一人親方や個人事業主おすすめのファクタリング会社9選・少額の資金調達方法

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年1月13日

ファクタリングを検討しているが一人親方・個人事業主でも利用はできるのか不安な方もいるのではないでしょうか。結論から伝えると個人事業主や一人親方の場合でも利用はできます。

ただし個人事業主や一人親方がファクタリング会社を選ぶ際には、注意点や選び方のポイントもあります。今回は個人事業主や一人親方向けにファクタリングの利用メリットや選び方を解説しながら、おすすめのファクタリング会社を紹介していきます。

目次

ファクタリングとは?仕組みを解説

ファクタリングとは自社で保有している売掛債権を売却・譲渡することで、資金調達を行う方法です。大きく2社間ファクタリグ3社間ファクタリングの2つの種類があります。2社間・3社間ファクタリングの違いはこちらの記事で解説しています。

中にはオンライン完結型ファクタリングで申込みから審査・契約締結をオンラインで行う会社もあります。即日入金に対応しているケースも多くあり、売掛先から入金されるよりもスピーディーに現金化・資金調達ができます。

建設業界の特徴としては工事が完了して納品・検査が終了してはじめて、工事代金や支払いが行われます。また売掛債権の回収よりも先に材料費や人件費の支払いが増えていくと、黒字にもかかわらず倒産する可能性もあります。

ファクタリングを活用することで、売掛金の入金日よりも早いく資金調達ができるため、資金繰りを完全することができます。

建設業界に特化したファクタリング会社・建設業界と相性が良い理由はこちらで紹介しています。

ファクタリングの活用シーン

ファクタリングは借入をしたくない・赤字で銀行融資は断られる可能性が高いといった場合に利用するのがおすすめです。

経営状態が悪いと銀行融資は断られるのが一般的です。財務状況が悪いと借したお金が帰ってこず、利息の回収もできないため、銀行側からすると売上を立てられないからです。また借金自体をそもそもしたくないという方もいるでしょう。

ファクタリングは売掛債権の売買を行うため、借入や借金には該当せず決算書上も負債にはなりません。あくまでも入金予定の請求書(売掛債権)を買い取ってもらい、入金を前倒して報酬を受け取るだけです。

そのため財務状況を悪化させることなく、入金スピードが早い場合は即日で資金調達することができます。

ファクタリングの2つの種類

ファクタリングには大きくわけて下記のように2種類の契約形態があります。

契約形態2社間ファクタリング3社間ファクタリング
売掛先の通知・承諾なしあり
債権譲渡登記ありなし
手数料4〜18%1〜9%
現金化までのスピード早い:最短即日遅い:10〜15日前後

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡通知を売掛先に行わないので、売掛先にファクタリング利用を知られることはありません。3社間ファクタリングの場合は売掛先に債権譲渡通知・承諾を得るため、現金化までのスピードがやや遅いのが特徴です。

3社間ファクタリングは売掛先への承諾など時間がかかる一方で、架空債権や二重譲渡のリスクが低くなるため手数料が低めに設定されているのが一般的です。

ファクタリングは一人親方や個人事業主でも利用できる?

これは結論から伝えると個人事業主や一人親方でもファクタリングは利用できます。中には個人事業主やフリーランスに特化した必要書類が少ないファクタリング会社もあります。

ファクタリング審査で重視されるのは利用者ではなく、売掛先の信用度です。企業が倒産してしまい売掛債権が回収できないのが、ファクタリング会社にとって1番懸念するポイントです。

そのため利用者の社会的な信用度が高かったとしても、売掛先の信用度が低い(経営が悪化している・財務状況が悪い)場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

ファクタリングの審査基準や落ちる理由はファクタリング審査に通らない理由と通過率を高めるコツについてはそれぞれの記事で解説しています。

個人事業主や一人親方がファクタリングを利用する5つのメリット

個人事業主や一人親方がファクタリングを利用するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。主なメリットとしては次の5つです。

  1. 大型契約を締結しやすくなる
  2. 即日現金化がで早期に資金繰り対応が可能
  3. 売掛先に知られず資金調達ができる
  4. 融資を断られている・赤字でも利用ができる
  5. 一人親方・個人事業主でも利用できる

