無料Webデザインスクールおすすめ8選|無料の理由・メリット・デメリット

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2023年10月25日

Webデザインスクールが無料で受講できる4つの理由

Webデザインについて学習したいけど費用が高くて払えないといった方には、無料で受講することができるWebデザインスクールを利用する選択肢もあります。

無料Webデザインスクールを活用すれば学習費用を抑えて、Webデザインに関する知識やスキルを習得することができます。上手く活用できれば転職・副業・フリーランスなどデザイナーとして最短で目標に到達ができます。

一方でなぜ無料なのか?本当に無料なのか?といった疑問を持つ方もいるでしょう。そこで今回はWebデザインスクールが無料になる理由やメリット・デメリットを解説しながら、おすすめのスクールを紹介していきます。

参加要件が設けられている

無料のWebデザインスクールには参加要件が設けられている場合があり、年齢制限や就労状況・健康状態など必要となる条件を満たさなければ受講することができません。

参加要件は各スクール毎でさまざまですが、企業側で独自の判断基準を設けていることが多いため詳細は公式ホームページを確認しましょう。今回のおすすめスクール紹介部分でも条件については触れていきます。

スクールと提携している企業への就職が必須要件

また外部企業と提携して人材紹介を行うことで資金を得て、学費を無料としているWebデザインスクールもあります。

こうしたスクールの場合は提携先企業への就職が無料になる条件となっているケースがあります。

転職先を紹介してもらえることは非常にありがたいことですが、希望通りの企業を紹介してもらえるとは限りません。紹介された企業への就職を断ってしまうと、違約金が発生するといったデザインスクールもあります。

そのため事前に無料相談会や説明会に参加した際に、違約金の有無についてはしっかり確認しましょう。

受講できる学習コンテンツ限定し、有料コースへつなげている

Webデザインスクールで無料受講ができるサービスには、無料プラン・有料プランの2種類を用意しているケースもあります。

こうしたスクールの場合は無料プランではカリキュラムの全体を学ぶことが出来ず、基礎的な部分のみしか学習できない場合があります。

深い内容の実践的な部分を学ぶには有料コースの受講が必要となり、無料で学習できる範囲が限定的であるというケースです。

習得できるスキルの幅・深さが限定的な内容である

有料Webデザインスクールと比較して無料スクールの場合は、学習できる範囲が狭く得られる知識も浅い場合があるため学び終えても目標としていたスキルには届かない可能性があります。

有料スクールの場合はWebデザイナーを目指すために必要な内容が体系的に整理されており、目標とするスキルを過不足なく身につけられるでしょう。

そのため無料スクールを受講したとしても別のスクールに入会して、足りないスキルや技術を補う必要があるかもしれません。因みにWebデザイナーになるために必要な最低限のスキルは下記の3つです。

  • 1:デザインに関する基礎知識
    • デザインの4大原則・配色やレイアウトの考え方など
  • 2:デザインツールの使い方
    • PhotoshopやIllustratorなどのAdobe製品・最近ではFigmaやSTUDIOといったノーコードツール
  • 3:コーディングスキル
    • HTML・CSSといった基礎的なマークアップ言語の習得

ただし2と3については両方をセット必ずしも習得する必要はありません。求人を見ればわかりますが、コーディングとデザイナーはそもそも職種として2つに区分されていることが多いためです。(詳細はこちらの記事で解説しています。)

もちろんデザイン・コーディングを両方ともこなせればフリーランスのWebデザイナーとしては重宝されるでしょう。

無料Webデザインスクールおすすめ料金比較8選

Famm 最短1ヶ月・案件5件保証・ママ専用のWebデザインスクール

Fammは1ヶ月から利用が可能で5件の案件保証を行なっているママ専用のWebデザインスクールです。

子供のことを第一に考えながら働きたい・しっかりとスキルを身につけ自立したい・子供の成長に合わせて仕事復帰したいといったママに特化したデザインスクールで、他のスクールとの違いはシッター付きの教室やシッター派遣を含む受講料金が特徴です。

