審査なしファクタリングはリスク大!即日入金の優良9社比較

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年3月2日

目次

審査なしのファクタリング会社は危険!おすすめできない4つの理由

審査に落ちてしまい急ぎで資金調達をしたい、即日審査なしで現金化をしたいといった方もいるのではないでしょうか。しかし結論からいうと、ファクタリング会社では審査が必ず行われます。

そのため審査なしを謳っているファクタリング会社は、悪質な業者である可能性が極めて高いため、利用は避けるようにしましょう。

ただし健全なファクタリング会社であっても、即日入金に対応しているファクタリングサービスは存在します。今回は審査なしファクタリング会社の危険性やリスク、審査が必要な理由について解説しながら、即日入金に対応しているおすすめのファクタリング会社を紹介していきます。

ファクタリング会社の審査基準や落ちる理由・通過率を高めるコツについてはこちらの記事で解説しています。

(1)法外な手数料を請求されるリスクがある

1つ目の審査なしのファクタリング会社に関する危険性は、相場よりも高額な手数料を請求される可能性がある点です。

ファクタリングの手数料は、売掛先・売掛債権の信用度を審査して決定されるのが一般的です。例えば売掛先の信用度が低い・売掛先の回収ができない可能性が高い場合は、ファクタリング会社にとってはリスクとなるため、手数料が高めに設定されることがあります。

審査なしでファクタリング契約を締結するということは、売掛先の信用度や未回収リスクを加味せずに取引を行うということです。そのためファクタリング会社が背負う最大限のリスクを想定した、高額な手数料を提示されます。

(2)売買ではなく融資契約を結ばされる

審査なしのファクタリングでは売掛金が回収できなかった場合に備えて、ファクタリング会社が利用者に買い戻しができるように契約をさせれらるケースがあります。

買い戻しとは倒産や業績悪化で売掛先から債権回収ができなかった時に、利用者に債権を買い戻させお金を返還させることです。買い戻しは法的に融資契約とみなされますが、融資契約が締結できるのは貸金業登録を行なっている業者のみです。

一般的なファクタリング会社では貸金業登録は行なっていないことが多いですが、担保や保証人を求められたり、一時金や保証金を請求される可能性があります。そのため融資契約を求められる場合は、違法な業者である可能性が極めて高いです。

ファクタリングと称して顧客に近づき、融資契約を締結させようとする場合は、いわゆるヤミ金業者など悪質な業者の恐れがあります。

(3)売掛金が回収できないと支払い義務が発生する

またファクタリング契約では基本的に償還請求権なしでの契約が一般的です。償還請求権とは債務の責任範囲を限定せず、金銭債権などを全額請求できる権利のことです。そのため通常のファクタリング会社では売掛先が仮に倒産しても、利用者が責任を負うことはありません。

しかし審査なしのファクタリング会社は売掛金が未回収になるリスクを避けるために、償還請求権ありの契約を結ばせようしてきます。日本で健全な運営をしているファクタリング会社では、基本的には償還請求権は発生しません。

契約内容を見た時に償還請求権が発生すると記載がある場合は、危険なファクタリング会社の可能性が高いため注意しましょう。審査なしのファクタリング会社をおすすめしない理由についてはこちらの記事でも解説しています。

(4)ヤミ金業者からの取り立てが行われる

紹介してきたように審査なしを謳っているファクタリング会社の場合は、いわゆるヤミ金業者とつながっている・ヤミ金融業者である可能性が高いです。

そのためこうした会社と契約を締結してしまうと高額な手数料を請求されたり、どう喝をしてきたり、勤務先や家族に電話をかけたりと強引な取り立てが行われます。

そうなってくると売掛先や周囲の人たちに迷惑をかけることになり、悪質な金融サービスを利用したことが周囲に知られると、自身の会社の信用を失うケースもあります。

審査なしという言葉は非常に魅力的な言葉ですが、結果的には不利な契約を結ばされたり、信用を失ったりと大きなリスクがあります。そのため審査なしを謳っているファクタリング会社の利用は避けるようにしましょう。