(1)大型契約を締結しやすくなる

ファクタリングを利用することで大型契約を受注しやすくなるのも理由の1つです。工事代金の支払いは本来、目的物の完成後にそれまでの工事代金などの入金が行われます。

しかし数千万円から数億単位の大規模な工事の場合は、工事にかかる全ての費用を自社で立て替えるのは非常に困難といえます。これが難しいため前金として一部の金額が支払われることもありますが、次の下請け工事を依頼する場合は、逆に前金を支払う必要があります。

前金の支払いができなければ工事の発注ができない可能性もあるでしょう。こうした場合でもファクタリングを利用すれば、外注費用を賄うことができるため、大口契約も逃さずに受注がしやすくなります。

ファクタリングを活用して複数の案件や現場を円滑に回すことで、受注できるキャパシティを増やして事業拡大につなげることもできます。

(2)即日現金化がで早期に資金繰り対応が可能

審査が早くスピード感をもって資金調達できるのも、一人親方や個人事業主がファクタリングが利用のメリットです。ファクタリングで取引を行うのは売掛債権のため、審査で重視されるのは売掛先の経営状況です。

そのため自社が赤字であるかどうかは、ファクタリング審査においてはあまり関係がないのです。また2社間ファクタリングやオンライン完結型のファクタリングであれば、申込から審査・契約締結までを全てWeb上で完結ができます。

入金が早いファクタリング会社だと、下記の比較表のように最短2時間・即日入金とった会社も多くあります。

ベストファクター2〜20%最短即日30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書
ビートレーディング2%〜2時間制限なし通帳コピー(表紙付2か月分)
契約書/発注書/請求書など
ペイトナー10%10分1万円〜本人確認書類・請求書など
PayToday1%〜9.5%30分10万円〜確定申告書・入出金明細など
FREENANCE3%〜10%30分1万円~内容により異なる
QuQuMo1%〜2時間制限なし入出金明細・確定申告書など
labol10%60分1万円~本人確認書類・請求書など
トップ・マネジメント3.5~12.5%最短3時間最大3億円身分証明書/会社登録簿謄本
印鑑証明書/売掛先との成因資料
アクセルファクター2%~当日30万〜1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

(3)売掛先に知られず資金調達ができる

2社間ファクタリングの場合は売掛先に通知せずにファクタリング利用ができるため、取引先に知られずに資金調達ができる点です。

3社間ファクタリングの場合は売掛先に通知・承諾を得る必要がありますが、2社間ファクタリングでは売掛先は挟まみません。

売掛先企業にファクタリング利用がが知られてしまうデメリットとしては、資金繰りに困っているのではないか?経営が悪化しているのではないか?といった信用不安が生じるリスクがあります。

こうした噂が流れてしまうと取引先との関係が悪くなる可能性もあります。例えば貸し倒れを警戒した仕入れ先から、取引停止となる・大口の契約がストップするなどです。

(4)融資を断られている・赤字でも利用ができる

またこれは上述でも触れた内容ですが、ファクタリングで重視されるのは売掛先の信用力であるため、自社の経営状況が悪いかどうかはあまり関係がありません。

実際に赤字状態でファクタリング実施が出来たという建設業に方もいます。詳細はこちら

銀行融資の場合は決算書や財務状況を見られて利用者の返済能力があるかを判断します。しかし上記の通りファクタリングで重要なのは売掛債権が回収かできるかであり、利用者の経営状況はあまり重視されません。

そのため赤字経営である建設会社や個人事業主、融資を断られたことがある方でもファクタリング利用はできます。

(5)一人親方・個人事業主でも利用できる

またこれは先ほど触れた内容ですが個人事業主や一人親方として建設業を営んでいる方でも、ファクタリングは利用ができます。

資金繰りの改善方法の1つとしては融資という選択肢もありますが、社会的な信用力が低い個人事業主の場合は返済能力が低いと評価されて、融資が受けにくい傾向にあります。

ファクタリングは売掛先の信用力が評価、審査の基準であるため、信用度が低い一人親方や個人事業主の方でも利用はできます。一人親方で資金繰りが厳しい状態でも、売掛先の信用度が高ければ最短即日で現金化・資金調達をできる可能性もあります。

一人親方・個人事業主のファクタリング会社の選び方・5つのポイント

次は一人親方や個人事業主の方がファクタリング会社を選ぶ際の5つのポイントについて解説します。ポイントとしては下記の5つです。

  1. 手数料の上限は低いか・明記されているか
  2. 少額債権の買取に対応しているか
  3. 資金が必要な時期までに入金が間に合うか
  4. 債権譲渡登記はなしにしてくれるか
  5. 建設業界に理解があるファクタリング会社であるか
  6. 注文書ファクタリングにも対応しているか

