大阪・関西おすすめファクタリング会社15選!手数料相場や選び方・注意点

※本ページにはプロモーションが含まれています

最終更新日 2024年3月2日

大阪は都市としても東京に次ぐ2番目の大都市です。日本には数百社のファクタリング会社がありますが、大阪・関西で業者を探している方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと大阪に本社・営業所を持っている優良ファクタリング会社は7社と多くはありません。そのため全国対応を行っており、来店や面談が不要な完全オンラインファクタリングAIファクタリングの利用も、選択肢を増やす観点ではおすすめです。

目次

大阪・関西おすすめファクタリング会社7選!手数料や入金スピード比較!

まずは大阪に本社・営業所を構えているおすすめのファクタリング会社を紹介していきます。店舗に来店して資金繰りに相談をしたい方にはおすすめです。個人事業主やフリーランスの方でも即日入金に対応している業者もあるため、ぜひ参考にしてください。

サービス名手数料入金スピード買取上限必要書類
ベストファクター大阪2〜20%最短即日30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書
ビートレーディング大阪2%〜2時間制限なし通帳コピー(表紙付2か月分)
契約書/発注書/請求書など
アクセルファクター大阪2%~当日30万〜1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印
ファクタリングZERO1.5〜10%最短即日20~5,000万円本人確認書類/請求書
通帳コピー
西日本ファクター大阪支店2.8%〜最短即日30~3,000万円本人確認証/通帳コピー
登記簿謄本/印鑑証明/請求書
決算書/確定申告書
JTC(ジェーティーシー)
大阪営業所
1.2%〜10%最短1日1万円〜上限なし本人確認書類/通帳のコピー/請求書
入金予定表の記載
トラストゲートウェイ大阪3〜10%最短即日10~5,000万円本人確認証/通帳コピー
登記簿謄本/印鑑証明/請求書
決算書/確定申告書

ビートレーディング大阪 個人OK/通過率は98%/最短2時間/オンライン完結ファクタリング

ビートレーディングは設立10年以上の歴史を持ち東京・仙台・大阪・福岡に4つの拠点を持っている老舗オンライン完結ファクタリングサービスです。必要書類も請求書・通帳コピー・本人確認証の3つで利用が可能です。

手数料も2%から利用ができ法人だけでなく個人事業主の方でも利用ができます。必要書類も少なく審査通過率は98%と高い数値で、店舗に来店することやオンラインでの契約ができます。

大阪支店:大阪府大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル9階

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
2%〜2時間制限なし通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)

トラストゲートウェイ大阪 手数料1.5%〜/審査通過率94%/個人事業主・医療法人OK

トラストゲートウェイは大阪で地域密着の営業を行っており、手数料も1.5%〜と非常に安いファクタリング会社です。審査通過率は94.8%と高く、他社乗り換えも歓迎しています。

またオンラインファクタリングに対応しているため、対面面談が不要のため移動にかかる時間や費用が発生しないのもメリットです。加えて利用回数に応じて手数料が下がっていくため、複数回利用する可能性がある方にはおすすめです。

最低買取金額も10万円からと個人事業主にも対応しており、少額の売掛債権を売却したい方で利用できます。

大阪支店:大阪府大阪市淀川区西中島3丁目11−26

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
4〜10%
3〜8%
最短即日10~5,000万円本人確認証/通帳コピー
登記簿謄本/印鑑証明/請求書
決算書/確定申告書

ベストファクター大阪支社 最短1時間で資金化/審査通過率92%/買取診断が5分でわかる

ベストファクターは大阪に支社があり個人事業主でも利用ができ、複数の借入がある・税金滞納・赤字で他社から断られた場合でも利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。

最短1時間というスピード入金が可能で、30万円からの少額債権でも対応しています。加えて審査通過率は92%以上と非常に高いの特徴です。

支払いサイトが長い売掛債権の買取も対応しているため、建設業界の方や一人親方の方におすすめのファクタリング会社といえます。

またオンラインファクタリングにも対応しているため、面談が不要で書類も郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけで良いのでスピーディーな資金調達が可能です。

大阪支社:大阪府大阪市中央区北久宝寺町3丁目6−1 本町南ガーデンシティ 7階

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング 2%〜最短1時間30万〜1億円本人確認証/通帳のコピー
請求書/見積書/基本契約書

アクセルファクター大阪 審査通過率93%/即日入金/手数料2%〜/継続利用で手数料減額

アクセルファクターは大阪に営業所があり大手企業のグループ会社が運営しており、手数料も2%から利用ができるオンライン完結ファクタリング会社です。審査通過率は93%と高い数値を誇っており、赤字・滞納企業の売掛債権にも対応しており柔軟性が高いのが特徴です。

他社で審査に落ちた場合でも大手企業のグループ会社が運営していることもあり、リスクの高い債権でも買い取り対応を行なっています。申込者の50%以上が即日入金を実現しており、個人事業主の方でも利用が可能です。

