Webライタースクールおすすめ比較9選|選び方やメリット・独学との違い

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2023年11月13日

目次

失敗しなWebライタースクール・講座の選び方・7つのポイント

Webライターを目指すためにライタースクールや講座を検討している方もいるのではないでしょうか。Webライターと一口に言っても、SEOライティング・コピーライター・ルポライター・シナリオライターなどさまざまな種類があります。

そのためどういった方向性のライターを目指すのかによって、身につけるスキルも変わってきます。そこでWebライタースクールの選び方のポイントを解説しながら、おすすめのライタースクール・講座を紹介していきます。

学習内容で選び – SEOライティング・コピーライティング

上述でも触れたようにWebライターといってもSEOライティング・コピーライティング・ルポライターなど、さまざまな種類のライター職種が存在します。

ライターの仕事の幅は広いためどのような学習内容なのかは、自分の目的とあっているかをしっかり確認する必要があります。

どんな種類の知識・スキルが学習できるかは、公式ホームページのカリキュラムに記載されていることが多いため、学びたい内容が決まっている方は、申し込みの前に一度確認をしておきましょう。

月額制・サブスク型スクール以外であれば、とんどのスクールでは無料説明会・相談会を実施していることが多いため、無料セミナーに参加するのもおすすめです。

また自分がやりたい仕事であるかどうかは、CrowdWorks(クラウドワークス)などのクラウドソーシングサイトや求人サイトを見れば、どんな案件があるのかざっくりとわかります。

希望する授業形式か – 教室型・オンライン型・サブスク型

Webライタースクールの学習スタイルは大きく下記の3つに分かれています。

オンライン型で身に付くのかという方もいるかもしれませんが、コロナウイルスの感染防止以降はオンラインで実施するスクールも多くなっています。

またオンラインであったも講師がマンツーマンでサポートしてくれたり、課題に対する添削を個別に行ってくれたりとサポート体制が充実している場合もあります。

特に忙しい社会人の方の場合はオンライン型スクールの方が移動時間やコストを考えるとおすすめです。対面のスクールではその場で質問したり、モチベーションが保ちやすいといったメリットもありますが学習内容やカリキュラムなどを総合的に比較して判断しましょう。

実践的な学習カリキュラムであるか

転職や就職・副業やフリーランスとして活躍するために重要なことは「必要な実践スキルが身に付くか」という点です。実践的なスキルを有しているWebライターを企業は求めています。

そのため座学中心のカリキュラムではなく、実際にライティングを行いプロの現役ライター講師から添削やフィードバックが受けられるのが理想です。

初心者・未経験からWebライターを目指せるスクールも多いですが、上記のように実際にライターとして活躍するレベルのライティングスキルを身につけるには、現場を知るプロからのフィードバックが1番です。

課題を与えてもらいライティングを行い、良いところ、悪いところを添削してもらえなければ現場で必要とされるスキルは身つきません。

講師の実績・経験で選ぶ – 実務経験が豊富な人が担当しているか

失敗しないWebライタースクールを選ぶ際に重要なのは、講師の実績がどのようなものかという点です。

費用が安いからという理由だけで選択しても、実績や経験が少ない講師から学習しても得られるスキルは多くないでしょう。

そのためWebライターとして活躍することを想定するならば、実績や経験が豊富なライター講師がいるスクールを選ぶのが良いです。

例えば参考になる指標としては下記のようなものが挙げられます。

  • 講師のライター歴やディレクター歴(編集長)
  • 所属していたメディアの運営会社
  • ブログやメディアの収益

上記の情報を抑えているだけでも、実績や経験があるかどうかはある程度読み取ることができるでしょう。

マンツーマンのサポートが充実しているか – 手厚いサポート

マンツーマンのサポートが充実しているかという点も、本気でWebライタースクール選びでは重要なポイントです。

グループ型のスクールに入会してしまうと、マンツーマンでのサポートは弱くなってしまいがちです。そのため本気で転職や副業・フリーランスを目指す場合は、1対1でのサポートが手厚いスクールを選びましょう。

また上述でも触れましたが職務経歴書の添削や面接対策といったサポートが充実していることは前提として、講師が現場に精通している人物であるかも大切です。

具体的には過去や現在で採用面接の経験がある方にサポートしてもらえると、目指したいキャリアにグッと近づくことができるでしょう。

価格や定員数で比較検討する

Webライタースクールの料金は月額2,000円〜一括支払いで5万円など、低価格のものから高い料金まで幅が広いです。

一般的にはトータルで10万円未満が多いですが、数十万円以上の講座もありお金に余裕がないと支払えないスクールもあります。技術やノウハウは学習したいが費用は大きくかけられないという方には、サブスク型・オンライン学習プラットフォームがおすすめです。

