回収ができなかった時に、利用者に債権を買い戻させお金を返還させることです。買い戻しは法的に融資契約とみなされますが、融資契約が締結できるのは貸金業登録を行なっている業者のみです。

審査なしを謳っているファクタリング会社は、上記のように悪質なヤミ金業社である可能性が高いため、ファクタリング利用は避けるようにしましょう。

悪徳業者については審査なしのファクタリングは可能?審査の重要性審査なしファクタリングはリスク大!の記事で詳細を解説しています。

少額ファクタリングでよくある質問

少額ファクタリングで個人も即日入金の会社はどこですか?

少額ファクタリングで個人も即日入金の会社はどこですか?
少額ファクタリングに対応しており個人事業主でも即日入金に対応しているのは下記の5社です。
ペイトナーファクタリング
labol(ラボル)
ビートレーディング
日本中小企業金融サポート機構
バイオン
上記の会社は買取対象が1万円〜・制限なしでファクタリング利用ができます。

10万円以下の少額ファクタリングができる会社はどこですか?

10万円以下の少額ファクタリングができる会社はどこですか?
10万円以下の少額ファクタリングに対応している会社は下記の6社です。
ペイトナーファクタリング
labol(ラボル)
ビートレーディング
日本中小企業金融サポート機構
バイオン
QuQuMo(ククモ)

個人事業主で審査なし・即日のファクタリング会社はありますか?

個人事業主で審査なし・即日のファクタリング会社はありますか?
個人事業主向けで即日入金に対応している会社はありますが、審査なしのファクタリングはありません。審査なしを謳っているファクタリング会社は、悪質なヤミ金業者である可能性が高いです。手数料が相場よりも明らかに高い・償還請求権ありの契約を締結するなど、リスクが大きいので利用は避けましょう。

審査なしファクタリングの危険性については審査なしファクタリングはリスク大!審査なしのファクタリングは可能?審査の重要性の記事で解説しています。

個人事業主のファクタリングで通帳なしの会社はありますか?

個人事業主のファクタリングで通帳なしの会社はありますか?
個人・法人を問わず通帳なし利用できるファクタリング会社はありません。売掛先の支払い履歴をみて遅延がないか・支払い能力に問題がないかを判断するため、通帳の提出は必須となります。

ただし身分証明書+通帳のみで利用できる会社もあります。
ビートレーディング
QuQuMo(ククモ)

個人事業主のファクタリングで審査が緩い会社はどこですか?

個人事業主のファクタリングで審査が緩い会社はどこですか?
個人事業主向けでファクタリング審査の緩い会社の定義は必要書類が少ない・審査通過率が高いということになります。その条件に当てはまるファクタリング会社は下記の4社です。
QuQuMo(ククモ):審査通過率98%・請求書・通帳の2点のみ
ビートレーディング:審査通過率98%・必要書類は請求書・通帳のコピー(表紙付き2カ月分)
labol(ラボル):請求書・本人確認証・取引先とのやり取りがわかるエビデンスの3点
FREENANCE:請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみ

審査が緩い個人事業主おすすめのファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

個人事業主のファクタリングで請求書のみの会社ありますか?

個人事業主のファクタリングで請求書のみの会社ありますか?
請求書のみで利用できるファクタリング会社はありません。最低でも請求書に加えて、通帳コピーの提出が必要です。ビートレーディングは審査通過率98%で必要書類は請求書・通帳のコピー(表紙付き2カ月分)、QuQuMo(ククモ)は請求書+通帳コピーでファクタリング利用ができます。