(1)手数料の上限は低いか・明記されているか

建設業の方や一人親方がファクタリング利用をする場合は、手数料上限が低いかどうかも確認しておくべきでしょう。

上記で触れたように建設業界は一般的な業界と比べて、支払いサイトが長く売掛金回収のリスクが高いので、ファクタリング会社としても手数料を高めに設定することが多いです。

上記の理由から建設業界や一人親方の企業が利用する場合は、手数料は上限値になることが多くあります。例えば手数料が2%〜18%と記載がったとしても、2%という数値は魅力的ですが上限値の18%になる可能性が高いです。

そのため建設業界の方がファクタリング利用する場合は、手数料の下限値ではなく上限値を見て選ぶようにしましょう。

(2)少額債権の買取に対応しているか

個人事業主や一人親方の場合は少額のファクタリング利用にも対応しているかを確認しましょう。ファクタリング会社の買取金額は上限・下限が設定されていることがあり、買取限度額をみたしていないと取り扱ってもらないです。

特に一人親方や個人事業主の場合は、数十万円単位の小さな売掛債権が多くなるため、少額債権の買取に対応している企業を選ぶのが重要です。少額債権の買取対応をしているファクタリング会社はこちらで紹介しています。

たとえば買取下限金額が100万円と記載がある場合は、50万円の売掛債権は買取対象外となります。ファクタリング会社側も未回収リスクを負って資金化を行うため、下限を下回る売掛債権ではリスクに対して報酬が小さいという判断になります。

ただし下記のように少額の売掛債権でも買取対応を行っている、個人事業主や一人親方向けのファクタリング会社もあるため参考にしてください。

サービス名手数料入金スピード買取上限
ベストファクター2〜20%最短即日30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書
ビートレーディング2%〜2時間制限なし通帳コピー(表紙付2か月分)
契約書/発注書/請求書など
アクティブサポート2%〜即日即日300万円まで通帳のコピー
売却する請求書
ペイトナー10%10分1万円〜本人確認書類・請求書など
PayToday1%〜9.5%30分10万円〜確定申告書・入出金明細など
FREENANCE3%〜10%30分1万円~内容により異なる
QuQuMo1%〜2時間制限なし入出金明細・確定申告書など
labol10%60分1万円~本人確認書類・請求書など
トップ・マネジメント3.5~12.5%最短3時間最大3億円身分証明書/会社登録簿謄本
印鑑証明書/売掛先との成因資料
アクセルファクター2%~当日30万〜1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印
けんせつくん2%〜最短2時間無制限身分証明書/入出金の通帳
請求書/印鑑証明書
決算書/見積書(設備投資等)
許認可書(業態による)
No.11%〜最短30分50〜500万円身分証明書/請求書
入出金の通帳

(3)資金が必要な時期までに入金が間に合うか

資金が必要なタイミングまでに入金が間に合うかも重要なポイントです。入金スピードはファクタリング会社によって変わってくるため、必要な時期までに入金されるかは選定のポイントです。

2社間ファクタリングの場合であれば売掛先に債権譲渡通知・承諾を得る必要がないため、最短即日入金〜数日で現金化ができます。

一方で3社間ファクタリングの場合は売掛先への債権譲渡通知・承諾が必要となるため、短くとも1〜2週間はかかります。

  • 3社間ファクタリングの手数料:最短即日入金・2〜4日程度
  • 2社間ファクタリングの手数料:10〜15日前後・長いと30日程度

またファクタリング会社の中には申込みから審査・契約締結までをオンラインで完結する、オンライン完結型ファクタリングもあります。オンライン完結のため書類の郵送や来訪による面談が不要なため、スピーディーに資金調達が可能です。

(4)債権譲渡登記はなしにしてくれるか

債権譲渡登記とは保有している資産が譲渡されたことを公示する登記制度です。3社間ファクタリングの場合は売掛先から合意を得ることで、この要件を満たすことができます。

2社間ファクタリングでは契約時に二重譲渡を防止するために「債権譲渡登記」を求められるケースもあります。債権譲渡登記による譲渡人は法人に限定されるため、個人事業主の審査申し込みをそもそも断っているファクタリング会社もあります。