審査なしは存在しない・ファクタリングで審査が必要な3つの理由

紹介してきたようにファクタリング契約時には、必ず審査が実施されます。審査が行われる理由はなぜなのでしょうか。

審査が必要な理由を簡単にいうと、ファクタリング取引で発生するリスクを避け、健全な取引を行うためです。具体的には下記の3つの理由が挙げられます。

  1. 売掛債権の信用度を判断し買い取りを決めるため
  2. 審査によって適切な手数料を決定するため
  3. 二重譲渡や架空請求など詐欺行為を防止するため

次はファクタリング契約時に、審査が必ず行われる理由について解説していきます。

売掛債権の信用度を判断し買い取りを決めるため

ファクタリング会社が審査を実施する1つ目の理由は、売掛先や売掛債権の信用度を判断し、未回収になる可能性がないかどうかを判断するためです。

基本的にファクタリング審査では売掛先の信用力を重視しており、売掛債権を買い取った後にその売掛先企業が倒産しないか・貸し倒れにならないかといった部分を見ています。

ファクタリング会社からすると経営が悪化している・財務状況が悪い会社の場合は、売掛金を回収できない可能性が高く、ファクタリング会社側が被害を被るリスクが発生します。

そのため審査を行うことでファクタリング会社は、未回収リスクを下げるようにしているのです。

審査によって適切な手数料を決定するため

またファクタリング会社の場合は手数料が一律であることは少ないです。理由としては審査によって、利用者が支払う適正な手数料を算出するためです。

例えば売掛先が上場企業や官公庁・地方公共団体など信用度が高く、売掛金の未回収リスクが低いと判断されれば、手数料は低く設定されることがあります。

手数料は売掛債権の金額や利用回数によっても変動することがありますが、基本的には未回収リスクも加味したうえで手数料を算出しているのです。

二重譲渡や架空請求など詐欺行為を防止するため

またファクタリング会社は二重譲渡や架空請求など、詐欺行為を計画している悪質な利用者を警戒をしています。二重譲渡とは一つの売掛債権を、複数のファクタリング会社で売却しようとすることです。

利用者の中には売掛先と結託して架空の請求書を偽造し、ファクタリング会社から現金を騙し取ろうするケースもあります。このようなトラブルを防止するため、ファクタリング会社では下記のような部分を審査しています。

  • 売掛先との契約実態があるのか(通帳の履歴確認)
  • 売掛金の存在を証明する請求書・発注書・納品書があるか
  • 売掛先との基本契約書があるか

請求書や身分証以外にも通帳履歴や納品書・契約書の提出が求められるケースがありますが、理由は架空請求書ではないか、売掛債権が存在しているのかを確認するためなのです。

即日入金でおすすめのファクタリング会社手数料比較3選

サービス名手数料入金スピード買取可能額提出書類
ビートレーディング 2%〜2時間制限なし売掛先から入金が確認できる通帳コピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)
ペイトナー10%10分1万円〜本人確認書類・請求書など
PayToday1%〜9.5%30分10万円〜確定申告書・入出金明細など
FREENANCE3%〜10%30分1万円~内容により異なる
QuQuMo1%〜2時間制限なし入出金明細・確定申告書など
labol10%60分1万円~本人確認書類・請求書など

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のAIオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のAIオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができます。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間制限なし請求書・通帳の2点のみ

ビートレーディング – 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗ファクタリングサービスです。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間制限なし売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)

アクティブサポート 300万円まで最短即日入金/手数料2%〜/審査通過率90%

アクティブサポートは年間支援実績が1,000件、審査通過率は90%を誇る即日入金に対応しているファクタリング会社です。

契約方式も面談契約・出張契約・郵送契約(即日は不可)の3つから選ぶことができ、印紙代や交通費など手数料以外の費用は不要です。また通帳のコピーと請求書の2点で最大300万円まで即日入金に対応しています。

法人企業だけでなく個人事業主の利用も可能で、最短30分で無料見積もりを行なっているため、資金繰りに困っている方はぜひ無料見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜即日即日300万円まで
30〜1,000万円
通帳のコピー
売却する請求書