また継続利用で手数料も減額されるため他社利用中でファクタリング会社の乗り換えにはおすすめです。

年間相談件数も1.5万件・専属担当の手厚いサポートがついているため、はじめてファクタリングを実施する方でも安心して利用ができます。

大阪営業所:大阪府大阪市中央区南船場3-11-10 心斎橋大陽ビルTHE HUB 心斎橋 B1階

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング2%〜即日30万円~1億円請求書又は見積書/預金通帳
決算報告書/代表者の身分証明書
代表者及び会社の実印

ファクタリングZERO 西日本地域で土曜日なら即日入金/審査通過率96%/個人事業主OK

ファクタリングZEROは審査通過率96%のオンラインファクタリング会社で、九州・中国・四国・関西居住者方(大阪)に対応しています。土曜日も9:00〜19:00まで営業しており、午前中に審査申込みをすれば即日入金の可能性があります。

また法人企業だけでなく個人事業主にも対応しており、起業から日が浅い方でもOK・税金や社会保険料の未払いの場合でも状況によっては買取が可能な場合もあります。

また期間限定で手数料が最大5%割引になるキャンペーンも行なっているため、現在利用しているファクタリング会社に不満がある方は乗り換えを検討してみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
1.5%〜10%最短即日20万〜5,000万円本人確認書類・通帳のコピー・請求書

西日本ファクター大阪 1,000万まで即日現金化/完全オンラインファクタリング

西日本ファクターは大阪に支社を構えている非対面型のオンラインファクタリング会社です。そのため来社する時間がない関西エリアでも遠方にいる方でも、ファクタリング利用ができます。

手数料も2.8%〜と低い設定になっており、他社からの乗り換えも歓迎しているため、他社利用中で手数料や対応に不満がある方にはおすすめのファクタリング会社です。手数料以外の登記費用やその他諸経費などは発生しないので、安心して利用ができます。

大阪営業所:大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2.8%〜最短即日30~3,000万円本人確認証/通帳コピー
登記簿謄本/印鑑証明/請求書
決算書/確定申告書

JTC大阪 土日・年中無休365日対応/手数料1.2%〜/法人企業おすすめ/オンライン契約可能

JTC(ジェーティーシー)は大阪に営業所を持ち土日祝365日年中無休・24時間対応で手数料1.2%〜と非常に安いファクタリングサービスです。ただし利用にはいくつか条件があり、一定規模の会社しか利用はできません。条件は下記の通りです。

  • 年商7,000万円以上の企業限定
  • 契約金額が100万円以上
  • 個人事業主の場合は取引先の承諾が必要

個人事業主での利用もできますが、年商が7,000万円以上・契約金額が100万円以上と少額債権には対応していないため、法人企業におすすめのファクタリング会社といえます。

基本的には対面の面談が必須ですが、オンライン契約にも対応しているため、地方在住の法人企業でも利用はできます。

大阪営業所:大阪府大阪市西区江戸堀2-1-1 江戸堀センタービル9階

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2社間ファクタリング1.2%〜10%最短1日1万円〜上限なし本人確認書類/通帳のコピー/請求書
入金予定表の記載

大阪・関西でも利用できるおすすめオンラインファクタリング会社8選

大阪といえども都心部ではなく遠方に住んでいる方や、東大阪や堺市でファクタリングを利用したい方もいるでしょう。次は来社が不要な完全オンラインファクタリングAIファクタリングを紹介していきます。

サービス名手数料入金スピード買取上限必要書類
QuQuMo1%〜2時間制限なし請求書/通帳コピー
ペイトナー10%10分1万円〜本人確認書類/請求書
通帳コピー
labol(ラボル)10%60分1万円〜本人確認書類/請求書
通帳コピー
GoodPlus
個人おすすめ
5~15%最短90分30万円~10億円本人確認書類/請求書
通帳コピー
昨年度の決算書
登記事項証明(全部)
印鑑証明書
日本中小企業
金融サポート機構
1.5〜10%最短3時間上限下限なし3ヶ月分の通帳のコピー
売掛先の発生がわかる請求書/契約書
利用者の身分証明書
FREENANCE3%〜10%30分1万〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
※メールのスクリーンショット等

QuQuMo 個人OK/通過率98%/土日対応/2時間で即日入金のAIオンラインファクタリング

QuQuMo(ククモ)は最安1%〜と低手数料のAIオンライン完結ファクタリングサービスです。業界最安水準に加えて、必要書類は最も少なく請求書と通帳の2点のみで利用ができます。

QuQuMo(ククモ)が選ばれる理由は審査通過率は98%と非常に高く、オンライン完結のため入金スピードも最短2時間の即日入金と早期に資金調達できる点です。

また2社間取引のため取引先にファクタリング利用が知られることもなく、買取上限・下限制限がないため少額債権の売却を検討している個人業主やフリーランス・大口の資金調達を検討している法人企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要な会社もありますが、QuQuMo(ククモ)の場合は不要なためスピーディーに現金化ができます。