ただし個人事業主やフリーランス向けに特化したファクタリング会社もあるため、個人事業主でも審査が緩いファクタリング会社の記事を参考にしてみてください。

ペイトナーファクタリングでは個人事業主やフリーランスの利用も可能で、売掛先が個人であっても対応してくれます。またビートレーディングではオンライン完結型のファクタリングで、個人事業主の利用も可能です。加えて審査通過率は98%のため必要書類も少なく済みます。

(5)建設業界に理解があるファクタリング会社であるか

建設業の場合は下請構造や工事が終わるまで代金が支払われないなど、支払いサイトが長くなるケースが多いです。

しかし一般的なファクタリング審査の傾向としては、支払いサイトが長い場合は、未回収リスクが高くなるため敬遠され審査落ちとなる可能性が高くなります。

ただし建設業界の内情について理解しているファクタリング会社であれば、支払いサイトが長くなることも理解しています。

内情をしっている場合はファクタリング会社側からしても、建設業は取引をしたい相手でもあります。理由としては下記の3点が挙げられます。

  1. 買取対象の売掛債権金額が大きく大口契約になりやすい
  2. 建設業の取引は元請けの規模などからみたときリスクが低い
  3. 一般財団法人建設業振興基金によるファクタリング契約保証事業がある

一般財団法人建設業振興基金とは資格取得に向けた研修や就職・キャリアップなど、建設業界を色々な面で支援している団愛です。上記以外にも建設業者に資金援助や保証業務も実施しています。

元請け会社からの工事代金を保証するため、ファクタリング契約の保証業務もその1つであり、ファクタリングで資金調達しようとする建設業者にメリットになる活動が行われています。

こうした背景もありファクタリング会社としても、建設業の利用者と安心して契約締結ができ、利用者側としても申込のハードルが下がっているのです。

(6)注文書ファクタリングにも対応しているか

通常のファクタリングは請求書をベースとした売掛債権の買取を行うのが一般的ですが、建設業特化型のファクタリング会社では、注文書でも買取を行っているケースもあります。これを注文書ファクタリングと呼びます。

建設業者から案件を受注し請求書を発行するまでの流れは下記のようになります。

  1. 注文書の受け取り
  2. 工事実施〜工事完了
  3. 請求書発行
  4. 支払い期日に入金

通常のファクタリングは請求書の買取を行うため、3のタイミングで申込や審査・契約締結を行います。しかし注文書ファクタリングでは1の段階で対応してもらえるので、非常に早い段階で現金化ができます。

建設業界の売掛金(支払いサイト)は先ほど触れたように、長期化することが多いため、注文書で現金化・資金調達ができれば案件をスムーズに回すことができます。

引用:ビートレーディング – 注文書ファクタリングの仕組み

上記の図のように注文書ファクタリングは納品前の注文書で現金化を行うため、圧倒的に早いタイミングで資金調達ができ最大180日も短縮することができます。

ビートレーディングBEST PAYトップ・マネジメントでは、請求書の買取だけでなく注文書ファクタリングも行っています。

注文書ファクタリングのメリットやデメリットについてはこちらの記事で解説しています。

一人親方・個人事業主におすすめファクタリング会社比較9選

サービス名手数料入金スピード買取上限
ベストファクター2〜20%最短即日30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書
ビートレーディング2%〜2時間制限なし通帳コピー(表紙付2か月分)
契約書/発注書/請求書など
アクティブサポート2%〜即日即日300万円まで通帳のコピー
売却する請求書
ペイトナー10%10分1万円〜本人確認書類・請求書など
PayToday1%〜9.5%30分10万円〜確定申告書・入出金明細など
FREENANCE3%〜10%30分1万円~内容により異なる
QuQuMo1%〜2時間制限なし入出金明細・確定申告書など
labol10%60分1万円~本人確認書類・請求書など
トップ・マネジメント3.5~12.5%最短3時間最大3億円身分証明書/会社登録簿謄本
印鑑証明書/売掛先との成因資料
アクセルファクター2%~当日30万〜1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印
けんせつくん2%〜最短2時間無制限身分証明書/入出金の通帳
請求書/印鑑証明書
決算書/見積書(設備投資等)
許認可書(業態による)
No.11%〜最短30分50〜500万円身分証明書/請求書
入出金の通帳