受講期間は1ヶ月と短く短期で集中して利用ができ、金額としても173,800円(税込)と安いためおすすめです。講座内容もHTMLやCSSといったコーディング・Photoshopなどのデザインツールの活用も学べます。

また講座受講料が全額無料になるキャンペーンも実施しており、下記条件で対象となります。

注意事項
・お申し込みいただいた方の中から弊社独自の採点方法(講座内での質問回数、課題提出、課題のクオリティ、コミュニティ貢献度など)により対象者を選出いたします。詳細は、電話説明会時にご案内いたします。

引用:Famm

副業やフリーランスとしての案件獲得もサポートしているため、キャリアサポートの面でもおすすめです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
173,800円1ヶ月オンラインあり

SHElikes Webデザイン以外も学べる女性向けオンラインスクール

SHElikes(シーライクス)は女性向けのWebデザインスクールとして人気があり、未経験からでもクリエイター職種に転職・キャリアチェンジを希望する方むけのスクールです。無料体験レッスンも用意されています。

累計参加者は7万人・満足度は95%と高い数値となっており、オンラインのWebデザイン講座以外にもライティング・マーケティング・プログラミングといったフリーランスや副業におすすめの講座が揃っています。

多様なスキルを身につけることができるのが他のスクールとの違いです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
211,640円
月額16,280円
3ヶ月〜オンラインあり

SAMURAI ENGINEER 未経験OK/現役のプロデザイナー指導/就職・案件紹介サポート

SAMURAI ENGINEER Webデザイン教養コースではプロの現役Webデザイナーが指導を行い、就職や転職・副業やフリーランス向け案件の紹介も行っています。

実践教育にも力を入れておりPhotoshopやIllustrator・HTML・CSS・WordPressに加えて、オリジナルのWebサイト制作でポートフォリオを0からつくることができます。

入学から卒業まで現役のエンジニアがインストラクターとしてマンツーマンでレッスンを行い、レッスン以外でもわからないところは担当のインストラクターにメッセージで連絡し直接質問が可能です。

また女性向け・シングルマザーコースでは割引きがあり、女性向けは一律5%・シングルマザー向けは一律25%OFFで提供されています。

まずは無料のオンラインカウンセリングで相談をしてみましょう。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
165,000円
月額:4,098円
4週間〜オンラインあり

rimomo 7日無料お試し/月9,800円〜/プロが添削/Webデザイン・制作の両方が学べる

rimomo(リモモ)完全オンライン動画学習型のWebデザインスクールで、Web制作・デザインの両方が学習できます。

一般的なデザインスクールの場合は20〜30万円ほどかかりますが、rimomoでは月額9,800円から動画見放題で7日間の無料トライアルも付いています。

カリキュラムとして充実しておりデザインの基礎からIllustratorやPhotoshopの基本操作・LP作成・レスポンシブサイト・ECサイト作成・HTMLやCSS・JavaScriptなどのコーディングも学習ができます。

またプロである現役デザイナーが作成した制作物に対してしっかりと添削もしてくれるため、自分のペースで学習を進めたい方におすすめです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
9,800円〜3ヶ月〜(目安)オンライン

ZeroPlus Gate(ゼロプラスゲート)

ZeroPlus Gate(ゼロプラスゲート)は専属メンターが学習をサポートしてくれて、Slackを通じて現役エンジニアに質問がし放題のスクールです。毎月先着制ではありますが、完全無料で受講できる形式をとっています。

WebデザインやHTML/CSS、JavaScriptを基礎から実務レベルの知識まで学ぶことができます。そのためWebデザインの基盤構築をする方にはおすすめのオンラインスクールです。

詳細はこちら:https://zeroplus-gate.io/

Skillhub(スキルハブ)

スキルハブはフリーランスや起業したい人・転職したい人のための初心者から学べる、オンライン完結型のスクールです。

「WebデザインのためのIllustrator入門講座」がWebデザインを学ぶカリキュラムとして用意されており、無料講座ですが1週間ほどかけてイラストレーターの基礎的な知識を学習することができます。