またフリーランスや個人事業主も積極的に支援しており、事例も豊富なのが特徴です。建設業の方では申し込みから3時間で600万円のファクタリング・広告代理店では1,200万円の申請をして2時間で即日入金を実現しています。

AIファクタリングかつ契約も電子契約で完結するため、個人事業主やフリーランスの方でも必要書類が揃っていれば、非常にスピーディーに現金化が可能です。

利用も簡単3ステップで、無料登録完了後に審査書類の提出を提出すると30分程度で見積もり提示(買取金額・手数料)、その後は電子契約によるオンラインで契約締結となります。まずは無料登録で審査見積もりをしてみましょう。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング1%〜2時間制限なし請求書・通帳の2点のみ

ペイトナーファクタリング – 入金まで最短10分で即日入金/複数回申請OK/個人債権もOK

ペイトナーファクタリングはフリーランス・個人事業主向けのAIオンライン完結ファクタリングサービスで、初期・月額費用0円・最短10分で入金が完了します。

買取価格も1万円から利用が可能で請求書をアップロードするだけで簡単に現金化ができます。金融機関が運営しているサービスの場合は事業計画書などの提出が必要ですが、請求書・本人確認書・入出金履歴の3つだけで利用ができます。

また料金体系もわかりやすく手数料は一律10%となっており、最低手数料のみを記載している場合は上限がわからないことも多いですが、ペイトナーの場合は安心して利用ができます。

また一度審査で落ちてしまっても複数回の申請が可能・売掛先が個人でも利用できる点も嬉しいポイントです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%10分1万円〜請求書・本人確認書類(※初回申請のみ)
口座入出金履歴またはサイトURLのどちらか一点(※任意書類)

ペイトナーファクタリングの評判や口コミ審査落ちの理由と対策はそれぞれの別の記事で解説しています。

labol 365日24時間/土日年中無休対応/最短60分即日入金のAIオンラインファクタリング

labol(ラボル)はフリーランス・個人事業主向けに特化したオンライン完結ファクタリングサービスで、東証プライム上場企業であるセレス株式会社の子会社が運営しているため安心してサービス利用ができます。

labol(ラボル)の特徴は手数料が一律である・必要書類が少なく利用ができる点です。必要書類としては請求書・本人確認証・取引先とのやり取りがわかるエビデンス(メールやSlackなど)の3点だけです。

また土日祝日・24時間365日・年中無休で審査受付をしており、審査結果によってはいつでも即日現金化ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング10%60分1万円〜本人確認書類・請求書
取引を示すエビデンス(取引先とのメール・Slackなど)

labol(ラボル)の評判や口コミ・審査落ちの理由と対策はこちらの記事で解説しています。

日本中小企業金融サポート機構 審査通過率95%/即日入金/手数料1.5〜/非対面/個人OK

日本中小企業金融サポート機構は手数料が1.5%という圧倒的に低いく、審査通過率も95%以上が特徴のオンライン完結ファクタリングサービスです。一般的なファクタリング会社は株式会社である営利企業が運営していますが、非営利団体の一般社団法人が運営しているため、業界最安水準の手数料です。

最短30分で審査結果が提示され、振込も最短即日入金・印紙代や郵送代も無料で済み、個人事業主の中小零細企業にもおすすめです。

加えてオンライン契約ができるため必要書類が少なく、書類を郵送する手間もないので、時間をかけずに売掛債権の売却が可能です。建築資材や外注費など先行投資が必要な場合や、取引機会を逃したくない場合におすすめのファクタリングサービスです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.5〜10%最短3時間上限下限なし売掛先からの入金がわかる3ヶ月分の通帳のコピー
売掛先の発生がわかる請求書/契約書
利用者の身分証明書

FREENANCE 最短30分で即日現金化/買取上限1,000万円/無料損害保険も付帯

FREENANCE(フリーナンス)はGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営するフリーランス・個人事業主向けのお金・保険の総合サービスです。必要書類としては請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス資料の3つのみです。

お金のサービスでは請求書の現金化・ファクタリングサービスを利用ができ、会員登録後に最短30分で資金調達ができるようになっています。オンラインファクタリングの中では買取上限も高く、最大1,000万円まで対応しています。

また保険商品の提供も行っており、仕事の事故に対して5,000万円まで保証がでる安心保証Basicも無料で提供されているのが特徴です。

手数料も3%〜10%と他社と比較しても低い手数料率になっており、資金繰りの改善に活用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング3%〜10%30分1万円〜1,000万円本人確認書類/請求書
請求書送付のエビデンス資料
(メールのスクリーンショットなど)

GoodPlus 土日祝日/年中無休対応/最短90分即日入金/乗り換え手数料5%割引/個人OK

GoodPlus(グッドプラス)は土日祝日も365日・年中無休で対応しているオンラインファクタリングで、最短90と即日入金にも対応しています。事務手数料/諸経費は0円で登記費用が発生する債権譲渡登記はなしで利用ができるため、個人事業主やフリーランスの方も利用できます。