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のAIオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のAIオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができます。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間制限なし請求書・通帳の2点のみ

アクティブサポート 300万円まで最短即日入金/手数料2%〜/審査通過率90%

アクティブサポートは年間支援実績が1,000件、審査通過率は90%を誇る即日入金に対応しているファクタリング会社です。

契約方式も面談契約・出張契約・郵送契約(即日は不可)の3つから選ぶことができ、印紙代や交通費など手数料以外の費用は不要です。また通帳のコピーと請求書の2点で最大300万円まで即日入金に対応しています。

法人企業だけでなく個人事業主の利用も可能で、最短30分で無料見積もりを行なっているため、資金繰りに困っている方はぜひ無料見積もりをしてみましょう・

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜即日即日300万円まで通帳のコピー
売却する請求書

Terasu 債務超過/赤字/一人親方でも利用可能なファクタリング会社/審査通過率94%

Terasu(テラス)は個人事業主や一人親方でも利用が可能で、赤字決算・債務超過でも利用が可能なファクタリング会社です。いくつかのサービス種別がありますが、建設業特化型、個人事業主様・フリーランス特化型のファクタリングサービスもあります。

加えて即日振込率は88%・審査通過率は94%と急ぎで資金調達をしたい一人親方や個人事業主にはおすすめです。

30秒で簡単審査依頼も出せるのでまずは買取依頼を出してみしょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜即日即日300万円まで通帳のコピー
身分証明書
売却する請求書

ビートレーディング – 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗ファクタリングサービスです。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

注文書ファクタリングにも対応しており、受注した時点で資金化ができるため、納品までの時間が長い建設業界におすすめのファクタリング会社です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間制限なし売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)

labol – フリーランス・個人事業主向け完全オンライン完結ファクタリング

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けに特化したファクタリングサービスで、東証プライム上場企業であるセレス株式会社の子会社が運営しているため安心してサービス利用ができます。

labol(ラボル)の特徴は手数料が一律である・必要書類が少なく利用ができる点です。また契約書は必要なく、取引がわかるエビデンスとしてメールやチャットツールのやり取りがあれば利用できます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%60分1万円〜本人確認書類・請求書
取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)

labol(ラボル)の評判や口コミ・審査落ちの理由と対策はこちらの記事で解説しています。

ベストファクター 最短1時間で資金化/審査通過率92%/買取診断が5分でわかる

ベストファクターは個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるファクタリング会社です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30〜1,000万円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書

けんせつくん 最短2時間で現金化/一人親方・建設業特化型のファクタリングサービス

けんせつくんは建設業界に特化したファクタリングサービスで、建設業に精通している人が運営しているため、経理や原価管理に詳しい担当者がサポートしてくれます。

またオンラインファクタリングに対応しているため最短2時間で現金化ができ、請求書だけでなく注文書ファクタリングにも対応しています。

開業しても間もない個人事業主や一人親方でも利用ができ、建設業界に特化しているため支払いサイトが長い売掛債権でも買取対応をしてくれます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング5%〜最短2時間上限なし身分証明書/入出金の通帳
請求書/印鑑証明書
決算書/見積書(設備投資等)
許認可書(業態による)

株式会社No.1 一人親方・建設業特化型のファクタリングサービス/少額債権も対応

株式会社No.1は建設業特化型ファクタリングサービスを提供しており、オンラインのため即日対応が可能で、手数料も1%〜と低水準で利用ができます。

また50万円からの少額売掛債権でも買取対応を行っており、審査通過率は90%以上と非常に高いのが特徴です。建設業界に特化しているサービスのため、支払いサイトが長い売掛債権でも対応が可能です。

20秒で査定依頼ができるため、まずは買取査定依頼を出してみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1〜15%〜最短30分50〜5,000万円銀行口座の情報/売掛金の証明書
取引先との契約書

土建くん 一人親方・建設業特化型ファクタリングサービス

土建くんは株式会社ワイズコーポレーションが運営する建設業界に特化したファクタリングサービスです。特徴としては最短60分で即日入金が可能で、オンライン契約に対応しているため書類を郵送でやり取りする必要もありません。

支払いサイトが長い請求書が多く建設業は、一般的なファクタリング会社では断れることが多いです。しかし審査通過率も91%と非常に高く、請求書だけでなく注文書買取にも対応しています。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 3%〜最短60分30〜3,000万円お問い合わせ