学習可能な範囲も細かく分かれており、教えてほしい部分だけをピンポイントで学ぶことができます。こうしたスクール・講座の場合は、5,000円以内といった講座も多いためWebライタースクールと比較すると安く受講ができます。

就職や案件紹介サポートは充実しているか

Webライティングを学習したとしても卒業後に就職や転職・副業・フリーランスとして活躍できなければ、費用が無駄になてしまいます。

そのため面接対策や職務経歴書の添削といった手厚いサポートがあるスクールがおすすめです。また副業やフリーランスとして活動したい場合は、案件紹介を行なっているかもチェックしておきましょう。

おすすめのWebライタースクール料金比較9選

web+ プロライターの無制限添削/受講期間の制限なし/案件獲得サポート/45日間返金保証

web+(ウェブタス) Media School Webライターコースは月10万円以上を稼げるWebライターを目指すスクールです。

Webライターの仕事は記事広告に執筆やSEO記事作成・SNS投稿などさまざまなものがありますが、稼げなければメリットはありません。

そこで将来を見据えた超実践的なカリキュラムで、ライティングスキルやノウハウの習得に加えて、受講修了後の案件獲得やキャリアップまでサポートしているのが特徴です。

またプロ講師による無制限の添削ではなぜこの部分に修正が必要なのかといった、具体的なフィードバックも含めて添削を行ってくれます。加えて特徴的なのが45日以内なら無条件で返金保証を行っているという点です。

ノーリスクでWebライティングの学習をスタートができるため、まずは無料相談会に申し込みをしてみましょう。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
440,000円
月額:23,000 円
無制限オンラインあり

パーソナルWebライティングスクール 現役プロライターが個別指導/無制限添削/返金保証

パーソナルWebライティングスクールは現役のプロWebライターがマンツーマンで指導してくれるWebライタースクールです。受講生の4割が未経験からのスタートで、20日間の返金保証もあります。

特徴としてはオリジナル課題×無制限添削で着実にスキルアップが図れる点です。副業で10万稼ぎたい・アフィリエイトで稼ぎたい・文字単価を上げたいなど、目標に合わせてオーダーメイドでカリキュラムが作成され、課題に対する添削回数無制限です。

また仕事依頼を実際にこなすようになっており、受講中に3原稿分のライティング業務を行います。加えて3ヶ月の仕事保証パックもあるため、未経験からWebライターを目指したい方にはおすすめです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
55,000円〜1ヶ月〜(目安)オンラインあり

POWER 未経験から6ヶ月で20〜100万円を稼ぐ/20名限定/無料トライアルあり

POWER(パワー)は未経験からでも6ヶ月で20〜100万円を稼げるようになるための、20名限定のWebライタースクールです。

ライティングの基礎から知識やテクニックを学習し、実際に記事を書き模擬案件にチャレンジを行い、プロのライターが添削することで着実にスキルを身につけていきます。

またライティングスキルの習得だけでなく、案件・仕事獲得の方法についてもレクチャーしてもらえるため、副業やフリーランスとして活躍したい方にもおすすめです。

また20〜30代で本気でWebライターを目指す方向けに、無料トライルも開催しているため、本気でライターを志す人はぜひ無料トライアル申し込みを行ってみましょう。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
お問い合せ6ヶ月オンラインあり

WritingHacks 編集プロダクション代表から学ぶ/0から高単価なWebライターを養成

WritingHacks(スキルハックス)は未経験から高単価なWebライターを目指すライター養成講座です。受講生は1,000名以上を突破し、低単価募集・大量消費化しつつある業界の中で確実に高単価で仕事が取れるスキルあるWebライターを目指します。

100本以上のわかりやすい動画講義に加えて、回数無制限の質問・定期的な記事添削サポートもあり、未経験からでも高単価なWebライターを目指せます。

基本的なWebライティングに関するノウハウや知識・SEOだけでなく、案件の取り方やクライアントとの接し方など、ライティングスキル以外の部分についても学習することができます。