個人事業主やフリーランスおすすめ即日入金のファクタリング会社手数料比較3選

ペイトナーファクタリング – 初期/月額0円/入金まで最短10分で即日入金/複数回申請OK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。

買取価格も1万円から利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

labol – フリーランス・個人事業主向け完全オンライン完結ファクタリング

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けに特化したファクタリングサービスで、東証プライム上場企業であるセレス株式会社の子会社が運営しているため安心してサービス利用ができます。

labol(ラボル)の特徴は手数料が一律である・必要書類が少なく利用ができる点です。また契約書は必要なく、取引がわかるエビデンスとしてメールやチャットツールのやり取りがあれば利用できます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%60分1万円〜本人確認書類・請求書
取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)

labol(ラボル)の評判や口コミ・審査落ちの理由と対策はこちらの記事で解説しています。

FREENANCE

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜お問い合わせ

法人向けのおすすめファクタリング会社手数料比較3選

アクセルファクター 審査通過率93%/5割が即日入金/手数料2%〜/大手企業グループが運営

アクセルファクターは大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

他社で審査に落ちた場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

トップ・マネジメント 支払いサイトが長い請求書も対応可能・4.5万件以上の買取実績

トップ・マネジメントは支払いサイトが長い長期の売掛債権の買取にも対応しており、45,000件以上の取引実績があり、累計買取高は100億円以上を誇るファクタリング会社です。

一般的に支払いサイトが長い売掛金は未回収リスクが高くなるため、ファクタリング会社では審査落ちになるケースが多いですが、これに対応しているのは大きな魅力です。

また法人だけでなく個人事業主のファクタリングも可能なため、事業資金の課題がある方はまずは無料相談をしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
3.5%〜即日30万円~3億円身分証明書/会社登録簿謄本
印鑑証明書/売掛先との成因資料など

えんナビ 最短1日で資金化・手数料は業界最低水準・土日対応・個人利用もOK

えんナビは24時間土日対応で50万円からの少額債権も買い取り対応を行なっている3社間ファクタリング会社です。現金化のスピードも早く最短で1日で資金調達が可能です。

顧客満足度は93%と非常に高いのが特徴で、手数料も5%〜と業界最安水準のためリピーターも多いです。ノンリコース契約(償還請求権ナシ)のため、もしもの場合にも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
5%〜1日50〜5,000万円対象となる請求書と3ヶ月分の通帳など

ファクタリングで即日入金を実現するための6つのポイント

即日入金が可能なファクタリング会社を紹介してきましたが、条件や申込のタイミングによっては、確実に即日入金されるとは限りません。そのため次はファクタリングで即日入金を実現するための、6つのポイントについて解説していきます。

即日入金を実現するためのポイントは以下の6つです。

  1. 即日入金に対応しているファクタリング会社を選ぶ
  2. 必要書類が少ない・書類を揃えやすいファクタリング会社を選ぶ
  3. オンライン完結型のファクタリング会社を利用する
  4. 2社間ファクタリングを利用する
  5. 過去に利用経験のあるファクタリング会社を利用する
  6. 以前に取引した売掛先の売掛債権を選び売却する

(1)即日入金に対応しているファクタリング会社を選ぶ

1つ目のポイントは即日入金に対応しているファクタリング会社を選ぶということです。即日入金に対応しているファクタリング会社はこちらの記事でも紹介しています。

ファクタリング会社の中には即日入金に対応しておらず、1〜4営業日ほどかかる2社間ファクタリングの会社もあります。そのため申込を行う前に入金スピードについて必ず確認をしておきましょう。

サービス名手数料入金スピード買取可能額提出書類
ビートレーディング 2%〜2時間制限なし売掛先から入金が確認できる通帳コピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)
ペイトナー10%10分1万円〜本人確認書類・請求書など
PayToday1%〜9.5%30分10万円〜確定申告書・入出金明細など
FREENANCE3%〜10%30分1万円~内容により異なる
QuQuMo1%〜2時間制限なし入出金明細・確定申告書など
labol10%60分1万円~本人確認書類・請求書など