また希望者には補助金や助成金申請のサポートも行っており、経営コンサルタントの紹介も行なっているため、財務や経営面に課題がある人は活用がおすすめです。

営業時間は8:30~20:00と長いため午前中に審査申込みをすれば、土日祝日で即時入金ができる可能性があります。加えて他社乗り換え割引も実施しているため、現在のファクタリング会社に不満がある方にはおすすめです。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング5~15%90分30万円~10億円本人確認書類/請求書
通帳コピー
法人:昨年度の決算書
登記事項証明(全部)
印鑑証明書

MSFJ 乗り換え手数料50%割引/最短60分入金/審査通過率90%/個人事業主OK

株式会社MSFJはファクタリング手数料が1.8〜から利用が可能で、手数料以外の費用は発生せず、乗り換えで手数料を50%割引を行っている好条件のオンライン完結ファクタリング会社です。

非対面型のオンラインファクタリングのためスピード審査・スピード契約が可能で、最短60分で即日資金調達ができます。また審査通過率は90%以上と非常に高く、個人事業主やフリーランスの方にも対応しています。

他社利用中からの乗り換えにはおすすめのファクタリング会社です。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
1.8〜9.8%最短60分10〜5,000万円身分証明書/確定申告書※個人
通帳履歴のコピー(3〜6ヶ月程度)
売掛金を証明する書類

えんナビ 最短1日で資金化/手数料最低水準/土日対応/個人利用もOK/オンライン完結

えんナビは24時間土日対応で50万円からの少額債権も買い取り対応を行なっている3社間のオンラン完結ファクタリング会社です。現金化のスピードも早く最短で1日で資金調達が可能です。

顧客満足度は93%と非常に高いのが特徴で、手数料も5%〜と業界最安水準のためリピーターも多いです。ノンリコース契約(償還請求権ナシ)のため、もしもの場合にも安心して利用ができます。

取引形態手数料最短入金買取可能額必要書類
2者間ファクタリング
3者間ファクタリング
5%〜1日50〜5,000万円対象となる請求書と3ヶ月分の通帳など

大阪・関西でファクタリング会社の選び方・5つのポイント

大阪・関西在住の方がファクタリング利用する際の選び方のポイントは下記の5つです。

  • 全国対応・関西エリア特化のファクタリング会社を選ぶ
  • 急ぎの資金調達の場合は即日入金ファクタリングを利用する
  • 費用を抑えたいなら完全オンラインファクタリングを選ぶ
  • 対面契約・面談を希望なら所在地やアクセスの利便性を確認する
  • 売掛先にバレたくない場合は2社間ファクタリングを利用する

(1)全国対応・関西エリア特化のファクタリング会社を選ぶ

1つ目のポイントは全国対応をしている完全オンラインファクタリング会社を選ぶことです。紹介したように大阪・関西で営業所や本社を構えているファクタリング会社は多くはないです。

しかしオンラインファクタリング会社ならば、全国でも対応しておりスピーディーに資金調達ができます。また関西エリアに特化しているファクタリング会社を選ぶのもおすすめです。

また関西エリアに特化しているファクタリングは東大阪や堺市・神戸・京都などでも大阪支社を構えているため、出張での面談や資金繰り相談にも乗ってくれることがあります。

(2)急ぎの資金調達の場合は即日入金ファクタリングを利用する

大阪・関西でファクタリングを検討している方の中には、急ぎで資金調達・現金化をしたいという方もいるでしょう。その際は即日入金に対応しているかを確認しておきましょう。上述で紹介したように即日入金に対応しているファクタリング会社はあります。

特に最近登場しているAIで審査を行うAIファクタリングの場合は、最短10〜60分で即日入金と非常にスピーディーに現金化ができます。こうしたAIファクタリングは店舗を持たず家賃や光熱費などが少ないため、1万円からなど少額債権にも対応しています。

またAIが審査を行い審査結果がでるのも早いく、面談も不要なため即日入金を希望する方はAIファクタリングがおすすめです。

個人事業主におすすめの土日対応24時間即時入金ファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

(3)費用を抑えたいなら完全オンラインファクタリングを選ぶ

大阪・関西に在住の方で費用を抑えたい場合は、完全オンラインファクタリングがおすすめです。近年は新型コロナウイルスの感染防止対策として、クラウド契約ファクタリングも登場しており、審査申し込みから契約締結までを全て非対面でWeb上で完結するようになっています。

対面型ファクタリングの場合は店舗に来店して面談・契約を行ったり、必要書類を郵送する必要があり、移動費や郵送費が発生します。しかしオンラインファクタリングの場合、必要書類はメール添付・Webフォームからアップロード・契約も電子契約で完了するため、来店する必要がありません。

加えて完全オンラインファクタリングは、大阪の都心部に住んでいない・関西の遠方に住んでいる方でも利用ができます。またオンラインファクタリングでは、人件費や家賃コストも抑えているため比較的安い手数料でファクタリングが利用できます。