ブログで数千万円を稼いだノウハウが9万円弱で受講できるため、初心者の方におすすめのWebライタースクールです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
89,800円1ヶ月〜オンライン

Withマーケ 月額4,980円のサブスク/副業・フリーランスおすすめ/SEOも学べる

Withマーケは副業で稼ぎながら学習ができる月額制のWebマーケティングスクールです。受講者数は2,500名を突破しており、動画講義の内容は5〜10分程度とコンパクトなのが特徴です。

合計400本以上の講座動画が見れるため多彩なキャリアを選択することができ、「ブログで学んだスキルを生かし、Webライターとして稼ぐ・SEOコンサルになる・インスタ運用代行者になる・自分のサービスで起業する」など多様な働き方を実現できます。

受講開始後は専用メンターが個別カウンセリングでロードマップを作成し、オンラインやオフラインの交流会でモチベーションアップも図れます。またプロの添削・質問も無制限にできいつでも相談ができます。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
4,980円〜6ヶ月〜(目安)オンライン

たのまな Webライティング講座 WEBライティング実務士の資格取得も可能

たのまな Webライティング講座は大手スクールであるヒューマンアカデミーが運営する、通信講座型のWebライティングスクールです。最短2ヶ月でWebライティング実務士の資格取得を目指すことができます。

カリキュラムとしてはWebライティングの基礎から実務・SEOを意識したライティング・クラウドソーシングでの仕事の進め方など、仕事獲得方法までしっかりと学習することができます。

またオンラインにて副業セミナーを無料で受講できるなど、サポートも充実しているため未経験やママの方にもおすすめのWebライター講座です。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
297,000円
月額:3,300円
2ヶ月〜オンラインあり

SHElikes Webデザイン以外も学べる女性向けオンラインスクール

SHElikes(シーライクス)は女性向けのWebデザインスクールとして人気があり、未経験からでもクリエイター職種に転職・キャリアチェンジを希望する方むけのスクールです。

累計参加者は7万人・満足度は95%と高い数値となっており、オンラインのWebデザイン講座以外にもライティング・マーケティング・プログラミングといったフリーランスや副業におすすめの講座が揃っています。

多様なスキルを身につけることができるのが他のスクールとの違いです。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
月額1万0,780~1万6,280円3ヶ月〜オンラインあり

Hayakawa 現役プロライターが個別指導/AI活用/AIライティング/3ヶ月の仕事保証あり

hayakawa Webライター養成講座は現役のプロWebライターがマンツーマン指導を行うライティングスクールです。

個別指導型で現役のプロライターが文章を添削することで、ライティングスキルのアップが期待でき、近年トレンドになっている生成AIであるChatGPTも活用した次世代型のWebライターを目指すことができます。

コースも初心者向けのStart-upからプロレベルのライティング力が身に付くSchool×Work Lite・School×Workの3コースに分かれており、自分にあったコース選択が可能です。

料金受講期間受講形式独立・副業サポート
月額:3,320円〜4〜9週間オンラインあり

副業の学校 期間無制限の買い切り型スクール/受講期間は無制限

副業の学校 Webライター講座ではSEOライティングやマネタイズ・文章テクニック・ライティングのフレームワークといった、Webライターとして稼ぐための基本やノウハウについて学習することができます。

また5日間の体験授業を設けていますが、こちらの料金は無料で体験が可能になっています。受講料については買い切り型で59,800円で、受講期間はなく無制限で講座を閲覧することができるのが特徴です。

費用も安いため初心者の方で、費用を抑えて学習したいという方にはおすすめのWebライタースクールです。

詳細はこちら:https://fukugyou-gakkou.org/

Webライタースクール・講座の受講がおすすめな5つの理由

Webライターを目指しているがスクールや講座を受講すべきなのか、悩んでいる人もいることでしょう。結論から言えば独学でもWebライターになることは可能です。しかしWebライタースクールでしか、学べないこともあります。

Webライタースクール・講座のメリットとしては、基礎的な部分から応用までライティングに必要な技術を網羅的に学習できるという点です。

  • メリット
    • ライティング技術の基礎から学べる
    • 実践的なスキルを身につけられる
    • 他のライターとのつながりを作れる
    • キャリアサポート・案件獲得支援がある
    • 文字単価を高くすることができる
    • 案件獲得サポートがある
  • デメリット
    • 費用が発生する
    • 意思がないと継続しない