上記のように即日入金・最短で2時間後といったファクタリング会社もあります。ただしここで注意が必要な点としては、手続きの完了時間が業者の営業時間・銀行の取り扱い時間の終了間際だった場合は、翌日入金になることがある点です。

16時半までに審査を通過すれば当日入金をしてくれるFREENANCEを利用するなど、出来るだけ早い時間帯に申し込むのも大切です。

(2)必要書類が少ない・書類を揃えやすいファクタリング会社を選ぶ

また即日入金を行うためのポイントとしては、必要な提出書類が少なく、必要書類が揃えやすいファクタリング会社を選ぶことです。必要書類が少なくすぐに準備ができれば、申込や審査がスムーズに進みます。

必要書類が少なく個人事業主やフリーランスにおすすめのファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

ファクタリングを利用する際の必要書類は、ファクタリング会社によって異なってきますが、基本的には下記のような書類が必要となります。

  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 通帳(指定期間がわかるコピーでも可)
  • 売掛先との契約書
  • 登記簿謄本(法人の場合)
  • 決済書(法人)、確定申告書(個人)
  • 売掛債権を証明できるもの(契約書・納品書・請求書など)

ただし上記以外にも納税証明書や決算書など、用意するのに時間がかかる書類提出を求められるケースもあるため、事前に必要書類については公式HPなどで確認をしておきましょう。

例えばQuQuMo(ククモ)は審査に必要な提出書類が少なく、ペイトナーファクタリングは2回目以降の利用は請求書のみで申込ができます。

(3)オンライン完結型のファクタリング会社を利用する

3つ目のポイントはオンライン完結型のファクタリング会社を利用するということです。ファクタリング会社の中にはオンラインで手続きが完結する会社と、対面で面談を行ったり、郵送で書類のやり取りを行う会社があります。

オンライン完結型のファクタリングであれば、審査申込から契約締結までを全てWeb上でオンライン完結するため、手続きにかかる時間を短縮し即日入金が可能です。

対面型のファクタリング会社でも近くにオフィスがある場合や、早い時間帯に申込めば即日で現金化してもらえる可能性もありますが、オンラインファクタリングの方が移動費用や時間がかからないため効率的でしょう。

(4)2社間ファクタリングを利用する

また即日入金をしたい場合は2社間ファクタリングを利用するのも重要なポイントです。2社間ファクタリングの手数料やメリットについてはこちらの記事で解説しています。

2社間ファクタリングとは利用者とファクタリング会社の2社で契約を行う方式です。売掛先への債権譲渡通知・承諾が不要なため、スピーディーに手続きを進めることができます。

ファクタリングには大きく2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという契約形態があり、即日入金やスピーディーな資金調達を実施したい場合は、2社間ファクタリングがおすすめです。

3社間ファクタリングの場合は上記の通り売掛先に債権譲渡の通知・承諾を行います。そのため事前に売掛先に売掛債権の売却について相談しておく必要があります。また債権譲渡通知の書類は郵送でやり取りすることが多いため、時間がかかってしまいます。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いについてはこちらの記事で解説しています。

(5)過去に利用経験のあるファクタリング会社を利用する

また一度利用したことがファクタリング会社を利用するのも、即日入金・スピーディーな現金化を行うポイントです。

ファクタリングの初回取引では二重譲渡や架空請求など、トラブルを回避するためにファクタリング会社としても慎重に審査を行います。

しかし既に利用したことがあるファクタリング会社であれば、利用者情報について一から調べる必要はなく、審査にかかる時間を短くすることができスムーズに進められるでしょう。