手数料相場や費用内訳・手数料を安くするコツはこちらの記事で解説しています。

(4)対面契約・面談を希望なら所在地やアクセスの利便性を確認する

大阪・関西に在住の方で対面の面談を行って、資金繰りに関して相談したいという方もいるかもしれません。対面での面談や契約を希望する場合は、ファクタリング会社までのアクセスの利便性を確認しておきましょう。

対面希望をするとこちらから来訪するか、ファクタリング会社の担当者が出張面談に来てもらう必要があるため、どうしてもアクセスの利便性は確認する必要があります。

本記事で紹介したファクタリング会社のほとんどは駅から徒歩圏内にありますが、出張できてもらう場合はわかりやすいカフェや場所を指定するのが良いでしょう。ただし対面の場合は出張費用が発生したり、時間もかかるためその点は留意しておきましょう。

ファクタリング面談なし・不要のおすすめ会社はこちらの記事で紹介しています。

(5)売掛先にバレたくない場合は2社間ファクタリングを利用する

またファクタリング契約には大きく2社間・3社間ファクタリングの2種類があります。それぞれの特徴は下記のとおりです。

契約形態2社間ファクタリング3社間ファクタリング
売掛先の通知・承諾なしあり
債権譲渡登記ありなし
手数料4〜18%1〜9%
現金化までのスピード早い:最短即日遅い:10〜15日前後

上記のように3社間ファクタリングでは売掛先に債権譲渡通知・承諾を行うため、取引先にファクタリング利用が共有されることになります。

架空請求や二重譲渡のリスクがなくなり、売掛債権の信頼性が高まるため手数料は安く設定されています。しかし信頼関係の構築ができていない場合は、経営状態が悪いのではないか?取引を停止した方が良いのでは?といった悪い印象を与えてしまうことになります。

2社間ファクタリングでは利用者とファクタリング会社の2社で取引を行うため、売掛先にファクタリング利用がバレることはなく、資金繰りも最短即日とスピーディーなのが特徴です。

詳細については2社間と3社間ファクタリングの違いとは?メリットやデメリットの記事で解説しています。

大阪・関西でファクタリング利用する際の3つの注意点

大阪・関西でファクタリング利用する際の注意点は下記の3つです。

  • 2社間ファクタリングでは債権譲渡登記の有無を確認する
  • 二重譲渡は犯罪行為なので注意する
  • 担保や保証人を求めてくるヤミ金業者に注意する

(1)2社間ファクタリングでは債権譲渡登記の有無を確認する

大阪・関西で即日現金化・資金調達をしたい場合は2社間ファクタリングの利用が一般的す。しかし2社間ファクタリングでは売掛債権の二重譲渡リスクを防止するために、債権譲渡登記ありの契約を締結を求められるケースがあります。

債権譲渡登記とは保有している資産が譲渡されたことを公示する登記制度です。3社間ファクタリングの場合は売掛先から合意を得ることで、この要件を満たすことができます。

加えて司法書士への報酬として5〜10万円の費用が別途発生するため、余計な費用を抑えるためにも債権譲渡登記が不要なファクタリング会社がおすすめです。土日祝日などで急ぎの資金調達をしたい場合は、登記不要のファクタリングを選びましょう。

債権譲渡登記ありの場合は個人事業主やフリーランスは利用できない

また大阪・関西在住で個人事業主やフリーランスの方がファクタリング利用する際は債権譲渡登記なしの業者を選びましょう。債権譲渡登記は法人企業に限定されるため、個人事業主は実質的に審査申込ができなくなります。

そのため債権譲渡登記ありのファクタリング会社は実質的には個人事業主はお断りで、法人企業をメインに取引を行っています。個人事業主やフリーランスの方は債権譲渡登記がなしのファクタリング会社を選びましょう。

ただし債権譲渡登記ありの場合は二重譲渡のリスクが低くなるため、手数料が安くなることがあります。そのため即日入金でなくても良いと言う方は、債権譲渡登記ありで申込みができないか相談してみても良いでしょう。

(2)二重譲渡は犯罪行為なので注意する

また売掛債権の二重譲渡行為は犯罪行為であるため、該当する行為はしないように気をつけましょう。ポイントとしては売却が決定済み・1つの売掛債権を複数社と債権譲渡契約を結ぶという点です。

二重譲渡とは複数のファクタリング会社に売掛債権を売却することで、詐欺行為を行い現金を騙し取ることです。1つの売掛債権の売却は1社にしかできません。また二重譲渡は下記の場合に発覚するためバレます。

  • 債権譲渡登記の情報照会
  • 売掛金の支払い期日にファクタリング会社へ未入金

複数のファクタリング会社に相見積もりを依頼することは問題ありません。また異なる売掛債権を複数の会社に売却して、ファクタリング会社を複数併用したり、乗り換えたりすることも法的には問題ないです。