また中級者向けには「WebデザインのためのPhotoshop入門講座」があり、Youtubeでも一部カリキュラムが公開されているので、内容を確認してからでも入学検討ができます。

詳細はこちら:https://skillhub.jp/

Schoo

Schoo(スクー)は毎日授業が生放送されていることでも有名なオンライン型スクールです。Webデザインに関する講座は260種類以上もあり、「Webデザインの全行程・HTML5/CSS実践 明日から使えるテクニック」といった講座もあります。

売れるWebデザインの特徴やUXデザインなど幅広くデザインについて学べる内容が、豊富にそろっています。自宅でマイペースに受講したい方におすすめです。

詳細はこちら:https://schoo.jp/

GEEK JOB(ギークジョブ)

GEEK JOB(ギークジョブ)は無料で転職を目指しながら受講ができるレッスンスクールです。スピード転職コースを受講すれば、費用は無料でJavaやインフラなどについても学習ができます。

Webデザイン専門コースはないですが、紹介求人の中にはWebデザイン案件が含まれる場合もあります。HTMLやCSSといったマークアップ言語も学べるため、幅広く学習したい方におすすめです。

ただし条件としては「29歳以下であること・首都圏で転職や就職を検討していること」が要件になります。

詳細はこちら:https://learn.geekjob.jp/

無料のWebデザインスクールを受講するメリット

条件によっては完全無料で受講が可能

無料のWebデザインスクールは受講料だけでなく入会金も発生しないケースがあります。

そのためスクールに通う学費が捻出出来ずにWebデザインの学習を諦めていた人でも、学びやすいというメリットがあります。

また紹介してきたいように特待生コースやスクールが規定している条件を満たせば、完全無料でWebデザインスクールに通うこともできます。

転職・就職先が用意されているスクールもある

受講料が無料になっているWebデザインスクールは企業と提携しているケースが多く、その企業に就職や転職が定められていることもあります。

そのため就職や転職に不安がある人でも安心してWebデザインを学ぶことができます。

無料でも一定レベルのスキルは身につけられる

Webデザインに関する知識は一度身につければ案件獲得に大きく貢献し、人生においても長いスパンで活かせるスキルを獲得することにつながります。

無料で一生もののスキルや経験が手に入ることを考えると、メリットは非常に大きいといえます。

無料Webデザインスクールを受講するデメリット

さまざまな条件を満たす必要がある

一方で無料Webデザインスクールは紹介してきたように、一定の条件を満たさなければ無料にならないケースもあります。

例えば年齢や学歴・スクール卒業後の転職先に関する要件などが、条件として定められていることが多いです。そのため受講したいと思っても条件に該当してなければ、利用することはできません。

事前に無料になる条件については確認するようにしておきましょう。

転職が前提となっている場合がある

上記のメリットの部分で「就職・転職先が保証されている」と解説しましたが、無料Webデザインスクールでは提携している企業への就職・転職前提の場合が多いです。

Webデザインを学ぶ目的が転職や就職である場合や希望する提携企業があるケースは問題ないですが、フリーランスとして独立をしたい・副業をしたいといった方にはデメリットになるでしょう。

フリーランスを目指してWebデザインを学びたい方は下記の記事を参考にしてください。

また一定のスキルや経験が身についたという場合には、フリーランスエージェントの活用もおすすめです。

Webディレクターおすすめフリーランスエージェント

デザイナーおすすめフリーランスエージェント

有料Webデザインスクールと比較すると学習できる内容・スキルに限界がある

またこれはWebデザインスクールに限った話ではありませんが、無料サービスの場合は基本的には有料サービスに比べて内容は劣っていることが一般的です。

一定条件を満たした場合の特待生コースなどの場合は別ですが、無料公開されているコースでは少し物足りなさを感じるかもしれません。

本格的にWebデザインに関するスキルを身につけ、フリーランスや独立・就職を目指す方は有料のWebデザインスクールの方がおすすめといえます。

社会人向けおすすめのWebデザインスクールはこちらで紹介しています。