先ほど触れたようにペイトナーファクタリングは2回目以降の利用は請求書のみで申込ができます。

(6)以前に取引した売掛先の売掛債権を選び売却する

加えて以前に利用したことがあるファクタリング会社に再度依頼する場合は、以前に取引を行ったことがある売掛先の売掛債権の売却を申し込むのがおすすめです。

売掛先についての情報を既に把握してい流ことに加えて、過去に回収できたという実績があれば、審査にかかる時間も短縮でき審査通過率も高くなると考えられます。

ファクタリング会社としても以前の情報を参照するだけで審査ができるため、審査業務にかかる負担が軽減でき、入金までの時間を短くすることができます。

ファクタリングの金利や手数料に関する3つの注意点

利用金額・売掛債権金額によって手数料は変動する

まず1つ目のファクタリングの手数料に関する注意点としては、売却する売掛債権の金額によって手数料が変わってくるという点です。

基本的には売掛債権の金額が小さければ手数料は高く、売掛債権の金額が大きくなるほど手数料は低くなります。

契約書に関する疑問点は即時に確認する

2つ目の注意点としては契約書に関すして疑問を感じる点があれば、その場で必ず確認を行うということです。

契約締結後に疑問や質問をしたとしても、契約書類の内容が変わることはまずありません。不安点や疑問がある場合は、契約書を締結する前に解消しましょう。

契約書類に関する内容の質問をしたときに、しっかりとした回答がでてこない・まともな返答ではない場合は、信用できないファクタリングかもしれません。

きちんと受け答えができないファクタリング会社は、利用は出来るだけ避けるようにしましょう。

ファクタリング業者を装ったヤミ金業者に注意する

国も中小企業の資金調達の手法として債権の流動化を積極的に推奨しています。経済産業省中小企業庁の公式サイトにある、「売掛債権の利用促進について」の部分では、売掛債権の利用促進について呼びかけています。

利用者が増える一方で、ファクタリングを装ったヤミ金業者が増えているのも実態です。先ほど紹介したように審査なしを謳っている業者は、ヤミ金業者である可能性が高いです。

また償還請求権ありの契約を結ばせようとする会社や、買い戻しを要求してくる会社も危険です。基本的に健全なファクタリング会社では、償還請求権なし(ノンリコース)が一般的です。

加えて買い戻しは融資契約に該当するため、貸金業登録をしていなければ違法行為にあたります。契約書の内容を見たときに上記の言葉を見つけた場合は、ヤミ金業者である可能性が高いため注意をしましょう。

金融庁からもファクタリング会社に見せかけたヤミ金業者に関しては、注意喚起がされているため詳細は下記からチェックしておきましょう。

詳細はこちら:https://www.fsa.go.jp/user/factoring.html

即日入金が可能なファクタリングに関するよくある質問

即日ファクタリングを利用する際に事前に準備するものはありますか?

即日ファクタリングを利用する際に事前に準備するものはありますか?
ファクタリング会社によって必要書類は異なる場合がありますが、下記3つは必須になることが多いです。
・登記簿謄本などの会社の情報が分かる書類
・売掛金の額などが記載されている契約書
・税金関係の書類

税金に関する書類は3社間ファクタリングでは必要ないケースが多いですが、2社間ファクタリングの場合は提出を求めらることもあります。

個人事業主やフリーランスでもファクタリングは利用できますか?

個人事業主やフリーランスでもファクタリングは利用できますか?
個人事業主やフリーランスでも利用できるファクタリング会社あります。具体的には下記のような会社です。
ペイトナーファクタリング
ビートレーディング
labol(ラボル)
QuQuMo(ククモ)

土日でも即日入金に対応しているファクタリング会社はありますか?

土日でも即日入金に対応しているファクタリング会社はありますか?
土日でも対応しているファクタリング会社はります。具体的には下記の企業です。
QuQuMo(ククモ)
labol(ラボル)
ビートレーディング
えんナビ

ファクタリングは通帳なしでも利用できますか?

ファクタリングは通帳なしでも利用できますか?
原則として通帳なしでファクタリング利用はできません。売掛金の未回収リスクをファクタリング会社が避けには、通帳を通して売掛金の存在があるか・売掛先の信用力を確認する必要があるためです。

ファクタリングの最低金額はいくらですか?

ファクタリングの最低金額はいくらですか?
1万円からなどの少額の売掛債権の買い取り対応を行なっている会社もありますが、これは会社次第という回答になります。1万円からなどの少額債権の買い取りを行なっているファクタリング会社は、下記の通りです。
FREENANCE
QuQuMo(ククモ)
labol(ラボル)