詳細についてはファクタリングで他社利用中に乗り換えや併用は可能?バレる?ファクタリング乗り換えは可能!好条件の8社・他社利用中でもOKな会社の記事で解説しています。

しかし債権譲渡契約が完了している請求書を、別のファクタリング会社に売却する行為は犯罪のため注意するようにしましょう。

(3)担保や保証人を求めてくるヤミ金業者に注意する

またファクタリング契約はあくまでも売掛債権の売買契約のため、融資契約とは異なり保証人や担保を求められることはありません。しかし中にはファクタリングを装ったヤミ金業者も中には存在します。下記に該当する会社は悪徳なヤミ金業者の可能性が高いため注意しましょう。

  • 審査なしを謳っている
  • 手数料が相場よりも明らかに高い
  • 償還請求権ありの契約締結をさせようとする
  • 保証人や担保を要求してくる

一般的なファクタリング会社の場合は、償還請求権のないファクタリング契約を結ぶのが普通です。償還請求権とは債務の責任範囲を限定せず、金銭債権などを全額請求できる権利のことです。

そのため通常のファクタリング会社では売掛先が仮に倒産しても、利用者が責任を負うことはありません。

償還請求権ありの契約を締結してしまうと売掛金が回収できなかった場合に、買戻しを請求される可能性があります。契約内容に債権の買戻しが含まれている場合は、融資に該当するためそもそもファクタリング契約ではないです。

融資契約を結ぶ場合には貸金業登録を行なっている必要がありますが、銀行系のファクタリング会社でなければ登録はしていません。そのため買い戻し請求ができる融資契約を行う場合は違法行為に該当します。

またファクタリングは融資契約ではないため保証人や担保を求めらることは基本的にありません。そのため上記に該当するような業者については契約を避けるようにしましょう。

悪徳業者については審査なしのファクタリングは可能?審査の重要性審査なしファクタリングはリスク大!の記事で詳細を解説しています。

大阪・関西でファクタリング利用するメリット・デメリット

次は大阪・関西でファクタリング利用を行うメリットやデメリットについて解説していきます。

大阪・関西でファクタリング利用の5つのメリット

ファクタリング利用のメリットは下記の5つです。

  • 最短即日で現金化
  • 自社が赤字でも資金調達できる
  • 担保・保証人が不要
  • 負債にならなず企業評価を下げない
  • 返金リスクがない

紹介してきたようにファクタリング最大のメリットは最短即日で資金調達ができる点です。融資の場合は1ヶ月以上かかることを考えると、資金調達のスピードは圧倒的に早いです。

またファクタリング審査は自社ではなく売掛先の信用力が重視されます。そのため自社が赤字経営であってもファクタリング利用は可能です。赤字経営でも資金調達をした事例はこちらで紹介しています。

審査基準の詳細についてはファクタリングの審査基準や落ちる理由は?通過率を上げるコツファクタリング審査に通らない12の理由の記事で解説しています。

またファクタリングの場合は負債扱いにならないため、これから銀行融資を検討している方でも問題ありません。借入があると次の融資審査で厳しくみられますが、ファクタリングは負債扱いにはならないため、企業評価を下げずに資金調達が可能です。

貸借対照表の印象を下げる心配がないため、ファクタリングによる資金調達後に銀行融資を検討している個人事業主でも、融資審査で不利になることはないでしょう。

また上述でも触れましたが一般的なファクタリングでは償還請求権なしで契約締結を行うため、仮に売掛先が倒産したとしても返済する必要はありません。返金リスクがないのもファクタリングのメリットです。

大阪・関西でファクタリング利用の3つのデメリット

ファクタリング利用時のデメリットは下記の3点です。

  • 手数料がやや高め
  • 3社間ファクタリングは売掛先にバレる
  • 悪徳なヤミ金業者が存在する

ファクタリングの手数料は2社間で5〜20%・3社間ファクタリングで1〜9%が相場と言われています。熊本に限った話ではないですが、融資契約と比較すると手数料(金利)は高めになります。

融資契約時の手数料(金利)は1〜5%前後ですが、ファクタリングでは10%以上となるケースも多いです。

上述でも触れましたが3社間ファクタリングの場合は売掛先に債権譲渡通知を行うため、取引先にバレてしまいます。そのため関係性によっては悪い印象を持たれる場合もあるため、バレたくない場合は2社間ファクタリングを利用しましょう。

これも上述で解説しましたが残念ながら、ファクタリングと称したヤミ金業者も中には存在ます。先ほど紹介した注意点を確認しながら、悪徳業者とは契約しないように気をつけましょう。

大阪・関西で悪徳なヤミ金業者かどうかを見極めるポイント

先ほど大阪・関西も悪質なヤミ金業者には注意すべきと解説していました。次は悪徳なヤミ金業者を避けるための見極め方を紹介します。ポイントは下記の6つです。

  • 審査なしを謳っている
  • 手数料が20%以上である
  • 手数料以外の手付金などを上乗せしてくる
  • 請求書や契約書の控えを渡してくれない
  • HPに住所や代表者名・電話番号が記載されていない
  • 保証人や担保を要求してくる