Webライタースクールの受講中に法人案件を受注できる

Webライタースクールのメリット1つ目は、法人案件をもらえるという点です。中にはスクール受講中に実案件の保証まで行ってないスクールもありますが、受講中に実際の案件に関われるのは大きなポイントです。

Webライティングに限らずデザイン・マーケティングなど全般に言えることですが、インプットよりアウトプット機会の方がスキルを身につけるには大切です。

Webライタースクール受講中に法人案件を経験できれば、実案件のトレーニングにもなるため、報酬を受け取ることができるのも嬉しいポイントです。

受講中に実績がつき修了後も仕事獲得がしやすい

また講座受講中に実案件に関わることができれば、案件獲得に必要な実績がステータスとして身につきます。副業やフリーランスとして活躍していくには、Webデザイナーであれば作品実績をまとめたポートフォリオが有効です。

Webライターも同様にどんな実績があるかは、仕事獲得を行なっていくうえでは重要です。独学の場合だとなかなか法人案件の受注は難しいため、実績も作りづらいです。

しかし案件保証が付いているスクールであれば、卒業後も仕事獲得がしやすくなるでしょう。

SEOライティング・ディレクションスキルを身につけ文字単価・収入アップが期待できる

CrowdWorks(クラウドワークス)などのクラウドソーシングサイトなどの場合は1円未満ということも少なくないです。しかしせっかくWebライターを目指すならば、ある程度稼げるのが理想です。

こうした単価の低い募集案件はクライアント側がSEOに最適化させた、アウトラインを事前に準備していることが多いです。そのためアウトラインに従って文章をまとめていくという単純作業になるため、単価が低くなりがちなのです。

ただしWebライタースクールではSEOライティングなど、しっかりと学習して質の高いコンテンツライティングができるようになれば、文字単価も1.5〜4円ほどまで上げることができるでしょう。

加えてSEOライティングも理解していれば、文章作成の仕事だけでなくキーワード選定・アウトライン作成といたSEOメディアディレクションも出来るようになります。

上記はCrowdWorks(クラウドワークス)で実際に募集されていた案件ですが、固定で5〜10万円の報酬がゲットできると大きく月間の収入がアップします。

また時給単価で報酬を出しているケースもあり、この募集例で月収を計算すると1日あたり4.2時間の稼働で、月間18〜24万円の収入を得ることができます。

人脈形成につながる

また人脈や横のつながりも得ることができるので、今後業界で長く活躍していくための下地にもつながるメリットがあります。そのため実践的なスキルや知識を身に付けたいという方は、Webライタースクールを受講するのがおすすめです。

プロ目線で添削があり自分の改善点がわかる

独学で大変な部分としては文章に対する指摘やフィードバックがないため、良いのか・悪いのかが判断できない点です。自分では良い文章が書けているつもりでも、プロ目線からすると良くない文章ということもあります。

例えばSEO記事を書く際にはSEOライティングだけでなく、商品やサービスを購入させるためのセールスライティングのテクニックも大切になってきます。

ほとんどのWebライタースクールでは、プロ講師による文章の添削や演習も実施されているため、実践力を鍛えることができるでしょう。

また独学では知ることができない業界情報や仕事獲得のノウハウも、現場を知るプロのWebライターから教わることもできます。

独学でライティングスキルを習得するメリット・デメリット

独学で学習するメリットはなんと言っても費用が発生しないという点です。書籍などを購入する費用は発生するかもしれませんが、Webライタースクール・講座を受講するよりも安く済ませることができます。

  • メリット
    • 費用がかからない
    • 自分に必要な情報に絞って学習が可能
    • 自分のペースで学習ができる
  • デメリット
    • 学習効率が悪く時間がかかる
    • モチベーション維持が大変
    • 実践やキャリア支援が受けれない

ただし自分で学習すると業界やWebライティングに関する知識がないため、学習効率としては悪くなるため時間がかかるでしょう。また一人で仕事の合間を塗って勉強をするため、モチベーションを維持し続けられるかも懸念点です。

仕事や案件獲得の方法についても自分で手探りで行っていくため、収入アップのハードルは高いかもしれません。

ライターの種類を解説|どんなWebライターを目指すべきか

コピーライター

コピーライターは商品やサービスを消費者・企業に魅力的に伝えるためのキャッチコピー・文章を考える仕事です。

業務範囲はこちらも幅が広く一言にコピーライターといっても、ラジオやテレビ・Web媒体・パンフレットなどさまざまな媒体でキャッチコピーを検討します。

またコピーライター専門とはいかなくとも、コピーライティング技術を身につけておけば商品やサービスを販売するためのLP(ランディングページ)のキーメッセージを作ったり、Webデザイナーとしての活躍の幅も広がるでしょう。