安全にファクタリング会社を利用したい場合は、安心の上場企業が運営している大手ファクタリング会社がおすすめです。

(1)審査なしを謳っている

繰り返しになりますが審査なしを謳っている業者は要注意です。健全なファクタリング会社であれば、売掛先の信用度や支払い能力・売掛債権が実在するかを確認し架空請求を避けるため必ず審査が行われます。

ファクタリング会社が1番恐れているのは売掛金が回収できず、貸し倒れとなることです。そのため未回収リスクを抑えるために審査が行われます。仮に売掛先が倒産した場合でも、ファクタリング会社が責任を負うのがファクタリング契約です。

ファクタリング会社の審査詳細については、ファクタリングの審査基準や落ちる理由・通過率を上げるコツファクタリング審査に通らない理由は?の記事で解説しています。

しかし審査なしでファクタリング利用ができるということは、本来ファクタリング会社が懸念すべき売掛金の未回収リスクを織り込んだ状態で契約を行います。そのため手数料が相場より明らかに高い・償還請求権ありで契約締結するといったことを行います。

償還請求権ありの契約を締結してしまうと売掛金が回収できなかった場合に、買戻しを請求ができるようになります。契約内容に債権の買戻しが含まれている場合は、融資に該当するため貸金業登録が必要となります。

しかし一般的な業者では貸金業登録を行なっていないため、こうした買い戻し契約は違法行為になります。ファクタリング契約とはあくまでも売掛債権の売買契約のため、融資契約ではありません。

審査なしの悪徳なヤミ金業者を利用してしまうと、家族や勤務先に必要以上の取り立てが行われたり、売掛先が仮に倒産したりした場合に金額を返済するといったことになります。

そのため一度審査に落ちたことがありスピーディーに資金調達をしたい気持ちはわかりますが、審査なしを謳っている業者の利用は避けるようにしましょう。ヤミ金業者については金融庁からも注意喚起が出されています。

(2)手数料が20%以上である

またファクタリング手数料が20%を超える場合は注意が必要です。一般的なファクタリング手数料の相場は下記のとおりです。ファクタリングの手数料相場の詳細はこちらの記事で紹介しています。

  • 3社間ファクタリングの手数料:1〜9%
  • 2社間ファクタリングの手数料:5〜20%

融資の利息は金額によって変動するものの利息制限法により最大20%と定められています。ファクタリングは売掛債権の売買契約であり融資契約ではないため利息制限法の適用範囲ではないですが、契約内容によっては上述のようにファクタリングを装った融資契約もあります。

この場合に20%を超える手数料を設定している場合は、利息制限法に違反している可能性があります。いずれにせよ手数料相場よりも明らかに高い場合は、違法業者ではないかを疑いましょう。

(3)手数料以外の手付金などを上乗せしてくる

ファクタリングで発生する費用の内訳としては基本的に下記のようになります。

  • 買取手数料
  • 債権譲渡登記費用(司法書士依頼で5〜15万円)
  • 印紙代(書面の場合のみ)
  • 交通費・出張費用(対面の場合のみ)
  • 振込手数料(2社間ファクタリング時のみ)

しかし中には手付金や不透明な内容の金額が上乗せされているケースもあります。ファクタリング契約をする際に上記以外の費用が入っている場合は、何の費用なのかを必ず確認するようにしましょう。

(4)請求書や契約書の控えを渡してくれない

また請求書や契約書の控えを渡してくれないファクタリング会社も注意が必要です。請求書はファクタリング費用が記載されており、契約書も締結後には基本的に控えが渡されます。

契約書を渡さないということは意図的に不要な費用などを上乗せし、費用の内訳がわからないように隠そうしている可能性があります。健全な会社であれば控えは渡されることが一般的なため、契約書や請求書の控えをもらうようにしましょう。

(5)HPに住所や代表者名・電話番号が記載されていない

これは先ほどふれた内容と少し重なりますが、公式HPを確認した際に会社住所や代表者名・電話番号の記載がない場合は注意しましょう。

近年ではほとんどのファクタリング会社がホームページを持ち、Web上からの問い合わせを受け付けています。HPには企業情報を掲載するのが一般的なため、あえて隠しているということは怪しいと疑った方が良いでしょう。

また場合によっては掲載内容の虚偽がある場合もあります。金融庁の登録貸金業者情報検索サービスを利用すれば、虚偽情報かどうかは簡単に判断がつくため、怪しい会社はチェックするようにしましょう。

(6)保証人や担保を要求してくる

また先ほども触れましたがファクタリング契約は売掛債権の売買契約であり、融資契約ではないため担保や保証人は不要です。担保や保証人を要求してくる場合は、実質的には融資契約であると判断されるケースが多いです。

担保や保証人を要求してくる場合は、契約内容などを一度確認しましょう。償還請求権あり・買い戻しが可能な場合は、ファクタリングではなく融資に該当します。

貸金業登録を行っていない会社が融資契約を締結するのは違法行為のため、利用は避けるようにしましょう。こうした会社は悪徳なヤミ金業者である可能性が極めて高いです。

大阪・関西のファクタリング会社でよくある質問

ファクタリング会社の手数料相場はどれくらいですか?

ファクタリング会社の手数料相場はどれくらいですか?
ファクタリング会社の手数料相場は下記のように取引形態によって異なります。
オンライン完結ファクタリング:3〜8%
2社間ファクタリング:10〜20%
3社間ファクタリング:2〜10%
2社間と3社間ファクタリングの違いとは?メリットやデメリットはこちらの記事で詳細を解説しています。

ファクタリング会社に債権譲渡後に売掛先が倒産したらどうなりますか?

ファクタリング会社に債権譲渡後に売掛先が倒産したらどうなりますか?
売掛先が倒産しても買い戻しなど返還義務は発生しません。一般的にファクタリング契約は償還請求権なしで契約するのが通常のため、売掛先が倒産したとしてもファクタリング会社が責任を負います。これをノンリコース契約と呼びます。

しかし中には上述で紹介したように悪徳なヤミ金業者も存在するため、審査なしを謳っているファクタリングには注意をしましょう。

悪徳業者については審査なしのファクタリングは可能?審査の重要性審査なしファクタリングはリスク大!の記事で詳細を解説しています。

個人事業主でも2社間ファクタリングの利用はできますか?

個人事業主でも2社間ファクタリングの利用はできますか?
個人事業主やフリーランスでも可能なファクタリング会社はあります。しかし債権譲渡登記が必要な場合は利用できません。債権譲渡登記とは保有している資産が譲渡されたことを公示する登記制度です。3社間ファクタリングの場合は売掛先から合意を得ることで、この要件を満たすことができます。

2社間ファクタリングでは契約時に二重譲渡を防止するために「債権譲渡登記」を求められることがあります。債権譲渡登記による譲渡人は法人に限定されるため、個人事業主の審査申し込みを実質的に断っているファクタリング会社もあります。

他社利用中ですがファクタリング会社の併用はできますか?バレますか?

他社利用中ですがファクタリング会社の併用はできますか?バレますか?
他社利用中でも別のファクタリング会社を併用利用することは法的に問題はありません。また信用情報の照会もないため、複数併用しても黙っていればバレることはありません。

ただし既に売買契約が成立している売掛債権を別のファクタリング会社に売却する行為は、二重譲渡という詐欺行為に該当し犯罪となります。他社を併用利用する場合は売買契約が成立した売掛債権とは、別の債権を売却するようにしましょう。

また1社だけを利用し続ける必要もなく乗り換えも問題ありません。詳細についてはファクタリングで他社利用中に乗り換えや併用は可能?バレる?ファクタリング乗り換えは可能!好条件の8社・他社利用中でもOKな会社の記事で紹介しています。

通帳なしでファクタリング利用はできますか?

通帳なしでファクタリング利用はできますか?
個人事業主・法人企業を問わず通帳なしでファクタリング利用ができる会社はありません。売掛債権が存在するかを確認したり、売掛先の支払い能力・信用度を測るため、通帳の提出は必須となります。

詳細は個人通帳なしでファクタリング利用は可能?必要書類の少ない会社5選の記事で解説しています。

個人事業主向けで審査が甘い・緩いファクタリング会社はどこですか?

個人事業主向けで審査が甘い・緩いファクタリング会社はどこですか?
個人事業主向けでファクタリング審査が緩い・甘い会社の定義は必要書類が少ない・審査通過率が高いということになります。その条件に当てはまるファクタリング会社は下記の4社です。
ビートレーディング:審査通過率98%・請求書・通帳のコピー(表紙付き2カ月分)
QuQuMo(ククモ):審査通過率98%・請求書・通帳の2点のみ
labol(ラボル):請求書・本人確認証・取引先エビデンスの3点のみ
FREENANCE:請求書・本人確認書類・取引先のエビデンス3点のみ

審査が緩い個人事業主おすすめのファクタリング会社はこちらの記事で紹介しています。

必要書類が少ないファクタリング会社はどこですか?

必要書類が少ないファクタリング会社はどこですか?
必要書類が少ないファクタリング会社は下記の4社です。
QuQuMo(ククモ)
labol(ラボル)
FREENANCE
ペイトナーファクタリング
請求書・本人確認書・入出金履歴(通帳)の3つだけで利用ができます。

詳細については必要書類が少ないおすすめファクタリング会社の記事で解説しています。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いはなんですか?

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いはなんですか?
2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社の2社で契約締結を行い、売掛金の回収後は利用者がファクタリング会社に売掛金を支払います。3社間ファクタリングでは利用者・ファクタリング会社・売掛先の3社で契約を行い、売掛先に債権譲渡通知を行います。そのため売掛金はファクタリング会社に直接支払われます。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いについてはこちらの記事で解説しています。