Webライターの中でも表現力などクリエイティブなスキルが求められる職種といえます。

シナリオライター

シナリオライターはドラマやゲーム・舞台など脚本を書く仕事で、脚本家とも呼ばれています。近年ではインターネットが発達したことで、テレビや舞台だけでなくスマホゲームなどのシナリオライターの案件も増えています。

企画から打ち合わせ・台本作成などWebライターの中でも企画力が求められる職種といえます。またゲーム以外にもYoutubeに関する企画・シナリオライターも多く募集されています。

CrowdWorks(クラウドワークス)などのクラウドソーシングサイトで、実際に募集されている案件を見てみるのも良いでしょう。

ルポライター

ルポライターは社会的な事件や事柄について実際に取材を行い、客観的な視点で社会問題を取材し、記事を通して事実を伝える職業です。

一般的には新聞や雑誌などの記者が多く、ジャーナリストなどもルポライターに該当します。Webライターとの違いとしては政治や経済・社会問題などについて、実際に現地を取材して収集した情報をもとに記事を作成していくという点です。

そのため主観的な意見を書くというよりは、客観的な内容を記事として作成していく仕事です。

トラベルライター

トラベルライターは海外や国内の旅行先の観光スポット・グルメ情報などを紹介する仕事です。全国のいろいろな場所を巡りながら、おすすめスポットやグルメを紹介するため移動が大変なため、ある程度タフな人に向いているでしょう。

以前まではグルメ雑誌や観光雑誌などが多かったですがWebメディアも登場しているため、案件獲得の方法としてはグルメサイトや観光スポットに関するメディアを運営している企業に対してアプローチを行う方法もあります。

基本的にはWebライターの中に含まれる仕事ですが、旅行に関する自分の体験談なども記事にするため、旅行経験がある・旅行好きな人が向いている仕事と言えるでしょう。

Webライター

WebライターはWeb上で掲載されているコンテンツに関するライティングの総称を指すため、SEO記事の作成やWP(ホワイトペーパー)・事例記事・インタビュー記事の作成など、さまざまな種類の記事が該当します。

ジャンルも特に決まったものがないため、特に決まった目標がないという方はWebライターとして副業から案件獲得をおこなっていき経験を積むのがおすすめです。

これもCrowdWorks(クラウドワークス)などのクラウドソーシングサイトで検索すれば、さまざまな募集が集まっているため、一度Webライターの案件について検索してみるのも良いでしょう。

しかし一般的にクラウドソーシングサイトで掲載されている文字単価は1円〜1.5円といったように、非常に安い単価が多いです。そのためある程度のライティングスキルが付いてきた場合は、SNSなどを活用してセルフブランディングを行ったり、企業に直接アプローチをして案件単価の高いものを目指していく必要があります。

Webライタースクール・講座でよくある質問について

Webライターではどれくらい稼げるようになりますか?

Webライターではどれくらい稼げるようになりますか?
Webライターの平均年収としては下記のようになっているため、200〜400万円前後がボリュームゾーンです。
・200万円未満:32%
・200〜400万円未満:26.9%
・400〜600万円未満:21.5%
・600〜800万円未満:8.2%

Webライターは副業でどれくらい稼げますか?

Webライターは副業でどれくらい稼げますか?
副業でWebライターとして仕事をする場合、初心者であれば2.5〜5万円前後と言われています。副業では平日の夜や土日の時間で稼働するため、スキルや文字単価によって稼げる金額は変わってきます。

仕事をしながらでもWebライタースクールは通えますか?

仕事をしながらでもWebライタースクールは通えますか?
Webライタースクール・講座は基本的にはオンラインで受講できるサービスがほとんどなので、仕事をしながらでも問題はないでしょう。動画学習がメインの場合は自分の好きな時間・場所で、学習を進めることができます。

未経験・知識ゼロの状態でもWebライタースクールは通えますか?

未経験・知識ゼロの状態でもWebライタースクールは通えますか?
Webライタースクールでは未経験・初心者からの受講でも受け付けているコースが多くあります。中にはPCの操作方法など基礎的な部分から教えてもらえるコースもあるため、自分のレベルにあったコースを受講しましょう。